いきなり200オーバーの高血圧に (1)

2017年11月14日 16:00



DSC02829s.jpg
ことの起こりは、この エアロバイクだった。

一昨年買って、そろそろ粗大ゴミになりかけていた。

P1110088s.jpg
腕時計型の多機能心拍計を買った。
心拍数を見て身体への負荷をコンロールしながら有酸素運動が出来る。
エアロバイクにも心拍計が付いているが、両手共にハンドルを握っていないとリセットしてしまう代物だった。


試しに心拍数110、負荷6段目(全36段)で15分乗ってみた。
10分後に血圧を計ってみると140だった。

ここで止めていたら良かったのだが・・・・


P1110079s_2017111317344333a.jpg
『心拍数が戻っていない。時間が経てばもっと血圧が下がるのではないか?』と悪魔が囁いた。

1時間後、脈が落ち着いて血圧を測ってみると、

P1110087s.jpg
何と200オーバー
慌てて計り直したがほぼ同じ値しか出なかった。

140は身体が酸素を欲したために、血管平滑筋が弛緩して一時的に血管が太くなっていただけで、こちらが本来の血圧だった。


血圧が200を越えた事は以前にもあった
3年前、「あいつ」の容態がいよいよ悪くなった時に224が出た。
それ以前、病院のロビーにある血圧計でよく計っていた時は、140以下だった。
その時は、そんなものかと気にもならなかった。
むしろそのまま上昇して、あいつより先に死ねれば良いとさえ思った。

葬儀が終わって数ヵ月経った頃に、思い出して計ってみたら140に戻っていた。

あれは極度のストレスから生じた現象だったが、今度は話が別だ。




津田の松原SAの讃岐うどん

2017年11月02日 08:39



わざわざ高松道を行ったのは、津田の松原SAで「あなぶき屋」のうどんを食べるためだ。

P1110064s.jpg

何時もぶっかけやかけうどんなので、往きの下り線の店ではカレーうどんにした。
カレーうどんのカレーは、片栗粉で溶いた透明感のあるのが好きなのだが、小麦県のこと、小麦粉なのは仕方ない。

うどんが美味しいのは勿論だが、カレーもなかなかの味だった。
エプロンもちゃんと付いてくる。
「中」を注文したら少し多かった。
よく見るとカウンターに中は200gとある。家では125gなので多いはずだ。


P1110069s.jpg

食べ終わったころに大勢入ってきて、一杯になった。
隣の徳島ラーメンに行く人も居た。



P1110077s.jpg

翌日、帰りに上り線の店に入った。
隣が徳島ラーメンなのは下り線の店と同じで、カラーが赤から青に変わっている。
同じような時間帯なのだが、こちらは空いていた。


P1110075s.jpg

ぶっかけを熱いうどんで頼んだのだが、冷やで出された。
やや太めの麺がよく締まっていて、噛み堪えがあった。


こうして時間を空けずに食べ比べて見ると、両店で味に違いは無かった。
ただ雰囲気が違う。
食い物は混んでいる店の方が、何故か旨いように感じる。






ベンツC200(W205)の燃費 その2 満タン法

2017年11月01日 16:11



カミさんを愛媛県西条市の実家まで送っていった。
阪神高速から明石海峡大橋を通って、高松・松山自動車道とオール高速のルートだった。

P1110078s.jpg

車のトリップメーターでは16.3km/lとなった。

帰宅後に満タンにすると42L入った。
同じルートの往復なので距離はメーターの倍の640kmだ。
640/42=15.3(km/l)

車のメーターよりは低いがそれでもカタログ値を越えている。
タンク容量は66Lなので1回の給油で1往復半できる。
ハリアーだと向こうで給油しないと帰ってこられなかった。




ベンツのハロウィン

2017年10月29日 08:25



月初めに来ていたリコールの対処にディラーへ行った。

DSC05272s_20171027192619e29.jpg

ショールームで待っている間、お茶うけにこんなものが出た。
そういえば明後日が本番だった。

ハロウィンって米英の英語圏のものだと思っていたが、ドイツでも盛んなのか?


DSC05267s.jpg

と思ったら、ヤナセが日本で作らせたモノだった。




VIEW SUICAはチャージ残を引き継げない

2017年10月27日 08:36



VIEW SUICAカードが更新されて来たが、旧カードのチャージ残を引き継げないので自分で引き出してくれという。
オートチャージの設定は引き継いでるのに、なんで?

VIEWアレッテに行けば簡単らしいが、あいにく関西にはない。

koushipanf1s.jpg

パンフレットの一番下に小さく印刷されていた。

カードにハサミを入れるなとあちこちに書いてあるのに、ここだけはハサミを入れるとある。
ハサミを入れて大丈夫かい?
実際、タブレツトのNFCを使ったアプリで経歴や残高が見られなくなった。
(電源となるコイルを切ってしまったのだろう)
これでデータが読み取れるのか?
連絡先が何も表示されてないので確認も出来ない。
しょうこと無しに「送付先」に送った。


待つこと3週間、無事口座に残高分の現金が振り込まれていた。


クレカが更新でポイントを引き継げなければクレーム殺到だ。
カード更新の度に返送するのは煩わしい。
「あいつ」が亡くなってマンションも処分したので横浜へ行く事も無くなった。

カードそのものを解約した。

viewsuica 1s



19年間ありがとう~日立全自動洗濯機NW-7S2

2017年10月23日 11:43



DSC05260s.jpg


この洗濯機が我が家に来たのは1998年1月17日だった。
まだ両親共に健在で、あいつは大学入試に合格した。続いて翌年次男も。
「孫が2人とも現役で志望校に入学できてよかった」と喜んでいた母はその翌年に亡くなった。

我が家の最も良い時期に来て、家を建て替えた後も10年間頑張ってくれた。
その間、モーターのVベルトを2度取り替えた。
排水ホースがひび割れて交換部品を用意していたが、テープ巻きで保っていたのでそのままになっている。

モーター等は全く問題ないのだが、ホース以外の場所から水漏れしている。
後1年で「成人」になったのに、残念ながら後継に道を譲る事になった。


DSC05263s.jpg

こちらが後継のBW-V70B-A
容量は同じで少しスリムになっている。
国内メーカーのものは値段が倍以上に上がっていた。
ハイアールなら1/3の値段で買えるのだが、アフターケアに不安があるので今度も日立にした。
それでも「国産」にはなっていない。
海外部品を使っているからという事らしいが果たして耐久性は・・・・・。







我が家の四季(7)~SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM + MC11

2017年10月21日 11:23



DSC05257s_20171021105907e8c.jpg

先月、キャノン用のSIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM と MC11を買った。
この焦点距離は散歩がてらに撮るには丁度良いズーム範囲だし、キャノン用だとソニー用(Aマウント)には無い手振れ補正が付いている。
ソニー用を買ったとしてもLA-EA3が必要だし、重量の負担は変わらないとMC11経由で使う事とした。



DSC07590s.jpg

ベニバナトキワマンサクの日陰でひっそりとツワブキが咲いている。
浜離宮の秋以来のツワブキだが、今年はベニバナトキワマンサクが異常に成長した「お陰」で、ツワブキも例年に無く大きくなっていた。


DSC07593s.jpg


山法師の実が赤く色づき、鳥たちには絶好のターゲットのはずだが殆ど食べられていない。
ハトやスズメはカラスの追いやられ、そのカラスも一時ほど見かけなくなった。
彼らも飽食に慣れ、こんな実は食べなくなったのだろうか。




マル退にご注意~退職者医療制度の悪用

2017年10月19日 06:55



DSC05251s.jpg


国民健康保険証の切り替えのシーズンになり、新しい保険証が家族分届いた。
私のは有効期限が1年だったが、カミさんと妹のは有効期限が半年になっていた。

添付の説明には
『65歳を迎える退職被保険者の方とその扶養家族の方』
『退職被保険者が65歳となる誕生日の末日』とあって、来年の4月末日までの半年の有効期限になっていた。


私の妹がカミさんの扶養家族になるのはおかしいし、毎年の確定申告でも私の扶養家族として申告してきた。
オカシイと区役所に電話したら、その日の夕方に訂正した保険証を持ってきて、期限の短いのは回収し、扶養者訂正の手続きもしていった。
異例の素早さであった。


退職者医療制度は、国が負担すべき国民健康保険の費用を退職した会社の健康保険組合に肩代わりさせるもので、
私の時には任意だったが、カミさんの時は強制だった。

制度そのものも、苦し紛れの取れる所から取るという何時ものやり方だが、扶養家族を勝手に付け替えて負担先を変更するとは言語道断である。

やってきた係員に聞いたみたら、「保険独特のやり方で、どうにでもできる」という驚くべき答えが返ってきた。

今回は有効期限が短くなった事で発覚したが、こんな事がなければずっと続けられていただろうし、これまでの過徴収分も是正されそうにない。


マイナンバーに個人は縛られるけど役所はやりたい放題なんだ。


[マル退にご注意~退職者医療制度の悪用]の続きを読む

自費出版で大変な事

2017年10月12日 06:29



あいつの遺作集「飛乃剣弥作品集」を自費出版してみて、書かれた原稿を本にするのも結構骨が折れる事を思い知らされた。

表紙や見返し、中扉にどんな用紙を使うか、仕立ては丸背なのか角背なのか等はWebに幾らでも出ているので、検索して選べば良い。

後は少ない部数でも引き受けてくれる製本屋さんに原稿を持ち込めば終わりのように思えたが、実はここからが大変だった。




WEB上では横書きになっているが、日本語の小説という事で縦書きに変更した。

ところが、1行あたりの文字数が全然違うので、空白のリズムとでも言うか、ページ面の印象がまるで違う。
1段では活劇描写(彼が自分で得意だと言っています)のような間投詞だけの文が続くと、やたらとページが白くなってしまう。
2段組みにすると、1行で済んでいた文が改行されてスッと入ってこない。
本来この辺りは作家とやりとりがされるのだろうが、それはできない。
結局、本人が推敲して調整したであろうWEBのページ面を尊重して横書きにした。



それでも4編の長編作品( )を1冊500ページ以内に収めるには1ページ当たりの文字数を増さなくてはならなかった。

文字数を増やすと活字が小さくなって読みづらい。
行数を増やすと行間の空白が少なくなって、これも読みづらい。
文字数を増やし、かつ読み易くする為に、文字数と行数と活字の大きさのベストな組み合わせを試行錯誤した。
また、ページの上端と下端の空白を減らして1行増やしたり、減った下端で、ページの数字を下では無くて角に付けたりと色々工夫をした。



最終的な仕様が決まると、全ページを印刷した所謂ゲラ刷りを渡される。

ここで入力ミスや変換エラーを更正するのだが、それは殆ど無かった。
それよりも、レイアウトの最終的な更正に追われた。

1行の文字数と行数を決めた枠の中に、機械的に原稿を流し込んだだけなので、
1~2文字だけの行が現れる。これを上の行の文字間を少し詰めて入れ込んでいく。
余りに多いので、2文字は許容して1文字行だけをつぶした。

行間を1行空けてある事もある。
ページの途中であれば良いのだが、空白の行が次ページの先頭に来だ場合は行を詰める。

等々、そのままの形で印刷されて出来上がってしまう所までやる。



商業出版で原稿が本になる際には「編集者」がいて、こういう作業をしてくれるのだが、自費出版では自分で作業する外はない。



ベンツC200(W205)の燃費

2017年10月07日 16:03



1ケ月程遠出していない。
バッテリーも気になるので3連休の初日だが走ってみる事にした。

中国道17km,名神8kmと天気は悪いが早くも渋滞が始まっている。
阪和道を白浜に向かって走った。

結局途中の有田でUターンした。

IMG_20171007_142507_1s.jpg

燃費は17.5km/lだった。
街乗りで10km近く行くが、カタログ値は14km/lなのでほぼ高速だけとは言え、それを上回るとは思わなかった。
ディストロニックを100km/hに設定し、更にアクセルを踏む事もあった。
コンフォートモードで走ったが、エコなら更に伸びたかもしれない。

ハリアーでは高速で10km/lを越えるのがやっとだった。

この車を燃費で買う人はいないだろうが、ハイブリッドなんか買わなくてよかったと思っている。



IMG_20171007_144722s.jpg
帰ったらこれが来ていた。
燃料計の不具合のようだが、まさかエラーという事にはならないと思うが・・・