13年目ハリアーの買い取り価格

2017年06月18日 07:59



DSC05015s.jpg

これまではディラーの下取りに任せていたが 、買い取り専門店の方が高くなるというネットの話しを試してみる事にした。

結論から言うと予定に近い価格で売れたが、なかなか大変な経験をさせて貰った。


まず一括査定サイトに簡単な情報を入力する。
直後、次々に電話がかかってくる。
電話に出ると夕方にも拘わらず当日中のアポを求められた。
当日2件の約束をした。


1軒目はビッグモーター
近くにある営業所から直接来たようだ。
30分位かかって見終わった。

幾らになるかと聞いたが、後で来る業者に自分の出した価格にほんのわずか上乗せした額で持っていかれるからと答えない。
当社と契約してくれるなら言うという。
こちらは次々に買い取り価格を出して行ってくれるイメージがあったから、面食らった。
結局後日、電話するという事になった。


2軒目はガリバー
最初千葉からの電話でビックリしたが、来たのは直ぐ近くの営業所からだった。
2人組で小一時間かかり、日はとっぷりと暮れていた。

ここはオークションの落札価格が13年落のハリアーなら30-35万だという。
なので25万程度だが、今決めてくれたら上司ともう数万上積みを交渉するという。

どうも一括査定というのは名ばかりで、来た順に交渉して契約するかどうか決めないと先に進まないようだ。

先月払ったばかりの自動車税や、あと半年ある車検に含まれる自賠責や重量税を合計すると約7万になる。
25万というが実質18万で売れという事だ。

オークションの落札価格を書いた「本」というのが怪しい。日々変わる数字を本にしている暇はないはずだ。
繋がっていないスマホで上司とのやりとりの芝居をする胡散臭さに呆れてお引き取りを願ったが、かなかな帰らない。
結局、今日は何も決断しないと言って帰って貰うまでに1時間かかった。

ガリバーとは2度と係わりたくない。


3軒目のカーチスは翌日回しにして貰った。
ここはメールで相場を知らせてきた。
35-55万とガリバーとは随分違う。

ここも個別交渉に入る。
高年式だが走行距離が3万キロ以下というのが当方のウリだ。
この位になると事故車でない限り、少々の凹みは査定に影響しないようだ。
中値の45万を希望したが、40万ならOkだが45万では上司の決裁が得られないという。
結局、引き渡しの時期を早めることで42.5万で合意した。

午前9時に来て終わったのは11時半だった。
以降のアポには当然ながらお断りの連絡を入れた。



一括査定という言葉に誤魔化されてはいけない。
車を売る意思と連絡の電話番号という情報だけを吸いとられる。
値段は圧倒的な情報量を持つ相手と単独交渉しないと出てこない。

今回は2年前にディラーが出した40万という下取り価格が支えになった。
あれが無ければガリバーの強引さに屈していたかもしれない。
これ以上にならないと売らない最低価格を決めておく事が必要だ。
買い取り専門店といっても、値段の付け方は店に依ってまちまちだ。
オークションは販売ルートの1つにすぎず、十把一絡げの車の処分場だ。
安値誘導に屈せずに続ければ、いつか自分の思う価格を提示する業者が現れる。



PS. 夕方になってガリバーから電話がかかってきた。
高年式で走行距離の少ないハリアーが欲しいという客が店頭に来ているという。
100万も踏んだくろうていう腹なんだろうけど、お生憎様だったね。
売る側の事情を無視して叩きすぎたら元も子も無くなるよ。




富嶽鉄道再開に向けて

2017年06月14日 10:52



プラレールをやっていたら、少し元気が出て来てHOも走らせてみようかと思うようになった。
2014年の1月に閉鎖して以来、3年半ぶりにHOを走らせる。

DSC07274s.jpg
3台の機関車が新たに加わった。

廃車になった天賞堂のDD51及びC62の代わりに、KATOの北斗星仕様DD51、C56、それにEF510が加入した。
天賞堂のダイカストモデルは、矢張ガンガン走らせてはいけなかった。
ダイカストの重量がメカに負担をかけるようだ。

C56はC62の代わりに01を、
DD51は旧DD51の跡を継いで07を、
EF510は新たに09のDCCナンバーを登録した。
KATOの列車へのDCCナンバー登録は、以前D101でやっていたやり方では上手くいかなかった。
ESUやカンタムと違ってCVの最初のアドレスを書きかえないといけなかった。

今回は総てKATOのサウンド仕様になっている。

KATOのEF510はプラと思えないぼど重い。
重量を計ってみると723gもある。
天賞堂のEF58が685gなのでダイカストモデルより重い。
ベースに鉛が混じっているのか?
一方DD51は387g、C56にいたっては256gしかない。

重量感のほしい蒸気機関車のC56が、C62等と比べて小型であるものの、たった256gしかないのはガッカリした。


DSC07278s.jpg
コントローラーも新しいD102を導入。
D101では対応していなかったF10-12が使えるようになった。
カンタムの列車が、列車ナンバーを読み上げるのを初めて聞いた。
D101もコントローラーとして並列使用できるので、複数列車同時に走らせるときに便利になる。



漢方スタイルカード、REX CARD ダブル改悪 ジャックス高還元カード総崩れ

2017年06月07日 02:04



ジャックスからダイレクトメールが届いた。
今頃何だろうと開けてみると・・・・。

漢方スタイルカードが無くなって、Reader’s Cardになり、還元率が1.25%になるという。

この間1.75%1から1.5%に改悪されたばかりなのに・・・・。


1000円に付き11point、3500pointで4000円分のJデポ(キャッシュバック)→トータルで1.257%になる。

なら漢方スタイルと同等の還元率だったREX CARDに換えてくれと言うと、
こちらも名称は残るものの中身がREX CARD Liteになって還元率が1.5%から1.25%になるという。


30万以上使用で年会費は無料になるが、それなら何もしなくても無料のREX CARD Liteの方が良い。

Jデポ(キャッシュバック)の使い方も、漢方スタイルは1500円単位、REX CARD Liteは2500円単位なのに、
Reader’s Cardは4000円単位と使い勝手がわるい。
ポイントの使用期限が切れて抹消されてしまう可能性が高くなる。。



ジャックスの高還元カードは全滅した。
今回受け皿となるReader’s Cardは既に新規募集が停止されている。
一旦ここへ吸収してさらなる改悪に進むのか。


PS.REX CARD Liteも新規加入が終了していた。



HOからプラレールへ その3 弾丸列車対決

2017年06月06日 16:16



もう1台作って競争させてみる。

機関車なら「無蓋車」に電池を積んでもプラレールなら違和感が無いが、電車だとさすがに・・・
電池を見えないようにしてみた。

P1110230s.jpg
MaBeeeはダミー電極を介さず直接動力車の電池ホルダーに刺す。
中間車に積んだ単4x2と直列に繋がっているので4.5V仕様になる。


P1110229s.jpg
電池ボックスの引き出し線の両端に1センチ角程度の銅箔を電極として半田付けし、両面テープを挟んで絶縁する。
これをプラレールのプラス極とMaBeeeのプラス極の間に挟み込む。
これで3本の電池が直列に繋がる。



EF210桃太郎と500系新幹線のデッドヒートが続く。
ライトの付いた新幹線はスピードで劣るとされているが、3倍の電圧で動かせばミニ四駆並の走りを見せる。



ただし、ちょっとスピードを出しすぎると大惨事が・・・・・・



HOからプラレールへ その2 弾丸列車実験

2017年06月03日 14:23




列車を競争させたくて、内外周で不公平のない複線レール8の字ループを作った。
最初はコンパクトなループだったが、坂とカーブが重なる部分で脱線が多かった。



カーブは全部高架にして坂道レールで立体交差にした。
これで脱線が減った。



いよいよスピード競争。重いサウンドカーは外して2両編成に。
京急VS新幹線では少し京急が早いが、追い付き追い越しには時間がかかる。



ラピート先頭車の弾丸列車は、ミニ四駆並のスピードであっという間に新幹線を追い抜いてしまう。

DSC07258s.jpg
ノーマルでは単3電池又は単2電池だが

DSC07257s.jpg
「運転じょうずエコ」の電源ユニットを使って、単3→充電電池2ユニット直列、単2→単4X2、と共にノーマルの2倍の電圧で走っている。
電圧は同じでも単4X2の方が電流が大きいので坂道でのスピードロスが少なく、京急vs新幹線では京急が僅かに早い。


P1110219s.jpg

P1110215s.jpg
「弾丸列車」は単3仕様のラピートだが単4→単3変換ケースをダミー電池として使い、電源となる電池は後ろの貨車に積んでいる。


P1110217s.jpg
単3 4本を直列に繋ぐ電池ケースで1本をMaBeeeにして全体の出力を調整している。
MaBeeeの単4を入れて4本で6Vになるが、それだとこのコースではスピードが出過ぎて僅かなコントローラーの動きで脱線してしまう。
1本を単4→単3のケースの中で両極をショートさせてダミーにして4.5Vで走らせている。




P-one Wiz はそれほどお得なカードではなさそう

2017年06月01日 09:57



従来のP-oneが1%引きなのに体して、これはさらに0.5%分ポイントが付く、
おまけに最初の6カ月間はポイントが3倍になるというので持ってみた。年会費無料。

1%の割り引きは買い物単位で100円未満は切り捨て、というのはP-oneを使っていたので知っていた。
ところがポイントは1000円未満切り捨てだった。
1カ月単位ならいいが、買い物単位で1000円未満切り捨ては酷い。

1000円未満はポイントが付かず、従来のP-oneと同じ。
2000円なら、1%の20円を引いた1980円に付くから980円分は切り捨てになる。
還元率は1.25%になってしまう。
JACCSのREX CARD Liteなら1カ月単位で1.25%、有料のREX CARDなら1.5%のキャッシュバックがつく。
まあ最初の6ヵ月間は3倍だから、こんな最悪ケースでも1.75%になるが。


ポケットカードでは複数のカードを持っていた場合に、トータルの限度額が最も高い1枚分になってしまう。
P-oneを使っていてP-one Wizを持っても限度額は増えない。
JACCSならそれぞれのカードの合算になるのに。

更に普通Masterカードは海外使用時の為替換算が有利なのでMasterにしたが、ポケットカードのはVisaより悪くなるという。


次期メインカードにと思ったが、使用頻度が低いとポイントやキャッシュバックの管理は面倒くさい。
6ヵ月過ぎたらお蔵入りか。
キャッシングを付けてしまったから使わないなら解約した方がいいかな。



マンション売却

2017年05月30日 13:26

今日はマンションの受け渡しをする日だ。
代金と権利書を交換する。

10年前に買った時は、あいつが「代理」で銀行の窓口に行って振込みをし、
その用紙を売り主と仲介不動産屋がその場で確認して権利書等々を受け取った。
今回は現地に行かずに済ます。


契約は買いとる不動産屋との間で既に済んでいて、手付金も受け取っている。
司法書士には権利書、移転手続き依頼書、委任状、印鑑証明を送ってある。




午前中に振り込んだという電話があり、ネットで確認し、その旨返事する。
30分程してから司法書士から確認の電話があった。

これでおしまい。
随分とあっけない幕切れだった。


今日明日にも残った荷物を廃棄して505号室のリノベーションが始まり、あいつの痕跡は無くなってしまう。

権利書の効力は無くなったがどうすると聞かれたので、
記念に取って置きたいというと、1ケ月後に送るという。



SPACEWARP3500

2017年05月28日 12:49



DSC05001s_201705261547439ab.jpg
鋼球が平行チューブのコースを回り、ギミックを通って下まで行くとエレベーターに乗って天辺に戻り、また落下していく。
今頃こんなオブジェを組み立てる事になるとは思わなかった。


「あいつ」は窓際にオブジェをいくつか飾っていた。
横浜から引き揚げてくるときに確認したが「いい」というので置いてきた。
メールで買った時期を調べたら、どれも独身寮からマンションに移った2006年頃だった。
新しい自分の城を飾って満足度の高い日々だったのだろう。それで敢えて持って帰らなかったのかもしれない。
そう思うと居ても立ってもいられなくなって、マンションを買い取ってくれる不動産屋に頼んで送って貰った。

荷を開けてみると、何と埃まみれだった「ジェットコースターみたいな」オブジェは分解されて綺麗に掃除されていた。
室内のスナップ写真を元に復元を試みたが、その積もりで撮ったものではないので全く役にたたない。

DSC05002s.jpg
30年も前に発売されたものだが、根強い人気に10年前にバンダイから再発売されたSPACEWARPというシリーズで、今でも「新品」が取引されている。
幸いな事に法外な値段で新品を買うこともなく、外箱が少し草臥れた未開封の中古が手に入った。

取説と首っ引きでなんとか復元した。スナップ写真だけではとても元には戻らない。
「留め具」は陽に当たって脆くなり壊れてしまうものがあったが、白い「線路」はそのまま使えた。ベースやエレベーターも使ってないのでもう1台組めるくらい残った。


DSC05003s_201705261547422da.jpg
一緒に送って貰った猫ちゃんは「夢ねこヴィーナス」というロボットだったが、壊れているようで電池を入れても全く反応しなかった。



LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm/F2.8-4.0

2017年05月27日 12:21



Panasonicの新しい広角ズームが届いた。
宅配で届いた荷物を持った時、一瞬「空か」と思った。それほど軽かった。

DSC07254s.jpg
真ん中のGX7mk2に付けても、格好は重そうだが矢張り先が軽い。
35mm換算で16-36mm、右のGX7に付けたLUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6と合わせて換算16-280mmがカバー出来る。
左のα99に付けたVario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA は重量860g。これと同等の画角を僅か315gでカバー出来る。

F2.8-4.0だがF2.8は8mmから僅かに動かしただけで2.9-3.1に変化する。
その代わり18mmになるまで4.0にならない。
実質的にはF3.0-3.9のレンズだ。


P1110184s.jpg
18mm
望遠端。
ほぼ35mm標準レンズの画角。広角端の2倍の16mmでなくて18mmまであるのが良い。


P1110183s.jpg
8mm
広角端

奥行き感がある。
これだけの範囲を一本のズームレンズでカバーできれば、室内で使うレンズとして言うことはない。





今年もアブラムシが

2017年05月26日 11:27



「5月下旬」になると毎年サルスベリにアブラムシが大量発生する。
越冬してる奴を根こそぎやっつけたいが、まだ生態は完全には解明されていないらしい。

DSC07249s.jpg
まだ幼虫のから

DSC07253s.jpg
成虫まで、柔らかい若葉にたかって養分を吸い取ってしまう。


ここ数年スミチオン+モスピランを今頃から3週連続で散布して成功している。
尤もそれでも8月になれば黒い点が木いっぱいに広がっているが、葉は青々と繁って彼らの排泄物でドス黒くなるような事は無い。


テントウムシが飛んでいたので微かな期待を寄せたのだが、日に日に増殖している。
彼らの蜜を受け取る蟻の行列はまだ見られないが、今年第1回目の散布を行った。


[α7S+LA-EA4+SAL50M28]