Amazonの詐欺メール~https:// なんて信用出来ない

2018年04月25日 07:22



Amazonを装った詐欺メールが、ここ数日ネットを賑わせている。

sagimailas.jpg


『尊敬する』という書き出しや名前を繰り返すくというのは、オカシイ
しかも、Amazonとやりとりしているのは別のアドレスに来ていた。
また発信のアドレスも@amazon-id.jpと少し違う。


ここでオカシイと、まずAmazonにアクセスしなくてはいけないのだが

アカウントを閉鎖する」というので慌てる。
しかも宛先が当方の実名になっている。



つい「リカバリアカウント」をクリックしてしまった。

そこにはIDとなっているメールアドレスの下にパスワードを入力するようになっている。
パスワードの欄も本物と同じ黄色に塗られている。

しかもアドレスの前にはhttps://が付いている。

私が使っているFC2はhttpなので、普段から「安全でない」といつもグーグルに差別扱いされている。



それでつい(又か)、パスワードを入れてしまうと
次にはクレジットカードの番号、有効年月、からセキュリティコード 3Dセキュアのパスワードまで求めてくる。
しかも「15分以内に入力を完了しないと手続きが無効になる」と焦らせる。

流石にここまでくると「オカシイ」「オカシイ」と警報が鳴り響く。

慌ててウインドウを閉じると、直ぐにAmazonのパスワードを変更した。


https://サイトなんてどこが安全なんだ。
誰でも取得できるじゃねえか。




SONY Xperia Z3 Tablet compact vs. ASUS ZenPad 3 8.0

2018年04月23日 08:04



DSC05381s.jpg

sony のZ3 タブレットを愛用してきたが、LTE付きのSGP621はメモリーが少ない所為で、検索を繰り返すとデータロードに時間がかかって画面が更新されなくなる。
その都度不要なソフトやファイルを除去すれば良いのだが、面倒になってきた。

メモリー4G,ストレージ32G以上の7~9インチのLTEタブレットを探したがASUSとHUAWEIしかない。
中国本土のものはバックドアがあるかもしれない。
台湾ならまだましと、消去法でASUSになった。


◎動作はスムーズになった。

◎文字入力に最初からATOKがインストールされている。
変換のヒット率が高く入力が楽になった。


○幅が広いので、一行の文字数が多いのに折り返し出来ないサイトでも画面を移動させずに読める。

△液晶はSONYの方が鮮やかで、ASUSは少し黄色味がかっている。
色は設定で色温度を上げたら問題のないレベルになる。

△ASUSは幅で8mm重さで50g大きくなっている。
寝転んで使う事が多いが、掌に入れて持つと重く感じる。
肘を付いて人差し指と親指でL字を作り、その間に挟んで使うと楽だ。

△SONYは1920x1200、ASUSは2048x1536と高密度になっている。
画像には良いが、文字が小さくなってしまうのが老眼に厳しい。
文字の大きさは極大に設定しているが、システムでフォントが決まっているサイトも多い。

△電池容量はZ3が45000mAh, Zenpadは4680mAhあるが、
使用時間はZ3が15時間(ビデオ再生)に対して11時間と少ない。
CPUの高速化とのトレードオフか。

×NFCが付いてないので、ICカードの残高を読み取れない。

その他 : usb端子がmicroでなくてtype-c 、
simはnanoでなくmicroと
規格が進んでいるのやら遅れているのやらよくわからない。


Z3は2014年、ZenPadは2016年の発売。それでこの程度の差。
SONYが新製品を出してくれれば、飛びつくところだが。


母のキャリーバック

2018年04月20日 07:43



DSC05379s_20180419134432c42.jpg

このキャリーバックは母が使っていたもので、その後は妹が毎日使い続けて来た。
さすがに古ぼけてしまったので、処分する事になった。

こんなモノを盗られる事はないだろうに、後ろに住所と妹の名前が書いてある。
父の「仕事」だろう。


母が76歳で亡くなって18年経つ。
パーキンソンで動けなくなる前に使っていたものだから20年以上働いてくれた。

ごくろうさん。




専修寺と伊賀上野城 その2

2018年04月16日 08:04



DSC07644as.jpg
専修寺と同じ三重県にあり、丁度帰り道にある伊賀上野城へ行った。
格好のよい天守閣だが、昭和の模擬天守だ。



DSC07663s.jpg
この城のウリは藤堂高虎が築いた高石垣である。
日本一高い石垣としてこの伊賀上野城や丸亀城が挙げられるが、実は大阪城の本丸東面が最も高い。


DSC07646as.jpg
城に隣接して県立上野高校がある。旧制ナンバースクールでよくあるパターンだ。
運動部が黒の上下のジャージでランニングしている。
気が付くと、何時も似たような服装だった「あいつ」の姿をその中に探していた。


DSC07647s.jpg
関ヶ原の合戦後、家康が万一豊臣方の西国大名達に攻められた場合の防御拠点として造らせた。
これだけ石垣が高いのは攻撃側の戦意を削ぐためと言われている。

大阪の陣で関ヶ原の合戦で勝利したので、不要となった城は未完成のまま藤堂家の支城として明治を向かえた。


DSC07655s.jpg
敷地内にある賑やかな忍者屋敷はパスして俳聖殿に寄った。
舍利殿を思わせるような建物だが、芭蕉の生誕300年を記念して戦前に造られた。

DSC07660s.jpg
中には芭蕉の等身大座像が安置されている。



次は信楽に寄って狸の置物を買って帰る予定だったが、かみさん共々疲れ切ったので帰る事にした。
今日は9時に出て、このまま帰れば4時には家につく。
四国88箇所を回っていた頃は、6時前に家をでて8時頃に帰宅していた。
今日のペースなら2日分を1日で回っていた事になる。
目標があって、計画を次々とこなさなければという気持ちが力になっていたのだろうか。



[α7S+SEL24240]



百寺巡礼(1) 専修寺と伊賀上野城 その1

2018年04月14日 07:00



専修(せんじゅ)寺は、街中に突然現れる巨大な山門を火野正平の心旅でチラリと見た事がある。
以来気になっていたが五木寛之の百寺巡礼でも取り上げられていたので行って見ることにした。

DSC07632s.jpg
生活道路に

DSC07635s.jpg
いきなり、こんな大きな山門が現れる。


DSC07596s.jpg
少し先にもうひとつ、唐門がある。


P1110423s.jpg
境内はひと続きで、それぞれの門の先にお堂がある。


DSC07599s.jpg
唐門の先にあるのが国宝如来堂


DSC07615s.jpg
「家の格は屋根で決まる」とは宮脇俊三の言葉だが、
重い屋根を支える何重もの木組みは圧巻である。
破風の鶴の彫り物は左甚五郎作と伝えられている。


DSC07604s.jpg
本尊の阿弥陀如来が前仏か本仏か判らないが、お顔が見られない。


DSC07606s.jpg
もう一つのお堂、国宝御影堂とは渡り廊下でつながっている。


DSC07607s.jpg
黄金のボンボリには、寄贈者の名前が彫ってある。


P1110430s.jpg
コンクールに出展するような事をしなければ、撮影は自由とある。
こんなお寺は初めてだ。
因みに、拝観料も駐車場も無料だった。


DSC07610s.jpg
浄土真宗の教祖親鸞の座像が祀られている。
真宗高田派本山専修寺が正式名称である。


DSC07623s.jpg
御影堂も壮大な堂宇を誇っている。



DSC07620s.jpg
花は少し早かったが見事な藤棚である。


DSC07618s.jpg
鐘が鳴っているので、突けるのかと鐘楼に行ってみたら、小屋の中で専任の人が一定の間隔で突き続けていた。


DSC07621s.jpg
太鼓門。
今は太鼓は無いらしい。
何故、寺に太鼓が必要だったのか?


帰りにかみさんが社務所へ御朱印と納経に行ったら、御朱印は貰えたが写経は受け取って貰えなかった。
真宗は本来、絶対他力本願なのでお経を唱える事以外は写経すら認めない。
御朱印も希望者が多いのでやっているが、あくまでスタンプラリーと同様の位置づけという事のようだ。



DSC07637s.jpg
駐車場へ戻る時に極く短い橋があった。


DSC07638s.jpg
境内を囲むように細い水路が残っている。
環濠集落だった。
ここが一揆の拠点となり、血で血を洗う時代もあったのか。
太鼓門はその為のものだったのかも。


{GX7mk2+DG VARIO-ELMARIT 8-18mm/F2.8-4.0 & α7S+SEL24240}


我が家の四季(8)~Panasonic GX7mk2+DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2

2018年04月10日 14:38




P1110417s.jpg
今川堤の桜が終わった頃、庭のノムラモミジが赤い新葉を枝一杯につける。
モミジなのに、秋では無く今が見頃なのだ。


P1110414s.jpg


P1110418s.jpg
その奥では、紅花常磐満作(ベニバナトキワマンサク)が出番を待っている。


いつもお向かいの一人暮らしのお婆さんに、この花の名を聞かれる。
毎年同じ問答をするのだが・・・・。向こうも関心があるというより、挨拶代わりの問いかけなのだろうと思っている。
しばらく見かけないので少し心配していた。
お子さん達は、事業に、執筆にと忙しいらしく尋ねてくる事は無い。
ひょっとしてと案じていたが、又庭で見かけるようになって安心した。




OPPOが「今後の新製品の企画・開発を終了する」って!

2018年04月06日 08:47



昨年末にudp205を買ったOPPOが、製品の新製品の企画・開発の終了 という衝撃的な発表をした。

205がマイルストーン的銘機となって、今後Blu-ray Audioが普及していくのではと期待していたのだが。

中国製の廉価なコピー機に市場を荒らされていくと判断したのだろうか。

ハイペリオンのようにSACDですら棄てていくレーベルが在るなか、Blu-ray Audio diskは更に厳しそうだ。
ユニバーサルプレイヤーを必要としない配信へと増々傾いていくのだろうか。


この発表後、注文が殺到して納品は数ヵ月待ちだという。
以前なら予備にもう1台という事も考えただろうが、
こちとらの人生というレールの先に、終着駅の車止めが大きく見えてきた。



いつまで残るこの無念

2018年04月05日 08:02



同窓会もいよいよ70の大台になるが、久し振りに高校の同窓生に電話した。

間で「そういえば」と私と同様に、2人の息子が居たのに長男を亡くした友人が居るという話になった。
私も知ってる人だった。
過労死のようで、あっという間に亡くなったらしい。


話をしながら、ふとあいつと同じ会社におられた石野さんを思いだした。
当時研究所の総務にいらした方で、入院後色々お世話になった。
御自身も肺がんで手術されていたが、テニスや登山ができる程に回復されていた。
昨年、作品集をお送りしようと問合せたら、お亡くなりになっていた。
4年の間に再発したらしい。
ご家族はさぞご無念であろう。


あいつの事を
「照れ隠しのぶっきらぼう」と言われて、成る程と思った時の事を鮮明に記憶している。



春の台風一過

2018年04月02日 08:08



P1110395s.jpg

週末に次男一家が来て、8ヶ月の孫がやって来た。
上の女の子の時は「あいつ」の病気があって小さい時は見ていない。

まだ歩けないが、それでも動き回って、何でも味見する。
くたびれると、機嫌が悪くなって泣いて、寝てしまう。
1時間もしないうちに目を覚ましてまた動き回る。
是の繰り返し。

先輩方の話の通りだ。
子供の成長は速い。もう2度と来ない瞬間だと思うと
こちらも精一杯対応するが、これを毎日は続けられない。



帰るうと忽ち元の静寂がもどってきた。

あいつが生きていれば、子供の頭数も増えて騒ぎも倍になっていただろうか。


[GX7mk2+DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2]



Blu-ray Audio にも千円盤が

2018年03月27日 08:03



AmazonでSACDやBlu-ray Audioを買うことが多くなった。
アマゾン以外からの販売だと送料に1枚350円要るが、
それでもHMVの30~40%のまとめ買いバーゲンで買うより安い物がある。
海外からダイレクトに送られて来るので時間は少しかかるが、
HMVで3500円しているものが1500円で買えたりする。
HMVやタワレコの輸入盤の定価って一体何なのだ。


なかでもハピネットが販売しているポリドール製作のBlu-ray Audioは、
1080円や1124円でAmazonが直に販売しているので、
月額400円のプライム会員なら送料無料で翌日に届く。

中身はCDと同タイトルの曲が、96kHz/24bitと192kHz/24bitの2chで入っている。
(ただしカラヤン等96kHzだけのもある。)

ムラヴィンスキーのチャイコフスキー4,5,6番はこれまで聴いたなかで最高の音質になっている。


他にもNAXOSのBlu-ray Audioに千円盤がある。
こちらはサラウンドと表記されているが、フロントLR との音量の差が大きすぎてサラウンドとするには無理がある。
それでも音質はCDよりかなり改善されているので、2chと割り切ればお買い得だ。