オーデマピゲ ロイヤルオーク 15400SR~時計三昧(4)

2017年04月05日 08:50



DSC07215as.jpg

このモデルはパテックフィリップのノーチラスと同じジェラルド・ジェンタがデザインし、クォーツショック直後の1972年にデビューした。
彼はロイヤル・オークをたった一日でデザインしたと言われている。
以来特徴的な八角のベゼルを持つデザインが継承されている。
パテックフィリップとは反対に角張った箇所もエッジを丸めず、敢えて武骨さを表に出したようなデザインだ。

ロイヤルオークもノーチラス同様ブルーの文字盤の人気が高くプレミアがついている。
ノーチラスと色が被る事もあって、ベゼルがピンクゴールドで白文字盤のこのモデルにした。

DSC07220s.jpg

八角形のベゼルとケースは裏蓋を貫通して固定され、ネジ山が剥き出しとなった8本のネジが特徴的である。
装飾されたムーヴメントをバックスケルトンで見せる事は、見て楽しめるだけでなく偽物対策にもなっている。

防水は50mだがパワーリザーブは60時間と優秀だ。

P1110098s.jpg

DSC07225s.jpg
バックルはサイドに出ているノブを押して脱着する。
ノーチラスのように力を入れなくても良い。
コマもピンだけのノーチラスと違って、ロレックスと同じようにネジ固定になっている。

ノーチラスが手抜きしているわけではなくて薄さに拘った結果なのだろう。


DSC07222s.jpg
オーディマピゲの箱も大きいが、パテックフィリップのような嫌みを言いたくなるような大きさではない。


重い

192gと重い。これまで重いと思っていたロレックスは154gだった。
どちらも41mmサイズと同じ大きさなのだが。
オーデマピゲとロレックスの38gの差はどこからくるのだろう?

rolepatea.jpg
*ロレックスではコンビはデイトジャスト、全ゴールドはデイデイトにしかない。
218238のみデイデイトで、他はデイトジャスト。



オーデマピゲでベゼルがステンレスのモデルの15400STは171gと21g軽い。
逆にブレスも含めてオールピンクゴールドのモデルの15400ORは250gもある。
この差は材料の比重から来ているのだろう。

コンビと全ゴールドモデルの重量の差は、オーデマピゲで58g,ロレックスで56gとほぼ一致している。これも材料の比重によるものだろう。


全般にロレックスの方が軽いが、ステンレスモデルでは差が縮まっている。
ロレックスの方がオーデマピゲよりもケースの厚さが薄いのではないだろうか。
デザインによるデッドウエイトが少なく、より実用的な設計になっている。

更にロレックスのステンレスとコンビモデルの差はたった7gでしかない。
ロレックスのコンビモデルは無垢でなく金張りなのか?
というよりステンレスモデルが重くなっているようだ。


デカイ

DSC07237s.jpg
左端のノーチラスは4時-10時の対角方向で40mmとこの中では最も小さい。
ロイヤルオークとロレックスは同じ41mmのモデルなのだが、ロイヤルオークの方が大きく見える。
41mmを3時-9時で測っているとすると、八角形の頂点の4時-10時ではもっと大いと言うこともあるが、
ベゼルが浮き出しているようなデザインがものを言っているのではないだろうか。


DSC07239s.jpg
42mmサイズのDK87と比べても引けをとらない。

ロイヤルオークには、41mmのほかに、39mm,37mmのモデルが存在する。
大きく見えるデザインが故のバリエーションなのだろう。




ミニッツリピーター ケレック DK87-211A~時計三昧(3)

2017年03月27日 06:42



時計を懐中時計として外へ持ち歩きだした頃、夜の街は現在のように明るくなかった。
文字盤を見なくても時間を知りたいという要望に答えたのが、音で時間を知らせるミニッツリピーターだった。


現在では必要が無い機能だが、幸い今でも作られている。
パテックフィリップ、オーデマピゲ、ヴァシュロンコンスタンタン、ブレゲ、ウブロ、ユリスナルダン、ジャガールクルトと名だたる高級時計メーカーが手作りで作っている。
問題はそのお値段。2000万~6000万、中には1億を越える製品もある超高級品揃い。
中古でも1000万近くになる。


それでも、実物の音を聴いてみたい!




(1) リピーター機能を備えた当時の懐中時計が今でもアンティークとして売られている。

確かに値段はぐっと下がるが、100年近く前の複雑な設計の製品が時計として安定して機能するのか疑問である。
歯車が1個外れても、当時の部品なんて無いから修理のしようがない。



(2) シチズンがミニッツリピーター機能を持つムーヴメントを作っている。

但し、デジタル化された音源を再生する電子式である。
シチズン(輸出用モデル)、シチズンカンパノラ、シェルマン、天賞堂がこのムーヴメントを使った時計を出している。



シチズンの平行輸入品を楽天で買った。
8時35分なので、先ず時刻で8回。
次に15分ごとのクォーターが2回
最後に30分から35分までの分が5回鳴る。

1/1000の価格だが数千万の時計と全く同じ鳴り方をする。
「本物」は手巻きだが、こちらは太陽光発電のクォーツで100年間日付調整なしと手間がかからない。


一応物欲は収まった。
しかし、あちらは時計内で実際にハンマーがベルを打って音を出している。
音の響きに違いがあるのではないか?




(3) ケレックというムーヴメントを製造している会社が5ミニッツリピーターを作っている。

5ミニッツリピーターというのは分を5分毎に鳴らす簡易版である。
ケレックのはリピーターだけのムーヴメントで、時間を刻むムーヴメントが別途必要になる。
2段重ねになるが、他社のムーヴメントを使っている会社にも納入できるというメリットを視たのだろう。




8時で8回鳴り、25分なので5回鳴る。
29分までは同じで、30分になるともう一回多く鳴る。
ハンマーによる打鍵の震動が伝わってくるし、音も大きい。
懐中時計を思わせるデザインと相まって、往時の音を再現しているという気分を強く感じさせてくれる。

シチズンよりは高くついたがやっと満足できた。


ケレックのムーヴメントを使ってニブレル、エポスが5ミニッツリピーターを作っている。
特にエポスは両面スケルトンでハンマーの動きが見えるのだが、世界で200個の限定品で入手困難だった。

同じムーヴメントを使って更に簡易版のクォーターリピーターが多くのメーカーから出ているが、値段はケレックと変わらない。




パテックフィリップ ノーチラス 5711/1A-010~時計三昧(2)

2017年03月23日 06:01



世に世界三大時計とか、雲上時計と呼ばれるブランドがある。
ロレックスやオメガではない。
パテックフィリップ、オーデマピゲ、ヴァシュロンコンスタンタンをいう。

中でもパテックフィリップは「ロレパテ」という言葉があるように、ロレックスとは主力モデルの価格帯が違っても競合する人気ブランドになっている。


DSC07210s.jpg

パテックフィリップのノーチラスは1976年の登場以来、40年間デザインを替えていない。
文字盤は見る角度や光の当り具合で微妙に色が違って見える。
中でもこのブルーブラックは最も人気が高い。


普通、正規販売店というのは高級時計宝石店で値段も高い。
ところがこのモデルは平行輸入店の方が3割も高い。
正規販売店は定価でしか販売しない。高くても安くてもいけない。
人気モデルが品薄になると平行輸入店はプレミアを付けて、海外の正規販売店や在庫を持っている店で買い付ける。
正規販売店は国内では定価販売だから、相対的に安くなる。
なら正規販売店で買えば最も安いが、年に数個しか入ってこない。
客は何年待っても買えない状態が続いている。


元々定価が高いのに更にプレミア付きでないと入手できない。
しかも入荷してもすぐに右から左へと消えてしまって、いつ買えるかわからない。
日本なら一気に大量生産体制に入るところだが、すぐに希少価値がなくなって暴落してしまう。
欧州企業は巧みに市場をコントロールして、増産はしても造り過ぎることはしない。


クロノグラフやデュアルタイム等の多機能モデルもあるが、修理やメンテナンスの費用が高くつという理由で、結局最もシンプルなこのモデルになった。


P1110079s.jpg
裏蓋はバックスケルトンで、パテックフィリップの紋章の入ったローターが見られらる。
バックスケルトンでも120m耐水で、いまだにオイスターケースと呼ばれる金属の裏蓋に固執するロレックスの100mを凌駕している。

パワーリザーブは45時間とロレックスに比べると少ない。
土日はワインダーのお世話になる。


P1110084s.jpg

P1110066s.jpg

ノーチラスは、自動巻き機械式時計にも拘わらず薄くて装着感がいい。
ノギスでは8.6mmを指している。データとしては8.5とか8.3という数値が出ている。
もうすこしキッチリ計ればデータ通りの値になるかも知れないが、キズを付けたら元も子もない。

ブレスも本体に合わせて薄く作られている。
バックルが固くて外す時に力が入るので、華奢に見えるブレスが壊れないかと気になる。



P1110085s.jpg
何という箱の大きさ。
パテックフィリップの紋章が入っているから純正には違いないが、この悪趣味なケースは大きさを尊ぶチョンチャン向け仕様なのか。
ここだけはゲッソリした。



ロレックス デイトジャスト コンビ~時計三昧(1)

2017年03月19日 13:00



ロレックスの売上高はダントツの世界一で、2011年で約4500億円あった。
日本ではシチズン全体で1700億、セイコーは1300億程度でしかない。
因に、カルチェ、オメガがロレックスの1/2程度の売上で2位、3位につけていて、
4位にはあのパテックフィリップがセイコーと同程度の売上で入っている。
同じ時計でも数万と数百万という単価の違いが物を言う。
パテックが1個売る間にセイコーは100個売らないといけない。
スイスフランの高騰もあるが、商売としては機械式時計の圧勝になっている。


携帯やスマホがあるから時計なんて要らないというご時世、実用からファッションへと足場を移した腕時計だが、
世界の主流はクォーツから機械式に移っている。
そんな機械式時計に物欲が炸裂した。



コンビ

DSC04411s_20170319111812a5c.jpg

昔、バックパックで初めて海外旅行をした時、スチュワーデスが付けていた金とステンレスのコンビのブレスレットの時計に眼がいった。
それがロレックスだった。
免税で20万と言っていた。
この時の予算は30日で30万。往復の航空券とユーレイルパスで既に半分使っている。
とても手がでるシロモノではなかった。
安いと思われるかも知れないが、帰国後就職して貰った初任給が4万7千円、ボーナスをはたいても買えない値段だった。


タフ

DSC04416s_2017031911181548d.jpg

父が校長を退任した時にロレックスを譲り受けた。
しばらく使っていたが、ワイシャツの袖口が金属ベルトで擦れて痛むので、ナイロンベルトの安物のクォーツに替えた。
ずっと引出しに入れたままだったが、思い出して取り出すと、その動きでゼンマイが巻かれて動きだした。
父は質屋でこのロレックスを買ったと言っていた。
前所有者が5年、父が10年使ったとして55年も前のモノである。
とても動くまいと思っていたのに、何事も無かったように秒針が回っていく。
ロレックスはデザインだけのブランド時計ではなかった。



DSC04414s.jpg

父から貰ったモデルがジャストデイト。そのコンビブレスのモデルにした。

24時ピッタリに日付が変わる。
自動巻きとはいえ日差±2秒と凡庸のオートとは精度がワンオーダー違う。
パワーリザーブが70時間もあるので、土日腕に付けていなくても大丈夫。

最近はサブマリーナという回転ベゼルを持ったモデルが人気のようだが、昔からあるタグホイヤーとちっとも変わらないし、
デイトナのような多針多機能時計はカシオに任しておけばいい。

ロレックスといえばこれか12時の位置に曜日が出るデイデイトが最も「らしい」モデルだと思っている。




これがキャノンの文化か

2016年12月28日 00:43



少し前に、ちょいとソニーのカメラから浮気をしたくなった事がある。


キャノンのPowerShot G5Xというのが面白そうだったので、「お客相談センター」に電話してみた。

ところが、まず電話番号に0120が無い!!!
営業する気ないの?

050のIP電話、043のNTTに電話しても
録音するとか何とか勝手な台詞が流れて時間を潰し、待たされた挙げ句繋がらない。
楽天カードのサポセンと同じかよ!!

キャノン機はプリンターのインク同様、電池も高い純正でないと使えないみたいだし
一挙にテンションが下がった。

c5xxs.jpg
こんな比較表まで作ったのだが、
ヤメタ

キャノンユーザーって、のほど忍耐強い人が揃っているのか。



自動缶開け機

2016年08月17日 07:03



我々の年代は缶詰には思い入れがある。
子供の頃、缶詰は高級品で中元・歳暮の贈答品に用いられた。
空き缶は捨てずに折れ釘やトンカチで加工して遊び道具になった。
テレビが普及し始めると、固定式の電動缶開け機がアメリカのホームドラマによく登場した。
缶詰を自動で開ける機械が必要なくらいよく消費する。
そんなアメリカの豊かさに驚いた。


プルトップでない普通の缶詰を開けるのに、手動の缶切りでは手が痛くなる。
また、加熱した缶では手で固定するのが難しい。
という事で電池駆動の小型の自動缶開け機を買ってみた。

P1020819s.jpg
掌にすっぽと収まってしまう大きさで、単3アルカリ電池2本で動く。Amazonで3,281円だった。
「giaretti 自動らくらく 缶オープナー GR-86R 」という名前がついているが、正真正銘のmade in china。


P1020818s.jpg
オレンジ色のボタンを押すと、上の回転刃が降りてきて下の歯車とで、缶の縁を掴む。


P1020813s.jpg
下の歯車が回転して、缶の縁に沿って動き出す。


P1020811s.jpg
ん、どこ切ってんだ?
缶の上を切るのではなくて、サイドを水平に切っていく。


P1020816s.jpg
中身を取り出す時に手を切らないように注意する必要がある。


似たような形、価格の缶開け機があるが、これは円形だけでなく、四角や楕円でも開けられるとあったので買ってみた。
思ったよりスムースな動きで、手早く開けてくれる。


[GX7+LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8]Capture Oneで補正



ネットでタンスを買うには体力が要る

2016年04月08日 10:06



やや大きめのチェストを買った。

佐賀県の大川市という、家具生産で栄えた街で作っている。
重要文化財であり鉄道遺産の筑後川昇開橋があり、
「のだめカンタービレ」のノダメの故郷でもある。

等と思っていたら、運送会社の運転手から電話があった。
到着時間を知らせて呉れるのかと思ったら、搬入の際に手伝えという。
今はぎっくり腰で駄目だと断った。
そうでなくても、搬入時に買主に手伝いを要求するとは何事か。


販売会社と話したが、相手も強行で結局注文取り消しになった。

普通の通販では考えられない事だが、HPの隅にはちゃんと
「重量物の場合はお手伝いをお願いする事があります」と書いてあった。
「力のある男性」とはっきり書いているサイトもあった。
最近は家具の販売もシビアになって、2人体制の送料まで確保出来なくなったようだ。

幸い同一商品は他からも出ていて、8000円高いが「2人体制」で運んでくれる所を見つけた。 
断り書きが無かったのでそう判断したが、電話で念を押しした。
更に13000円高いが「開梱設置」とあり、梱包を解いて家の中の指定した場合まで運んで呉れるという所もあった。

かっては、家具というと此処までするのが当たり前だったが、
安い家具が普及してギリギリの価格でないと売れなくなり、
別の意味で、迂闊に家具を買えない時代になってしまったようだ。

とはいえ立花町にも緑橋にも、かってのような家具店街はもう無い。




お掃除ロボット 2題

2016年03月02日 10:09



(その1)AIM-RC03

DSC06440s.jpg
確かに「ルンバ」は賢くて、綺麗にしてくれる。
しかし、ちと大きすぎるのではないか。
特に椅子の下に入れないのは致命的だ。
それでもカミさんは床にモノを置かないので良いが、こちとらは床の上にリモコンやらケーブルをいっぱいに拡げている。

最近は小型のも出て来ているようで、アマゾンで『ツカモトエイム ロボットクリーナー ミニ ネオ AIM-RC03』
という長たらしい名前のを買ってみた。
ルンバの直径が35センチなのに対して23センチと2/3である。
これでちゃんと掃除できるのかと思ったが、どうしてどうしてなかなかやる。

掃除の為に片付けるのは面倒なので、床の上はちらかしたままでロボットが近づいたらそこだけどける。軽くて片手で簡単に持てる。
分厚い絨毯の上も平気で乗る。
机の奥までちゃんと入って積もった綿埃を取ってくれる。
綿埃以外にザラっとした粉のようなゴミも取れた。
8畳の部屋を10分程で完了。
週に一度こいつを走らせるだけで充分だ。
一度の充電で1月行けそうだ。
値段は5年前のルンバの1/10。福沢さん1枚で充分なお釣りが来る。
ナイスC/P





(その2)ブラーバ380j

DSC06441s.jpg
こちらはルンバと同じiRobot社の拭き掃除ロボット。
値段はルンバの1/3とAIM-RC03よりは高い

DSC06432s.jpg
小さいのでダイニングの椅子の足の「林」を縫うように動く。
その賢さは見ていて感激する程だ。

DSC06438s.jpg
ただねえ。
拭き掃除ロボットじゃなくて、「水塗り」ロボットなんだよね。
水のタンクを空にして、ウエットティッシュを付けてやるとちょうど良い。
でもね、細かいゴミを拭き取ってはくれないよなあ。
まあ、人が拭き掃除していた時も、その前には一応掃除機をかけていたからねえ・・・・・・。





BD-REの書き換え可能回数はそれほど多くない

2016年02月14日 09:03



BD-RE の書き換え可能回数は 1000回と言われているが、10回という記述も見受けられる。
1000回というのは統計的な数字だろうが、ユーザーにとっては100%トラブルが起こらない回数が「限度」である。

我が家では、WOWOWの受信可能なBDレコーダーが1台しか無いので、
カミさんからリクエストのあった番組をBD-REにコピーして毎週一回渡しているが、
約1年で読めなくなる番組が出てくる。
症状は前記事のケース2程度。
回数にして50~60回という所だろう。


カミさんは一回見たらそれでお終いだから、ケース1程度ならスルーしているだろう。
そこまで厳密にとると「限度」は10回くらいと見ておかねばならないのかもしれない。



BD-Rのスピンドルケース保管は危険

2016年02月12日 10:14



不織布を使ったBD-Rケースでは録画面を痛めるというのが常識となっているが、
購入したBD-Rが入っていたスピンドルケースでの保管については、余り言及されていない。


ケース1 CMをカットして録画しているが、CMが入るような場面で無いのに画面が飛ぶ。
→ノイズやフリーズ等の破綻は無いので放送時のカットと見なしていた。

ケース2 番組の一部(90分なら5分位)が再生できないでフリーズしてしまう。
→不具合箇所をカットして、再放送まで待つ。

レース3 特定のBDレコーダーでしか再生出来なくなる。
→HDDに戻そうとするが、「ムーブバック出来ません」という表示が出る。
ムーブバック可能なものも、書き戻している間に完全に再生不能になる。

これらは総てスピンドルケースで保管していたディスクで起こっている。
大事な物はスリムケースに一枚ずつ保管していて、こちらは大丈夫だった。

考えてみれば、水平に50枚重ねた状態で、仮想のディスクには強い力がかかっている。
いくら「平ら」であっても僅かなソリは有るだろうし、埃が入ればそこに加重が集中する。
「生ディスクは大丈夫」なのだからという考え方があるが、不織布のパターンによる不均一加重
で駄目になるものなのだから、それよりずっと厳しい加重のかかるスピンドルケースで大丈夫な筈が無い。


今は「BD-R対応」の不織布を使ったブックタイプケースに入れ、かつ荷重がかから無いよう立てて保管している。

bd-rcases.jpg