北海道フリーパスで一挙完乗 第5日  その2  宗谷本線

2009年06月30日 18:27

2009/06/11


P1010267.jpg
街の印象は季節や天気で変わるけれど、駅前から見た旭川の街は意外と小さいという印象を受けた。食事時だが、雨の中を探し歩くのも面倒なので駅でラーメンを食べた。真っ黒な色のスープだが、醤油味でもない独特の味がした。


P1010265.jpg
特急の先頭車両は皆、「らしい」特徴のあるデザインになっていると思っていたが、ここまで乗ってきた特急スーパーカムイはストンと切り落とされて快速のような顔をしている。ヘッドマークも、電光板を車内にひょいと置いてあるように見える。


P1010270.jpg
稚内行きの特急サロベツも似たような物だった。乗っている間は見える物ではないので、座席の座り心地がさえよければ文句はないが。


P1010316.jpg
美深駅の駅舎は、公民館か小ホールのような凝った造りになっている。


P1010315.jpg
駅舎から一番遠い島ホームからは美幸線の列車が発着していた。廃線になって四半世紀近く経つが、未だに名残を留めている。右手からディーゼル車から入線してきそうだ。


P1010310.jpg

P1010309.jpg
音威子府という名前だけでどんな所か来てみたくなる。
黒い蕎麦で有名なホームの蕎麦屋は、停車位置から遙かに離れている。一分停車では持ち込みさえ不可能だ。


P1010287.jpg

P1010297.jpg
初日に車で訪れた名寄を過ぎると、宗谷本線は天塩川に沿って走る。両岸に人工物が見られない。河に護岸壁や堤防が無いのは北海道では普通だが、いつもなら寄り添ってくる道路さえ無い。
原始林を切り開いて2本のレールが敷かれた。その時の風景がそっくりそのまま残っているのではないか。根室本線や釧網本線の海岸沿いも良いけれど、宗谷本線こそ最も北海道らしい路線だと思う。

名寄で創業以来99年の駅弁屋さんが廃業するという。宗谷本線以外にも、名寄本線、深名線と3本もの路線が交わっていた名寄だけれども、今は宗谷本線の1通過駅で、窓の開かない特急主体のダイヤでは客は激減していたのだろう。今年が百年目というのも何かの因果か。



P1010279.jpg
石油のボーリングで発見された豊富温泉のある豊富駅を過ぎ、台地の上へ登っていく。灌木も無く熊笹の中を終着駅稚内を目指して列車は走る。抜海駅の辺りに「利尻富士」の立て札が有ったが、小雨で島影さえ見えない。


P1010278.jpg
一つ手前の南稚内で殆どの人が降りた。稚内まで来るのは観光客だけのようだ。
「札幌駅より」に始まり「鹿児島駅より」まで営業距離が書かれて「最果て」を演出している。


P1010271.jpg
輪留めの向こうは直ぐに駐車場になっている。「日本最北端の駅」にしては素っ気ない。
唯一の高層ビル、全日空ホテルの左に防波堤ドームが見える。


P1010276.jpg
岸壁に近づくと雨ばかりか風が強くてまともに歩けない。しかし防波堤ドームの中へは風も吹き込まない。現在の物はオリジナルではなく戦後に再建されたものだが、ギリシャ建築のようなデザインは元のままだという。雨風を防ぐ性能もさることながら、よくぞ実用建造物にこれだけの装飾性を持ち込んだものだと感心する。


プチホテルジョイに投宿   朝食付き6800
木造2階建てで、1階の部屋には高い位置に縦長の窓がついている。独房を思わせる暗い部屋だった。稚内では比較的安い宿だが選択を誤った。稚内は観光地で、まともなビジネスホテルはない。南稚内で泊まるべきだった。

北海道フリーパスで一挙完乗 第5日  その1 根室本線

2009年06月29日 19:52

2009/06/11

hokkaidotable3.jpg

朝から雨が降っている。抜海の空に浮かぶ利尻富士を期待していたが、難しそうだ。


P1010241.jpg
富良野というと、北海道の軽井沢のような「おしゃれ」のイメージが強い。
ホテルの窓から見える富良野駅も、三角屋根を持った山小屋風の瀟洒な姿をしている。


P1010242.jpg
根室本線の主要駅として特急も停車したが、道東への幹線の地位を石勝線に奪われて、富良野駅に停まるのは1~2両編成の各停ばかりだ。
通学の高校生に混じって、新得に向かう。

金山駅を過ぎてトンネルを抜けると、直ぐに短い鉄橋でかなやま湖を渡る。鉄橋は短いけれど、かなやま湖は中々広い。無人駅を一つ過ぎて幌舞駅の幾寅駅に着く。
次の落合駅で列車交換してから狩勝峠越えに入る。一昨日通った石勝線と新狩勝トンネルで合流する。


P1010250.jpg
新得から引き返し、富良野を通り過ぎて滝川まで行く。駅前には、狩勝峠越えで苦労した機関助手をモチーフにした火夫の像が置かれていた。


P1010244.jpg
雨が降っているが、次の列車までの待ち時間を利用して「狩勝ポッポの道」へ行ってみる。
新得町が旧狩勝線の路床をJRから買い取って、旧新内駅までの区間を遊歩道にした。起点にはD51が保存されていてSL広場と呼ばれている。残念ながら駅から少し離れているので、訪れる人は少ない。


やってきた快速「狩勝」はヘッドマークも無く、単行の各停と何ら変わる所はない。違うのは走行区間で、5:40に釧路を出発し、帯広から快速となって滝川まで6時間55分走る。
幾つもの信号所を通り過ぎて、再び狩勝トンネルに入る。石勝線とはどこで分岐するのだろうと左窓をじっと見ていると、トンネル内に線路が現れた。トンネルを出ると左側に線路は見あたらない。トンネル内で分岐して、出口は別々になっていた。


P1010260b.jpg
北海道の鉄道は開拓と石炭輸送の為に敷かれた。根室本線も例外ではなく、滝川に着くまでに芦別や赤平の炭鉱町を通る。昨年9月、赤平炭鉱跡へ行く予定をしていたが、暴風雨のため果たせなかった。車窓から何か遺構が見えないかと見渡していたら、赤平駅の手前で竪坑巻き取り機が見えた。こんなも鉄道に近いところで採掘していたのかと却って驚いた。
この立地条件の良さが、一般炭にも拘わらず赤平炭鉱の寿命を長らえさせたのだろう。住友赤平は最後までオーセンティックサンプルを供給していた。



P1010263.jpg

P1010264.jpg
滝川到着。長い根室本線の全線を走破したことになる。滝川駅は、広い構内に数え切れないほどの側線を抱えた大きな駅だった。古い跨線橋も残っており、鉄道旅の雰囲気が盛り上がる。函館本線と根室本線の2大幹線が合流し、煙を吐きながら蒸気機関車が構内を行き来していた昔日の栄華を偲びつつ、旭川へ向かう。

大フィル第429回定期 ウォルトンのベルシャザールは空騒ぎ

2009年06月28日 19:16

モーツァルト/交響曲第35番ハフナー
  秋山和慶の指揮を久しぶりに聴く。朝比奈時代は客演指揮の常連で、朝比奈が余り振らなかった近現代ものをよくやった。そのせいか秋山=軽い音のイメージがあった。ところが、今日のオケは重い、ドイツ的(と日本人だけが思っている)な音がする。大植サウンドから一転、先祖返りして朝比奈時代を彷彿とさせる音だった。オーケストラが昔なじみの指揮者とやると、その頃の音になるのだろうか。

ディリアス/小管楽のための2つの小品
  ぬるーいメロディ、メリハリの無いオーストレーションのこの曲を最後まで聴いた記憶がない。今日も心地よい午睡への誘惑を断ち切ることができなかった。

ウォルトン/オラトリオ「ベルシャザールの饗宴」
  「歳をとると声楽を好むようになる」と誰かが言っていた。それを信じて、何時か聴くだろうと声楽物も集めてきたが、その日が来る前にこの世からオサラバしそうだ。
長い曲だったら、聴かずに帰ろうと思っていたがプロク゜ラムに35分とある。「ステージの左右に配された2群のバンダ(イタリア語、金管楽器の別働隊)」とか、パイプオルガンも入るらしいので踏み留まることにした。
  
 合唱隊は大フィルと九州交響楽団の合唱団の混成で、約130人が舞台後方と後部座席に5列に並び、その上にはペット、ボーン、バスからなる金管隊が勢揃いしている。なかなか壮観である。マイクも指揮者の頭上に4本、合唱隊に3本、エンビエンスマイクが3本と気合いが入っている。

 いきなり合唱隊がアカペラでテクスト歌い出した。言葉が聞き取れそうで聞き取れない。対訳を見るとシェイクスピア英語(thou、thytとあるので)になっている。日本語でいえば文語調の歌詞というところだろうか。普通は直ぐさまオケが被さってくるのだが、なかなか入ってこない。オケが入ったと思ったら声楽隊は沈黙する。どうやらウォルトンはオケと声楽による音楽の相乗効果を狙ってはいないらしい。それぞれ別個に盛り上げる算段をしている。そう思うと急に音楽としての興味が失せた。

 舞台では中身のない空騒ぎが続いている。他の客は縦長のディスプレイに映し出されるテキストに目が行っていたが、私だけは反対方向のオルガン奏者の手をじっと見ていた。どこでパイプオルガンが出てくるんやろ。オケがウワッと盛り上がったピークに合わせて手が動いている。8本のコントラバスの更に下の音を補強しているようだ。

オーディオに40万の法則というのがある。高域と低域の再生能力をかけた数字で、例えば上を2万Hzとするには下は20Hzまで伸ばしておかないとバランスが悪い。上が2万まで出ていても下が40しか出ていなかったら、上も出ていないように聞こえるという。超高音を再生したかったら、それに見合う超低音も用意しておきなさいというものだ。
オケでも、金管の数を増やしたら、低音もそれ相応に増やしておきなさいと言うことになる。しかし、コントラバスを20台も並べるわけに訳にはいかないので、パイプオルガンにその代わりを務めさせている。ウォルトンの音楽を評価する事は出来ないが、少なくとも音の仕組みには通じていたようだ。

オーケストラのオルガニストは忍耐を要する仕事だ。1人だけ指揮者を見れないから、じっと耳を澄ませ、楽譜を追う。で、出番が来たと思ったら「ウー」とやるだけ。鳴らすだけなら誰でも出来るけど、どこで鳴らすかが問題だから、それ相応の訓練が要る。そして「ウー」は切ない。
来月はサンサーンスの3番だからやり甲斐があるはずと、プログラムをよく見たら、余所から女性奏者を連れてくるようだ。救われない。



帰ってテレビの番組欄を見たら、庄司紗耶香が先月の定演でやったのと同じリゲティのヴァイオリン協奏曲をやる。定演のを放映するのかと思ったら、6月にN響とやったとある。

北海道フリーパスで一挙完乗 第4日  その2 石北本線 富良野線

2009年06月27日 11:57

2009/06/10

常紋トンネルはあっという間に通り抜けてしまった。人柱や怪談話が有名になるほどの難工事だったが、長いトンネルが当たり前になってしまい、今では短く感じられる。
トンネルを出た後、右に分かれて行く退避線を目で追ったが、茂みの中へ消えていった。その先でスイッチパックになっているはずだ。


P1010218.jpg
山峡から開けたところへ出たなと思ったら、もう遠軽だった。跨線橋から町の象徴になっている瞰望岩がよく見える。
駅がスイッチバックになっている。名寄から宗谷本線と分かれてオホーツク海岸を南下し、中湧別から再び内陸に進んで、ここで石北本線と接続していた名寄本線と、北見から伸びてきた湧別線がここで合流した。名寄本線の中湧別から網走までは湧網線も走っていた。その後名寄本線は湧網線ともに廃線となりスイッチバックだけが残った。交通の要衝だったわけだが、今は一本の鉄道が走っているに過ぎない。それでも沢山の人が降りて、多くの人が乗ってきた。
鉄道の走っている所は道路も有る。鉄道が無くなった後も人の流れが変わっていないのだろう。JR北海道はパークアンドライドを進めている。駅まで車でやって来て、そこから鉄道に乗り換える。都市生活者には涎の出るような話だが、函館のような大きな駅でもやっている。遠軽駅にも大きな駐車場がある。



P1010222.jpg
遠軽を出ると、列車は湧別川の支流と共に瞰望岩をぐるりと右回りに巻き込みながら進む。
線路脇の灌木で、シャッターチャンスが厳しかった。ようやく撮れたけれど、てっぺんがチョット欠けてしまった。


P1010226.jpg
終点旭川に近づくと、高架線の大工事が行われている。北海道新幹線をもう造り始めているのかと思ったが、石北線の高架工事のようだ。旭川はリトル札幌である。札幌駅に続けと駅の高架化を進めているらしい。札幌は駅の北側にも低層階ながらも街が拡がっていたが、旭川駅の北端にある富良野線のホームの先は荒れ地が拡がっているばかりだった。



P1010228.jpg
日没寸前だが、中富良野駅で途中下車した。ラベンダーの季節。昨年は9月にいって紫サルビアに惑わされたが、今度は本物のハズ・・・・・。ところが中富良野町営ラベンダー園にラベンダーが無い。


P1010240.jpg
一番手前の黒々とした植え込みをよく見ると、小さな青い花が一面に咲いている。これもラベンダーなのだろうか。芝桜版ラベンダーという所だ。


P1010254.jpg

P1010323.jpg
北海道の駅やその周辺では、どこでも半分自生のこんな花が沢山見られる。てっきりラベンダーだと
と思い、今や満開と期待してきたのだが。後で土地の人に聞くと、ノボリフジという別の植物だった。


P1010231.jpg
農園の端にようやくラベンダーを見つけた。一面のラベンダー畑にはほど遠いかったけれど。



富良野駅前のナチュルックス・ホテルに投宿  大浴場有り  朝食付き8000円
ちょっと高いけれど、モノトーンに統一されたデザインの新しいシティホテルだった。
部屋の浴室にはガラス窓が。その向きにも使われているのか?
まだ宵の口なのに、飲み屋以外に空いていそうな店がない。ホテルのレストランからは何やら良い臭いがしてくる。ラベンダー園で疲れたので、ここで夕食をとる事にした。丁寧に煮込まれたビーフカレーが美味かった。


北海道フリーパスで一挙完乗 第4日  その1 釧網本線

2009年06月26日 08:00

2009/06/10

hokkaidotable2.jpg


P1010148.jpg

P1010149.jpg
表から見る釧路駅は堂々として東北海道の要に相応しい。
けれどホームに停まっているのは、ディーゼルカーの単行列車ばかりだ。
引き込み線の数も少なく、短くカットされてしまって用をなしていない。

跨線橋がない。高架駅になっていない駅では、跨線橋を廃して地下道でホームを結んでいる駅が多い。寒さや雪への対策なのだろうか。地下道への上り下りにはエスカレーターを使う。なかなか快適である。



P1010150.jpg
真ん中の島ホームには、柱の四方に方杖を取り付けた、懐かしい木造屋根が付いていた。


P1010152.jpg
釧網本線は釧路の次の駅東釧路が起点になっている。ゼロキロポストが車窓から見える。



P1010154.jpg
去年霧の中を彷徨った末に、やっと辿り着いた岩保木水門が見えると、列車は釧路湿原に突入する。


P1010159.jpg
左岸の湿原展望台から眺めると、道路からアクセスできない湿原の真っ直中を線路が走っている。車窓に期待したが、時々釧路川の河面が姿を見せるだけで、肝心の湿原は線路脇の灌木に邪魔されて見通しがきかない。ノロッコ号に乗るなら、木が枯れて見通しが良くなる冬だろう。


P1010184.jpg
標茶を過ぎるて太陽が顔を出すようになった。どこまでも続く草原の向こうに、トラクターが小さく見えた。



P1010185.jpg
斜里で殆どの乗客が降りた。知床へ行くのだろう。釧路からずっと乗ってきた新婚らしい韓国人カップルもここで降りた。かなり辺鄙な所でも韓国人観光客にお目に懸かるようになった。男性の方はイケメンだが、女性はブスというケースが多い。逆玉なのか、それとも向こうの基準では、あれが普通なのだろうか。

この列車は快速で一応ヘッドマークを付けているが、後で乗る狩勝のように何も無い快速もある。


P1010188.jpg
斜里を出るとオホーツク海の海岸縁を走る。冬になれば車窓から流氷が眺められる。その頃は、この区間だけ乗るツアー客でごった返すのだろうが、私以外の観光客は熟年夫婦が一組いるだけだった。


P1010203.jpg

P1010207.jpg
このまま網走まで乗っていても、次の特急まで1時間以上待たねばならない。今の時期しか降りられない原生花園駅で途中下車した。今が見頃だが、元々野生の植物を集めてきただけなので、花々が咲き乱れている訳ではない。それでもハマナスやクロユリはすぐに見つかった。

さして広いところではないので、10分あれば一通り見て回われる。駅のベンチで時間を潰すしかない。男が1人で立ち寄る駅ではなさそうだ。

次の北浜駅から先ほどの熟年カップルが乗り込んできた。ここなら食事も出来る。


北海道フリーパスで一挙完乗 第3日  その3 根室本線

2009年06月25日 08:13

2009/06/09

高架駅に変わってしまった帯広を通過し、厚内から海岸に出る。茫茫として何もない海岸だ。

釧路で根室行きに乗り換える。ディゼルカーがたった1両だけった。それでも特急に接続している為か、非常に混んでいた。指定席車両からユックリと乗り換えてきた乗客には座れない人も居た。


P1010151.jpg
北海道の列車の窓は2重になっている。窓が開いているように見えるが、外側の窓は閉まっている。冬になると、外側の窓の内側が凍ってしまう。宮脇さんは、氷を掻き落とすために亀の子タワシを持参していた。けれど、今はこのガラスに曇り止めのシートが張ってある。亀の子タワシでゴシゴシやると、シートがボロボロになってしまいそうだ。


北海道のローカル列車には、この他にも幾つか特徴がある。
1・エアコンが付いていない。天井に換気口がついているだけ。殆ど出番はないし、真夏でも窓を開ければ済むからなのだろう。
2.デッキが付いている。ドアを開けても、運転席と客席の間にもう一つドアがあるので、冷気が吹き込まない。その代わりなのか、運転席周りは立ち入り禁止になっている。運転席右から前方を眺めるという事ができないようになっている。
3ローカル線でお馴染みの「ドア開」のボタンが付いていない。これは意外だった。前乗り前降りになっていて、運転席横のドアしか開かない。2両、3両と繋いでも同じだ。
デッキ車でドアが2重になっている為だろうか。


P1010123.jpg
釧路と厚岸の間にある、無人駅。尾幌と書く。
JR北海道の無人駅には、駅舎として車掌車が置いてある。あんなに沢山の車掌車がどこから出てきたのかと思うが、多くの石炭列車が走っていた北海道ならではなのだろう。
煙突があるのが、いかにも北海道らしい。この駅のは非常に綺麗だが、ボロボロになって朽ち果てる寸前のものもある。


P1010129.jpg
厚岸湾の奥に厚岸湖がある。湾の奥が縊れて、海水の出入りが無くなったから湖なのだろうが、湿原のほうがピッタリする。


P1010131_20090622001631.jpg
落石岬が見えてくる頃、霧がかかってきた。ここでは霧は、海から風が運んでくる。太陽が出ると霧は晴れるものだが、その太陽さえ覆い隠してしまう。日照時間が短くて、作物が育たない。熊笹と背の低いエゾマツの林以外は何も見えない。


P1010133.jpg
根室の一つ手前、東根室が日本最東端の駅になっている。車掌車さえ置いていない無人駅だが、街が近いので私鉄の駅のようだ。


P1010136.jpg

P1010137.jpg
根室本線終着根室駅。改札に面したホームが一面だけの淋しい終着駅だ。戦前は釧路と同じ程度の賑わいがあったという。農業に不向きな土地で、豊穣な漁場をロシアに不法占拠されて半世紀の時間が生み出した格差である。
乗客の多くは納沙布岬観光に出かけて、折り返して乗る客は私ともう1人だけだった。


P1010135.jpg


釧路ラスティングホテルに投宿  大浴場有り 朝食付き4980円
余りに安いのでどんなホテルかと心配していたが、淡いピンク色のビルだった。広い大浴場には、サウナと露天風呂も付いていた。フローリングの部屋にはいると、エアコンはあるのにリモコンがない。フロントに電話しようとして、ふと窓際を見ると強制排気式の温風暖房機が置いてある。釧路はまだ冬なのだ。
朝食も美味しかった。こんな事なら、昨晩外で食べてボラれるより、ここで食うのだった。



北海道フリーパスで一挙完乗 第3日  その2 石勝線

2009年06月24日 09:02

2009/06/09

P1010104.jpg
トンネルを出ると直ぐに新夕張駅に着いた。実質的にはここから石勝線が始まる。特急は単線の高架線で次のトンネルへ入って行った。
5分の乗り換えで、夕張行きが出る。河面スレスレの鉄橋で夕張川を渡る。河底には流れに並行に地層の状痕が付いている。地層が90度近く傾いているのは、千鳥の滝の所だけではなく、この付近一帯のようだ。


P1010107.jpg
20分ほどで終点夕張到着。真横にホテルマウントレースイが聳えている。このホテルへ行くための駅のようだ。夕張駅は2度移転し、炭鉱からとうとう、このホテルの前まで来てしまった。
生憎と駅は改装工事中で、駅スタンプを押すことが出来なかった。

一両だけのディーゼルカーは直ぐに折り返しの、新夕張行きとなる。
来るときは反対側に乗っていたので気がつかなかったが、右窓からは放棄された単線トンネルや橋脚が見えた。かっての夕張線は複線だった!!


再び新夕張駅に降り立つ。夕張から乗ってきた人達は改札を出ていく。乗り換え客は私だけのようだ。

次に乗る特急「おおぞら」だが、何故こんな何処を走っているか分からないような名前になったのだろうか。札幌-釧路の区間を現す、もっと特徴的なネーミングは出来なかったのだろうかと思った。
帰ってから調べると、実は「おおぞら」は国鉄時代には、釧路-札幌-函館という長距離列車だった。札幌を挟むどちらの区間にも偏重しない為に、このように名前になったのだろう。




P1010110.jpg
在来線で最も駅間距離の長い新夕張 - 占冠間34.3kmを通過して、トマム駅に停車。
ここへは子供達を連れてスキーに来たことがある。帯広空港が開港した直後で、ツアー料金が安かった。帯広-トマム間を列車で移動した。ガラスで覆われた長い歩道橋が斬新だった。
北海道のパウダースノーを期待してきたが、信州と同様のベタ雪だった。
ツインタワーの写真を撮ろうとしたが、障害物が無くなるのを待っていたらスノーセットからトンネルに入ってしまった。昔来た時も同じような失敗をした気がする。人は歳を取っても同じ失敗を繰り返すようだ。


P1010113.jpg
新狩勝トンネルで根室本線と合流して、十勝に入る。パノラマ的な展望は期待できないが、果てしなく続く平原は、非日常の風景を楽しませてくれる。
旧線より緩い斜面だが、大きくS字型に蛇行して更に勾配を下げる。あまりにカーブの規模が大きすぎて、乗っているだけではカーブで有ることに気がつかない。
念を押すようなトンネルを通り抜けて新得到着。ここからは根室本線になる。


北海道フリーパスで一挙完乗 第3日  その1 石勝線(札幌-夕張)

2009年06月23日 09:05

2009/06/09

今日から本工程というか、JR北海道乗り尽くしの旅に入る。

hokkaidotable.jpg

時刻表の列車編成表を見ると、JR北海道の特急には2種類有る事に気づく。旭川-札幌-室蘭の電化区間を走る特急と、札幌-函館、札幌-釧路のそれ以上の距離を走るディーゼル特急に分類出来る。前者の列車編成は自由席3、指定席1と自由席が多く、後者は自由席2、指定席5の編成になっていて、自由席が圧迫されている。

旭川-札幌を走るスーパーカムイはL特急の位置づけで、頻繁に発車するし、乗車時間も2時間程度なので指定券を求める客は少ない。それに対して函館-札幌間を走るスーパー北斗では4時間もの乗車になるので、指定席券を求める客が多いのではないだろうか。

車両編成の違いは、乗客のニーズによって定まっているので、JR北海道が指定席券を多く売りたいためではないようだ。と言う事は2両の自由席に乗っても座席はある。
今日の最初の列車、スーバーとかち1号釧路行きでも、指定席はほぼ満員なのに自由席はガラガラだった。


P1010354.jpg
札幌に始めてきた時はまだ地上駅で、街の北の端っこだった。駅の北側に来ると、木造の民家の屋根から伸びるストーブの煙突が目立った。北の果てまでやって来たという雰囲気が濃かった。
高架駅になってからの変貌は目覚ましい。田舎の町が大都会に飲み込まれて行くように、来る度に新しいビルがオープンしていた。
テレビ塔も、以前は札幌駅に近づくと見えてきたのに、今では列車が国道5号線を横切るときにチラリと見えるだけになった。

室蘭本線が左に分かれていく(本当はこちらが右に分岐しているのだけれど)までは複々線の上を列車が競争する。右側を特急が2本、左には普通列車と4本のレールが同時に埋まることも珍しい事ではない。
追分から新夕張までは旧の夕張線である。新夕張の手前、滝ノ上駅が近づくと右窓を凝視した。ここで確認したいことがある。
滝ノ上駅の右手、夕張川には千鳥の滝がある。紅葉の名所として地元では名高いが、夕張炭鉱の大露頭発見に繋がる、重要な史跡でもある。
宮脇作品では、この滝が何度か取り上げられているが、滝が見えるとあるのは最初の「時刻表2万キロ」だけで以降は見られないとしてある。線路が付け替えられたのかと思ったが、そのような地形ではないので不思議に思っていた。昨年、千鳥の滝を訪れたときには、線路と川の間に大きな駐車場や赤煉瓦の発電所が有る。その上、滝は川岸より低い位置にあるので車窓からはとても見られまいと思った。しかし何度読み返しても、「時刻表2万キロ」では「ある」ではなくて「見えた」という記述になっている。しかも往復で2回。

chidorinotaki.jpg
車窓に目を凝らしていると、夕張川を短い鉄橋で渡るその一瞬、川上に千鳥橋の赤いアーチが見えた。しかし樹木が生い茂っていて、その向こうにある千鳥の滝が見えたかどうかは定かではなかった。

滝は直ぐ傍の滝ノ上駅付近で「見えた」のでは無かった。夕張川を通して、その先の一点として見えた。滝があると言うことを知っていなければ、一瞬の間に通り越してしまう風景である。30年以上前の「時刻表2万キロ」の時には、樹木が茂っていなくて「見えた」けれども、それ以降は樹木に邪魔されて見ることが出来なかったのではないだろうか。「見えた」「見えない」共に体験に忠実な記述であった。

国民健康保険

2009年06月22日 11:52

国民健康保険の請求がやってくる時期になった。

勤め人の時には会社が半額負担してくれていたが、全額負担になる。
平等割、均等割(被保険者1人当たり)、所得割の3区分で取られる。
所得割の合計利率は11.3%になるので、所得税5%、住民税10%と合わせると実質的な「最低税率」は実に26.3%にもなる。老後の安心の為と、退職金を企業年金で受け取ったり、生命保険で個人年金を積み立てていれば、最低でもこれだけ持って行かれる事になっている。

田舎では、更に固定資産税を元にして追加徴収する自治体もある。
伊達や酔狂で「スローライフ」を呼びかけて移住者を集めている訳ではないのだ。


健康保険で言う所得とは、収入から年金控除70万と市民税相当の基礎控除33万を引いた額である。医療費控除や扶養家族控除は認められない。


控除後の所得がゼロでも、平等割、均等割は取られる。2人家族で約11万5千円になる。
ギリギリで所得ゼロでも103万だから、11.5万引くと91.5万しか残らない。これで2人食っていけと言うのである。生活保護だと約150万の年収で、税金ゼロ、医療費無料だから酷い話である。

それではあんまりだと言うことで、平等割+均等割から減額する制度がある。

genmen.jpg
3割は自治体が自主的にやっているが、それ以外は法定なので全国どこででも受けられる。

先ほどの年金だけで103万以下の2人家族なら、最大の7割減免となって保険料は約3.5万になる。
136万なら 3.5+33*0.113で約7.2万
160万なら5割減額の5.75+6.44 で約12.2万
65才未満で満額の年金を受け取れない、「前期年金生活者」の可成りが制度の恩恵を受けられる。


これまでだと、ここまでの話だったが、昨年からは家族に「後期高齢者」が居る人は要注意だ。
「後期高齢者」は独自の保険システムになっているから、その収入は切り離されて然るべきだ。
ところが、所得割の総額には含めないとしているものの、減免の所得には加算される。勿論構成家族の人数には加えない。

何じゃ、ダブルカウントではないか!!。


しかし裏技がある。
国民健康保険の家族の定義は、扶養・被扶養は関係ない。住民票で家族として届けている範囲が「家族」なのだ。だから、同じ住所でもかまわない。世帯分離してしまえば「呪縛」から逃れて、減免を受ける事が出来る。

この手を有料で指導する、税理士・司法書士も居るようだ。


北海道フリーパスで一挙完乗 第2日 その3 幌舞駅 夕張

2009年06月20日 08:46

2009/06/08

狩勝線探訪を終え、札幌に向かうには落合からトマムを通って占冠に出るのが順当だが、落合の次に幾寅という駅がある。ここは高倉健主演の映画「鉄道員(ぽっぽや)」のロケに使われた駅で、今も架空の幌舞駅という事になっているらしい。


P1010093.jpg
現役のJRの駅なのに、幾寅ではなく幌舞の看板が上がっている。内部は映画の資料館として、衣装、小道具が展示されていたが余り興味は無い。


P1010094.jpg
士幌駅に似ている駅前は、映画に使われた建物がそのまま残されている。半分にちょん切られたディゼルカーは何に使われていたのだろうか。



P1010095.jpg
駅舎のホーム側に回ってみた。ホームは駅舎より一段高い築堤の上にある。ホーム上の駅標はさすがに「幾寅」だが、駅舎の柱に取り付けられたホーローの駅標は、「ほろまい」のままであった。


まだまだ明るいので、夕張の見残したスポットに立ち寄る事にした。


P1010100.jpg
清水沢の駅からシューパロ湖へ向かう道の途中で、夕張川の方へ入ると清水沢ダムがある。
この堰堤上に立つと・・・・


P1010101.jpg
解体中の北炭清水沢火力発電所が見える。夕張炭鉱で使用する動力を賄うために、北炭が建設した石炭専用の大規模火力発電所だった。


P1010103.jpg
もう何度も訪れたが、少し奥へ進んで、三菱の南大夕張駅跡へも行っておく。暫く来れそうにない。



札幌ではホテル京阪札幌に投宿した。 朝食付きで6500円と安いのは開店記念セール。
大浴場もあり設備は申し分が無い。朝食はどこがバインキングやねんと言いたくなる程、種類が少ない。テープルの上には調味料さえ置いていない。チエックイン時の支払いもカウンター後ろの機械で客が各自やるシステムだし、徹底的に手間を省いて低コストで勝負する方針のようだ。