折尾駅を目指して中国地方2泊3日の旅 第2日

2009年09月30日 17:45

2009/9/11
20090911.jpg

P1010833.jpg
今日は特急「スーパーおき」に合わせて、朝風呂になぞに入ってゆったりと発つ。


P1010834.jpg
特急というもののたった2両しかない。「最長片道切符」を見ると、山口から益田まで「おき」に乗っていて6両編成だった。それだけ輸送における鉄道のシェアが低下しているという事なのだろう。


P1010850.jpg
赤崎駅あたりから大山が見え出すが、側面からでは姿がよろしくない。
稜線が円錐形に見えるのは、米子に近い大山口駅あたりからだった。
これまでは天気が悪くて山裾さえ見せてくれなかったが、今日は山頂までクッキリと見える。

米子から松江へ向かう山中で、どこからとも無く1本のレールが寄り添ってきて、また離れていった。ああ一畑電鉄かと思ったが、こんな所を走っているはずがない。あれは山陰本線で部分に敷かれている複線の片割れなのだと思い当たった。これまで何度も複線区間を見つけるべく窓の下見つめていたが「発見」出来なかった。複線といっても平行に敷かれているのではなくて、後から造られた線と元の線が離れていのるだった。
日豊本線の大分-宇佐間にも、山を隔てて向こう側を複線の片割れが走っている区間がある。あそこは平地なので判り易かったが、こちらは山中で気がつかなかった。


出雲市を出ると海岸線を走るが、じっくりと眺めを楽しむには速度が速すぎる。
ここは鈍行でゆっくりと流す方がベターだ。
しかし、あのローカル専用車では尻がすぐに痛くなる。
昨年の秋はどんな列車に乗っていたのかと時刻表を繰ってみると、出雲市発のアクアライナーという快速に乗っていた。正規サイズのディーゼルカーでほぼ全てボックス席だった。
ビギナーズラックで、ベストな列車に乗ったようだ。

益田からは山口線にはいる。
この線は津和野に行った時に乗っているはずだが、平凡な景色で全く記憶がない。
その津和野を過ぎて振り返ると、山腹に朱塗りの、大きな神社があった。

トンネルを抜けて島根県から山口県に入ったが、景色は相変わらずだ。
短いトンネルを抜けてすぐカーブになり、そのカーブの所に駅があった。
仁保駅だった。ホームには花壇が造られて綺麗に整備されているが、周りに人家がないし道路も見えない。特急で通過する極く短い時間の間なのでじっくりと観察できなかったが、雰囲気の良さそうな秘境駅だ。


P1010857.jpg
5時間の乗車が終わって新山口に到着。
駅名が小郡から新山口に変わってから初めてこの駅に降りた。
「新○○」は、新幹線との接続の為に造られた駅という意味合いがある。
長い歴史を持ち多くの引き込み線を有する、堂々としたこの駅には似つかわしくないと思う。


P1010858.jpg
新幹線口に表玄関を取られてしまったが、本来の玄関口である在来線側へ出て見た。
小郡は鉄道の街で、他には何もない所だと思っていたが、種田山頭火の「其中庵」があった。
行ってみたいが、乗り換えの間に往復するには遠かった。


P1010860.jpg
新山口から宇部まで、山陽本線と並行して走っている宇部線に乗る。
この線には山口大と共同研究している時によく乗った。
単調な田園風景が続くが、時折海が顔を出す。
一旦宇部まで行くが、次の小野田線は宇部新川発なので、宇部新川まで戻る。

宇部新川の駅は以前とちっとも変わっていない。
山陽本線の宇部と名跡を取り替えただけで宇部市の中心街はこちらの方だけど、空港へのアクセス駅とはとても思えない。この街の活況は炭鉱の閉鎖と共に終結してしまったかのようだ。

宇部新川の次の居能から小野田線が分岐する。
小野田線は山陽本線の宇部-小野田の1駅間を走るのに、宇部線との共通部分を含めて9駅も通過する。宇部線以上にローカルな路線だ。その小野田線の雀田から更に分岐した先に長門本山がある。

P1010868.jpg
雀田から2駅、5分で長門本山に着いた。
「住宅の裏庭にちょこんと止まってみたら、前を道路が塞いでいて、その先には進めませんでした」とでも電車が言っているような終着駅だった。


P1010870.jpg
道路の向こうは海で、本当にここから先には進めない。


P1010869.jpg
時刻表2万キロに「廃屋のような無人の駅舎と、風が強いせいか店を半分閉じたような雑貨屋が一軒、駅に接してあるきりだった」とある、切符も販売していた神戸屋はこの空き地に建っていたのだろうか。


P1010871.jpg
当時の「朝六往復、夕方五往復」から、更に朝2往復、夕方3往復に減便されている。
延々と鳥取から時間をかけてやって来たのは、この時刻表の所為である。
それでも高校生が何人か乗っていた。

日も暮れてきた。折り返しの18時37分発が最終になる。

侘びしさばかりつのる長門本山駅だったが、来てみて良かったと思う。


P1010876.jpg
雀田は分岐の中に造られ、ホームは三角形になっている。鶴見線の浅野のような駅だ。
東京理科大山口校の最寄り駅という事だが、狭い駅前iに出てみても古い住宅が並んでいるだけで乗客は僅かしかいない。大学が来ても昔と変わらぬ風情で、ここだけ時間が止まってしまったような駅だ。



駅前の厚狭ステーションホテルに投宿   素泊まり4950円

厚狭はホテルは工事関係者御用達のようなこのホテルだけ、食事も駅前に居酒屋が一軒あるだけという寂しいところだった。新幹線が停まる駅だが、その恩恵を全く受けていないように見える。

HDCP非対応のディスプレイの問題

2009年09月29日 23:00

ディスプレイがHDCP非対応 だった問題は、HDMI-DVI変換コードであっさり解決した。ディスプレイでなくテレビのHDMI端子に繋いだらちゃんとディスプレイとして認識した。5倍速で録画したソースもPS3同様ちゃんと再生できた。

このテレビはフルHD以前の機種で、D-SUB端子も持っているが手持ちのどのビデオカードも受け付けなかった。それがHDMIだとあっさり認識される。HDMIなんてD端子と違って面倒なだけの規格と思っていたが、良いこともある。



折尾駅を目指して中国地方2泊3日の旅 第1日その1 津山線

2009年09月28日 13:52

すっかり遅れてしまったけれど、今日から旅行記をアップします。

2009/9/10
oriochugoku.jpg

P1010725.jpg
ショルダーバック片手に、めっきり秋らしくなった早朝の街を駅に急げば、気分はもう宮脇俊三。
予定より早く着いたので、大阪駅始発の新快速に乗れた。
舞子駅で明石大橋の下をくぐる。タイミング良く橋が撮れた。


P1010726.jpg
新快速の終点播州赤穂駅は城をモチーフに造られていた。


P1010727.jpg
赤穂浪士の姿絵が階段の壁に埋め込まれている。
バスの路線名が「くらのすけ」!
観光タクシーの行き先案内も、赤穂城ではなくて城内にある大石神社になっていた。


P1010730.jpg
岡山で津山線に乗り換える。
快速「ことぶき」は尻の痛くなるローカル線専用列車ではないのが有り難い。
ボックス席を取り払って転換式のシートに変えてあるれけども、窓は元のままなので位置がずれる。
窓際の席を確保したと思ったのに、外が全然見えない席がある。


P1010735.jpg
津山線はこの旭川に沿って、岡山から中国山地の盆地津山まで伸びている。
格別に景色のよい所はなく、黄色に垂れ下がった稲穂が山裾まで続いるばかりだ。
岡山までの田んぼでは穂が垂れる所まで行かないが、ここらでは既に刈り取りが済んでいる田もある。盆地で日照時間が短いから早稲を植えているのだろう。


P1010740.jpg
津山到着。黒ずんだホームの柱や棟木が気持ちを旅モードに切り替えてくれる。


P1010772.jpg
すっかり忘れていたが大雨の爪痕はまだ残っている。
姫新線は美作江見と佐用の間でバスによる代替輸送を続けている。


P1010767.jpg
因美線の発車まで時間があるので街に出てみる。
津山城は前回行ったので、扇形車庫を間近で見ることにした。


P1010755.jpg
線路沿いにすこし戻って踏切を渡ると、巨大な車庫が現れる。
窓は塞がれたりガラスが割れたままで、あまり手入れは良くない。


P1010751.jpg
ずらりと蒸気機関車が並んでいたであろう車庫には、ディーゼルの客車と機関車が2両づつ身を細めて入っていた。


P1010752.jpg
転車台も残っているけれど、今となっては普通に引き込み線が何本かあれば事足りるのだろうなあ。


P1010766.jpg
吉井川を渡って市街地へ行ってみる。
城をデザインしたアーケードがあり、こちらで「ごんご」と呼ばれている河童の像があちこちに建てられている。人通りは少なく空き店舗やシャッターの閉まった店が目立つ。
公共事業でいくら立派な橋を造っても、渡る人の数は増えない。


P1010768.jpg
昼食は津山で名物にしているホルモンうどんにした。
やきうどんの具にホルモンが入っている。センマイやヒモ等がコリコリとして旨かった。


当世一眼レフ事情~私がソニーα330に決めた理由

2009年09月27日 11:53

ビッグカメラで実物を検分した。
いくらネットを探していても判らないことが、一目瞭然で明らかになった。


その1:フォーサーズのボケはコンデジと同じくらいしかない。

ASP-Cのソニーα330とフォーサーズのオリンパスE620を、まず近くのカメラに焦点を合わせておいてから、売り場の反対側を液晶で見た。全然ボケの量が違う。オリンパスのボケならLX3でも十分に出せる。APS-Cで撮像素子の大きさはフルサイズの1/2だが、フォーサーズの1.5倍ある。LX3は遙かに小さい。なぜボケに関してはファーサーズがAPS-Cとかけ離れていて、コンデジに近いのかは判らない。

ソニーα330
キャノンkissX3
オリンパスE620
オリンパスE-P1
パナソニックGF1
当初この5機種を候補にしていたが、この「実験」でフォーサーズ勢が全て落第。ソニーとキャノンだけが残った。



その2:普及機クラスの一眼レフのファインダーでピントを合わせるのは難しい。構図を決めるだけ。

銀塩時代の一眼レフはペンタプリズムを使ってファインダー内の円がピッタリ合わさったり、真ん中の他よりボケている所にきちんと像が結ぶようにすれば合ピンだった。ところが今の一眼のファインダーはレンズを通った象をそのまま見てるだけ。小さな像の輪郭でピントが合っているかどうか判断しなくてはならない。エントリーより一つ上のEOS50Dでも似たり寄ったりで、パッと合わせられるモノではない。
結局ピントはオートフォーカスにお任せで、構図を決めるのにしか役に立たない。
「写真はファインダーを覗いて撮るモノ」と偉そうに言うのが時々居るが、構図を決めるだけなら誰でも出来る。

ならば、ファインダーの小さな窓を覗くより大きな液晶で見た方が良い。
ファインダーは動くモノとか、日差しが強い野外で撮るときに限定して使えば良い。



その3:キャノンのライブビュー撮影では、シャッターを押しても撮れない。

今やどんなカメラでもシャッターボタン半押しでフォーカス、更に押し込んでシャッターが切れる。
ところがkissX3はライブビュー用にフォーカスボタンが独立している。だから2つボタンを押さないと写真が撮れない。ファインダーで撮るには普通にシャッター半押しから押し込む。

この「仕様」には驚いた。
ライブビュー撮影ができる他のメーカーがやっているのだから、技術的に出来ないはずがない。
液晶派イジメの無駄な仕様としか思えない。


手振れ補正はホディ、本体それぞれに利点弱点があるから、ソニーでもキャノンでも構わないと思っていた。
96万画素の液晶は美しいし、LX3の46万画素に慣れてしまうとソニーの23万は貧弱に見える。
デザインだけとりあげると、ボタン数を整理しすぎて安っぽいソニーより、高機能っぽく見えるキャノンの方が好ましく見える。

しかし、道具は人に見せるモノではなく、使うモノだからソニーに決めた。
ダブルズーム付きで56000円、さらに5000円のキャッシュバックがあるから、高級コンデジ並みの値段で一眼レフが手に入る。良い物が欲しくなったら一式ヤフオクで処分して、全て買い直しても良い価格だ。

P1020043.jpg

宮脇俊三 最新随筆集「終着駅」

2009年09月25日 11:51

P1020020.jpg
宮脇俊三の新刊を買った。

といってもあの世から蘇ったのではなくて、初期の随筆で単行本に入らなかったものが集められている。
宮脇さんは、全集の各冊におまけで入ってるブックレットや文庫本の解説も集めて出版している。自分の文章は可能な限り残すという執念が感じられる。

それに漏れた文章だからあまり期待は出来ない。
それでも読んでいない宮脇俊三の文章があるのは嬉しい。
「腐っても鯛」というところか。

とても図書館に入るのは待ちきれないので、アマゾンで買った。

宮脇俊三の未知の文章に入っていくと思うと、ゾクッとしてくる。
そして、嬉しいことに当初の懸念は当たらなかった。

「時刻表2万キロ」と「片道最長切符」の間に、業界紙に連載された「終着駅」というシリーズでは、他で語られたことの無い駅が登場していて興味深い。肥後小国駅や大社駅は路線そのものが廃線になってしまった。


続:後から湧いた物欲が先になった~ドロ沼にハマッた

2009年09月24日 17:56

購入時はメインマシンの入れ替えとともに、旧機と長らく「同居」してきた98は移動させる予定だった。
98とはWindows98ではなくてNECのPC9821の事。
ここにはCDやビデオ等の自作管理データベースが入っている。
何度かWindowsに置き換えようとしたけれどデーターの変換が思うようにいかなかった。


ところが移動先においてあるノート(Panasonic CF-R6)とうまく「同居」できない。
これまでディスプレイ、キーボード、マウスはXrosskey98ATという切り替機で切り替えて来たが、ノートと98の組み合わせでは、98側にセットしてもすぐにAT側になってしまう。
ノートの外部出力先になっている三菱MDT221というディスプレイを98と共有させる予定だったが、切り替え機を通るとノートの解像度が変更されてしまう。
等々の不都合が発生した。
結局、98は出戻りになってしまった。


仕方ないのでwindows2000の入った旧型機とノートを同居させることにしたが、これまたトラブル。
旧型機のMATROXのP650というグラフィックボードは、ディスプレイのDVI-Dに繋ぐとBIOS画面が全く出ない。
これまで使っていたはRD214という、これも三菱のディスプレイだった。
P650と三菱のディスプレイはよほど相性が悪いらしい。


ノートから外部ディスプレイへはチップセットを使って出力している。おまけのような物だから、ディスプレイ側は1920x1080のフルハイビジョン対応なのに1680x1050でしか出せなかった。
P650のドライバーをアップデートすれば、ディスプレイの能力をフルに発揮できるはず・・・・
とこがこれも1680x1050でしか出せなかった。
実際、ドライバーの出力オブションにはちゃんと1920x1080が入っているのに、選ぼうとすると「そのモードはディスプレイ側が対応していない」と、拒絶されてしまう。
20年も前の製品のXrosskey98ATは仕方ないが、P650とMDT221が相性で能力を発揮できないのは腑に落ちない。



前回のブルーレイの件は、モニターがHDCPに対応していないのが原因だった。
サブシステムのMDT221は対応しているけれど、PCでブルーレイを見る積もりはないし・・・。
Anydvdhdというソフトを使えば、HDCPに関係なく再生できるらしいが、109ユーロとシェアウエアにしては高い。




「ボケは望遠で」の謎

2009年09月23日 11:22

ボカすには、明るい望遠レンズで接写とよく言われる。
焦点深度から言えば正しいのだろうが、現実に望遠にすると被写体に近寄る距離が制限される。

P1020016.jpg
LX3の望遠端(といっても60mmに過ぎないが)で近づけるのはこれが精一杯。
全然ボケてない


P1020015.jpg
赤字の警告を無視して近寄っても、あらぬ場所にピントが合ってしまう。



P1020019.jpg
近接端なら充分近づける。



P1020018.jpg
花芯にピントを合わせて、花弁はすこしボカすことも出来る。


望遠にすると、確かに焦点深度は浅くなるが、それはその距離での話。
距離に対する割合で行くと浅くなるが、距離そのものが長いとピントの合う絶対距離は長くなるのではないか。あれは普通の「風景」の話ではないだろうか。

ではLX3で充分かと言えば決してそうではない。
ボケるかボケないかではなくて、ボケの程度の話になる。
輪郭だけボケるのではなくて、ボケるところはもっと形が判らなく程ボケて欲しいのだ。
この例で行けば、茎の輪郭がなくなる程ボケて欲しいのだが、デジイチといっても一式6~8万の入門セットで出来るのだろうか。


後から湧いた物欲が先になった~PC更新

2009年09月22日 17:45

P1010991.jpg
OSは枯れている方がバグがない上に軽い。
それでも98までは年一回インストールをやり直していたが、2000になってからは安定した。
ところが、インストールの最低条件がXPだったり、入れてもうまく動かないソフトが出てきた。
それにexplorer7の文字拡大機能も使いたい。

それでメインマシンの更新を決意した。
OSはwindows7無料アップグレード権のついたXP
CPUは最新のCOREi7
この条件で最も安かったのはDELLだったが、生憎OSが64ビットのものしかない。
32ビットOSで扱えるメモリの上限は3GBと、今では簡単に積載オーバーしてしまうレベルなので、次OSでの移行は間違いないと思われる。しかし周辺機器やソフト買い直しの可能性が高いのでパス。
結局ドスパラの中級機になった。右側の黒いタワーがそれ。

光学ドライブ DVD→BD
ハードディスク U-ATA→S-ATA
         70GB→500GB
メモリーカードがダイレクトに差し込める
USB端子が前面に出ている
とやっと世間並みになった。

一方
フロッピーやMOはないので、旧機も当分使えるようにしておく。


ゲームはしないのでグラフィックカードをスペックダウンしたら、窓を移動した時に軌跡が残る。
ネットで値段を調べたら3千円位だった。
チップセットで出力するよりはマシというレベルらしい→nVIDIA Gfore 8400GS。


三菱のディスプレイRDT214のDVI-Dに、マトロックスのP650を繋ぐとBIOSの画面が表示されない。D-SUB側だと問題が無いので故障ではないが気になっていた。
新機では、そのDVI-DでBIOS画面が表示された。あれは相性だったのだと今更ながら納得した。


OSがバージョンアップして重くなったはずだけれども、ハードのアップがそれに勝っているので、以前よりレスポンスが早くなった。

これで、4,5年保てばいいと、新しいメディアのブルーレイを再生してみると出だしだけでストップしてしまう。チェックソフトをかけると「ビデオ接続がHDCPに対応していない」と宣った。
早速ハマルのか・・・・・・



デジタル一眼が欲しい その3 レンズが暗い

2009年09月21日 19:26

デジタル一眼にレンズキットとして付いてくるレンズの明るさはF3.5程度しかない。

LX3の2.0からすると大幅にスペックダウンになる。

P1010984.jpg
ISO80、F2.0でシャッタースピードは1/25
比較的明るく感じる部屋でも、この程度しかない。

手ぶれ補正をMODE2にしてあるので、ブレは免れている。
普段は不注意に撮っても大丈夫なように最低シャッタースピードは1/60にしてある。


P1010985.jpg
これをF3.5に落とすと、シャッタースピードは1/8になる。
手ぶれ補正無しには撮れない。


P1010987.jpg
F3.5で1/25にして、ISO感度を自動にすると250になった。

少し色目が変わっているのを置いといても、ISO感度は3倍に跳ね上がる。
駅の構内等ではもっと暗い。ISO400にまで上がる事もある。
レンズの暗さをISO感度だけで補おうとすると、1200でも使えなければならない。
常用でないにしても、1200までとなると苦しいのでは無いのだろうか。
高価なズームにすればF2.8からというのがある。
これだと800で良い事になるが、重さが倍の400g位になる。


「デジイチ」と雖も、入門機では苦しい。といって高級機は重いから宝の持ち腐れになる。

理想的には、ポケットにS90、カバンの中にデジイチという所だろうか。




10年ぶりの関西試聴OFF会

2009年09月20日 19:08

2009/09/20
P1010993.jpg
連休の所為か普段より車が多い。
第二阪奈出口の渋滞を抜けて、復元朱雀門の前を通る。
奈良市内を北へ抜けて平城山駅前へ向かう。
10年前と同じく、奈良市勤労者福祉サービスセンターが今日の会場だ。


P1010994.jpg
ちょっと遅刻していたので、既に試聴会は始まっていた。
立って少し腰を屈めている人が、世話人の「奈良(垂水)の鹿野さん」。

お世話になります。

旧知の天道虫さんやMaster Catさんとも久しぶりにお会いできた。
東京からはソフトンの善本さんが参加されていた。

好きなことをしていると時間はあっと言う間に経つ。


P1010996.jpg
数ある力作の中で、最も目をいや耳を引いたのは「ねずみおとこ」さんのバッテリー駆動メイン。
12Vの鉛蓄電池を4つ使っている。アンプは上の小さな箱でボリュームも何もない(下は鹿野さんの半導体プリアンプ)。
ソースの皮が一皮も二皮も剥けたような瑞々しい音が印象的だった。
回路はGOAと呼ばれている金田式アンプ。

ちなみにハンドルネームの由来はご本人にお会いすると一目瞭然、これ以外に有得ない。



P1010997.jpg
ヨシザワさんの作は、回路こそ「ぺるけ式差動ベーシックアンプ」だけれど、造りに凝っている。
ソースは関西のホールでの生録。
奥さんが録音プロデューサーで、どこへでも「婦唱夫随」で入り込めるという。うらやましい環境だ。