マスコミの虚言「読売新聞:メタンハイドレート調査」

2011年01月31日 15:25

昨日の読売新聞朝刊の2面に メタンハイドレート調査、掘削船・ちきゅう投入 という記事が載っていた。

虚言その1
「埋蔵量は天然ガスの国内消費量90年分」
ここで出されている「国内消費量」は都市ガス向けでしかない。火力発電に必要な天然ガスは都市ガス向けの10倍である。ここでワンオーダー違ってくる。
さらにベースを「埋蔵量」としている。幾ら存在していても、総てを掘り出すことは出来ない。技術的・経済的に掘り出す事ができる埋蔵量を「可採埋蔵量」又は「確認埋蔵量」という。これまで石油や天然ガスでは埋蔵量の1/10とされている。
つまりメタンハイドレートは、資源開発されたとしても1年分も無い事になる。だから電力業界は最初から開発に冷淡でノータッチである。
使えるとすれば「イザとなれば自国で採れるぞ」と輸入エネルギー価格を牽制するバーゲニングパワーとしてだろうが、そんな僅か量では足下を見られてしまう。したたかな産出国を牽制できるのか非常に疑問である。

虚言その2
海底油田のようにメタンハイドレートが固まって存在しているかのような「挿絵」があるが、現実には砂礫層の僅かな空間に分散して存在している。そんなところをボーリングしても経済的に採取する事は出来ない。
かって太陽テントが、海底に大きなシートを張って海底下で分解させたガスを回収する案を出した事がある。まさに「大風呂敷」なのだが、本気で採取するならああいう方法しかない。しかし誰一人として真剣に考えていない。


新聞社の1人の科学記事担当者がカバーする分野は広すぎて、自分で理解できぬままに「公式発表」をそのまま記事にしている。本当の責めは「公式発表」した公的研究機関が負うべきなのだろう。メタンハイドレート資源化と称して、20年近くの長きにわたって多額の国家予算を食いつぶして来た。元々掘り出す積もりはない。掘り出せれば自分達の出番が無くなる。同工異曲のテーマを繰り返し掲げて無責任な霞ヶ関の役人を騙し、停年までの食い扶持を稼いるのである。

我が家の宗旨は?

2011年01月28日 15:44

P1060451s.jpg
葬儀屋が仏壇を見て、門徒即ち浄土真宗ですねと言った。
扉に飾りが付いているからそう考えたらしい。


P1060453s.jpg P1060454s.jpg
しかし仏像は大日如来で、弘法大師の画像もある。これを見れば真言宗といっただろう。


NDSC00109s.jpg NDSC00110s.jpg
確かに明治37年に亡くなった、曾爺さんの戒名の上にある梵字は真言のものだ。


P1060455s.jpg
しかし、祖母の位牌の梵字は浄土宗系を表している。


P1060459s.jpg
更に線香立ては、真宗本願寺派用のものである。


いったい我が家の宗派は何?


本家の墓は近畿三十六不動4番札所「京善寺」の寺内にあるから、元々は真言宗だった。
爺さんの代に引っ越して寺が遠くなった(といっても同じ区内の隣町なのだが)ので、近くの寺にお参り来て貰うように頼んだ。ところが同じ真言と思いこんでいたが、その寺は融通念仏宗だった。すぐ近くに真言の寺もあったのだから替えればいいものを、そのままずっと来ている。だから曾爺さん代の戒名は真言宗の坊さんが付けたが、爺さんの代以降は浄土宗系の融通念仏の坊さんがつけた。

仏壇は私が知っているだけで、3度目である。何故かずっと大日如来を祀っている。

そして線香立ては、私が買った来た。それまでのは底が浅くて線香が倒れやすかった。深いのを探して「これをください」というと、仏壇屋は本願寺派ですかと聞いてきた。違うけど構わないからと包んでもらった。

さすがに融通念仏というだけあって、小さな事?には拘らず融通がきく。

三代分の位牌が並ぶと仏壇の中も狭くなってきた。戒名も切り替えたことだし、古い位牌は仏壇の中へ仕舞ってしまおうと思ったが、流石に「それはもうお祀りしないのと同じ事」だと坊さんに止められた。五十回忌が済んだ位牌は寺で供養しますというので、曾祖父母の分は引き取ってもらう事にした。


整理整頓の余録

2011年01月27日 16:22

bacard2s.jpg

整理していたら、BAが機内でお土産に売っていたトランプが出てきた。
新婚旅行の帰りの機内で、余ったボンドを使って買ったのだと思う。
JALやANAはどれもこれも似たり寄ったりの形状の機体しかないが、歴史が有るだけに、古い複葉機や胴体の上に翼がある高翼機が色々出てきて楽しい。
ハートの10、高翼複葉で4発のShort S17 Kentは1931年に採用されたとある。


bacardaces.jpg
総てのカードに異なる飛行機が描かれているが、Aceだけは4枚ともコンコルドになっている。
コンコルドが就航して2年目、当時はまさにBAのエースだったのだろう。


bacardys.jpg
そして747の胴体には、BAの前身であるBOACのマークが入ったままになっている。


この時は羽田に降り立ったが、1週間後には成田が開港して国際線が飛ばなくなった。
以来30有余年、今また、羽田は国際空港の地位を取り戻し、来月からは再びBAが羽田~ヒースロー間を飛行するという。

整理整頓

2011年01月26日 16:52

RIMG0075as.jpg
整理前


DSC04412s.jpg
整理後


2台あるスチールラックを階段脇のスペースへ移動して部屋を片付けたら、トップハット階が4年目になって初めて部屋らしくなった。
6畳分はある。
ここなら富嶽鉄道を移転して、ジオラマを造り込める。
しかし、果たして山の神様の認可が降りるだろうか。
新路線の許認可では、どこの「鉄道」でも苦労するものだ。

KIPONアダプター~やっぱり怪しい中国製

2011年01月25日 16:09

NDSC00085s.jpg
「未公表のニューフェイス」 は CONTAX Biogon と同じCONTAX G シリーズのSonnar T* 90mm F2.8(G) だ。SAL100M28とほぼ同様の焦点距離と明るさでグッと小さい。ただマクロではないので最短撮影距離は1mになっている。
Biogonと同じアダプターが使えるし、値段は約半分の13Kだった。これでもNEXが出て以来、倍に値上がりしたという。made in Japanと雖も(現在国内のメーカーが売っているレンズは総てそうだし、韓国、台湾、タイ、更には中国製という事も起こり有る)Carl Zeissと銘打ったレンズがこんな値段で手にはいるとは!

ところが、試し撮りを終わってアダプターを外そうしたら、全く外れなくなった。
焦って回していると、外周リングを回しても像はボケたままで、レンズの焦点が合わなくなった。
仕方がないので、力を入れて無理矢理外した。

アダプターを分解してみると、幸いな事に、パッキンになっている銅製のリングが変形していただけだった。適当に修正して組み立て直したら、再び動作するようになった。


NDSC00082s.jpg
右上の扁平したピンがレンズの穴に嵌る。外周の白いリングを回すとピンがクルクルまわってレンズを動かすというメカニズムになっている。ガタガタやっている内にレンズとアダプターの間の隙間が大きくなって、ピンの回転がレンズに伝わらなくなったものと考えられる。
問題は、真上にあるアダプターを外すのに使うレバーにあった。


NDSC00078s.jpg
レバーの先がレンズの溝に嵌ってアダプターがロックされる。
上へ上がる事によってロックが解除される。


NDSC00081s.jpg
レバーは平行移動しなければならない。しかるにレバーの断面形状は三角形になっている。これで力を加えると、テコになって、先をレンズの溝に押しつけるモーメントが加わってしまう。力を入れる程外れにくくなる。

アダプターからレンズを外すには、一旦ボディから外して、レンズを後ろから覗き込むようにしてレバーを操作すれば簡単にロックを解除できる。

レンズ交換に一々アダプターを外すのは面倒なので、もう一つアダプターを買って一体ものとして使う事にした。



NDSC00087s.jpg
今度は別の出品者のを落とした。相手は今度も中国人だったが、NEXのリアレンズが付いている。
そして2つ並べて比べてみる。右が新しく買った物。色が違って見えるのは分解してグリースが付いた為だが、左下にあるピンが入っていない。矢っ張り出所の怪しい品だった。

NHK「フェイク」の関西弁

2011年01月24日 15:26

今年になって「フェイク」という美術品の贋作をテーマにしたミステリードラマが始まった。

10年以上前、高橋克彦が同名の小説を「EQ」に連載していた。毎回4~5ページしかなかったし、EQ自身が隔月刊なのでなかなかな先に進まない。そのうちEQが廃刊になった。光文社の後継誌「ジャーロ」に引き継がれたが、これは季刊で更に間隔が開く。そして連載そのものが未完のままで打ち切りになった。光文社が充分な原稿料を払えなかったのか、高橋自身の能力の枯渇なのか。


タイトルから「ひょっとして」と期待したが、NHKのはオリジナル脚本のようだ。45分番組で事件は毎回完結する。シチュエーションが複雑なので、謎が提出されたと思ったら、捕物帖のようにいきなり完結する。

舞台が京都という事で台詞が関西言葉になっているが、出演者全員が変な関西弁を使う。語尾や単語は脚本で文字になっているから間違いは無いが、イントネーションがおかしい。
中学の時に、関東から転校してきた子がいた。1年ぐらい経ってようやく関西弁で話せるようになったが、イントネーションは直らない。気持ちが悪いので「変に真似せんでええから東京弁で話せ」と言ったこともある。

その子が話していたような関西弁を出演者全員がしゃべりまくる。ドラマそのものは面白いのに、耳障りな会話で興趣が削がれる。関西でも、実際の仕事では標準語で話される場面が多い。出演者が関西弁をマスターできないのなら、頓珍漢な関西弁で「あり得ない言語の異空間」を作るより、普段の言葉遣いで普通にやってもらった方が違和感がない。


一方、石坂浩二が「江~姫たちの戦国」で堺の千利休をやっている。東京生まれの東京育ち、バリバリの江戸っ子なのに、神戸が舞台の映画「細雪」で関西人を演じた経験が生きているのだろうか、全く違和感はない。同じNHKなのにと思うが、大河ドラマと一般の番組では予算が違っていて、「言語指導」に時間を割けないのだろう。

尤も、利休に関西弁をしゃべらせるなら、信長や秀吉は名古屋弁でやってもらわないと辻間が合わないが、今だかって、そんな信長や秀吉にお目にかかった事がない。

NEX-7にはフルサイズを

2011年01月21日 15:27

昨日、都島に所用があり、その帰りに梅田で途中下車。

NDSC00089s.jpg

NDSC00093s.jpg
陸橋の上からミニチュア写真を撮るのが目的だった。


NDSC00097as.jpg

NDSC00106as.jpg
ティルトを元に戻して普通の写真も撮った。

完成した大阪駅の大屋根を撮りたかったけれど、TAMRON 28-75MM F2.8では画角的に全然歯が立たない。28→42mmになってしまうから当然のことではあるけれど。

ソニーのEマウント次期機NEX7はパナソニックのGH2並みの大きさになると噂されている。手ブレ補正内蔵という話があるが、それよりはフルサイズの画像素子を搭載して、世界最小最軽量のデジタルフルサイズ機を狙って欲しい。コンデジサイズにASP-Cを搭載できたのだから、フルサイズ素子の4/3ボディへの搭載も不可能ではないだろう。オールドレンズが本来の画角を取り戻すし、SAL1635Zは本当に超広角になる。TAMRON B001に至っては10mmという見たことのない視角が拡がる。



内窓を付けて二重窓に その2

2011年01月20日 16:01

P1060443s.jpg
開閉用のハンドルは、折りたためば55mmの幅を確保できて、下框の幅が72mmあるYKK以外の製品なら使用できる。


P1060444s.jpg
しかし折りたたんだままでハンドルを回すと、折りたたんだ部分が下枠に引っかかってしまう。下枠を通過させるには拡げるしかない。当然内窓とは干渉する。


NDSC00072s.jpg
ハンドルはネジ一本で取り外せる。
この軸をダイレクトに回すのは苦しいが、ハンドルの軸程度の太さになれば指先で回せる。
別の窓だが窓の開閉ハンドルを加工して短かくしている例もある。
しかし、効果がなければ使い勝手が悪くなるだけだから、元へ戻す可能性もある。
ハンドルの代わりなる物を別途考える事にする。



NDSC00088s.jpg
アンプのツマミ。シャフト径は規格で6.1mmになっているので、ドリルで軸が入るように拡張する。
試してみたけれど、ムクのアルミはなかなか手強い。その上ボール盤がないと中心がずれていく。



NDSC00073s.jpg
ラチェットの入ったメガネレンチ。8ミリで丁度だった。
使えないことはないが、半回転させても窓は少ししか動かない。開ききるまでには何度もレンチを往復させねばならない。



NDSC00074s.jpg
ホームセンターで水栓ハンドルを買ってきた。
TOTO用とSAN-EI他用で穴の大きさが異なり、後者のサイズがピッタリだった。
軸に刻まれた溝ともちゃんと咬み合っている。




此で行こうと決めたが、念のために問い合わせしていたヘーベルからメールがきた。
「レバーはその都度折りたたむと言っておりました。」

えっ、そのまま使えるの?!

営業さんを通していては良く分からないのでホームサービス課の人から直に電話をもらった。
曰く、トステムのような50mm幅サイズだと拡げたハンドルが框の上を乗り越えます。

つまり、2番目の写真にあるようにハンドルが山形に拡がり、山になった部分の下に框が来るという。
言われてみれば簡単な事だが、コロンブスの卵みたいなもので、カタログだけを見ていては思いつかない。実際に施工して得られる知見だ。

「泰山(という程でもないが)鳴動して鼠一匹」も出なかった。
とにかく計画は前へ進められる。


内窓を付けて二重窓に その1

2011年01月19日 15:15

「終の棲家」をリフォームする気は全くなかった。
始めてしまうと、果てしなき改築という、いつか来た道・泥沼に嵌ってしまう恐れがある。

ヘーベルに住んで二重サッシの防音効果が、以前の木造住宅に比べて効果が大きいことに気がついていた。公道側と私道側は二重サッシにしてあるが、家の裏側はペアガラスの一重サッシになっている。ペアガラスは2枚のガラスの間の隙間が小さくて、外側ガラスの振動が減衰する事無く内側のガラスに伝わってしまう。3ミリ2枚のペアガラスの防音性能は6ミリ単板に殆どの帯域で負けている。更に共振効果によって、3ミリ一枚の時より更に悪くなる周波数帯域が出来てしまう。

ペアガラスは元々断熱性を向上させるために考えられた物で、「ペアガラスにすれば防音効果も上がります」等という建築士は信用しない方が良い。

P1060450s.jpg
私の部屋は南面は二重サッシだが、西面は縦長の押し出し窓になっている。物音はこの窓から入ってくる。風鈴を南面のサッシの直ぐ外に付けても、全く音がしない。西側へ移動させると、窓の外で壮大に鳴っているのが聞こえてくる。

内窓をつけて二重窓にしてしまう手がある。しかし、この手は40年も前に試して、全く効果がなかった苦い経験がある。
窓の内側にアルミのコ字材を利用して枠を作り、10ミリのガラスを取り付けたにも拘わらず殆ど効果が無かった。枠がちゃちだったのか、パッキンゴムが硬かったのか、和室建具用の小さなラッチハンドルでガラスを充分枠に押しつけられなかったのか。原因不明だった。ガッカリして、以来後付の二重窓は信用しないことにした。


最近、住宅の新築市場が小さくなって所為かトステム、YKK、三協立山と総てのサッシメーカーが内窓を作り出した。以前は規格品を切り詰める特注しかなく、通常は4割程度の値引きがあるのが定価販売になる事もあって、目玉の飛び出る程高くついた。今はオーダーされる大きさによって細かく値段設定がされているようだ。
トステムのショールーム現物を見たが、通常のサッシより華奢に出来ていて少々ガッカリした。しかし二重窓の効果は体験している。40年前の実験に再チャレンジして見るのも悪くない。リフォームではなく実験であると自分に言い聞かせた。



しかし、この窓に内窓をつけるには大きな問題が有る。



ルピナスその後 2

2011年01月18日 15:24

DSC04396s.jpg
前回のルピナスの記事 から2ヶ月経った。広々していた鉢は、4本の株からの葉でいっぱいになってきた。
葉の数は6枚から最高10枚と様々で、同じ茎から出る葉でも枚数は同じではない。


DSC04403s.jpg
真っ直ぐに立つのは直近に成長した茎だけで、根本から出た次の芽が育ってくると、先行の茎は倒れていく。なかなか厳しい生存競争のように見える。
これが自然なのか、あるいは平均5℃の外気よりも20℃高い「温室」で、液体肥料をやりながら育てている為に葉が大きくなりすぎる所為なのか判らない。

促成栽培状態が続いているが、花芽が出るのは何時の事なのだろう。いつまで経っても「冬」が来ないので、このまま観葉植物になってしまうのか。


NDSC00061bs.jpg
ところで上の2点はSAL1635Zのデビューだけれども、これは未公表のニューフェイスのデビュー。広角のSAL1635Zとは反対に、ボケが楽しめそうな望遠系のレンズ。値段はSAL1635Zの1/13だった。
病膏肓に至っている。