「RAY」という音楽ソフトがあった

2011年02月28日 15:25

1993年頃「ともゆき」氏こと内田友幸氏が開発した、音楽と静止画をリンクさせて再生するソフト「RAY」と出遭った。数多くの作品がPC-VANやNIFTYに投稿されていた。当時DTMとしてMIDIがあったが、高価な「音源」を購入する必要があった。別途機材を買わずに楽しめるというので人気があった。

[広告] VPS


標準でキーボードが動く画面が付いている。歌詞も書ける。

「シメヤン」or「しめやん」の、歪っぽいビートの利いたオリジナル曲は気に入っていた。今回はラインアウトから、真空管アンプを使って再生したが、低音の出ない内蔵スピーカーの方が合っていたかもしれない。


[広告] VPS


凝るとこういう画面を付けられる。パソコン内蔵のFM音源、640x400、4096色中16色のDOSの画面という制約の中でここまでやれた。
FM音源を使ったフリー音楽ソフトは沢山作られた。中学生だった子供達もファミコンからパソコンに変わって色々弄っていたが、RAYは投稿される作品の質が高くて、随分と楽しませてもらった。

RAYはWINDOWSの普及で消えていった「98DOS」と運命を共にしたが、「ともゆき」氏はいまでも「デジタル」の世界で活躍されているようである。

再生にはNECの98機より、EPSON機の方が向いている。NECは本家の奢りで仕様が変わるにつれて、機能の互換性が失われていった。CPUにPENTIUMを使ったマシンでRAYを聴くと、テンポがフラフラして聴きづらい。EPSONは最後まで高い互換性を有していた。これは586RAで再生した。
引っ越しの荷物の中から引っ張り出した。MONITOR端子が2段の「アナログRGB」となっていたが、2段→D-SUB変換アダプターを見つけて、液晶モニターに繋ぐとメモリーカウントの画面が表れた。メニュー画面は「平成16年5月」と表示されていた。
586RAというと、阪神大震災の事故調査中の帰りに、駅前の本屋でレビュー記事を立ち読みして購入を決めたのを思いだす。あれから16年。休眠から目覚めた586RAで、当分の間レトロな時間を楽しもう。


親子酒

2011年02月25日 21:39

亡くなった父も、自分も酒が飲めた。
西九条のガード下で飲んでいて、聞き慣れた声がするのでふと見ると、カウンターの向こうで父が飲んでいるのを見たこともあった。

けれど正月以外に一緒に酒を飲んだ思い出があまりない。その正月もうち解けた会話にはならなかった。親父の酒は40才を過ぎてから付き合いで飲み始めた酒なので、「飲め」「飲め」と酒を注ぐ癖が煩かったせいも多少はあった。


うち解けられないのは、父親が子供の躾け役を負わされるせいではあるまいか。
なんのかのと言っても、最後に子を叱るのは父親の役目である。そして憎まれる。
天才はいざ知らず、普通の子供の成長には克己心が必要である。何くそと思わせる憎まれ者が居ると、この状況から抜け出したいという欲求が起こって、克己心を養いやすい。
父親は、否応なく「鬼軍曹」役をやらされる。

(今は総てを学校に押しつけているようだが、幾ら少人数学級にしても教師だけで対応できる話ではない。)

「時期限定」なのだが、人間が不器用に出来ていると切り替えがうまく出来ない。
そうすると母親との関係と違って、なんとなく100%懐けない部分か残ってしまう。
自分の事を思ってやっていてくれているのが判っているのだが、ぶっきらぼうなレスポンスでしか返せなない。
結局は甘えているのだが、そういう反応しか出来なかった。



世代が代わって自分と息子達とのコミュニケーションも同じ事だった。
何かの時に、息子から「自分は橋の下から拾われて来たの違うかと思った事がある」と言われて愕然とした。実は自分も子供の頃に、全く同じ思いをしていたのだ。



何かの時に、父に「父親というのは損な役やなあ」と言ったのを覚えている。
そういう形でしか、「本当は判っているよ」という事を伝えられかった。


親子酒でのうち解けた会話は、今となっては、頭の中でするしかない。


酔って書いるので支離滅裂になってきた。この辺りで止めておこう。


グルダ 「モーツアルト・コンプリート・テープ」

2011年02月24日 16:01

guldatapess.jpg

グルダが弾くモーツァルトのピアノソナタが、7番と15番を除いて16曲録音されていた。
これまで2セットに分けて販売されていたのが1セットになり、価格もボーナスCDを含む6枚で3000円を切る値段でHMVが売り出された。残念ながらあっという間に完売になったが、amazonでRAREWAVES-JPという海外のCDショップからほぼ同じ値段で入手できた。

2セットの時に買うのを躊躇していたのは、音源がカセットのプライベート録音だからだった。1枚500円ならそれでも構わないと決心した。
CD1から順に聴いていく。たがい3枚目の途中で辺りで飽きて中断してしまう。それっきり聴かなくなったセットも数ある。ところがこれはいつまで聴いても飽きない。
グルダの弾くモーツァルトはちっとも冷たくない。グルダのベートーヴェンが居丈高でないのと同じで、グルダという音楽家がそこにいる。
柔らかくて適度に残響のある気持ちの良い音が何時までも続く。

カセット録音と言っても、プロの録音エンジニアが録っているのだから、そこいらのプライベート録音とは質が違う。
けれどそれ以上に気持ちいい。何故だろう

そうか、これはアナログの音なんだ。
CD化されてはいるけれど、元が2チャンネルのコンシューマ機で録られているから、マスタリング時にもあまり弄れる要素がない。元のアナログ音が生きている。

やっばりデジタルよかアナログの方が好きなんだ。





百貨店には買う物が無い

2011年02月22日 17:51

今月の従業員用の割引券に「紳士用品冬物クリアランス」とあったので、久しぶりに休店日の百貨店を訪れた。
目の色が変わっている女性客の間をスリ抜けて紳士服の売り場を目指す。

ところが並んでいる商品は、いつもと変わらない。
冬物とは名ばかりの薄手のセーターに3万、4万の値札が付いている。
高くても「もち」はユニクロで買った物と変わらない。一度洗えば毛玉が浮いてくる消耗品だ。
デザインも派手な若者向きのものが殆ど。セールでこれでは平均的な収入の若者男性が気軽に入ってくるとは思えない。女性客の来ない売り場は閑古鳥が鳴いている。

服を諦めて帽子を見に行った。
ちょっといいなと思ったら、4万数千円の値札がついていた。ビックリしてよく見ると「舶来」だった。しからばと「国産」を見ると、値段は手頃だがスーパーでも売っているような実用品グレードのものばかり。

かっての百貨店での買い物というと、商店街にはあまり置いていないが、入るのを躊躇うような高級専門店ほどではない。中級かそれより少し上の商品を選んでいたように思う。

利益は大きいが数が出ない商品と、値段で競争するしかない実用品ばかりおいていたのでは、それぞれ専門にやっている業者に負けて当然だ。

マスコミが「一億総中流」といわれた中産階級が上下にスプリットしてきているイメージを作り出している。それに合わせて品揃えしているのだろうか。しかし戦争も動乱もないのに所得層の分離が大きく進む筈がない。
高級品で着飾って外へ出ようとは思わないが、部屋着よりはましなものを身につけたい。ちょっと良い物が選べる、それが百貨店だったのではないか。


モノは豊富に置いてあるけれど、欲しいモノがない。都会にも買い物難民は大勢いる。



Athean Genesis Big Boy 

2011年02月21日 15:26

DSC04572s.jpg
[α550 SIGMA 50mm F1.4 1/10 F7.1 ISO1600 -1EV]

4動輪システムを前後に2組、計4組持った世界最大の蒸気機関車が、大戦前後アメリカ西部を走っていた。動輪の直径は我が国で最も大きなC62並みだったという。

これは富嶽鉄道で走らせて見ずばなるまい。

アサーン・ジェネシスのモデルを買った。罐の前1/4が銀色のモデルを動画サイトでよく見るが、このモデルはWEATHEREDされており、全体が黒くなっている。
DCC化されており、MRCのTSUNAMIというSOUND DCCを搭載している。警笛に鐘がカンカンと鳴るのが、日本車の機種にはなくて面白い。

手持ちのコントローラー、DSC50Kで運転は出来るが、アドレスやCV値の読み込み・書き込みはできない。
DCCは完全な統一規格ではなく、PC黎明期のようなに独自規格の「方言」が混在しているようだ。
なおキャビンの室内灯や、前後の赤いテールライトは点灯しなかった。


DSC04551s.jpg
天賞堂のC62と並べると、機関車本体だけでC62+テンダー車と同じ位の長さにある。
テンダー車もC62はセキより小さいが、ビックボーイのはセキ1.5両分の長さがある。
背も高い。幸いオーバークロスはパンタグラフを上げても余裕がある高さなので、問題なく通過できた。
本体はダイカストが入っていて重量があるが、テンダー車は総プラスチックのようで、天賞堂のダイカスト製テンダーよりずっと軽い。テンダー車を重くしても推進力に負荷を与えるだけなので、合理的な作りになっている。

スピーカーはどちらもテンダー車に入っているが、音の大きさでは天賞堂のC62カンタムが勝っている。というよりビッグボーイが普通でC62の音が大きすぎる。C62を鳴らすとEF58もキハ82も聞こえなくなる。音を小さくすれば良いのだが、そうすると汽笛の音が寂しくなる。

模型としての推進力はC62の方が勝っている。
C62なら旧式の金属貨車6両とプラ6両の貨車を引いて4%の直線傾斜を悠々と上るが、ビックボーイは3両のプラ客車を繋いでだけで、今にも停まらんばかりの超スロースピードで息絶え絶えに上って行く。
機関車のスピードは電車特急に比べて遅くなっている。長い貨物列車を繋がられる事を想定して、ギア比を落としてトルクを稼いでいるのだろう。聞くところに依ると、アサーンのこのモデルはスケールに合わせて最高速度に落としたらしい。しかしギアはそれ以前のモノを使っているのではないだろうか。
車輪の数が倍あるので1個当たりの加重が小さくなってしまう(本物は絶対的な質量が圧倒的に大きい)為か、平地では問題にならなくても傾斜では馬脚を表してしまう。



DSC04561s.jpg
C62では車体に固定されている動輪がシリンダーごと台車に収められている。
真っ直ぐで長い車体の下で、前後の従台車を合わせて4台の台車が(先従台車は前部の動輪台車の中に入れ子になって付けられている)蛇のようにクネクネ曲がってカーブを通過していく。デカイ機関車が先端やキャビンを線路から大きくはみ出しながら、器用にカーブを曲がっていく様が面白い。


P1060466s.jpg
実機でもこんなに大きく反っていたのだろうか。ボティの両端は反対車線の上に来る。カーブで行き違ったら対向する列車に接触してしまう。単線区間ばかり走っていたのだろうか。


P1060465s.jpg
キャビン下の台車は、脱線しないようホディにから外されている。
幾ら何でも、これは模型だけの仕様だろう。


P1060467s.jpg
テンダー車は前2軸だけが台車で、後の5軸は固定になっている。
見るからに脱線しそうな構造だが、不思議にも全く問題なく走る。


P1060469s.jpg
前従台車は、動輪の台車に取り付けられている
フラフラなので、ポイントで引っかかって脱線する事がある。


P1060474s.jpg
従台車にウエイトを付けて慣性で乗り切る方法を試してみたいが、搭載可能スペースが小さい。



DSC04548s.jpg
[α550 SIGMA 50mm F1.4 1/4 F8 ISO400]

富嶽鉄道の機関車勢揃い。
本来なら罐の蓋が銀色に輝くビッグボーイが、ウェザード仕様のために黒ずんで、和製車と並んでいても違和感がない?

C62の1両で始まった富嶽鉄道も、4両の機関車、1両の路面電車、3編成の特急列車を有するようになった。
そろそろアドレスを打ち直さないと何が何番なのか分かり難くなってきた。


宮部みゆき「小暮写真館」

2011年02月18日 15:20

昨年6月に予約してやっと順番が回ってきた。

登録している図書館の本だったので、私が最後で「予約なし」かなと思ったら

kogureshashins.jpg
所蔵件数も88冊と非常に多いのに、まだ1000件以上の予約がある。

長編に近い中編4作の連作で700ページの大部だ。
シャッター街の元写真館に移り住んだ一家の長男、高校生の英一を中心に宮部ワールドが展開されていく。登校拒否児や飛び込み自殺願望者が出てくるが、前作「英雄の書」のような暗いテーマでなくて、安心して読み進んでいける。小暮写真館の幽霊は、音楽で言う通湊低音のような存在で、連作を繋いでいく。
昔なら文庫本350ページくらいで出版されていたような内容だが、一年半かけて思う存分書いたので、700ページの大作になってしまったという処だ。宮部ファンでない人はもう少しスピーディに話を展開してほしいと感じるかもしれない。反対にファンはそれだけ長く「ワールド」に居られるので大歓迎。評価が分かれている。
これまで直木賞、日本推理作家協会賞、日本SF大賞、その他吉川英治新人賞・文学賞、山本周五郎賞と芥川賞以外(片方受賞すればもう一方は受賞できない不文律がある)、広い分野の主要文学賞を総なめにしてきた大作家である。我々凡人が文句を垂れるのは畏れ多い事であって、出来上がった作品を押し頂いて読ませて頂くしかないだろう。
個人的には「心とろかすような マサの事件簿」の続編を書いて頂けたらと思っている。まあ無理だろうが。

kogureshashin2s.jpg
4本目のタイトルが「鉄路の春」で、本のカバーが小湊鉄道、後書きにテツらしき事が書かれている。大いに期待したが、これだけは宛てが外れた。

BEHRINGER CX3400

2011年02月16日 18:48

最近、本ちゃんシステムがどうもおかしい。

DSC04533s.jpg
BEHRINGERのチャンデバ CX3400が4WAYマルチのスーパーウーファー以外の3チャンネルを受け持っている。裏側のスイッチで低い方のクロスオーバー周波数を1桁変えられるようになっているが、調べてみたら右チャンネル側が機能していない。システムは下から60,350,7000Hzでクロスさせている。これが60,3500,7000になっていたから、右チャンネルのスコーカーから殆ど音が出ていなかった。

取り替えるか?
しかし、メインアンプは総てモノアンプになっている。CX3400は4WAY-MONOとしても使えるから、2台買ってチャンデバもモノで使ってみたいと思っていた。
マニュアルを見ると、MONOとして使う場合は壊れた右側のスイッチは使わない。実験してみても問題なかったので、もう一台買い足した。
以前のは総てのボリュームにクリックストップが付いていたが、クロスオーバー設定のボリュームは普通のボリュームになっている。クリックが付くとクロスの細かい設定ができないという声があったのだろう。


(最下段は、スーパーウーファーとミッドバスを受け持っていた2WAY-STEREO/3WAY-MONOのCX2310)
DSC04520s.jpg
クロスオーバーの範囲を変えられるのは一箇所だけなので、スコーカーとミッドバスの間は、これまでのスコーカーとトゥイーター間の可変範囲だった440~9300Hzの下限、440を選ぶしかない。
しかし、チャンデバを2台シリーズで繋ぐよりはすっきりする。少なくとも精神衛生上は大変好ましい。

チャンデバというと、かってはヤマハやアキュフェーズから出ていて、20万も30万もしていたがいまやその1/10以下で買える。このベリンガーのチャンデバはPA等で使われるプロ用という事になっているが、作っているのは中国で、1万5~6千円。但しベリンガージャパンの解散で入手が不安定になっている。


DSC04525s.jpg
本当はジャズシステム(JBL LE8T+075)用になっている、このRANEのチャンデバでやってみたかった。
3WAY-STEREOならクロスオーバーが4チャンネル分有るのだから、MONOなら4WAYでなくて5WAYが出来るはず。このRANEのはそうなっている。クロスオーバー周波数も70~1000Hzと180~7700Hzと自由度が大きい。
しかしベリンガーと違ってアウトソーシングしていないから、価格は昔ままで高い。

D-VHS最終製品HM-DHX2は優れ物

2011年02月15日 15:34

日立のD-VHSデッキDR20000がお亡くなりになった。
独自モードであるLS2がおかしくなってきたので、クリーニングテープを走らせたらギコギコと大きな走行音がするようになりHDまで見られなくなった。

残っているのは下位機種のDRX100のみ。これが壊れるとテープは総て見られなくなる。
ヤフオクで中古を買うしかないか? 1~2万で手に入る。
しかしこれまでの経験からすると、「メカ物」は使用頻度に拘わらず、使い始めてから一定の年月が経つと必ず壊れる。ゴムや潤滑剤等の有機物の劣化、チリ・ホコリ・カビの付着が原因ではないかと考えられる。
VHSの時代、何台のデッキが壊れたことか。そんなメカ物の、しかもヒモ系の中古は最悪だ。
特にD-VHSの中古は既に10年近くの年月を経て来ている。後で故障して修理に出しても部品の確保が危うい。

ところがビクターのHM-DHX2という機種が奇跡的に新品として残っていた。
2004~2006年に製造されていた在庫が、一昨年末から処分価格で出回っている。
ビクターという会社の経営状態の反映なのか、今年のアナログ停止後のBS波再編によってD-VHSでは録画出来なくなるチャンネルが出てくる為か。
発売時は10万以上していただろうが、4万程度で出回っている。
パソコンのオプションとして売り出されたミニコンポが、パソコンメーカーが倒産して1万前後の処分価格で売られた、ケンウッドのRD-VH7PCの時に似ている。それなら美味しい話だ。

そのHM-DHX2が更に5000円引きででている。思わずポチッとやってしまった。


P1060464s.jpg

D-VHSとして唯一HDMIを備えた機種だ。HDデコーダーも持っているのか、コンポーネントとD4の出力端子を備えている。D-VHSデッキはBSチューナーとの接続を前提としていて、日立の最高級機DR20000でさえ持っていなかった。
驚いた事に、VHSを再生してもHDMIから音と絵が出力される。エンコーダーも持っている!
そけではとi-LinkでシャープのプルーレイHWD25と繋いでみると、ノーマルのVHSが再生されてDRモードで録画出来てしまった。大量生産でエンコーダーやデコーダーの単価が下がったとはいえ、ビクターの最高級機HM35000に匹敵するスペックではないか。
(おまけ)
i-LinkでBSチューナーと繋いで、HDMIから出力させると某放送局の煩い「お願い」が出ない。

時計合わせモードでは2004年になっていたが、銘板では2006年マレーシア製となっていた。
VHSを開発したビクターが出した最後のD-VHS機は優れ物だった。



ライスバーガー

2011年02月14日 15:10

最近モスバーガーへ行ってもライスバーガーを見かけなくなった。

所用で都島へ行った際に入った店で、「復活メニュー」として「鶏つくねライスバーガー」が載っていた。久しぶりに食べてみよう。

型に入れて押し固めるているが、寿司メシ程度の粘りではこれほど平たく大きくできない。柔らかすぎれば米の粒が潰れてノリになってしまうし、硬くてはバラバラになる。それでいて食感はオコワでなく普通のご飯に似ている。
このもち米の炊き方が絶妙だ。

DSC00141as.jpg
NEX5付属の広角レンズSEL16F28を初めて使った。
僅か67gの軽さ。おもちゃのような、ちっちゃな前玉だが、曇った日の店内で手ブレ補正なしでも充分撮れた。α550のように目立たず、ポケットから出して使えるのが良い。


雪や

2011年02月11日 15:29

予報通りに雪が降った。
1月が寒かったので、例年なら寒波に襲われる今時分だが、今年は冬将軍も力を使い果たしているのではないかと思っていた。
建国記念日の頃は、1/10のえべっさん、センター試験の頃と並んで降雪になる事が多い。

前回積もるほど雪が降ったのは2008/2/9。「終の棲家」の初めての冬で、親父のアルバムに写真が残っていた。



DSC04508s.jpg
[α550 1/60 F9 ISO250 Vario-Sonnar T*16-35mm F2.8 35mm ]

DSC04485s.jpg
[α550 1/60 F5.6 ISO500 Vario-Sonnar T*16-35mm F2.8 35mm ]

ガスメーターじゃなくて、石灯籠なら良かったんだが。


DSC04494s.jpg

リスニングルーム唯一の窓越しにお隣の裏庭を。こっちは真っ当なお隣。


DSC04499s.jpg
瓦屋根に雪が載っているのは何となく情緒がある。電線が邪魔だけど。


DSC04511s.jpg
[α550 1/250 F9 ISO1250 SIGMA75-300mm F4.5-5.6 APO 200mm ]

サルスベリの木にツララの「卵」を発見