小松左京~巨星落つ~日本のバルザック

2011年07月29日 15:42

今月26日に小松左京が亡くなった。

DSC05064s.jpg
マスコミは小松左京=日本沈没のような報道しかしないが、彼の全盛期はSFマガジンに新趣向のSFを書きまくっていた昭和40年代ではなかったか。
当時のSFは頭でっかちというか、アイデアの追求に力を使い果たしてして小説としての面白味に欠けるきらいがあった。SFに興味が無くとも読んで面白い。それが小松左京だった。

高度成長の最中、女性らしさを失った人間でなく、「らしさ」をプログラムされたロボットと結婚する「機械花嫁」(飢えた宇宙)や、教育ママゴンから逃れて、「わびざび」の世界に成人用アンドロイドを侍らせる「宗国屋敷」(活きている穴)は、随分古い作品だが今読んでもニヤリとさせられる。


yaminonakas.jpg
闇の中の子供に収録された「第2日本国誕生」は、ねずみ取りにひっかかって免停と罰金を科せられそうになった時、別のパトカーが現れて「われわれの警官なら罰金千円ですむ」という。通帳に数万しか残高ないのに、税務署から数十万の督促状が来る。税務署へ行くと、「内緒の話ですが」と、こちらの税務署ならもっと税金が安くなると言う。
第2組合からヒントを得たのだろうか、国の中に別のシステムが出来ていってサービス競争をするというものだ。国も公務員も競争が無いから「やらずぼったくり」が成立している。競争原理が働いたなら、世の中はもっと住みやすくなる。こんな「小松ワールド」が本当に現実にならないかと夢想してしまう。
せめて民主党と橋下の存在しない世界だけでも、無いものか。


DSC05065s.jpg
普通は文庫本になってから買うけれど、小松左京だけはハードカバーが出ると直ぐに買った。
米朝さんをモデルにした桂文都師匠と梅見仁行った長浜の宿で白蛇の化身のような女と出合う「湖畔の女」、寝巻きを裏返しに着てマジナイを唱えると恋しい人のに夢で逢えるという言い伝えを実行していた女は・・・「待つ女」等々、「女」シリーズの時期にさしかかると、もうSFの範疇を越えるようになる。創られた虚構とも事実ともつかぬ世界を、次の展開が読めぬ侭に思うように引っ張り回されて、気がつくとお話が終わっていた。多産のストリーテラーという意味で、私は密かに日本のバルザックと呼んでいた。


「題名のない番組」通称ダイナシというラジオ番組があった。米朝さんとの対談だが、2人とも呆れるばかりの博識で丁々発止の遣り取りをする。あれは即席のやとりとりだったのか、それとも「小沢昭一的こころ」のように台本があったのか。録音が残っていればCDか再放送をしてほしいものである。



色々あったが、何より、明日に希望を持てた古き良き時代の産物だった。


「美人諸国ばなし」~小沢昭一

2011年07月27日 15:24

「小沢昭一的こころ」シリーズの番外編

宮脇さんの「時刻表2万キロ」の第8章、角館線と阿仁合線(現在の秋田縦貫鉄道)に乗る件で
『私の備忘メモには「美人30%」と。珍しく鉄道以外のことが記してある。さしさわりがあるので書きたくないが、東京あたりでの含有量は五パーセントに満たぬとの厳しい基準でのそれだからそうそうなものである。』とあって、更に『ある人の話によると、この先の大館近くには全村1人残らず美人という村があるそうで、その人は忘れたのか故意か、どうしても村名を教えてくれなかった』と続く。

ジョークかと思っていたが、その頃はこういう話が結構真面目にされていたようで、小沢昭一が美人を求めて全国を行脚するというのがこの本の趣旨である。特に東北は「美人の本場」というので新潟、秋田、青森としらみつぶしに廻る。各県の「ミス○○」には前もってアポを取って合う。宮脇さんも「女子高生の中には、いまのうちに東京へ連れて行って磨いたら、さぞや、と思われるのが何人かいて・・・」と言っている。予備軍の女子高生にもロックオンし、各県の名門女子校の校門で待ち伏せする。職質されたら一巻の終わりだと思うが・・・。
その上彼女らの顔写真がふんだんに掲載されている。ミス○○は撮影時にokを貰っているだろうが、卒業アルバムに載った小判型の顔写真まで出ている。

法規スレスレの取材だが、男性週刊誌ではなく「婦人画報」という由緒正しき月刊誌に連載された。昭和60年頃というのはプライバシーに大らかだったのだろう。



「美人の秘境西目屋村」という一節がある。昭和51年毎日新聞刊の「東北人」に『三千六百の小さな村落だが、美人の多い地区で評判・・・』という記事を元にその村を訪れる。実際、ミスユニバース日本代表の最終候補に行き当たっている。途中で「美人多しわき見運転するな」という看板にも遭遇する。
「全村1人残らず美人という村」はここの村の事ではなかったのだろうか。大館は秋田県で、西目屋村は青森県だが弘前から近い。大館からも弘前からも、岩手山を目指せば似たような距離である。

ちなみに西目屋村は、35年後の現在、青森県中津軽郡西目屋村として町村合併もされずに残っている。

夏本番

2011年07月25日 17:00

昼間もセミの声がするようになった。
しかし早くも寿命が来て、地面にころがったまま動かないのもいる。
地下で8年も暮らして、やっとこさお日様を見たと思ったら、たった一週間で死んでしまう。何とも不公平な一生だ。


DSC05038s.jpg
[α550+SAL100M28]

今年植えたシマトネリコの細い枝に一匹留まっていた。鳴かずにじっとしている。
100ミリマクロではノートリミングだと苦しい。



DSC05037s.jpg
[α550+SIGMA70-300mm]

レンズを交換。
少しの風でも細い枝はよく揺れる。F2.8の100mmマクロならOKだったが、F5.6の300mmでは早いシャッターが切れない。ピントも、頭に合わせると羽根がぼける。ISOを上げてなんとか手持ちで撮れた一枚。

哀愁の花びらたち

2011年07月22日 15:18

学生時代に観た古い映画で、当時もビッグヒットしたわけではなかった。
にも拘わらずDVD化されていて廉価版で手に入る。


Valley of the Dollsという当時のベストセラーの映画化で、アメリカ興行界の内幕暴露ものになっている。ただ40年も前のものなので、今から観るとかなりソフトな描き方になっている。

aishu1s.jpg
珍しくドーナツ盤のサントラを買っていた。
ディオンヌ・ワーウィックの主題歌は少しヒットした記憶がある。

aishu2s.jpg
B面のジャケット写真の方が映画全体の雰囲気をよく表していると思う。
左が主演のバーバラ・パーキンスで、右が当時のベテラン大物女優スーザン・ヘイワード


バーバラ・パーキンス、シャロン・テイト、パティ・デュークの3人の女性の人生を描く映画で、他にポール・バーク、スーザン・ヘイワードが出演している。
今でも有名なのは、ポランスキーと結婚していて殺されたシャロン・テイトと主題歌を歌ったディオンヌ・ワーウィックぐらいだろう。

主演はバーバラ・パーキンスで、名門大学を卒業して法律事務所に就職し、事務所のパートナーであるポール・バークが主にやっている興業エージェンシーの仕事をするようになる。やがてバークと恋仲になるが、パークは結婚を拒む。ラストでは彼女の価値を再認識したバークが結婚を望むが、今度は立場が逆になる。
クレジットでは主演だが、他の2人の強烈な個性に食われて、舞台回しに終わっている。
この後「クレムリンレター」というスパイ映画に出ていたが、脇役で出番は少なかった。
結局この映画が唯一の主演だった。

シャロン・テイトは身体しか売り物がないと自覚していた。メデタク人気俳優と結婚するが、旦那の遺伝的な難病が発症する。とうとう治療費稼ぎのためにフランスのポルノ映画に身売りするハメになる。

パティ・デュークは実力があるが、却ってスーザン・ヘイワード演ずる大物に恐れられて舞台から閉め出される。それでも実力ではい上がりトッブスターになるが、その時は薬物依存症になっていた。いったんはカムバックするが、薬物から逃れられず、家庭も友人も総て失うことになる。
さすがに、ヘレンケラー役でアカデミー助演女優賞を獲得しただけあって、強烈な演技で他の2人を食っている。それが映画のバランスが崩してしまったように思う。


この映画をもう一度観たいと思うようになっきっかけはバーバラ・パーキンスの相手役ポール・バークだった。最近スカパーe2に加入したら第2次大戦のB17爆撃隊を描いた旧いTVドラマ「頭上の敵機」をやっていた。彼は主役の編隊長だった。またNHKで放送していた「華麗なる賭」ではマックイーンを捜査する警部を演じていた。
TVドラマをきっかけに映画界に進出したが、生真面目そうな顔が災いしたのか、その後はあまりパットしない。


主役も、その相手役も影が薄い。それでも不思議な事にDVD化されて、900円の廉価版で入手できる。
なにかカルト的要素があったのだろうか。
とにかく懐かしい映画を再び観る事ができたのは幸いだった。

NEXのカラーフィルター

2011年07月20日 15:04

台風が通過中という事だが、多少風は吹いているものの雨は降っていない。
朝からセミが煩く鳴いている。
昨夜も殆ど雨は降らなかった。台風は左巻きだから、紀伊山地に当たって大阪平野までは届かなかったのか。


さて、
NEXのファームアップで幾つかの新しい機能が追加された。
その中からある特定の色を抽出し、他はモノクロになるというパートカラーを試してみた。


NDSC01928s.jpg
成る程ソファと、クッションの赤い花だけが浮かび上がっている。

NDSC01926s.jpg
赤い花だけが捉えられている。


NDSC01923s.jpg
ポップカラー(色合い強調)も試してみる。

ではいよいよ本番

NDSC01925s.jpg
あちゃー、サルスベリの濃いピンクは殆ど「赤」とは認めてくれないのか。

この花房だけをパートカラーで拾ってみたかったのだが。


なでしこジャパン

2011年07月18日 09:55

昨夜は缶ビール一杯で早々に眠くなった。
眼が覚めるとまだ3時半。
これは、神様が「見ろ」と言うことだと思った。

日本の得点はゴール前でもつれて入るのに対して、向こうのシュートは、男子並みに早いボールが一直線にゴールする。
戦前に、アメリカの監督が「ボールのキープ率が高めて勝つ」と言っていた。その通りで、偶に相手ゴールに近づいたと思ったら、1本ロングシュートを放つだけで、直ぐに日本ゴール近くに白いジャージが密集してくる。

延長でアメリカに2点目を入れられ、再びリードされた時は御名御璽だと思った。
しかし沢選手にパスされたボールは、160℃位の角度でゴールに向かい、キーパーの手の先をかすめて行った。
真横に敵の選手が並んでいるのに、あんな鈍角の球をどのようにして打てたのだろう。

ここまで、これまでの日本チーム(男女とも)では、あり得ないような勝ち方をして来た。
PK戦にもつれ込んだ時は、既に勝利を確信していた。

奇跡は起こるものだ。

ファミマTポイントの使い道

2011年07月15日 15:18

税金や入りたくもない「強制」保険の支払いにポイントを付けてくれるのは、今やファミマTカードしかない。
住民税、固定資産税、自動車税、国民健康保険料、家族の国民年保険料とざっと見積もっても100万ぐらい有る。ポイントにして5000円。たかが5000円、されど5000円。せっかく知恵を絞って得たマネーを、コンビニで特に欲しくもない物を買って使ってしまいたくない。

これまでは楽天ポイントに交換してネットショップで使っていたが、昨年の「改悪」でANAのマイレージ以外へは交換出来なくなった。そのマイレージも金額換算で1/2に買い叩かれている。

コンビニに年賀状を置いているが、ポイントでは買えない。
ファミリーレストランへもなかなか足は向かない。
洋服の青山でも使えるが、もうスーツは要らない。

ネットショップを探したらYahooショッピングで使えた。受け取るYahooポイントをTポイントに変更するという条件が付きだが。
Yahooショッピングの中にHMVがあった。送料無料が2500円→3500円に上がっているがポイント分混みでOKなので問題無い。これなら何時でも使えるワイと早速「お気に入り」に入れていたアイテムを探す。無事見つかってさて注文しようと思ったら、なんとなく割高になっている。
ぇっ、マルチバイの設定が無い。こりゃアカン。
ならタワーはと探したが既にYahooショッピングから撤退したようだ。

新星とか山野は入っている。自ら運営するのは経費的にしんどい小規模店が総合ネットモールに入る。
既にローソンの傘下に入っているHMVは弱小なのか。
そういえば、「ポイント15倍セール」はもう無くなるなんて話が出ていたなあ。

まあ、5000円くらいならHMVに在庫がないCDを買うケースも出てくるだろう。

コンデンサースピーカー Quad ESL-57

2011年07月13日 15:59

DSC00348.jpg

DSC00350.jpg

静電気が均一に蓄積されるまで最低一晩、できるなら一週間はスピーカーのコンセントを刺したままじっと待つ。年中通電しておけば面倒な「儀式」は必要ないが、それでは高電圧でポリエステルの膜に穴が空いてしまう。

音が出るようになっても半日ぐらいはまともなで鳴らない。

きっちりとした定位で聴けるのはピンポイントのリスニングエリア。



これほど扱いにくい奴だが、時として無性に聞きたくなるので手放せないでいる。
商品として世に出て既に半世紀が経つ。骨董品としての値打ちもそろそろ出るのではないだろうか。


梅雨が明けて選手交代

2011年07月11日 15:22

DSC05001s.jpg
ヤマボウシの最後の一輪

DSC05008s.jpg
サルスベリの開花第1号
[α550+SAL100M28]

アブラムシにうどんこ病とダブルパンチのサルスベリだったが、その後は順調なようで最初の花が開いた。
一方毎年病害虫の被害をうけるノムラモミジは、イラガが発生しなかったと思っていたら、葉を食う小さな虫が大量に発生しているようで、穴の空いた葉がどんどん増えている。スミチオンを散布して様子を見ることにする。また毎朝水を撒いているにも拘わらず、葉先が早くも焼けている。
今年こそ秋の紅葉を見たいと願っているが、はたしてそれまで葉が保つか。


梅雨が明けたという。空には入道雲が湧き上がっているが、セミの声が一向にしない。
彼等の鳴き声がするまでは、まだ本当の夏はやって来ない。


NEX-5 液晶コーティングの剥離

2011年07月08日 15:16

液晶の周囲に斑点状の「汚れ」が付いていた。
いつものようにレンズクロスで擦っても落ちない。
少し息を吹きかけても取れない。
で、ウォッシャー液(ほぼ純水)を一滴落として拭くと、なんとその「汚れ」が大きく拡大してしまった。


DSC04971s.jpg
右下が最初の状態で、右上や左側は被害が拡大した所。
綿棒に純エタノールを付けて拭いてみたが全く変わらない。

ネットで調べてみると、どうやら液晶のコーティングが剥離しているらしい。
周辺部だけなので、モニターとして使う分には支障ないし、角度によっては目立たなくなる。
しかし矢っ張り気には障る。これまで何台ものデジカメで、液晶にプロテクトシールを貼らずに使ってきたが、こんな事は初めてだ。水分の付着でこうなるなら、屋外ではプロテクトシール無しには使えない。


幸い保証期間中なので、駄目元でソニーに電話してみた。
すると「NEX-5の液晶コーティングが剥離した」の一言で、あっさりと無償修理になった。
どうやら同様の苦情がだいぶ出ているらしい。
水で拭いたら剥離するコーティングなんて、本当はリコールものではないのか。


急ぐ必要はないので、持ち込みでなく着払いで発送する事にした。
翌日宅配が専用バックで引き取りに来てくれて、5日後には手元に帰ってきた。
宅配便往復で4日要るから、即日修理してくれたことになる。


DSC04999s.jpg
サラピンになって帰ってきた。
但し点検の為か、設定は総て初期状態に戻されていた。
それは良いが画像の連番が1200番も飛んでいた。リコーR7の時は番号もリセットされていて、空写しで番号の重複を防いだ。それよりはマシだが、チェックとは言え1200回もシャッターを切ったのだろうか。

NEX-5の液晶にプロテクトシールは必須のようだ。