100W級送信管ユニバーサル・アンプ「不死鳥」復活

2012年07月29日 10:05

DSC01002s.jpg
ハンドレッドワッターといわれる送信菅がある。プレート損失が100W以上の球で、径も高さも通常のGT管の倍は優にある。フィラメントも10Vで30W以上と並外れている。


DSC01017s.jpg
こんなモノを作って、鳴らしていた事もある。
両端にヒータートランスを持ち、ヒートシンクにLM338Tを付けて10V/3.25Aを定電流でソケットに供給する。プレート電圧やグリッド電圧はオクタルのプラグをアンプの出力管ソケットに接続して得る。
それでも、本来の1000V付近での動作とは程遠い条件である。


DSC01013s.jpg
とうとうハンドレッドワッター用のユニバーサルアンプを作ってしまった。

OPTにはタムラより大電流(160mA)が流せる橋本トランスH-30-5Sを使用。
PTは市販で(在庫品)最大級のノグチトランスPMC500M。400V巻線からDC500mA取り出せる。
NEW BIG ONE同様インターステージトランスにソフトンのRC20、
平滑用チョークトランスとシャーシ上にはトランスがびっしり並んだ。


DSC01051s.jpg
更にシャーシ内にも2.5V/6Aが2個
鉄の塊になり、重量は「NEW BIG ONE」の27.3kgから31.4kgになった。


回路図はHPを参照してもらうとして、、プレート電圧は倍電圧整流の選択だけで、430Vと860Vが選べる。
問題があったのは又してもフィラメント電源だった。NEW BIG ONEでの経験からLM338にパスコンを付けておいたのだが、それでも発振する。製作時には問題なかったのに何故今になってと思うが、事実起きているのだから対処法を考えるのが先。

パスコンのアース先をいろいろ変えて試してみたが効果がない。試行錯誤する内に思い当たったのはヒーター巻き線の容量不足。AC6.3V/4Aのヒーター巻き線をシリーズにし、10V/3.25Aを取り出している。ブリッジ整流で交流から直流を取り出すには1.8倍の電流が必要になる。AC4Aの巻き線からDC3.25Aを取り出しているから46%のオーバーで、定格の電圧を保てない。巻き線の銅損による電圧降下がLM338の動作を不安定にしていると考えた。巻き線の容量が不足する時には、抵抗を加えるという対処法がある。


fushicho-power4-2.jpg
手持ちの0.33Ω/10Wのセメント抵抗を2つの巻き線の間に入れたら発振が止まった。
デュレーションは50%を超えるので可成り熱くなる。0.22Ωでは発振が止まらないので抵抗値を下げる事はできない。早い内に0.68Ω/10Wのパラに交換しなくては。

fujichol-tubelist2.jpg
上の4本が純然たるハンドレッドワッターだが、10V/2Aの830Bはこのアンプでしか使えない。SVETLANA572-30は1000Vまで使え、プレート損失も100Wなので付け加えた。また前出の808や826もこのアンプで高圧作動を試すことができる。

ここで又トラブル発生。6.3VのSV572は6.3Vx2ではLM338の熱負荷が大きすぎるので、別途シャーシ内の2.5V/6Aと6.3Vの組み合わせで使う。これがまた発振してしまった。10V3.25Aでの発振の際、この組み合わせでは発振しなかった(但し8.3Vまでしか上がらなかった)のに。それでここにも0.33Ωが入るように配線を変更したら、今度は5.3Vまでしか上がらなくなった。
6.3Vを2巻線パラにして使えば抵抗を挟む事もなく6.3V/4Aを取り出せるが、配線変更だけで対処できない。とりあえずSV572はこのアンプで使用不可とした。


DSC01006s.jpg
NEW BIG ONEとは明らかに音の出方が違う。音の輪郭がハッキリしているのは同じだが、低域は低い方に伸び、雄大で浪々と鳴り響く。プレート損失の大きさが効いているのかもしれないが、音色的にはOPTトランスの違いも寄与しているだろう。橋本トランスはサンスイが真空管アンプを止める時に技術を継承(元々OEMだっだろう)して、トランスを作り続けている。サンスイにAU111という真空管アンプがあった。当時は球から石への過渡期で、端から球アンプの購入は考えていなかったが、重くて堂々とした鳴りっぷりが印象に残っている。

4種類のハンドレッドワッターの中では、838の音が上記に加えて端正さを併せ持ち最も好ましかった。211(GE製)は高域にヒステリックなところがある。反対に845は中国製の球に共通の柔らかさを持つが、高域の質感を求める人には向かないだろう。


送信菅808と826を「NEW BIG ONE」 で聴く 

2012年07月26日 12:31

送信菅には特徴のある姿をした球が数々ある。
その中で、ブログにもHP(ユニバーサル真空管アンプ 「富嶽」とその仲間達)にも載せていなかった球を2つご紹介する。

DSC01022s.jpg DSC01042s.jpg
808の足はUX4に対応しているが、そこからはフィラメントの電力を供給されるだけで、プレートとグリッドは頭と側面から別々に出ている。トッププレートなので最大プレート電圧は1000Vあるが、プレート損失は50Wとやや小型の送信菅だ。


宍戸先生の「送信菅によるシングルアンプ製作集」では、この球を
プレート電圧350V、電流120mA、グリッド電圧42Vで鳴らしている。

nbo-poewr-part1.jpg
全体の回路図はHPに載せているが、NEW BIG ONEでは、200V-160V及び10-0Vのタップの切り替えと倍電圧整流の選択・非選択で、プレート電圧を8通りに変えられる。
但し300~350V辺りのプレート電圧は苦手だ。

代替的に
プレート電圧400V、電流110mA、グリッド電圧24Vという条件で鳴らした。

DSC01039s.jpg
7.5V/4A=30Wでトリタンが輝くとともに、ミノムシのような形のプレートがピンクに染まる。
普通の球ならあわてて電源を落とすところだか、この球はこれが普通らしい。

音は先日のメッシュプレート300Bに比べて、高域も低域も音の輪郭がハッキリしている。
特にグラモフォンのようにホールの間接音を多く含んだ録音がよくマッチする。アルゲリッチってこんな美音だったのかと驚かされる。
一方の弦は、元々タンノイヨークミンスターがピアノの方が得意な事もあって、嫋々たる調べとは言い難い。グリュミオーならハスキルとの旧盤より、デジタル録音のクリーンとの新盤の方がよく合う。


DSC01043s.jpg
826は足の付いたお椀にビーカーを逆さにくっつけたような、何とも奇妙な形をしている。お椀の内側に書かれた数字が裏から読み取れる。製造の際もお椀とビーカーを縁で溶かしてくっつけているようだ。
最大プレート電圧800V、プレート損失40Wと808より更に小さくなっている。フィラメントは7.5V/4Aで808と同じ。この球はHPには載せているが、片方のフィラメントが切れたために試聴できないでいた。


DSC01037s.jpg
6C33等と同じ規格のセプターと呼ばれる7本足の球は、ピンアサインが球によって異なる。各球毎にアダプターを作って差し替えるのは大変なので、各端子を天板上に出してショートプラグで接続している。

DSC01034-2s.jpg
部屋を暗くしてトリタンの輝きを楽しむ。

輪郭がハッキリして、質感のある高域と力強い低域は808と同傾向の音だ。
比較論としてこちらの方が弦が柔らかい分、より万能的に使える球だと思う。




紀州鉄道

2012年07月24日 11:39

ローカル線に乗るのは、昨年3月の九州満喫切符 でローカル私鉄3泊4日の旅以来で、久しぶりだ。
今回は鉄道の乗り継ぎでなく、車でここまでやってきた。


DSC00939s.jpg
紀州鉄道はJR紀勢本線御坊駅の0番ホームから発車する。一日に20往復以上の便があるが、この車両一台が往復を繰り返すという単純なダイヤになっている。


DSC00943s.jpg
運転手は制帽だけで制服はないようだ。兵庫県の北条鉄道から譲られたレールバスには冷房が付いているが、一日中炎天下にさらされていて、殆ど用をなしていない。
草に覆われた2条のレールを、30キロの低速でたどっていく。

DSC00944s.jpg
次は「学問」。畑の中の無人駅だが、合格祈念用としてこの駅の入場券が売られている。


DSC00936s.jpg
その次の「紀伊御坊」が御坊の旧市街の中心にあたる。
車庫があって、この駅だけ複数のレールが見られる。


DSC00966s.jpg
同型のレールバスが留置してある。これも北条鉄道から来たのだろう。
今はこの2台で運用しているが、この後ろに、おタカラが置いてあった。


DSC00971s.jpg
2009年まで運用されていたキハ603だ。
1960年製で1975年に大分交通耶馬渓線から移ってきた。
宮脇俊三が「時刻表おくのほそ道」で、「三本の私鉄を平等公平に扱うつもりでいても、私たちの関心は紀州鉄道にやや偏っている。三私鉄のうちでは紀州鉄道がいちばんオンボロらしいからである。」と書いていたのはこの車両の事だろう。
もう3年早く来ていたら、同じ車両に乗れた。


DSC00947s.jpg
次の「市役所前」から、終点の西御坊まではほんの数百メートルだった。4駅2.7キロを8分で結んでいる。

「運転席のうしろに立って見ていると、遮断機のない踏切が100メートルごとぐらいに煩雑に現れる。家の蔭になっている踏切もある。運転士は前方を凝視している。けれども、歩行者も車も、みんな紀州鉄道をバカにしたようにディーゼルカーの直前を悠々と横断して行く。」

福井鉄道編で70キロのスピードを出すのを見て、「『紀州鉄道の運転手に運転させてやりたいな』と、名取君がひとりごとのようにいった」

同書の時代からは少し改善されたようで、踏切には遮断機がついていた。
しかし速度は相変わらず30キロのままだった。


DSC00926s.jpg

DSC00924s.jpg
ここが終着駅だが常駐している社員はおらず、運転手が傾いた廃屋のような駅舎に入っていった。


DSC00920s.jpg
車止めの間からレールがはみ出ている。


DSC00950s.jpg
反対側を見ると、鉄橋は撤去されているもののレールがその先へ伸びている。
「時刻表おくのほそ道」の頃は、700メートル先の「日高川」という駅まで伸びていた。
その廃線跡を辿る。


DSC00956s.jpg
「西御坊を過ぎると、線路が草むらに変わった。その中に二本のレールが隠見していた」
現役の頃から既にこんな状態だった。路盤は両側の家の庭に浸食されていて、レールが回収されずに残っているのが不思議なくらいだ。

DSC00957s.jpg
アスファルトを盛られて歩道と化した所もある。
前をいく背番号2の人は、どうやら同病者らしい。


DSC00960s.jpg

DSC00962s.jpg
日高川駅跡。小野田線の支線にある長門本山駅と同じような状況で、民家の裏庭に突っ込んだものの、道路に遮られてこれ以上行けなくなっている。

ここまでレールが残っているのは意外だった。ホームも残っている。
「終点の日高川は、駅というよりゴミ捨て場に近かった。晩秋の夕べの、うら寒い風が人気のない終着駅のガラス戸を鳴らしていた。」
今の西御坊駅のような駅舎があったのか。


DSC00965s.jpg
紀州鉄道の行く手を遮った道路を少し行くと、日高川の河口に出た。
前身の御坊臨海鉄道というネーミングからは、日高の山から切り出した材木をここから船に積み替えるという構想が伺える。


[α65+1680Z]





我が家の四季 (4)

2012年07月22日 11:39

DSC00859s.jpg
地域の神社の夏祭りの太鼓が鳴り渡る頃、

[α65+SIGMA APO 70-300mm F4-5.6]


DSC00902s.jpg
ひっそりと夏の定番が咲き始める。

DSC00905s.jpg
今年は、胡蝶蘭が飛び入り参加した。
昨年かみさんの怪我の全快祝いに頂いたものだが、花が総て散った後で庭に出しておいたら、数は少ないが花芽が出て花が開いた。

以上[α65+135STF]
カメラ本体でF9.0まで絞った。
ピントの合った部分の凄まじいまでの解像度、それでいて周辺は充分にボケる。なるほどこれがSTFなのか。


DSC00993s.jpg
サルスベリが木いっぱいに花を付けるようになると、梅雨が明けてセミが一斉に鳴き出す。

[α65+SIGMA 50mm F1.4 HSM]




おんな酒場放浪記VS吉田類の酒場放浪記

2012年07月20日 11:00

「おんな酒場放浪記」は、本家と比べるとやはりイマイチの感がある。飲み歩きの年期が全然違うのだから無理もない。
それでも、吉田類が訪れた酒場の経年変化が見られるという趣向で見ている。

#29 練馬「金ちゃん」は
P1060755s.jpg
本家では2004/2の放送だった。


P1060752s.jpg
7月放送の「おんな酒場放浪記」はその8年後を捉えている。
大将は70代に入り少し年取ったなという感はあるが。

P1060751s.jpg
スタッフは全員女性という「好環境」に恵まれて、楽しくやっているようだ。
女将の出演は今回無かった。都合が悪かっただけなのか、亡くなったのか。


#130庚申塚「庚申酒場」は、
P1060756s.jpg
2006/4、本家での放送時にはのれんにはちゃんと「やきとり」とあった。


P1060753s.jpg
6年後、のれんが無くなって文字のない2枚の布になっていた。


P1060758s.jpg
女将の様子は、

P1060754s.jpg
特に変わっていないようだ。


LX7 の大型センサー搭載は期待外れ

2012年07月18日 10:31

lx7ss.jpg

4/3rumors  にパナソニックのLX7の画像が出ている。

一方レンズは24-110mm (35mm換算で)F1.4-2.6という情報がある。

LXシリーズのコンバクトなデザインを引き継いで、尚かつ非常に明るい4.5倍ズームとなると、最近の高級コンデジの流れである大型イメージセンサーの搭載はあり得ない。従来通りの1/1.63になるのではないだろうか。
センサーの小ささはボケだけでなく、高感度ノイズにも影響する。常用ISO400より上がれば良いが、この部分は「非常に明るいズームレンズ」で乗り切る積もりなのではないだろうか。

残念だが、レンズバリアーの搭載は今度も見送られた。

LX3の次期機としてこのLX7とソニーのRX100を候補にしていた。
LXシリーズの画は綺麗だが奥行き感が無い。大型センサーによって「コンデジの画」から、一歩進むことを期待していた。それとデジイチも含めてソニーのカメラばかり使っていると、画像名が重なって、取り合っている内に同名で上書きしてしまう恐れがある。その意味でパナソニックに少々肩入れしていたのだが・・・・。


PS.
訂正)レンズは24-90mm F1.4-2.3。焦点距離はLX5と同じ>

ETC 事始め

2012年07月16日 07:54

ETCカードは申し込みから丁度1週間で届いた(クレジットカードは別送で後になるらしい)。
カード無しでも使えるそうなので早速試用。
入り口ゲートは無事開いて、取り付けOK。
駒川から港町まで600円だった。以前は700円均一だった。最低利用金が500円だから相当な値上げだ。
カードを入れていても、エンジンをかける度に「カードが挿入されました」と音声ガイドが出る。+Bを繋いでないからだろうか。


DSC00914s.jpg
湊町で降りたのは、右側の南海電車汐見橋駅の現状を確認しておきたかったから。

DSC00913s.jpg
ペンキを塗り直して明るくなったが、アレは元のまま。


DSC00910s.jpg
由緒ある「南海沿線観光地図」が中央から破れてきているが補修の気配はない。
残してあるだけでもマシか。


DSC00918s.jpg
帰りは谷町筋を南下。
四天王寺の交差点付近。
「あべのハルカス」の定点観測ならここが一番良い。


[α65+SAL1680Z]


クレジットカードの怪しい都市伝説

2012年07月14日 11:48

実質無料のETC をとりつけたは良いが、ETCカードが無い。楽天カードで作っていたが、年会費が有料になった時にキャンセルした事を忘れていた。

それでクレジットカードもETCカードも年会費無料のカードという事でライフカードをネットで申し込んだ。10日程経ってそろそろ届く頃だと思っていたら、メールで「審査不合格」の通知が来た。
「なんじゃい、通販系カードごときが」と即座にイオンカードと、さくらType Select JCBカードを申し込んだ。

その後でクレジットカード発行についてネットで調べてみたら、「一度に複数のカードを申し込むと、急に金が入り用になったと取られて審査に通らない」「申し込みの情報はカード会社で共有しているから、一旦落ちたら同じカードなら6月、別のカードでも3月は待たないといけない」等が「常識」として載っていた。

しょうがない、発行が遅くなるけど税金用に使っているファミマカードでETCを申し込むかと思っていたら、2日後に両方から「合格通知」が来た。

クレジットカード 審査で比較 というページで見ると落ちたライフカードより、合格した2社の方が難易度が少し高い。

あのネット情報は、あてにならない都市伝説だったのか。
それにしても、審査ってどういう基準になっているのだろう。3社とも全く同じ内容で申し込んだのに。







シングル・ユニバーサル・アンプ「New Big-One」復活

2012年07月12日 11:40

複数の出力管が使えるアンプをユニバーサル・アンプという。
2000年に作った「BIG-ONE」は、OPTにTAMURA-F2007、PTにTANGO-MX520を使用し、プレート電圧が500V以下(出力段の平滑コンデンサー耐圧による)という以外制限は無く、ありとあらゆる球 が使えるシングル・ユニバーサル・アンプだった。
参考 「45種の出力管聴き比べ

DSC00898s.jpg
2004年には、ドライバー段にインターステージ・トランスを使用して、グリッド電流の処理をよりスムースにした、New Big-Oneにバージョン・アップした。

2007年「終の棲家」の新リスニングルーム完成後は大活躍すると思いきや、マルチアンプ・システムを常用するようになり、ラックの奥に押し込んだきりで出番が全く無くなった。鈴蘭堂最大のシャーシSL20HGに、目一杯にトランスを積んだ重い躯体が仇となった。

けれど、RCA50のように球が2本しかなくてこれでしか鳴らせない球も多いし、826を初めとする送信管の怪しく光るトリウムタングステン・フィラメントももう一度見てみたい。

以前ちょっと鳴らしてみた時は、ハムが盛大に出ていた記憶がある。
ようやく重い腰を上げて「復活」する決心をした。
nbos.jpg

nbo-power1s.jpg
主な不具合は2箇所だった。
1.ドライバー段の300v巻き線からフリッジ整流直後に、ラッシュカレント防止に入れておいた10Ω、0.5Wの抵抗が焼き切れていた。
2.以前ハムだと思ったのは、フィラメント電源用のLM338の発振だった。手持ちの0.1μをパスコンに入れたら止まった。(ADJUST端子の先に付いてる5mAの定電流ダイオードもLM317による定電流回路に変えている。こちらもパスコンが必要になるかもしれない。)


DSC01044s.jpg
ホームページ にも挙げていなかったハラワタ公開。
パワートランス周りに定電圧ユニットを詰め込みすぎてメンテが難しい。2度と触りたくない。


DSC00901s.jpg
「再稼働」のトップバッターに、メッシュプレートのCCIの300B(曙光のOEM?)を選んだ。
中国製の300Bは音が柔らかく、シングル特有のスッキリした音と相まって、タンノイヨークミンスターのやや硬質なホーンの音を上手く補ってくれる。


[α65+135STF]
300Bの画像は、ガラスへの映り込みを避けるために照明を落として、マルチショットノイズリダクションを使用した。
ISO6400 F4.5(STF開放) 0.6secで5回シャッターが切れた。優れものの機能だ。



135STF(SAL135F28) 捕獲

2012年07月10日 12:11

もうボーナスは無いというのに、何故かこの時期に物欲の血が騒ぐ。
新品で、他よりチョットだけ安かったので ホチッてしまった。
ミノルタから引き継いだこのレンズの為にソニーのデジイチの存在意義が在るとも言われる。
とうとう買ってしもうた。もうニコンやキャノンへは行けない。


DSC00893s.jpg
左のAPS-C専用のSAL1680Zより大きく、右のSAL1635Zに比べるとややコンパクト。

P1060749s.jpg
α65につけると、コンパクトなボディはコンデジに見えてしまう。

早速試し撮り

DSC00886s.jpg
前ボケ、後ボケ、これがやって見たかった。

DSC00868s.jpg
僅かな距離の差でもボケボケになる。
最短撮影距離0.87mと寄れないけれど、APS-Cなら200mmなので望遠マクロ風な画になる。

DSC00873s.jpg

DSC00888as.jpg


マニュアル専用だが、フォーカスリングが少し重く感じる。使っている内にスムースになってくれれば良いが。


[α65+SAL135F28]