胡蝶蘭 (2)

2013年02月27日 16:46

昨日から今朝にかけて2つ目の蕾が開いた。
最初のよりチョット小さい。
先へ行くほど小さくなるのだろうか。

DSC01670s.jpg

DSC01680s.jpg

DSC01676as.jpg

DSC01686as.jpg
[α65+SAL635Z]

最近はずっと軽量のNEX-5Rを使っていた。
α65+SAL635Zという1キロを超える組み合わせは久しぶりで、ずしりと重かった。



DSC01668s.jpg
先月17日はまだこんなだった。
下から出た短い芽が上の枝と同じ長さに伸びて、6つも7つも蕾をつけるとは思わなかった。


道路標識の移動

2013年02月26日 12:38

DSC00136s.jpg
盛夏に貴重な彩りを恵んでくれるサルスベリだが、このカンバンが目立たないように撮るのに苦労する。


DSC00139s.jpg
この標識は公道に接続する私道の隅切りの位置に、永い間ある。
私有地に勝手に道路標識を立てても良いのかと思っていた。
家を建て替えるに当たって、ここを車庫にする案もあったが、最も日当たりのいい場所を車庫で塞いで
しまうのは得策ではないと却下した。但し標識の移動許可が面倒だろうという事も頭の片隅にはあった。

今更、文句を言いに行っても、目障りというだけの理由では
結局腹の虫が治まらぬまま帰ってくるのがオチだろうと放っていた。

先週末、古くなったので先週末に付け替えに来ていた。
その時、ここが私有地である事を工事人に言ってみたら、あわてて撤収していった。


DSC00152s.jpg
週が明けて所轄署の交通係がやってきた。
いろいろ理由を述べ立てて元の位置に立てさせろと言うのかと思ったら、
あっさり公道部分に移動すると言った。

最近は警察も法の精神を尊重するようになったらしい。

DSC00151s.jpg
すっきりした。



胡蝶蘭の花が開いた

2013年02月22日 16:37

昨夜、膨らんできていた蕾の先が割れていた。

DSC00126s_20130222073533.jpg
[NEX-5R+LA-EA2+TAMRON SP AF60mm F2 MACRO 1/80 F2 ISO3200]



今朝、起きると開花していた。

DSC00135s_20130222152845.jpg
[NEX-5R+LA-EA2+TAMRON SP AF60mm F2 MACRO 1/100 F5.6 ISO640]


数日に一度水をやっているだけなのに、新しい枝を伸ばして、昨年の春、夏に続いて咲いてくれた。



今日は、息子のPET/CTの検査日だ。怖いけれどやって貰わならければならない。
花の精が乗り移ってくれたら・・・・。


昨夜は変な夢を見た。
修学旅行なのだが、自分だけ息子の病気のために途中で抜けて、また合流した。
夢の中での「現実」は、実世界より相当遅れる。
夢の中に出てきた母を「死んだはず」と認識するには10年かかったが、今度ばかりはリアルタイムで入ってきた。




日本の裁判官は世間知らずの純粋培養

2013年02月21日 10:48

いささか旧聞に属するが、1月16日に司法修習を終えた修習生2080人の中から、92人が判事補として任命された。
その平均年齢は26.49歳。

浪人や留年無く、法学部を卒業して22歳。
2年間ロースクールで学ぶ。
(他学部なら3年かかる)
その年の9月に一発で司法試験に合格すると、翌年11月まで司法修習がある。そして翌々年に任命される。
平均年齢からすると大多数がこのルートで判事補に任命されている事になる。

法律漬けで全く社会経験の無い人間が、人を裁く。
裁判員制度があるが、裁判官は裁判員の結論に拘束されない。また2審以上には裁判員制度はない。

一定の社会経験(弁護士を含む)がないと、裁判官にかれない国も多い。

ロースクールはそれを変える制度だった筈だが、現実には試験に強い現役法学士が主体になっている。
最高裁は相変わらず成績=頭の良さだけで決めているようである。

社会経験(司法試験浪人は除く)の年数による枠を設ける等の、強制的な措置を講じないと、
日本の司法は何時まで経っても変わらず、おかしな判決を吐き出し続ける。





母親は文字通り骨身を削る

2013年02月18日 11:16

カミさんは元々、筋力が弱く骨が細かった。

40代後半には、膝が悪くなって一時階段を上れない事もあった。
一昨年の夏には大腿骨頸部を骨折し、骨にボルトを打ち込んで、リハビリを含めて一月以上入院した。

今度もビジホから息子のマンションに通って、買い物などをしている。
骨折以来買い物は電動自転車でしていたが、再び徒歩に戻り、また膝か痛んできた。
最寄り駅付近のスーバーでは手に入らない食材を求めて、遠くの店まで買いに行ったりするからだ。

先日とうとう腰に来て、痛くて真っ直ぐ立てなくなった。
それでもボルタレンを2錠飲んで、腰に懐炉を当てて一晩寝たら立てるようになった。
薬の力だけではなく、気力の問題なのだろう。
花の28年と自慢していたが、もう数ヶ月で還暦だ。男親にはできない真似である。


「ヤフー」がタイトルに入ると迷惑メールになる

2013年02月13日 10:58

クラウドストレージを使って、メールに添付出来ない大きな画像ファイルを送ってみた。
子供達が中学生の頃トマムにスキーに行ったビデオを、BDに取り込んだものだ。
容量が30GBあるNAVER Nドライブもあるが、とりあえずお馴染じみのヤフーボックスをインストールした。

ボックスにファイルをコピペして、いつアップロードされるんだろうかと、カミさんから返事が来るのを待っていた。

15分ほど経って電話があったので、向こうで見られたのかと思ったら、IDとパスワードを書いたメールが届かないという。
再度メールしたら今度は届いたらしい。向こうでのパソコンで見られたという返事が来た。


何故、最初のメールが届かなかったのか。
タイトルが最初のは「ヤフー」、2度目のは「パス」になっていた。
カミさんに調べて貰ったら、最初のは迷惑メールホルダーに入っていた。
発信も着信も同じアドレスで、中身も全く同じなのに。
考えられるのは、「ヤフー」というタイトルで迷惑メールとauのサーバーが判断したという事だ。

ヤフー自身が迷惑メールを発信してくる。
ヤフーのモールで買い物やホテルの予約をすると、「お知らせメール」のチェックを外しておいても
そのカテゴリーの「ニュース」が自動配信され来て、いちいちログインして停止しなければならない。
ヤフーがらみのメールを、迷惑メールに登録するユーザーが非常に多いという事なのだろう。



母親は得だね

2013年02月10日 13:58

カミさんは、手術が終わって退院後も、ビジホに泊まって息子のマンションに通っている。
余りくっついていると鬱陶しがられるので、昼前に行って昼食を作り、3時頃には夕食の用意だけして帰っている。
会社を休んでいる間は、来月もずっと居る積もりだ。


こんな事ができるのは母親だからで、父親は何も出来ない。
手術や診断の時だけ日帰りで行った時だけ、彼とほんの僅かの言葉を交わす。
父親は外で稼いで、子育てを母親に任せるというスタイルだった所為もあるだろう。
動物園の飼育係は懐かれるが、えさ代を工面してくる園長は見向きもされない。
亡くなった父に、「父親は損やね」と言ったら苦笑いしていたのを思い出す。


代わりに、ネットで文献や闘病記を漁って、なんとかならないのかと考えているのだが、知れば知るほど鬱になってくる。
死んだらどうしようでなくて、死ぬ前に何が出来るかと、少しはポジティブな方向を向くように心掛けているが、
やっぱり暗くなってるのはどうしょうもない。

趣味やブログを書く事で時間を潰し、気を紛らわせているが、限界がある人
これまでの人生で得、メンテして残して来たあらゆる物が、受け取ってくれる人が居なくなれば何の価値も無くなってしまう。

カミさんも同じような状態なのだろうが、本人の前で明るく舞う事で自分自身を鼓舞しているところがある。


DSC00123s.jpg
昨年、花が落ちた胡蝶蘭を外へ出していたら、夏に新しい花を咲かせた。
寒くなってから、私の部屋の中へ入れていたら、新しい枝を出して花芽を付け始めた。
この花の強さが我が子に伝わって欲しい。


LA-EA2~NEX-5Rのタッチシャッターは使えない

2013年02月06日 12:56

楽天のソフマップでLA-EA2の中古が送料込み198で出ていた。
本当はもう少しポイントが貯まってからにしたかったが、ヤフオクの落札価格より安い値段だったので即ゲット。


DSC00969s.jpg
早速SAL1635Zを装着してみる。レンズの方が重く、レンズにカメラが乗っかっているようだ。
カメラ付きレンズ。


フォーカスエリアの選択肢からマルチやフレキシブルが無くなって、LA-EA2のシステムに切り替わる。
従ってタッチシャッターは使えなくなる。NEX-6との差別化が出来ると期待していたのだが残念。

カメラを構えるというより左手でレンズとLE-A2を包むようにして構える事になる。
下の出っ張りがもう少し小さいと、もっとホールド感が良くなるのだが。

DSC00973s.jpg
下ボタンを押せば、コントロールホイールで合焦ポイントを選択できる。合焦は早い。


DSC00977s.jpg
画面をタッチすればカメラを動かしても対象を追跡してくれるが、ピントはLA-EA2の15ポイント内でしか合わせられない。
15ポイントは中央に固まっているので、その範囲を外れると最近傍のポイントでなく、あさってのポイントで合焦してしまう。


レンズだけで撮れているかのような感覚は新鮮だ。
ボディ重量はNEX-5Rと合わせて476gで、α65の622gに比べて圧倒的に軽いという事はない。




気になるサードパーティのレンズを試してみた。

シグマ DC 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO 旧型

カメラ側でFOCUS(AF DMF MF)及びAF-S/AF-Sの切り替えをする。SAL1635Zで使えなかったDMFが使える。
AFで合焦ポイントを選択するが、勝手に中央寄りで合焦させられる事も多い。
合焦まで結構迷う。AFモーター音がジーコジーコと五月蠅い。
コントラスト方式のコンデジの方がよっぽど早いと思う。
とても動きものは撮れない。


タムロンでは手持ちのSP AF10-24mm F3.5-4.5DiⅡはOKだが、看板のSP AF90mm F2.8 Di MACRO
が使えないという情報が流れており、SP AF60mm F2 Di ⅡMACROが心配なので試してみた。

DSC00981s.jpg
これなら何とかバランスしている。

レンズ側でAF/MFを切り替える。MFではFOCUS(AF DMF MF)とAF-S/AF-Sの切り替えボタンが消えて使えなくなり、
下ボタンがX4.8、X9.6の拡大率選択ボタンになる。
合焦は早くAFモーター音も静かだ。少し迷う時もあるが、これなら純正と遜色ない。


やはり純正レンズに最適化されているようで、サードパーティ製レンズでは相性がある。
それでも単焦点とズームの両方もって出かけたい時、片方をNEX-5R+LA-EA2で使って野外でのレンズ交換を避ける、
という使い方には充分応えてくれそうだ。



NEX-5R~レンズの歪曲収差補正

2013年02月04日 12:47

NEX5RにSEL1650を付けて撮っていて、解像度感に不満は無いけれど、高級コンデジ風の画が気になる。
レンズで捉えた素の画像が、カメラによってどれくらい補正されているのか検証してみた。

ズームは広角端で揃えた。
RAWで撮影して、GoogleのフリーソフトPICASA3でそのままJPEGに変換した。
レンズによって色が違うのは、RX100以外は色相補正していないのと、
天候が安定していなくて日差しがあったり無かったりした為だ。
RX100だけは、そのままでは全体がピンクがかったボケ色になるので、I'm feeling Luckyというフィルターをかけた。


まずコンデジから。
LX3-24mmF2s.jpg
Panassonic LX3 24mm(35mm換算値) F2.0


RX100-28mms.jpg
Sony RX100 28mm(35mm換算値) F2.0


素のままのデータだと上下左右とも樽型歪みが盛大に発生しているが、
付属のソフトやSILKYPIXのような、カメラのパラメーターを持ってくる現像ソフトではRAWも綺麗に修正されていて判らない
小型化が優先されるコンデジでは当然の事だろう。
LX3の方が若干ふくらみが少ないように見える。ズーム倍率が小さい事が関係しているのかもしれない。
Leica(LX3)、Zeiss(RX100)と謳っていても、無理に小さくすれば所詮こんな写りでしかない。



NEX-5Rに交換レンズを付け替えて撮る。

nex-5-SELP1650s.jpg
SONY SEL1650 24mm(35mm換算値) F3.5
RX100よりやや少ないけれどLX3並の歪みだ。
これをカメラで補正するからコンデシ風の画になるのか。


nex-5-SIGMA30s.jpg
SIGMA 30mm F2.8 EX DN
まともな画が撮れるじゃないか。

NEX-5R-BiogonT s
CONTAX Biogon T* 28mm F2.8G+KIPONアダプター
オールドレンズだって、この通り。


sal1624Zs.jpg
SONY SAL1635Z 16mm F2.8+LA-EA2
ズームレンズと単焦点レンズを比較するのは不公平かもしれないので、持ち出してみた。



Eマウントレンズは、ボディに合わせて小型化されている。そのため光学特性が犠牲になっている面があり、
それをカメラ側で補正している。特にズームレンズでは補正が大きいようだ。
同じASP-CといってもAマウントとは同等に扱えないのではないだろうか。
画像位相差、Wi-Fi、タッチシャッター等の新機能に惑わされず、本来の目的に合わせて選ぶべきだろう。

NEX-5Rのキットレンズは、レンズ交換の出来るコンデジと割り切って使う事にした。
Eマウントズームレンズを使う限りNEX-7の存在意義は薄い。安価なNEX-3シリーズが最も賢明な選択だと思う。



バッテリーを替えるより安い充電器

2013年02月01日 12:00

バッテリーがあがった。昨年はパッデリーが2年であがったが、今年は1年しか保たなかった。
乗る機会が減っていて、月に一度くらい、それも近場しか行かなくなったからだろう。

自動車保険会社に電話して契約内容を確認し、ロードサービスに来てもらって始動した。
5.7Vまで下がっていたそうだ。エンジンキーを外していても、セキュリティ等で電気を使う回路が増えたからだ。
2004~2005年製のハリヤーなのでアイドリングで充電できる。
3時間程アイドリングして実用的には使える状態になったが、また乗らないで置いておくと同じ事になる。

DSC00110s_20130120055902.jpg
セルスターのCV-800を買った。値段は7700円でバッテリー一台より安い。
日本のメーカーが台湾で作った製品のようで、日本語以外の表記はない。
AC電源に繋いでSWを入れたらフル充電して自動で切れる。
緊急の場合はバッテリーの充電が済んでいなくても、35Aの電流を上乗せしてエンジンがかけられるという。

やってみるとフル充電には5時間程かかった。
毎日乗っているから大丈夫と思っていても、フル充電までいっていないという事だ。

これからは月に一度、これで充電すればバッテリーの寿命を延ばせる。