ガス漏れ点検をしたら、ガスが止まった

2013年08月29日 18:30

風呂に入ろうとしたら水風呂だった。
シャワーにしてもお湯が出ない。
台所のコンロも火がつかない。

立ち入り拒否の祟りか??


考えられるのはガスメーターの自動遮断装置。
キャップを外し、復帰ボタンを押して点滅が消えるのを待つ。
コンロは無事着火した。

メーター周りの配管のガス漏れ点検で器具を当てた時か、その後シールを貼った時の振動で止まったのだろう。
地震の際に自動停止するようになっているが、どうも感度が良すぎる。
冬に裸になって、水風呂だったら堪らない。


ちゃんと動いてるものに、触るとトラブルが発生する。
余計な点検なぞせぬ事だ。



ガス漏れ点検

2013年08月29日 17:06

ガス会社から3年に一度のガス漏れ点検に来た。

マイコンメーターのランプでガス漏れのない事を確認して貰って、
予定通り、敷地内への立ち入りは拒否した。

理由
長期的には、年寄りだけの所帯になりつつあるので、基本的に知人以外は家に入れないようにしている。
短期的には、前回の係員の、家の隅々まで見て回るのが当然のような態度が不愉快だった。


大手の都市ガス会社のガスメーターはマイコンメーターに変わり、屋内配管でのガス漏れはそこで検知できる。
これは、ガスメーターを道路から見れば済む。
なので、今回も法定のガス漏れ検査には何ら問題が無い。


問題は、ガス会社が検査項目に、使用ガス機器の型番チェックを入れて来た事。機能や耐用年数が一発で判る。
これだと、ガス器具を探し出すために家中回れる事になる。
敷地内へは、警察でも捜査令状が無ければ立ち入れない。ましてやガス会社の下請け会社の社員なんぞにプライバーを侵害されたくない。


各家庭で使われているガス器具のデータベースを作って、営業施策に生かしたいのは明白だ。
使っているのと同種類のガス器具の広告や、リースの勧誘が次々に舞い込む事になる。

東京ガスはそこまでしないのに、大阪ガスは流石に商魂たくましい。



PS. マイコンメーターでなくてとも、検査を拒否してかまわない。検査義務があるのはガス会社で使用者には無い。法令でも、立ち入りを拒否された場合は、周知だけして検査は中止して良い事になっている。






夏桜

2013年08月26日 12:27

日々草に夏桜という品種がある。淡いピンクの花で、夏から秋にかけて次々に花を咲かせる。


百日紅は夏中ピンクの花を次々に咲かせる木である。
百日紅こそ夏の桜の名に相応しいだろう。


DSC00639bs.jpg


DSC00637bs.jpg


[NEX-5R+LA-EA2+タムロンSP AF60mm F2 MACRO]



機窓から

2013年08月23日 12:07



今月6~7日に横浜へ行った。称名寺とシーサイドランについては既に取り上げた。

DSC00496s.jpg
8:00発、9:00着の便に乗る事が多いが、この時間帯は羽田空港での発着が多くて、20分くらい遅延する。
房総半島上空を大回りする事で時間調整しているが、着陸のコースが微妙に変わる。

丸いのは千葉マリンスタジアムだろう。


DSC00499s.jpg
荒川河口。右の海の中で弧を描いているのは、葛西海浜公園の人口なぎさだろう。


DSC00500s_20130808160822936.jpg
昨年開通した東京ゲートブリッジ

DSC00501s_20130808160824157.jpg
大井コンテナターミナルの対岸も無数のガントリークレーンが並んでいる。
右奥はお台場、臨海副都心。

DSC00590s.jpg
帰りはいつもより早い16:00だった。
富士山の景色を期待したが、あいにく入道雲に覆われて山頂がチョッコと見えただけだった。


DSC00595s.jpg
淀川上空。下から2番目の橋が、今年秋に歩道閉鎖が予定されている赤川鉄橋。


[NEX-5R+SELP1650]








パゾパニブ 30日目

2013年08月21日 12:28

先月22日から飲み始めたパゾパニブが、昨日で30日目を迎えた。
昨日のCTの結果を電話で聞いた。

普通は後日になるが、CTを取ってから1時間程で診察室に呼ばれて、即結果を教えてくれたようだ。


結果は、
肺上部に最初からあって変化しないので、経過観察になっているもの 約10mmx2 → 少し縮小
肺に4月末、5月末のCTで発見されたもの  約5mmx2 → 消滅
  (腫瘍の大きさとCTのピッチが同じなので、見逃している可能性あり)
腎臓 10mmx2(左右) → 不変
すい像 20mm → 少し縮小

小さい腫瘍には効くという噂は本当のようだ。
骨転移はMRIで比較するらしい。QOLに大きく影響するので、こちらも同じ方向なら嬉しいが。


副作用では、
下痢はなく、便秘がでている。
(鎮痛剤のオキシコンチンの副作用の方が強いのだろうか。)

「だるさ」はあるらしいが、パゾパニブの所為かオキシコンチンの為かは不明。
吐き気はあるが食事には問題なく、辛いものが食べられなくなったというから味覚異常が少しあるようだ。
(「すぅ」さんのブログによれば、味蕾をやられるらしい。)
血小板は低空飛行だが正常の範囲内だ。





夏野の草 (2)~マクロレンズ編

2013年08月19日 11:17

NEX-5Rの標準レンズやシグマの単焦点レンズ 30mm F2.8で不満な点は、寄れない事。
それで今日はタムロンのマクロレンズを持ち出して、前回と同じ場所を撮ってみた。
NEX-5Rの液晶には「屋外晴天」のモードがあり視認性は良くなるが、色がどきつく、輪郭が滲み出してくるようなのでMFでピントを会わせるのには向かない。マクロと雖もLA-EA2のAFで撮ることにした。


DSC00981s.jpg
[NEX-5R+LA-EA2+タムロンSP AF60mm F2 MACRO]

今日は少し風(熱風)があるし、手ぶれ補正が無いのをカバーする為に、ISOを上げて早いシャッタースピードで撮った。

DSC00617s.jpg
[F2.0 1/4000 ISO800]
文化自由宅を取り壊した跡地のお花畑。
こんなに野草が咲いているのは基礎が全く無く、地面がむき出しになっているから。塚の上に「置いてある」だけでよく50年も保っていたものだ。


DSC00610s.jpg
[F5.6 1/1250 ISO800]

DSC00608s.jpg
[F8 1/640 ISO800]
マクロだからこんな撮り方をしたくなる。
一枚の花びらだに見えていたものが、一つの花だった。
何という花なのだろう。


DSC00620s.jpg
[F8 1/1000 ISO800]
野生のサルスベリも然り。


DSC00625s.jpg
[F4 1/500 ISO800]
シグマ 30mm F2.8とはボケの量が違う。F4.0では花びらの一部がフォーカスから外れてしまう。

DSC00627s_201308111816197e9.jpg
[F2 1/320 ISO100]
エンゼルトランペットのある場所。
換算90mmとちょっと望遠なのが街角スナップに丁度良いかもしれない。


DSC00630s.jpg
[F7.1 1/800 ISO800]
マクロで花とくると、必然的にこうなる。


「レンズの玉は大きい方が良い」
「カメラは小さくて軽い方が良い」






猛暑でアサガオが咲かない?!

2013年08月16日 12:34

DSC00632s.jpg

DSC00632-2s.jpg
左は直射日光の当たらない、家の北側に置いていたアサガオ。
右は午後1時頃まで日の当たる家の東側に置いていたアサガオ。

右のは、もうお盆もすぎたというのに全く花がつかない。
猛暑に危機を感じて子孫を造らないのだろうか。



シーサイドライン~横浜新都市交通

2013年08月14日 11:32

yokoichinichis.jpg
初乗りが280円と高いので、650円の一日乗車券を使って途中下車しながら全線完乗した。



DSC00504s.jpg
動力は左側壁のケーブルから取っていて、右側はガイドだ。
コンクリートの軌道上をタイヤで走っている。軌道の間の白いケースに制御用の信号が流れているのだろう。
「シーサイドライン」と名称に相応しく、海岸線をくねくねと曲がりながら走る。水平方向だけで無く垂直方向のアップダウンも結構ある。コンクリートとタイヤなので急勾配でも問題なく走れる。


DSC00560as.jpg
運転手は乗らず完全無人運転になっている。
床下を狙って撮ったがタイヤが見えるようで見えない。


DSC00508s.jpg
駅も無人


DSC00574s_20130808163733cb7.jpg
線路際に高層ビルが無く、全線に渡って見晴らしが良いが、特に横浜市立大医学部以遠の海沿いの景色が良い。


DSC00558s.jpg
称名寺へ行く為に途中下車した後、野島公園で降りた。
端から端まで列車が続いてる画を撮るつもりだったが、ズームしてフォーカスしている間に行ってしまった。


DSC00552s_20130808163658bb3.jpg
海抜57mの丘の上にある展望台を目指した。


DSC00555s_20130808163726bcf.jpg
対岸の八景島シーパラダイスや


DSC00550s.jpg
真下の海岸で潮干狩りをする人(今時、潮干狩りでこんなに人出があるとは!)がよく見えたが、
反対側に見えるはずの富士山は、見えなかった。


DSC00568s.jpg
終点近江八景。
ここのホームは単線で、乗ってきた列車がそのまま引き返して行った。



横浜新都市交通 10.6km 完乗
私鉄乗車キロ: 2689.3km (乗車率: 36.0%) | 3064位 / 13281人中

[NEX-5R+SELP1650]


横浜 称名寺

2013年08月12日 11:40

称名寺は、北条得宗家に次ぐ格式を持つ金沢北条氏の菩提寺で、金沢文庫を守ってきた寺として有名だ。
金沢文庫は金沢北条氏が集めた文書の総称で、北条氏が滅んだ後にこの寺に納められたが、主な文書は秀吉や家康らの時の権力者が持ち去ったらしい。

JR新杉田駅からシーサイドラインに乗り換えて、海の公園南駅で下車。潮干狩りを楽しむ家族連れとは反対方向に、緩い坂道を上って行った。

DSC00510s.jpg
住宅街の真ん中に、中国風の真っ赤な惣門が現れる。もっと風雪に刻まれた鄙びた門を想像していただけに意外だった。


DSC00513s.jpg
参道だから境内なのだが、茶店でも無い普通の住宅もある。



DSC00514s.jpg
山門は阿吽の仁王像に守られ、なかなか立派だ。
横浜と言うより、鎌倉までちょっと足を伸ばした気分になる。

この寺の建物は総て江戸期に再建されたもので、13世紀の創建時のものは残っていない。



DSC00523s.jpg
山門の横を通って正面に出ると大きな池があり、反り橋と平橋を渡って伽藍に入るように庭がデザインされている。



DSC00524s.jpg
パノラマ版
(最下段のバーをスライドすると右の端まで見えます)

この景色を見て、宇治の平等院を思い浮かべた。
ここも平等院と同様に極楽浄土を表しているのではないだろうか。
スマホで調べてみると、現在は律宗の別格本山になっているが、元は浄土宗だった。



DSC00533s_201308081123499d0.jpg
釈迦堂。茅葺きの屋根の上に北条氏の家紋「三つ鱗」が2つ並んでいる。


DSC00534s.jpg
広重の描く金沢八景で有名な「称名梵鐘」
ただし画の中にこの鐘は描かれていない。画から鐘の音を想像せよという事なのだろう。



DSC00540s.jpg
阿字ヶ池


DSC00539s_20130808112414255.jpg
パノラマ版
(最下段のバーをスライドすると右の端まで見えます)

[NEX-5R+SELP1650]




真夏のアブラムシ退治

2013年08月10日 12:29

これまでは6月にハンドスブレーで葉一枚一枚までキッチリ薬を散布すると、その後は発生する事が無かった。

ふとサルスベリの木を見るとまたテカテカになっている。
8月になって、又、大発生した。
花が咲いてから、薬を撒くのは初めてだ。