画角の守備範囲

2013年12月30日 12:30

フルサイズのα99で使える画角を確認してみた。

DSC01862s.jpg
これまで最も広角で撮れたのは、APS-Cで[Tamron SP AF 10-24mm/F3.5-4.5](B001)の広角端 16mm。


DSC01887s.jpg
同じ画角で広角ズーム[Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM](SAL1635Z)の広角端 16mmも使えるようになった。


DSC01893s.jpg
[Tamron SP AF 10-24mm/F3.5-4.5]をα99に付けると、10mmの超広角で撮れるが周囲が蹴られてしまう。
クロップやトリミングで綺麗な所だけ使うと、16mmで撮ったのと同じ範囲になってしまう。


DSC01900s.jpg
同じく[Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM]の望遠端35mm


DSC01895s.jpg
[Sigma 50mm F1.4 EX DG HSM ]


DSC01898s.jpg
望遠ズーム[Sigma APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ]の広角端 70mm

DSC01897s.jpg
[SONY 100mm F2.8 Macro](SAL100M28)


DSC01896s.jpg
[SONY 135mm F2.8 [T4.5] STF](SAL135F28)


DSC01899s.jpg
[Sigma APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ]の望遠端 300mm

標準からやや望遠といった辺りは50mm 100mm 135mm の単焦点でカバーしているが、スームがあれば便利だ。

順当に行けば24-70mm/F2.8の標準ズームだが、Tamronの旧型は28-75mmと僅かな望遠よりを我慢すれば510gと軽い。


Nexus7(2013)   tips

2013年12月27日 12:55

その1.u-mobileのSIMの速度は、速い時で2Mbps程度で 遅いと200kbpsまで落ちる。
    通信量の上限に達していないにも拘わらず。(横浜市南区)

2Mbpsは何とか使える速度だが、200kbpsでは全く使いものにならない。
また、その日の最初のアクセス時に遅い時は一日中おそい。
速度に波があるのは、ポイントにアクセスする順位が低く設定されているのではないだろうか。
キャリアーのユーザーが多い時は、一日中遅い速度でのアクセスに設定されてしまうとか。


その2.スマホで直接繋ぐよりテザリングでNEXUS7を使う方が快適。
    開発者向けオプションを入れると更に速い。

SHL21が1年前の機種という事もあるのだろうか。同じ速度で繋がっているはずなのに、
テザリンクで使っている方が画面の切り替わりが早い。



その3.ノートパソコンとテザリングする

2.とは逆のケースでNEXUS7で繋いでノートパソコンで見るというスタイルもOKだった。
ノートパソコンをモバイルルーターで使用するのと同じで、大画面で見てマウスを使用できる。



その4.五月蠅いフッターのCMや追尾型の移動CMから逃れる方法。

自分のブログの表示設定を変更したり、java striptを走らせるアイデァが出ているが、
ブラウザーの右端のオブションをタップして、メニューから「PC版サイト」に切り替えると、
簡単に移動型やフッターのCMを消せる。
「外部ブラウサー」というオプションの事もある。この場合にもそれを選ぶと、
更に「PC版サイト」のオプションが出てくる。

     P1000542s.jpg


その5.日本語入力はWnn Keyboard Labがお勧め。

オムロン製のソフトのようだ。defaultのiWnn IMEでは、候補が思ったように出てこない。
これだとオプションの入力拡張プラグインを「使う」にするとを外部変換を使える。
キャリアのスマホや携帯のように、辞書に無くてもネットに接続してより適切な候補を探してくれる。


その6.Midi に対応していた。

.midファイルをタップすると鳴り出した。
PCページのプラグインには対応していない事が多いのに、これは驚きだった。
.rcpや.r36にも対応できるのだろうか。tmidiやtimidityのandroid版があれば良いのだが。





展望デッキ

2013年12月25日 11:43

昨日は珍しく定時に着陸して、診察まで時間があったので、展望フロアーへ行ってみた。

P1000976s.jpg
9時過ぎ。出発ロビーは閑散としている。

P1000979s.jpg

P1000984bs.jpg
デッキに出てみる。景色は良いが風が冷たいので早々に退散。

P1000989s.jpg
こんな日は富士山も。
京急蒲田と雑色間は線路際に高い建物が少なく、富士山が車窓から見える。

残念ながら、数日前に夜景に合わせてISO25600にしたままで撮ったので、これ以上拡大できない。
これ以前の写真はおまかせAIで撮っていた。このモードではISOの設定も無視するので気が付かなかった。


[GX7+Vario14-140]





元気でないと病気になれない

2013年12月23日 11:48

急な話だったが、T先生に土曜日の予約を押し込んで頂いた。
亀田京橋クリニック開設のメリット大である。
10時半の予約で、10時に受け付けしたが、呼ばれたのは12時。
皆さん命が懸かっているし、その場で地元病院への手紙も書かれるので時間がかかる。
更にその後で、亀田病院のO医師の診察もあったので、終わったのは午後3時だった。
ぐったりしたが、本人にはもっとダメージが大きかっただろう。帰宅途中で痛みが出てきた。

先に茨城県からのご夫婦が診察を待っておられたが、我々よりまだ後になるようだった。
検査の結果を待っているのだろうか。子宮筋肉腫で既に3種類の抗がん剤を使っている
という事だったが、幸いまだお元気そうだった。

いつも行く大学病院でも最低1時間は待つし、検査があると2時間以上待つ。
しんどい時は、待合室の長椅子で横になっていた。
我々よりずっと高齢のご夫婦が、奥さんが車椅子でみえているが、
押している旦那さんの方が弱々しそうで、共倒れになりそうに見える。

通院によってダメージを受け病気が悪くなりそうだが、それでも通院しか選択肢がない。

元気でないと病院で治療を受ける事が出来ない。
治療を受ける為に健康に注意。
ブラックジョークじみているが、これが現実である。



やられた

2013年12月19日 23:25

昨日の夕方、息子に付き添っているカミさんから電話があった。
その声から悪い事だとしれた。

10月、11月のCT検査で肉腫は大人しくしていた。今月11日の検査結果も同じだと聞いていた。
それが、読影を通した最終結果で「横隔膜に2センチの転移」に替わった。
遡って見直してみると11月には1センチ、10月でも2~3mmあったという。



10/5に亀田京橋クリニックで高橋先生に受診して、 
酸化窒素またはカルシウム拮抗剤で狭心症の症状を押さえて、パゾパニブを続ける。
という療法を提案していただいた。

主治医の反対等で紆余曲折し、入院したのは1ヶ月後の11/5だった。
その直後のCTで、その時は異常なしだった。
ただ、パゾパニブは1日1錠の200mgでも副作用があったという事から、週に2錠という事になった。
こんな事で効くのかと思っていたが、先週12/11の結果も変わらずだったので、

肉腫が途中で暫く大人しくする性質の奴だったのか、
あるいは、6月の転移発見と前後してやった自家がんワクチンが効いてきたのか、
はたまた、低容量抗がん剤治療になっていたのか
などと思っていた。

主治医は読みが当たったと胸を張っていた。

何のことは無い、事実上無治療になったこの3ヶ月の間、肉腫は場所を移して着々と勢力を拡大していたのだ。

24時間の点滴とポータブル心電計を取り付けられ、7階の病棟以外の場所に行く事を禁じられて過ごした7週間は全くの無駄だった。


変があった場合、年末では動きにくいだろうからと、退院時のCT検査を前倒しておいたのに、
こんな退院直前になって、重大な異変を告げられるとは。

更に悪い事に、ここ数日で骨転移の痛みが又一段と増してきて、フェンストテープ無しには一時も過ごせないようになってきた。


以前にも書いたが、少しでも気が緩むと、忽ち悪い方向へ流れが変わってしまう。

まだ発症して1年ちょっとなのに、もう・・・なのか。

神様は、どうしてこんなに意地悪なのか。




六義園

2013年12月18日 11:28

JR駒込駅を出るとすぐ六義園が見えるが、入り口は反対側で広大な庭園の敷地を端まで歩かねばならない。
ここも65才以上は150円で、特に証明書は必要なく自己申告でOKだった。

P1000907s.jpg
回りに高い建物が無いので、築山の上には青い空が拡がっている。

柳沢吉保が5代将軍綱吉を接待する為に造らせた庭園で、各地の名所を見立てて造ってある。
1975年の大河ドラマ「元禄太平記」は、石坂浩二の吉保、芦田伸介の綱吉、江守徹の大石内蔵助だった。
架空の人物、吉保の甥役の竹脇無我に人気があった。女性陣は松坂慶子、岡田茉莉子、三田佳子という豪華ラインナップだった。
池の周り散策するシーンに記憶があるので総集編を見直したが、金持ちNHKならではの総セットだった。


P1000920s.jpg
これは渡月橋

P1000912s.jpg
滝見茶屋
滝は・・・、探さないと見えない。


P1000915s.jpg

P1000910s.jpg

P1000914s.jpg

都内で人気ナンバーワンの庭園という事だったが、浜離宮に比べると将軍家と大名という事で規模は小さい。
2週間経って紅葉の見頃は過ぎており、「構図」は探さないと向こうからやってこない。



P1000924s.jpg
それでも出口近くの、楓の古木の燃えるような緋色が見事だった。


[GX7+Vario14-140]






増上寺と東京タワー

2013年12月16日 11:55

P1000844s.jpg
黄葉したポプラ並木に送られて品川駅を出発

P1000846s.jpg
都営浅草線大門駅を出ると大門が

P1000855ss.jpg
山門をくぐって


P1000858-2ss.jpg
このショットを撮りたかった。
雲一つ無い快晴!


P1000862ss.jpg

P1000868s.jpg

P1000863as.jpg
色とりどりに飾られた小さなお地蔵さん達が、奥へと誘う


P1000873as.jpg
増上寺は寛永寺と並ぶ徳川将軍家の墓所である。
残念ながら今年の開廟は終わっていた。

P1000882s.jpg
更に東京タワーを目指して進む

P1000889s.jpg
スカイツリーと違って足を四方に踏ん張っている姿は迫力がある


P1000897ss.jpg P1000901ss.jpg
芝増上寺と言うだけあって増上寺は芝公園の中に、ではなくて、公園も含めて元は増上寺の境内だった。
起伏の多い地面には、黄葉や紅葉の落ち葉が分厚く積もっていた。


次の目的地目指して、御成駅へ

[GX7+Vario14-140]






個人向け国債の裏技

2013年12月13日 15:00

証券会社の人が、こんな事を言っていた。

冬の個人向け国債の金利は0.43%で、税金を取られると手取りは0.342%。
キャンペーンの「特典」は100万以上0.3%だが、500万では2万円即ち0.4%。
1000万なら5万円で0.5%で、これらには税金はかからない。
1年後に解約してペナルティとして1年分の利息分を払っても、1000万なら0.5%の「特典」分が残る。
つまり個人向け国債を1年で解約しても、年間利息分以上の利益が出せると。

(でもねえ、0.5%ってクレジットカードのポイントなら当たり前の数字だんだけどね。)



「特典」の原資は国が証券会社に支払う販促費で、証券会社は全く損をしない。
国とすれば1年分の利息以上の販促費を払っても、10年持って貰えればという事なのだろう。
1年で解約されては堪ったものではない。そしてこの費用は結局、税金あるいは将来の借金として国民が負担する事になる。


こんな裏技に頼らなくとも、まともな商品で運用できないのかと思う。
ちなみに5大証券でこの「特典」を全く付けない会社もある。「販促費」は丸儲けになるのか。

日興アセットマネジメントがHPで面白い事を言っている。

slowfund.jpg
http://www.nikkoam.com/products/fund/slow-fund


確かに今からは全力でリスクを取りに行くより、リターンは少なくともリスクの少ない商品を望む年になっている。
「仕方なく」資金を預貯金に置いている。
個人だけでなくプロである金融機関からもスローファンドの要望があるという。日本全体が成熟社会になってきた。

こんなスローファンドが増えれば、熟年世代のマネーがもっと市場に出回るかもしれない。


あべのハルカス、カウントダウン

2013年12月12日 21:08

P1000931s.jpg
後85日

上空からでは、全体に薄暗くて、それと知っていて探さないと見えなかった。
ジオラマモードになってしまって両脇がボケている。

P1000935s.jpg

Panasonic GX7 tips

2013年12月11日 12:15

その1.電子シャッターを使うとISO上限が3200に決まってしまう。

 先頃のサルコーマセミナーで、静かな会場でシャッター音が響き渡るのは憚られた。
 Pモードだったが暗いのでISOは高い方が良かった。幸い上限値までは上がらなかった。
 

その2.AIモードにするとAF補助光が、設定でoffにしてあっても強制的にonになってしまう。

 これもサルコーマセミナーでの事。暗い所でどの程度フォーカスを合わせられるのか、事前にテストして明らかになった。
 本番で無くて幸いだった。 


その3.ガラス越しに外の景色を撮る時、AFでは手前のガラスにピントが合ってしまう。
    いったんMFで外に外して、そこからAFで合わせればOKだった。

P1000300s.jpg

P1000300-1s.jpg
ガラスの所を切り出すと、中のメッシュが見えてくる。
これに合わすのか?

NEX-5Nを持って肥薩線に乗った時、矢岳第一トンネルで後藤新平の揮毫になる「引重致遠」の扁額を撮ろうとしたら、フォーカスが窓ガラスから離れなくてピンボケ写真しか撮れなかった。
一方、同じこのガラス越しのビルをNEX-5R+Vario-Tessar T*E 16-70mm/F4 で撮ったら問題なくピルに合焦した。
この組み合わせでは像面位相差が働いている。
コントラストAFのアルゴリズムのクセなのだろうか。



その4.ファインダー液晶のタイムラグがNEXに比べて非常に少ない。
    走行する列車から駅標の撮影(LX3に外付けの光学ファインダーを付けて対応していた)が
    可能なのではないだろうか。


その5.シャッター半押ししなくとも、レンズに入った像にピントを合わせにいく。
    これはNEXと同じ。電力諸費の観点から、電源オンでの長時間待機は注意が必要。


その6.アイカップ-DMW-EC1

EVFは眼をカメラから少し離した点でピントが合う。僅かの隙間を保たないといけないが、オプションの
    があれば密着してEVFが見られる。周囲から光が入ってこないので見やすさが段違い。
    脱落防止の紐が付いているが、使用中、収納時ともに外れた事は無い。





その7.USB充電に対応していない。その代わり専用バッテリチャージャーが付く。
    最近はスマホ等USB充電の機器が殆どなのでコード一本で間に合う。
    出かける時に却ってチャージャーを忘れてしまう。
    マイクロUSB端子があればより便利だ。


その8.クリアレタッチ
    撮った画像の中に映り込んだ不要な部分を消す機能がある。
    スマホのソフトにある機能だが、カメラに付いたのは初めてだと思う。
    但しパノラマやRAWが絡んでいると出来ない。