素晴らしい病院と許せない医者 その1

2014年01月28日 20:01

本日17日間の入院を終え、退院しました。



横浜市立大学は二つの付属病院を持っている。
その内の浦舟町にある市民総合医療センターに一昨年の10月以来ずっとお世話になっている。

普通の病院では人を人扱いしない医者やスタッフが多い。況んや大学病院において。
ところが、ここは治療面でも、看護面でもこんなにやってくれる病院があっていいのか、と思うくらい患者に良くしてくれる。しかも技術レベルは非常に高い。

A先生には、始めのうちは転移が気になるので、無理を言って頻繁にPET-CTを取って貰った。転位後は逆に回数が減って結果的に年間の規定回数に収まったが、融通を利かせて貰えたのは有り難かった。
また粒子線を検討した時は、転勤前の忙しい時に3箇所も同時に照会して貰った。

自家がんワクチン用に、摘出した腫瘍の提供を御願いしたら「組織は患者さんのもの」と快く出してくれた呼吸器センターのI教授。

診察待ちが長くなった疲れて来た息子に、処置室のベッドが空いたから暫く横になりなさいと言ってくれる婦長さん。
狭い個室で一晩中付き添いしていたら、緊急用のベッドを出してくれた看護師さん。

今回、日曜日に急患で駆け込んで、即日緊急オペしてくれた整形外科のI先生。
転位した患者はなかなか手術して貰えないのに。

自分の治療方針と異なっていても、患者の希望を取り入れてくれた主治医のM先生。

精神科のM先生は、バニックの発作の事を心配し、調合を変えた薬を自ら14階まで運んでくれた。

食事は2種類のメニューを選べるが、それでも手をつけないと更に別メニュを提案してくれる。

痛みのケアだけでなく、心の緩和ケアのスタッフも付いている。


書いてたらキリがないので、これくらいに。


さて、12/18に横隔膜に2センチの新たな転移を告げられた件の続きを。

左側の全摘出した肺の下で他の臓器と接触していない。場所も身体の外に近いので簡単に手術できるのではないか。と思って手術を希望した。ただ場所が呼吸器ではないので、消化器センターマターとなった。


しかし、消化器センターの大島貴准教授からの答は思いもよらぬものだった。

「以前トラブルがあり、ここで手術しないのがお互いに良いのではないか」

冗談じゃない。向こうが一方的に起こしたトラブルで、こちらは被害者なのに。

この人の事は書くのが苦痛でこれまで避けてきたけれど、何時までも避けてはいられない。

次回にでも。


DSC01329s.jpg
14階のデイルームからの夜景はすばらしい。
左側に連なる4人部屋は、壁1面がガラス張りになっていて同じ景色を楽しめる。
右側には全棟で6室しかないバス付の特別室があり、関係者外立ち入り禁止ゾーンになっている。
特別室と言っても慶応や慈恵医大の料金とは桁が違うので、楽な病気なら入ってみたいと思う。


[NEX-5R+Vario-Tessar T*E 16-70mm F4] 換算105mm F4.0 SS1/50 ISO3200 露出補正-1



やっと普通の世界に戻ってきた

2014年01月16日 15:49

前日から小便が出ず膀胱の痛みがあまりに酷いので、12日の日曜日の朝に浦舟の横浜市大病院に飛び込んだ。
導尿したら600mlも出た、尿を我慢できる限界は400mlなのでよく我慢できたものだ。
骨転移を診てもらっている整形外科医が出勤してくれた。
これまでは何事も先送りのようなイメージの人だったが、スイッチが入ると別人のように機敏に動く。
CTを撮り、休日で停止していたMRIを起動させた。
骨転移している腫瘍が仙骨の所で馬尾神経を圧迫してると診断。
これまで右だけだった痛みと麻痺が両方にまたがり、大小便共排出できなくなる恐れがある為、急遽仙骨切除の手術をする事になった。


午後2時から始まった緊急手術は予定通り5時間で終わった。
しかし、その後が地獄だった。


翌13日の成人の日の朝、全身麻酔の吐き気が薄れるにつれて、激痛が始まった。
麻薬であるオキノーム散を使っても痛みが軽減せずとうとうパニックになった。
気持ちはこの上なく暗いのに、手足を動かさざるを得ない焦燥感が襲ってくる。
術後で動き回る事が出来ないのでベッドに手足をぶつける。
自分は制御しようとしているのだが自分の身体でないように動いてしまう。

他の患者さんに迷惑がかかるので夕方予備の個室へ移動。

鎮静剤と眠剤で眠らせても目が覚めると発作が始まる。
カミさんと折りたたみ椅子に座ったまま、じっと寝息を聴いている。
物音がして寝息が止まる度にドキッとする。目が覚めないでくれと祈る。

それでも、術後であり血も止まっていないので血液パックと尿パックの点検は不可欠。どうしても覚醒する。

少しでも気持ちがいいというので身体を指先で軽く敲いてやったり、さそってやったりするが、
痛みとパニックで「殺してくれ」と、のたうち回る。

夜が明けたが、容態は全く変わらない。3夜続けて眠れず、食事もしていない。やつれて目が完全に二重になっている。


14日、やっと「平日」になり、関わりのある先生方が来てくれるが、痛みが治まるのを待つしか無いという。
これまでレスキューでオキノーム散を一度に何袋も使用しているが、それもダメ。しかし1時間おきなら何袋でもOKだった。
昨日は効かなかったからダメ元だったが、これが効いた。
1時間おきに飲むと、その度に痛みが少し軽減し、バニックが起きなくなった。

薬が効くまでに傷が回復してきたのか。


これを境に回方に向かい、翌15日の夜には付添いを止めて2人とも病院を出た。

幅60センチの簡易ベッドを2人でシェアして過ごした、この二晩の事は死ぬまで忘れないだろう。

久しぶりにテレビをつけたらニュースで大相撲4日目をやっていた。
すっかり忘れていた普通の世界に戻ってきた。



「頼れる病院ランキング」全国1位だったのか。
http://www.yokohama-cu.ac.jp/urahp/outline/p466ae000000kf4i.html





NEXUS7でavast大暴走

2014年01月10日 08:23

昨夜、NEXUS 7 を何気なく立ち上げたら、いきなりavastがトロイの木馬を次から次へと検出。
アンインストールしても失敗する。システムモジュールを検出している。
avast を停止あるいはアンインストールしようとするのだが次々に警告と処理を促す画面が出てタップできない。「設定」さえマルウェアーと言い出した。


最早「工場出荷時に戻す」しか手がない。
電源ボタンと音量小ボタンを同時に押してドロイド君出現。
リカバリーモードに入るが、「タスクが定義されていません」に焦る。
落ち着いて音量ボタンでdata deleteの項目に移動し、電源ボタンでスタート。

再起動後は言語の選択からやり直し。
google アカウントがインストールしてあったソフトを自動的に再インストールしてくれるが、ダウンロードファイル、メモや画像、個々の設定やショートカットは完全に消えている。
OSのバージョンは工場出荷時ではなく4.4.2になっていた。


今回はavastのミスらしいが、auのスマホの方はなんともない。
avast をアンインストールしたいが、タブレットはミスタップで変なサイトへ飛ばされ易い。
何らかのセキュリティソフトが必要だ。しかしそのセキュリティソフトが今回のような事を起こすとなると・・・・・。



富嶽鉄道閉鎖

2014年01月09日 10:05

DSC01932s.jpg
本日、残っていた複々ループ線路を撤去しました。

いで爺様、Bigboy様 応援ありがとうございました。





電話番号のない年賀状

2014年01月06日 12:06

電話番号が書かれていない年賀状が多くなった。
インクジェットプリンターの普及で、全面画像というスタイルが増えたのも影響しているのだろうか。

数えてみると2/3が電話番号やメルアドのない年賀状だった。

その年の年賀状を残しておけば、住所録が自動的に更新されていく。
電話番号やメルアドがあれば急な連絡にも間に合う。

「飲みに行きましょう」とあっても、どうして連絡するのか。葉書で連絡するような事ではない。
元々そんな気はなく、単なる社交辞令かと勘ぐっては寂しくなる。


年賀状をやりとりする間柄で電話番号を隠す必要も無いだろう。

わずか一行有る無しなのだが。










出張正月

2014年01月03日 10:27

P1010022s.jpg
12/31 満席だった。隣の50代後半のご婦人はディズニーランドのカウントダウンに行くという。
12/31はこういう人達で都心のビジネスホテルも満室になる。


P1010038s.jpg
チェックイン後窓の外を見ると見慣れたシルエットが・・・


P1010041s.jpg
1/1、ホテルの近くの厳島神社で手軽に初詣。ご近所の方達なのか皆さん平服。


P1010047s.jpg
息子のマンションに配達しておいたおせちで、親子3人だけのつつましいお正月。


P1010075as.jpg
元日は靄って見えなかったが、2日は空気の浄化が進んだのかバッチリ見えた。横浜市内から富士山が見られるとは。
カラスも見物か。


P1010084s.jpg
正月は終った。帰りの便は去年同様ガラスキ。
ハルカス(右上)が撮れた。午後8時の終業前なのでカウントダウンの数字はまだ入っていない。
もう少し右に振れば通天閣も入ったが、贅沢は言うまい。


[GX7+Vario14-140]


明けましておめでとうございます

2014年01月01日 00:01

2013nenga.jpg

今年も、カミさんが書いた干支の一文字シリーズです。