MRIができない

2014年04月30日 10:06

仙骨が痛むのだから当然だろうが、堅い台の上で横になっているが苦痛なようだ。
放射線だとジッとしていなければならない時間は数分だが、MRIは、この病院では最低30分と言われている。
とても無理だ。


MRIは骨転移の状態を知るには貴重なツールだ。
確かに、骨の中に浸透している腫瘍の大きさを見る方法は他には無い。

ただ、今知りたいのはその腫瘍がどれくらい神経を圧迫しているかだが、
あのMRIの画像から評価できるとは、とても考えられない。
今年1月に仙骨切除の手術をした時でも、その直前の診察では「問題なし」だった。


身体の内部の外科的情報はあるに方が良いが、それをどう使うかが問題だ。
逆流性食道炎を思わせる症状が出た時に胃カメラを勧められたが、これも体調が悪い時で結局やらなかった。
経過観察の結果、心因性の可能性が高かった。


検査と称しているが、小さな手術に相当する手法もある。
判っても対処方法が変わらないのなら、無理しないで患者の苦痛を優先するのがベターだと思う。




とは言うものの、脳転移が考えられる症状がでた時はどうするか・・・・。
MRI以外にその箇所を特定する手段が無い。





それでも季節は進む

2014年04月25日 15:36

カメラで遊んでいるような場合ではないのだが、天気が良いので気分転換にとα99を引っ張り出してみた。
100ミリマクロは色乗りが良くて好きなレンズだが、本来の画角だと益々使い勝手が良い。


DSC01968 (1)s
選手交代。満作に気を取られていたら、いつの間にかサルスベリの新芽が出ていた。


DSC01972 (1)s
ついこの間まで春雨に萎れていたのに。ノムラモミジは今が見頃。

DSC01974 (1)s
エゴノキも出番を待っている。


[α99+SAL100M28]




一年ぶりの休肝日

2014年04月20日 15:45


ギックリ腰がなかなか治らない。こんなに長引くはずが無い。
それに、もう四月だというのに朝、寒くて目が覚める。
熱を測ってみたら37度5分あった。
風邪か疲労の蓄積か。
ビジホに泊まって横浜と往復していた頃は、熱があっても放置していればその内治っていたのだが、家に居ると気が緩むようだ。

寝酒も増えてきている。
初めは100%アルコール換算50mlをリミットにしていたが、今はとにかく眠れると思うまで飲む。
昼間は全く欲しいとは思わないし、まだアル中の症状は出ていない。



しかし看病する側が動けなくなってはシャレにならない。
とりあえずボルタレンと眠剤を飲んで寝た。
酒無しで寝たのは何時以来だろうか。少なくとも1年は経っているだろう。


久しぶりの眠剤はよく効いて、目が覚めた時、普段は真っ暗な窓の外が明るかった。



今年の紅花常磐満作

2014年04月14日 09:22



とうとう桜は撮りに行けなかったけれど、庭のベニバナ・トキワ・マンサクがほぼ満開になった。

桜のように一斉に開花するのではなく、四月に入ると細い短冊のような花が次々に拡がっていく。
花芽も紅に紅葉し、樹全体が濃いピンクに変身する。

今年はメンテナンス放棄で寒肥もやっていないのだが、却って例年より花の量が多いように感じる。


P1010280bs.jpg
[GX7+VARIO 35-100mm/F2.8 100mm(換算) F16 1/100 ISO1250 -1EV]




ハイレゾ②~HDMIスプリッター

2014年04月11日 10:49

前稿でPS3のHDMI出力にある音声信号をDACに入れれば、再生できる事が判った。


スプリッターと呼ばれる、HDMIからデジタル音声信号を取り出すアダプターがある。
DSC01868s.jpg
同軸で取り出すものもあるが、光で出すタイプの方が安かった。¥4680@Amazon(TSdrena製)

ミニステレオジャックでアナログステレオ出力もある。こちらの方が主力の製品なのかも知れない。

USBから電源を撮るアダプターも付いているが、5.1chを出力として取り出す時以外は不要のようだ。



DSC01873as.jpg
PS3とTV入力の間にこのスブリッターを入れ、光出力をModel2に繋ぐと96kHzが点灯して、ハイレゾの音を聴く事が出来た。

TVからは音が出ず、この音声信号は適用範囲外であるとの警告が出た。
PS3をSonyのBDレコーダーに置き換えると48kHzにダウンコンバートされてしまうので、BDレコーダーではHDMIを入力する機器の取り扱える範囲に変換するが、PS3は無視して出力する仕様になっているようだ。


そのハイレゾの音は、48kHzにダウンコンバートされた音とは全く別の音であるが、中高域のエネルギーが大きくなる印象があるももの、ビックリする程の音では無かった。

Fazioliならもっと深みのある響きで余韻が鳴るはずだ。

音の規格に録音が負けているのではないだろうか。
これくらいの音ならCDでも出せる。(192kHzを試していないが)

私にとってのFazioli F278の代表録音盤、山本英次の弾く「トゥーファツィオリ」を凌駕する音ではなかった。




ハイレゾ①~DISC再生は敷居が高い

2014年04月10日 10:49

イタリアのピアノFazioliの音が好きだ。
山本英次のピアノ・ソロは「座右のCD」になっている。

そのFazioli F278によるドビュッシー・シューマンの作品集が出た。
ブルーレイオーディオで、96kHz/24bitと192kHz/24bitの二つの形式で入っている、所謂ハイレゾ音源だ。
faziolis.jpg

ソフトンのDAC、Model2は96kHzに対応しているので、ここへ導きたい。

1.PCでのブルーレイ再生は、ディスプレイの出力先をTVonlyにしてもNG。
HDCPはクリアーしているがPowerDVDを有償バージョンアップしないと駄目なようだ。
 たいした事の無い韓国ソフトなのでパス。 


2.SONYのBDレコーダーAT970Tの光デジタル音声出力には96kHz/24bitのオプションがあるが、
 再生すると48kHzにダウンコンバートされてしまう。
 BDレコーダー/プレイヤーでは著作権情報が入っているとこうなるという話もある。

音を聴くために買っているのにハネられるとは。
 ディスクのジャケットには「すべてのブルーレイプイレヤーで再生できます」とあるのは48kHzへの
 ダウンコンバートを含んでいるのか!!!???

3.PS3には192/96kHzのオプションがあるが、再生すると又もや48kHzに。
  
 光出力では、PS3は88/176kHz系で96/192kHz系がチョイス出来ないからか。

 しかしPS3のデジタル音声出力先をHDMIの96kHzにセットしたら、光に繋いだModel2の96kHzのインジケーターが光った。
 出力先が光では無いので音は出ないがPS3からの出力はOKの可能性がある。


一縷の光明は見えたが、Discという媒体でハイレゾを弄ろうとすると敷居が高い。
さりとて、ダウンロードは国内盤CD一枚と同じ値段がすると、ジャケットも何もない。間違って消してしまえばそれっきりだ。


この項続く





症状回復

2014年04月05日 16:30

昨日やっと10回の放射線が終わった。
体調もなんとか回復してきた。


悪くなった原因も、回復した理由も判らない。
(ペインフレアと言われる症状かもしれない)

進行性(あるいは末期)の悪性腫瘍というのは、こういう事を繰り返すのか。
腫瘍の増大というのは最も考えたくない理由だが、最も蓋然性が高いのかも・・・・。



とにかく、今日は食欲があり、機嫌良くベッドでゲームをしている。

ただ身体は明らかに細くなっている。
抗がん剤をやらなくとも腫瘍が栄養を奪い取っていくのか。


生きてくれている事に感謝




急転直下 症状悪化

2014年04月01日 23:04

3/31

閉め切った息子の部屋から時折叫び声が聞こえる
ものを投げつけるような音もする。

放射線が効いて調子が良かったのに、日曜日の夕方から急に調子が悪くなった。
やむを得ず今日は放射線治療を休んだ。




週末、身体を動かしても痛くなくなったので、次の抗がん剤治療の前に体力を付けようと、家の中を歩いたり階段の上り下りをしていた。

すると48時間後に急に尾骨が痛くなってきた。仙骨や太股の付け根も痛い。

放射線の効果ががあって、ステロイドもオキシコンチンもフェントステープもやっている。
なのに、なんで痛みが??!!

小便も出なくなった。元の木阿弥だ。




一生懸命やっているのに、畜生何でこんな事にと、八つ当たりしたくなるのも無理はない。

代われるものなら代わってやりたい。



それでも明日は放射線治療を受けられるようにと、眠剤を飲んで、午後8時前に早々にベッドに入った。
夜中に目が覚めても何とか睡眠時間を確保して、コンディションを整えようと考えたのだろう。
(実際、今日4/1には、何とか治療に行った)


治らない病気で、癌でも最も痛い脊椎神経の痛みがある。
精神的にも、肉体的にも辛い思いを毎日している。
もっと私達に当たり散らしても不思議ではない。
それでも、なんとか自分で自分をコントロールしようとする。


立派だよ、お前は。

父さん、こんな息子を誇りに思ってるよ。