あいつからの夢のプレゼント

2014年08月28日 20:00

yume2a.jpg

夢の中にこんなメニューが現れた。
絵柄はもっと横にスムースに流れていたが色はこんな配色だった。
1~4の数字が書かれたボタンを押すと、目の前に文章だったり、写真だったり、動画だったりと、次々にあいつの「世界」が流れていく。
2だけは、オートではなくて、自分で何かインストールのような作業をしないと進まなかった。

目眩くようなスライドショウが終わった所で目が覚めた。

昨日は49日から丁度一週間、言ってみれば八七日だった。
あれは、あいつからの夢のプレゼントだったのか。



恐山のイタコ

2014年08月27日 10:51

学生の時に一週間程東北地方を廻った事がある。中尊寺へ行き毛越寺で泊まり、八戸の蕪島神社も行った。
義経北行伝説は高木彬光のジンギスカンは義経だったという小説で知り、竜飛の三厩まで行った。
親子で同じような事をしているなあ。
(http://fugaku2.blog74.fc2.com/blog-entry-2030.html
http://fugaku2.blog74.fc2.com/blog-entry-2037.html)

下北半島の恐山も行った。硫黄が吹き出す景色にイタコの口よせ、賽の河原と、この世のものとは思えない風景だった事を鮮烈に覚えている。

あの頃は懐疑的だったが今は真偽なんてどうでも良い。恐山に行って息子を呼び出してもらおうと思っていた。

しかし、当時は数百人もいたイタコも今は10人程度で、絶滅が危惧されているようだ。
下北にも在住していないらしいし、これでは祭りに日に行っても、大行列でとても話を聞いていられないだろう。

最後のイタコ という方に別途お会い出来れば良いのだが。



骨壺カバー

2014年08月25日 10:19

P1010631s.jpg
四九日が済んだけれど、お骨は当分墓に入れる積もりは無い。

カミさんがレース編みでカバーを作った。

冬になれば、毛糸で作るのだろうか。




21センチの巨大肉腫

2014年08月23日 04:29



http://www.yomiuri.co.jp/science/20140822-OYT1T50131.html

平滑筋肉腫のようだ。
「左右両方の肺と心臓、食道、肝臓に取り囲まれた隙間」とあるが、胸部と腹部は横隔膜で仕切られている。
どちらなのか不明だ。どちらかに出来た肉腫が巨大化し、膜を介して他の臓器を圧迫していたのだろう。
こんなに大きくなって臓器に浸潤していないとしたら驚きだ。


マスコミは相変わらずセンセーショナルな部分だけを取り上げるが、
こんなに巨大化していて、転移はなかったのだろうか。
今は無かったとしても、今後の経過観察が大事なので、巨大肉腫を取ったと言うより、
その方が患者にとっては大事な話なのだが。

息子の場合も、「ポロリと取れた」肉腫であっても、一年も経たない間に腹膜播種があっという間に拡がった。


予後の話がハッキリしない段階で手術結果だけを取り上げ、心臓手術のようにこれで一件落着的な発表で、
PR効果を狙ったのか。
まあ外科医にとっては手術結果が総てで、結果が全部出てからではアピールできないという事なのだろうが。



満中陰の傘餅

2014年08月20日 15:13

今日は49日の法要をした。

P1010626s.jpg
人の「一生」ということで「一升」のもち米をついて、49個の小餅とそれを覆いかぶせるように平たいお餅を乗せる。

P1010628s.jpg
その平たいお餅を、人の手足、傘の顔、胴体、錫杖に切り分けて、遍路姿に並べる。
7日毎の法要を経て、いよいよ仏への旅立ちを始めるという事らしい。
生きてる人が悪い箇所と同じ箇所のお餅を食べると治ると言われている。

関西(岐阜県辺りまでを含む)では普通に行われるが、関東ではやらないらしい。
遍路姿という事なら、四国88箇所を思い浮かべるけれど、四国ではやっていない。



次は百箇日の法要になるらしい。
母の時も父の時もやった記憶が無いけれど、息子の事だから幾らやっても構わない。


初めのうちは、あれだけ苦しんで辛かったから、死んで楽になったという思いがあったけれど、
時が経つにつれて、亡くなったんだという事実の方が強く覆い被さるようになって来た。


アルバムの謎(2)~不明だった神社と旅のコース特定

2014年08月18日 06:05

album11s.jpg
8月4日の記事『アルバムの謎』では、この小さな神社がどこなのか特定出来なかった。
義経北行伝説に関係する神社の画像を探したが、一致するものは無かった。

方向を変えてこの神社の由来を説明していると覚しき看板の解読を試みた。このサイズのプリントでは、文字が書いてあるという事だけしか判らないが、ここだけを1600dpiでスキャンした。

fumeis.jpg
アンシャープマスクをかけてみると、最初の1字が判別しづらいが「野神社」と読める。
神社の名前としては「熊」野神社が最もありそうだ。岩手県や青森県の熊野神社を片っ端から調べた。
画像ではヒットするものが無かったが、住所の出ている熊野神社をしらみつぶしに調べるウチにとうとう、
岩手県一関市中里字荒谷の熊野神社』に行き当たった。

482_2.jpg
ドンピシャだ。
正面の建物だけかと思ったが、拝殿の後ろに本殿が続いてる。

album12s.jpg
彼が撮った写真ではこのように石の鳥居になっており、木造の鳥居とも、「従前」のそれとも異なっているが、
木造の鳥居の先に石の鳥居があるのだろう。

場所はJR一関駅から徒歩で充分行ける場所なのだが、何故ここへ行ったのか、益々判らなくなった。
義経伝説どころか、中里村の鎮守で特段の縁起・由来があるわけではない。


googletoriis.jpg
列車の乗り継ぎにの間に散歩していて、偶然、道端のこの鳥居を見つけて入っていったのか。
しかし方向音痴なのに知らない土地で、盲滅法歩きまわるか?
にしても、一関市内とはいえこんな田舎道までグーグルストリートで見られるとは!!


「旅」のコースを推定してみると、平泉の毛越寺・中尊寺から、東北本線で水沢に行って駒形神社、そのまま八戸へ行ったのではなく、一旦一関まで引き返している。一関に引き返した理由は、釜石線で釜石まで行き、山田線で宮古まで、そこから三陸鉄道北リアス線で久慈へ出て八戸へ向かうコースを取る為だろう。
そしてこのコースは、義経北行伝説のルートと一致している。
列車本数の少ない地域を、綿密な計画を立てずにブラリ旅をしたのなら4拍5日の日程も頷ける。



album12-2s.jpg
熊野神社と八戸の間には、このような車窓風景が3枚続いている。
3枚共高架を走っている。となると全線高架の三陸鉄道の可能性が濃厚である。

三陸鉄道に乗るなら、この山側で無くて海側に座って海岸線の景色を愛でるべきなのだが、
一旦座った席から動かなかったのだろう。

遠くに5月でも冠雪している山が見えるのが気になる。
元々海岸線をトンネルで真っ直ぐに突き抜ける三陸鉄道に、これ程開けた場所があったのか。記憶が定かでは無い。
尤も、私は必ず海側に座るので山側の景色は殆ど見ていないが。



NEXUS7をデジタルプレイヤーにする~HDMIスプリッターの更なる使い道

2014年08月14日 11:39

スマホには沢山の「放送局ソフト」がある。
海外のFM局がエリアをネットにまで拡大してきた。
無料配信サイトも数多ある。
これらはPCにも対応しているが、スマホ専用のソフトも増えてきた。

ハードが固定されているiPhoneやiPadでは、USBからデジタル出力がケーブル一本で取り出せるが、Androidはまだ一部の機種しか対応していない。

イヤフォン端子からだとインピーダンスがミスマッチでアンプの入力電圧が不足するし、音の質も悪い。

P1010607s.jpg
USB端子→SlimPort→スプリッターHDMI入力→Spdif出力という形でデジタル音声信号が取り出せる。

SlimPortにはスマホ給電用の端子も付いているから、付けっぱなしにしても電池が無くなる事が無い。

次のバージョンアップではUSBDACにケーブル1本で繋げ、こんな面倒なことをしなくても良いようになって欲しい。





ハイレゾ④~SACD出力をデジタルに変える

2014年08月13日 11:28

HDMIスプリッターはまだまだ使い道がある。

SACDのサラウンド用としてPioneerのDV-610AVというCD/DVDプレーヤーを使っている。
5年前に1万円ちょっとで買ったが、この一つ前の600AVはGoldMuntの140万もするCDプレイヤーに使われていたという。

何時もはHDMI出力をAVアンプに繋いでいるが、ここにスプリッターをかますとSACDのデジタル出力がSpdifから出てくる。
SACDはアナログ出力しか出せない仕様だったが、その所為か普及せず、こんな方法が世に広まっても規制がかかる事は無い。それどころか規格を作ったソニーから「SACD対応」のBD/DVD/CDプレーヤーが出る始末。

P1010611s.jpg
スプリッターのSpdif出力モードを「auto」にすれば44.1kHzが、5.1chにすれば88.2kHzのハイレゾ出力になる。

P1010610s.jpg
model2のインジケーターが88.2kHzになっている。
真空管DACから出る、SCADの音は如何に・・・・・・・

幾ら待っても音が出ない。
光→同軸に変換してもダメ。
88.2kHzにロックしているのに何故。
出力規制がかかっているのか?

HDMI切り替え器に付いているスプリッターでないといけないのか???
プレーヤーを変えねばならないのか?


一晩寝て、思いついた。スプリッターからのHDMI出力を繋ぎ変えてみたら。
これまではAVアンプのマランツSR8002に繋ぐか、オープンだった。

これをTVの入力に繋ぐと・・・・無事音が出た。

スプリッターのSpdif出力は、その出力に対応するHDMI機器に繋がねば認証されないという基本を忘れていた。


次の日の記憶を失うまで泥酔しながら思い出のRPG『FF8』を実況プレイ

2014年08月08日 06:48



PS4には、ワンボタンでゲームの実況動画が作れる新しい機能が付いているらしい。
あいつは大分前から、こんなタイトルで実況プレイを動画サイトに投稿していた。

その動機というのが変わっている。

彼にはお酒を飲んだ次の日、前日の記憶が根こそぎ無くなるという習癖があった。週に2回、一人でそこまで飲むと決めていた。

彼のブログ2008/5/4の記事/油性じゃねーか!

『えー、お酒を飲んだ次の日。昨日の記憶が根こそぎ無くなっているというのは、もうすでに皆さんご存じのこととは思います。
 で、朝起きてみると色々と摩訶不思議な現象が起きているわけですな。
 例えば、


・部屋がやたら綺麗になっている
・水槽の水が入れ替えられている
・洗濯物が干されている


 といったプラスのものから、




・アフターシェービングローションが空になっている
・箸立てに歯ブラシが立っている

・携帯に元カノへの発信履歴が残っている
・冷凍庫にタオルが入っている
・水槽に茶碗が入っている







 といったドマイナスのものまで。


 私はコレらの現象をパルプったと呼ぶことにしています。
 まぁ、某大作RPGの呪文名に由来しているわけですが。

(以下省略)』


てな具合で、朝起きると色々と摩訶不思議な現象が起きていた。

その2年後、「彼のブログ2010/10/10の記事「こ、これが“刺激”か!?」

『私が奇行に走るまでの過程を。






 一体どういう思考回路で、箸を一本だけ洗剤の箱の中に隠したり、リモコンを冷凍庫に入れたり、水槽の中に茶碗を沈めてみたり、ポップコーンで花咲かじいさんしたりするのか。







 監視カメラを設置できたらいいのに。








 ずっとそう思ってました。

 けど流石にそれは金が掛かりすぎる。

 そこで思い付いたのがデジタルカメラです。

 今のデジカメって結構綺麗に動画も撮れるんですよねー。便利便利。

(以下省略)』

と、その様子を動画に撮ってみたら意外に面白い。なら、酔っ払ってゲームを実況してみようという事になったらしい。


さっそく、記念すべき第一回の投稿2010/10/16の記事「まさかの暴挙」

しゃべっているように、ボトルを半分空けたとこで、FF8をプレイしているが、翌日記憶が無くなる程酔っいるにしては呂律が回っている。これだけ泥酔していながら、ゲームと実況放送ができるとは。  

キャップチャーボードは無く、HDDレコーダーに音声をミックスして録画していたようだ。

3-1as.jpg
3-2as.jpg
第3回の最後で、あわててトイレへ行く途中でドアにぶつかっかたか? やっぱり酔っ払っている。

8-1as.jpg

編集は、最初のうちは自分のつぶやきを書き入れるだけだったが、
だんだんと画像に凝ってきて、オープニングやエンディングの動画を別途作って足していた。


2011/11/16の記事/「もうゴールしたいんだけど……」

『つ、疲れたー……。

 エンコ→失敗→エンコ→失敗→エンコ→失敗→エンコ→失敗→エンコ→失敗の無限ループが続くかと思いましたよ……。

 10個以上の動画を一つの画面内で走らせるのは危険ということがよーっく分かりました。一番エラーが出まくったのがOPの30秒~1分辺りのシーン。何せ動画が20個以上もあるからね……。柱の一本一本が別動画なんですわ。

 ここは結局エンコが一度も成功せず、1フーレム(1/30秒)毎に絵をビットマップで出力して、それらを繋ぎ合わせて動画にするという超荒技に出ました(苦笑)。たった30秒の尺にここまで時間をとられるとは……。
 OPとEDは画質悪かったらYouTubeにもアップしようかと思ったんですが、思いのほか良かったのでニコニコオンリーで。

(以下省略)』


動画作成に嵌まりまくり。ソフトも早々にムービーメーカーというWindowsの付属品からAviUtlに変更。
この後遂にPCが熱暴走でお亡くなりに・・・この件はいずれ又後程。


だが病気が分かってからは、酒は1滴も飲まなくなった。
それ以前に撮り貯めた実況動画の編集だけしていた。






ブログの更新頻度も低下し、2013/2/23の記事「切腹後の経過」で、第51回の動画を取り上げた(画像をリンクしているだけ)のが最後だった。
オープニングで、いきなり「リーダーとは何か」とぶっぱなすので驚いた。前の第50回との繋がりでも無いようだし、会社の中の出来事と重ね合わさっているのか?

公開マイリスト
を見ると、2013//5/3の第58回投稿が最後となっているがゲームは終了していない。





あいつが亡くなって5週間になった。
5週間前の今日、あいつはまだ「生きて」いた。


※ニコニコ動画は時間帯によっては、サーバーにアクセスが集中して見難くなるので、 さきゅばす というフリーソフトでコメント付きの動画をダウンロードして見ました。アドレスを窓にコピペするだけで簡単ですが、ダウンロードに実再生時間が必要です。





緩和ケアは在宅か入院か

2014年08月06日 12:07

在宅分の医療費を支払った。

iryouhia.jpg
「総医療費」で比較する。

6月は17日~30日の14日間
7月は1日~4日の4日間
こんなに日数が違うのに何故か医者の分は6月が¥348,500円、7月が¥381,430円と7月の方が高くなっている。
内訳は無く総て「診察料」になっている。

看護の分は明細も付いている。エンゼルケアというのは死後の清拭だろうか、保険の対象になっていない。
ただし保険内にもターミナルケアとして¥20,000円加算されている。よく判らない。
直後は眠っているいように見えたが、翌日、翌々日になると頬がこけてきて死顔になった。
含み綿をしていなかったか。ちなみに葬儀屋に頼むと¥40,000円になる。

医者の分はどんぶり勘定で全く判らない。
訪問回数では、医者は事前に病院へ来た分を入れても10回。看護師は延べ24回。
単純計算すると医者¥72,993円/回、看護師¥9,131円/回で桁が違う。1回の往診で7万円ですと!
トータル94万9080円、1日当たり5万2726円。ベッドやマットレスの賃料、院外処方での薬代は別。

緩和ケア科への入院では、トータル65万8070円(差額ベッド代と食事代は別)で、1日当たり5万620円


「実支払い」になると高額医療費の制度が効いてくるから、
医療費としては、入院の場合¥84,000円、1日当たり¥6,461円。個室料を入れると¥16,461円

在宅の場合はくトータルで¥237,904円、1日当たり¥13,216円になる。
18日間が2ヶ月に渡ったけれど、もし同一月内だったら高額医療費で頭打ちになるので同じく1日当たり¥6,461円になる。


緩和ケア科への入院と在宅の費用比較では、個室へ入るかどうかが別れ路になる。
しかし緩和ケアで4人部屋というのというのは、本人も同室者もどうかと思う。

在宅で幾ら訪問看護を密に来て貰っても、高額医療という強い味方があれば1ヶ月当たりの費用は頭打ちになる。
在宅での問題は患者の容体如何だろう。亡くたなった日も、自分で起きてベッドに腰をかけて用をたせた。
自分では何も出来ない状態だったら、入院しか選択肢は無かっただろう。