去りゆく相棒

2014年11月29日 10:23

P1010993as.jpg
長年連れ添ってきた来た蛍光灯スタンドに別れを告げる時が来た。
高校に入った時に買って貰って以来、使い続けてきた。
書き物をする時、データをインプットする時、ぼんやりとインターネットを眺めてる時、私の全てを知っている。

「笠が」割れた所を「セメダイン」で修理した跡がある。
接触が悪くなるとプラグを交換し、配置換えでコンセントまでの距離が長くなれば線を継ぎ足して使って来た。
まだ点く事は点くけれど、一度消すとONボタンを押してもなかなか点かなくなった。


P1020002as.jpg
1964年製。半世紀もの間頑張ってくれた。
グローが無くて、押しと続けないと点灯しないタイプだった。

P1010996as.jpg
後釜は、これまた古い、亡くなった父が読書灯に使っていたシャープ製のモノ。
これも1980年製なので軽く30年経っている。「球」だけはLEDに換えた。

「もったいない」時代の人間なので、壊れていないものを捨てる事が出来ない。
これではいつまで経っても断捨離が進まないわけだ。



相続した貸金庫の解約

2014年11月27日 10:00

三菱東京UFJ銀行で、先年亡くなった父の名義の貸金庫契約を解約した。

口座からは、既に全額をキャッシュカードやネットバンキングで引き出してある。
貸金庫の中身も私が代理人登録をしてあったので、空になっている。
貸金庫契約さえ無ければ、それで終わりだったのだが。


この銀行には昔、嫌な思いをさせられた。

住宅ローンで家を購入した事がある。
年末に電話がかかって来て引き落としミスをしたので、不足分を窓口に来て振り込めという。嫌なら全額返せという。
ミスしたら、ミスした方が責任を取るという一般常識はまるでなかった。仕事で忙しかったので、父に行って貰った。
ローンはその後3年で全額返済した。今時の頭金無し35年フラットローンではなく、3割くらい頭金で払っておいて、
あとは10年で返済するというようなローンなので可能だった。
当時は金利が高く、それ位でないと、いつまで経っても元金が減らなかった。


そんな三和銀行の後継、三菱東京UFJ銀行だから、気が重かった。
窓口での対応でも、人ごとに指示される書類が違っていて、その度に役所へ書類を取りに行ったなんて言う話も聞く。
けれど、いつまでも使っていない貸金庫の使用料を払い続けるわけにも行かないので、一大決心をして解約に向かった。


その前にトレーニングを積んでおいた。
証券会社の口座にまだ父名義の投資信託が少々残っていたので、先ずこれの解約をした。

担当者に電話して家に来て貰った。担当者が話を持ち帰って、本社にお伺いをたて・・・と、向こうが動いてくれて、
こちらは役所に書類を取りに行くだけだった。

これくらいは要るだろうと揃えていた書類は、1)被相続人の原戸籍、2)相続人の戸籍謄本、
3)死亡証明書(埋葬許可証)、4)遺産分割協議書、5)印鑑証明だったが、3)や4)は必要なく、替わりに
「生まれて以降の戸籍謄本」を求められた。
原戸籍は、父が結婚して祖父の戸籍から出て以降なので、結婚するまでの祖父の代の戸籍が必要だった。
隠し子が居ない事の確認らしいが、戸籍に載っていなくても出てくる可能性はいくらでもある。よけいな手間だ。
とにかく、こちらは無事に終わった。

同じ相続手続きでも書類を出して、証券会社は、営業マンが家に来てくれる。
銀行は、こちらから出向いて行かねばならない。
本人が介護施設に入っていても、銀行は窓口に来いと言うし、証券会社なら向こうから本人確認に出向くだろう。


いよいよ証券会社で使った4つの書類を持ち、平日の午後人が少ない時間帯に件の銀行へ出向いた。

貸金庫の窓口で、解約したい旨を伝える。
「ご本人ですか」と問われて、よっぽど「そうです」と言いたかったが、相続代表者だと言った。
貸金庫の解約を先にと言ってみたが、却下された。通常に口座を遺産相続するのと同じ手続きをさせられる。
幸い、必要な書類は全部一致した。
あちこちマジックで塗りつぶされて、使い回しが出来ないようにされるという話も聞いていたが、
コピーを取って直ぐに返してくれた。

それでも、用意していたキャッシュカードや貸金庫の鍵は受け取って貰えず、銀行の手続き書類を渡されて、
本部の確認が取れ次第電話するという事になった。やれやれ。


一週間ほどして電話があり、次回の日時を決めた。
ところがその日に行ってみると、担当者の身体が開くまで30分待ち。
呼ばれて、持参した相続届と貸金庫保管物(空なんだけど)の受領書に、日付を記入したら「お待ち下さい」。
40~50分して、貸金庫担当者が現れ、金庫室で中身を確認。
で、また「お待ち下さい」。
近頃役所でもこんなは待たせないよ。
流石に切れかけたが、今度は思ったより早く来て、先に出した書類の預かり書を渡された。こんなのいらないんですけど。


ようやく、開放されて時帰宅したのは2時間後だった。
2回も(書類が揃っていなかったらもっと)ビジネスタイムに銀行のカウンターに出向くなんて、仕事を持っていては出来ない相談だ。

なんでこんなに手間暇かかるのか。顧客の事を考えないのは、昔の住宅ローン担当者と同じだが、
中央集権で書類を郵送やファックスでやりとりするから時間がかかる。
マニュアルで現場に権限委譲すれば、一度で済む事なのに。
ビジネスにならない事に時間と手間をかけるのは、お互いにロスでしかない。

言われて用意していった本人確認の免許証は、とうとう出さずじまいだった。
お役所でも、それだけはする。書類があれば何でも通す書類至上主義。

また、今後一年間は誰にも貸し出さず、空にしておくというルールらしい。
貸金庫を申し込んでも、なかなか順番が回ってこない筈だ。

これじゃ、日本の銀行はいつまで経っても世界で通用しない。


教訓:貸金庫は契約者が自ら解約すべし。
これなら10分で片付く。


手続きの最後に、銀行に保管してあった合鍵の封を切って、真っ新な鍵が同じ形・番号の鍵である事を確認した。
そこには、父が貸金庫を使用開始した日付が、昭和53年4月と記されていた。今の私と同じくらいの年齢になる。
それから36年、三和銀行はUFJ銀行を経て三菱東京UFJ銀行となり、時代は変わった。
土地の権利書は要らなくなったし、現金を入れておくには小さすぎる。
無くしたら困るのは書類ではなくて、スマホやクレジットカードだ。私には貸金庫の必要性を感じられない。




初期型PS3の修理

2014年11月25日 09:15

「あいつ」はゲーマーだったから、当然PS3も発売されたばかりの初期型を持っていた。
ある日突然ディスクが読めなくなり、後期の薄型を買っていた。
それでも現役の他のゲーム機と並ぺて、置いてあった。それだけ愛着があったのだろう。

初期型のCECHA(60GBモデル)やCECHB(20GBモデル)には、その後のモデルからは削除された
PS2ソフト互換性とSACD再生機能がある。
「あいつ」の残した膨大なゲームソフトの中には「桃太郎電鉄」のような、誰でも遊べるのもある。
しかしPS2用なので、私がブルーレイ再生用に買ったモデルでは使えない。

DSC01785s.jpg
このシールを剥がすと、いかなる場合でも修理できませんとなっているが、
ソニーは初期型モデルの修理を、部品がないと言う事で既に打ち切っている。


DSC02109s.jpg
シールを剥がしてゴムキャップを取る。「VOID」の文字が浮かび上がって、張り直しても駄目なようになっている。


DSC01786s.jpg
穴の奥にトルクスねじ(T10)があって、専用のドライバーでないと外せないようになっている。


DSC02090s_20141124161655cc1.jpg
上蓋カバーをスライドさせて取り除き、修理に取りかかる。


DSC02091s.jpg
右が問題のディスクユニット。
PS3のメニュー画面は出てくるので、メインの基板はやられていない。
ディスクユニットごと換えるとドライブを認識しないといわれている。
ディスクの基板とメインの基板の型番が合わないと、駄目な仕組みになっているようだ。


DSC02092s_20141124161657d3a.jpg
ディスクユニットの裏から2カ所のケーブルを外すと、ユニットが取り出せる。


DSC02095s_201411241616597ee.jpg
ディスクユニットをオープンする。意外とシンプルなメカだ。
ユニットは全て径が1mmの時計ネジで組み立てられている。
それ程小型でもないのに何故3mmのネジを使わなかったのか。


DSC02096s_20141124170056cc1.jpg
CD,DVD,BDの3種類のディスクを、1個のピックアップレンズで読み取らせている。
一番期待していたのだけれど、見たところレンズは汚れていない。

念のために無水エタノールで拭いて、ディスクを入れたがやはり全く認識しない。
これは分解中にも予期できた。駆体内に意外と埃が貯まっていない。
巷のブログで扱われているような、酷使された個体では無い。
(それでも、FWのバージョンが3.7である事からすると2011年まで動いていた)

レンズの汚れで無いとすると、レーザーユニットの寿命が考えられる。
レーザーユニットを交換するか、ディスクメカごと交換するか(ディスク基板は残す)だ。幸いどちらもアマゾンで手に入る。


DSC02113s.jpg
400AAAで検索すると、同じ型番のディスクメカがあった。値段はレーザーユニットよりむしろ安いぐらいだった。
「PS3 修理用レーザーレンズ・デッキセット KEM-400AAA 」として2257円で入手できた。
価格も、大分下がっているのではないだろうか。

MADE IN CHINAとある。本体はMADE IN JAPANとなっているが、3波のレンズを一つに纏めた心臓部が
MADE IN CHINAでは・・・。当初はこれもMADE IN JAPANだったのだろうか。

ソニーは部品が無いと言うが、パーツは豊富に供給されている。
話は逆で、メーカーはソニーが修理を打ち切ったので、生産を中止して在庫処分に廻っている。
これがはけてしまうと怪しげな品をオークションで入手するしかなくなる。


DSC02099s.jpg
左が購入品で、右が読み取らなくなったユニット。
ターンテーブル周りの基板が少し違っている。

DSC02098s.jpg
右上に型番が彫られている。

DSC02100s_20141124170100df6.jpg
こちらが購入品。400AAAという刻印は同じだが、シールには400AAAと記されていない。
400AAAの後の文字も2から3になっている。リヴィジョンナンバーなのだろうか。
修理用として作られたからだと思うが、ひょっとするとダメという可能性もある。


DSC02102s_2014112417010176b.jpg
ディスク基板と3ヵ所のケーブルを繋いで交換完了。


DSC02103s_20141124175028b6a.jpg
ここでトラブル発生。
挿入したディスクが出てこない。再度分解して取り出す。
メカに異常は無い。
いろいろ試してみると、無理に突っ込むと出てこなくなる。
半分くらい押し込んだ所で、向こうから吸い込んでくれる場合はOKだった。

左が電源ユニットだが、アイドル状態でも天板が相当熱くなる。CPUの足が浮くほど内部の温度が高くなるPS3で、
これ以上劣化させない為、上蓋無しで放熱を優先した方が良いかもしれない。


DSC2110s.jpg
おそるおそる起動させると、「Play Station2規格ディスク」と表示されて2003年版PS2の桃鉄が立ち上がった。


DSC02111s.jpg
偶々HDにこのゲームのセーブデータが保存されていた。
2009年3月。PS2からPS3になっても、「あいつ」はロープレの合間にこんなゲームもやっていた。
まさか3年後にあんな目に遭うとは夢にも思わず、仕事が面白くなり始め、
それまでのゲームと小説創作の日々から卒業しつつあった。

私は、大人になってもまだゲームとはと苦々しい思いでいた。
しかし、彼が小学校へ上がる時にファミコンが発売され、祖父母からプレゼントされていた。
彼がゲームをやるのは、テレビっ子だったカミさんがテレビドラマが好きなのと一律である。
それを理解していれば、もう少しコミュケーションができていたろうに。





早期返済は一括で無くても良い

2014年11月23日 09:51

限度額は自由に増やせる~クレジットカード見直し④ のように、早期返済すれば限度額が増えなくとも、使用可能額は実質的にリミットが無くなる。
今月も、4月から使い始めて3度目となる早期返済を申し込んだ。

ところが、既に11月分は引き落とし金額が確定しているので、一括返済しても27日には口座から一旦引き落とされて、来月の10日頃にバックされるとややこしい事なった。

早期返済を止めて、限度額がクリアーされる来月1日まではサブカードを使おうかと思ったけれど、
「確定してない12月以降の分だけでも早期返済できます」という。

その分で月末まで凌げば、還元率の低いカードを使わずに済む。
早期返済って、結構フレキシブルなんだ。

申し込んだ日の夕方5時にはもう限度額が増えていた。




イラガの越冬

2014年11月21日 10:03

P1010970as.jpg
脚立に乗っての高所作業で転倒したら大怪我になるので、思い切ってシマトネリコを切り詰めた。


DSC00174s_20130627094836.jpg
昨年までははこんなに繁っていた。


P1010963s.jpg
ついでに紅葉もバッサリ短くした。
その時ふと、根元付近のブロック塀を見ると、こんなものがくっついていた。


P1010965s.jpg
本来は木の幹に作る、イラガの冬の棲家だ。
木にくっついているのは、1個か2個。
なのに、何故毎年あれほどやってきて、紅葉ばかりかサルスベリにまで害を及ぼすのか不思議だった。
こんな処でも越冬していたのか。


P1010964s.jpg
そう思ってよく見ると沢山ある。これらは「空き家」だが潰しておいて、寒くなってたら増えていないか点検する事にしよう。


ライフカード改悪

2014年11月20日 10:00

先日、ライフカードからメールが届いた。
引き落としのお知らせかと思ったが、思いもよらない内容だった。

誕生月だけポイントが5倍になるので、その月限定で3枚有るnanacoカードを満杯にし、税金や健康保険の支払いに使っていた。

それが12/4以降、nanacoへのクレジットカードからのチャージによるポイントを通常の1/2にするという。
更に誕生月5倍他の特典もnanacoへのチャージに限り無くす。

という内容だった。
これで還元率は最大2.5%から一挙に0.25%に大幅ダウン。

「会員さまにおかれましては、引き続きご利用を賜りますよう、お願い申し上げます」と言われても、あまりに酷すぎる。
さようなら、短いお付き合いでした。




Android 5.0 Lollipopにバージョンアップ~よけいなお世話!

2014年11月19日 09:30

YmobileのカミさんのNEXUS5にOSバージョンアップの通知が来た。
Wifiオンリーの、NEXUS7や私のNEXUS5には来ていない。
キャリアー端末を優先しているようだ。

P1020003s.jpg
壁紙が変わった。
連絡帳がコンタクトに名前が変更されている。
Googleの各ソフトのデザインも背景が白に変わっている。
電源を入れてからこの画面が出てくるまでの時間が少し長なくった。
パッテリーの消耗が激しい事があるというので、「スリープ中にWifi接続を維持しない」にセットした。

パット見はこんなところでメジャーなバージョンアップは無事に終わった。

大した変化は無い。

かに見えた、しかし、

P1020005as.jpg
Hotmailを開くとGmailと一緒くたにされている。
Gmailの最新バージョンは「すべてのメールがGmailで見られる」というものだった。
よけいなお世話なので、私のNEXUS5ではGmailのバージョンアップ分をアンイストールする事で、元に戻した。

P1020004as.jpg
ところがOSをバージョンアップしてしまうと、新しいバージョンのGmailがデフォルトになってしまって、元へ戻せない。

しょうがないので、これまでのGoogle製ソフトは無効にしてOutlookをダウンロードし、Hotmail分だけを見られるようにした。
Gmailには両方表示されてしまうが、Outlookのタイトルを見て確認する事は出来る。
Gmail 以外は締めだそうというGoogleの魂胆がありありと窺える。


P1020009s.jpg
電源ボタンを長押しした時に、「電源を切る」しか出てこない。
機内モードは、「設定」→「もっと見る」から機内モードをチェックするしかないのか。


その上これまでプリインストールされていた「ギャラリー」が消えて「フォト」に変えられている。
Playストアにギャラリーは残っているがKitKut版となっていて、エラーになってインストールできない。
使い慣れていたソフトだったのに。ギャラリーで見られれば、端末の中に残っているのが確認できたし。
Googleは何でも勝手にクラウドへ持って行ってしまう。


よけいなお世話ばかりのバージョンアップだった。


追記 一夜明けた今朝、私のNEXUS5にもアップデートの通知が来ていた。
    当分アップデートはしない積もりだ。
    NEXUS7は通知がまだだった。







ディスプレイの更新~iiyama XB2776QS-B2

2014年11月18日 10:11

21インチのUXGAディスプレイ(1600x1200)、三菱RDT2145を使っているけれど、最近100%で文字が小さいと感じるようになった。
といって、拡大すると画面が相対的に小さくなる。
また写真の編集では、データに比して画素数が不足し、かなり縮小した状態でしないと全体がディスプレイに入らない。

いずれにせよ高精細で大型のディスプレイに買える必要がある。

流行の4Kか。
3840×2160で字を適正な大きさで表すには40インチもの大きさのディスプレイが必要になる。
解像度を落とせば字は大きくなり、もう少し小さな4Kモデルも選択肢に入ってくるが、液晶は最大解像度で使わないと滲みやボケが出る。

結局 、27インチのWQHD(2560x1440)、iiyama XB2776QS-B2にした。
iiyamaがまだディスプレイを作っていたとは驚きだった。倒産したが通販メーカーのマウスコンピューターの傘下に入っていた。


グラフィックカードのGT630は、2560x1600までしかサポートしていないので水平方向はギリギリだが問題なく表示できた。
デフォルトでは文字が小さすぎたが125%に拡大すると丁度良い大きさになった。
デフォルトでは輝度が100に設定されているがは25まで落としたら眩しくなくなった。
(色温度がsRGBモードでは輝度やコントラストの設定が出来ない仕様になっている。)
真っ白い画面は気持ちが良い。前のディスプレイが見難かったのはバックライトが寿命で暗くなっていたからかもしれない。

DSC02368s.jpg
これをやってみたかった。
昔会社で使っていたワープロは縦長で使えた。
ディスプレイを回転するだけで、縦長と横長が自動的に変わったが、これはOSで切り替えないといけない。
縦長の写真を大きくして見られるのが、他には無い機能だ。

入力端子はD-Sub、DVI、HDMI、Displayportと全部揃っている。
D-SubにPC98を繋いで640x400の画面を出す事もできた。「GRAFキーと2を同時に押す」という裏技は今でも生きている。



NEXUS5をデジタルプレイヤーにする (2)~ブルートゥース

2014年11月16日 10:02

NEXUS7をデジタルプレイヤーにする~HDMIスプリッターの更なる使い道では有線方式だった。
NEXUS6ではUSB端子から外付けDACへ出力できるようになるらしいが、無線の方が使い勝手は良い。

DSC02352as.jpg
エレコムから、ブルートゥースでスマホからの音声信号を受けて光デジタルで出力するアダプターが発売されている。
ネットで4000円位で買える。iPone6/iPone6 Plus対応を謳っているが、もちろんAndroidでも使える。


使い方は至って簡単で
DSC02363as.jpg
ブルートゥースをオンにすれば自動的にペアリングしてくれる。
エレコムからLBT-AVWAR700以外に、光デジタルを外してアナログ出力だけの500と、Wifiで接続する800のシリーズが出ている。
AACやaptXに対応しているのでWifiとの干渉もなく、高音質だ。


DSC02355as.jpg
OPT3-1。ベリンガーのデジタルイコライザーDEQ2496への、TV音声との光入力の切り替えにこんなモノを買った。
完全手動式なので3入力1出力切り替えでも、1入力3出力の切り替えにも使える。

接続はNEXUS5→LBT-AVWAR700→OPT3-1→DEQ2496→NANO-UA1(アンプ)となる。


音楽データのフォーマットに最初はWMAのロスレスを考えていた。
WAVから1/2程度にしか圧縮できないが可逆圧縮という点に惹かれた。

ところが、スマホ用のプレイヤーソフトは殆どMP3用で、WMAファイルを検知してくれない。
対応しているのはPOWERAMP、MEDIA PLAYER、BEATの3つだけだった。
POWERAMPは有償、MEDIA PLAYERは他のソフトを起動すると停止してしまう。
BEATはプラグインで対応するが、WMAファイルを読み込むのに時間が掛かりすぎる。
圧縮率を上げてデータファイルを小さくすれば早くなるので、プラグインはWMA→MP3の変換を行っているのではないかと思われる。

寝室のスピーカーではWAVと192kHzのMP3を比べても、WAVの方が低音にやや重量感がある位の差しかないので、
256か最高の320kHzのMP3を標準にする事にした。それでもWAVからは1/5位まで圧縮してくれる。

寝転がって、音楽を聴きながらネットを見るのは快適だ。CDを交換するために起き上がる必要も無い。
動画を見る時にも、チープなスマホのスピーカーでなくオディオ用のスピーカーから音が出る。


スマホからのデジタル音声は、スマホ側からでもソフト側からでも増減できる。
PCオーディオのようにASIOを使って音源から主力端子までの間のプロセスをパスするような事をしていないので、
ピュアなオーディオデバイスとして捉えないほうが良いのではないかと思う。実際、NEXUS7はかっちりした音だが、
NEXUS5はより繊細な音がするという具合に音に固有の色づけがある。









FDA-EV1S & SEL1018 (6)~箱根山

2014年11月14日 06:47

箱根山は尾張徳川家の下屋敷庭園に造られた築山で、山手線の中で最も高い「山」である。
東京の散歩道では、新宿御苑・明治神宮の回ではなく、四谷・曙町・大久保の回の回に入っている。

都庁からは箱根山の最寄り駅、若松河田まで大江戸線で3駅で行ける。山手線内で最も高い「山」とい言っても、
44メートルでは高層ビルの林立する新宿エリアでは、さしたる眺望は期待できない。
そればかりか、放送では周囲に樹木が林立していて見通しが悪く、靴下掻痒の思いをした。
それでも一部区間乗車した都電よりも、10年前に放送を見て以来ずっ思い続けてきた、ここにした。
今行っておかないと次は無いという強迫観念に襲われている。

DSC01737s.jpg
国立国際医療研究センター病院と都営住宅の間の道は、箱根山通りと名付けられている。
スマホに導かれて都営住宅の間の道を入って行くと、箱根山の登山口が見えてきた。


DSC01751s.jpg
登頂。
やっぱり何も見えんわ。


DSC01748s.jpg
斜面を見下ろすと大小の岩が埋められていて、「天下の劍」を表していた事がわかる。


DSC01743s.jpg
放送時より更に樹木が繁っていて、眺望が開けない。
よく考えてみれば44メートルというのは海抜で、周辺の土地からの高さはもっと低い。
箱根山の頂上より5階建ての都営住宅のほうが高いだろう。
ここは周囲を眺望するのではなくて、樹木によって視線を遮り、周囲から見られない屋外スペースという処に価値があると捉える事にしよう。


DSC01765s_2014111109472486d.jpg
夕陽の海。
もう一度撮れと言われても無理な話。
 

DSC01780as.jpg
富士山も、赤富士になっていた。