西国33箇所 その1 第32番繖(きぬがさ)山観音正寺

2015年05月29日 09:50



カミさんが四国88箇所の前に、西国33箇所巡礼をやるという。
既にバスツアーに2回参加して、青岸渡寺、紀三井寺、粉河寺、施福寺と1番から4番まで廻っている。
しからば、32番観音正寺と結願の33番華厳寺から「逆打ち」を平行してやってみようと思い立った。

5/26
名神高速の八日市ICから出て、一般道を小一時間ほど走り、裏参道の山道に入る。
標高346mの観音正寺に至るルートは3つ、1200段の石段で登る表参道、
800段目辺りまで行く表参道林道、平坦な山道を10分程歩くだけの裏参道林道。
腰痛が続いているので最後の最も楽なルートを選んだのだが・・・・・。

DSC03528bs.jpg
途中「四辻の跡」というツツジが満開になった広い場所がある。
これ以降は、林道というより山道を舗装しただけの細い道で、車一台で道幅一杯になる。

料金所で「観音正寺林道車両整理料」という名目の通行量600円を支払う。
「後すぐですよ」と言われたが、道幅はより細くなったような気がする。
所々に行き違いのできる場所が設けてあるが、真っ直ぐな部分が全くない道なので、バックで戻る等という事は考えたくも無い。
対向車がありませんようにと、ひたすら願いつつ登るばかりだった。

DSC03494s.jpg
ようやく車が10台程停められるような駐車場に着いた。
ここから、平坦な山道を10分程歩くと観音正寺に至る。


DSC03497s.jpg
道幅は広く、舗装していないだけなのでこの道も車で行ける。関係者は車で入っていくのだろう。

DSC03498s.jpg
観音正寺のある繖(きぬがさ)山には、佐々木六角氏の居城観音寺城の城跡がある。
佐々木城は観音寺城の別名。

DSC03506s.jpg
ねずみ岩

DSC03507s.jpg
ようやく観音正寺に到着。山門や仁王門は無く、鐘楼の向こうで一対の仁王様が迎えてくれる。

DSC03509as.jpg
境内からの眺めは絶景だが、この高さまで1200段の石段で登ってくるのは「修行」である。
寺の住所が安土町になっているので安土城を探したが、案内図には無い。
斜めの直線で横切っている線路を新幹線の真っ白な車体が走り抜けていった。
そうか、安土城は反対側の在来線側だからここからは見えないのか。


DSC03511s_2015052713022073e.jpg
清楚で感じの良い参道の奥に本堂が見える。
この寺は用明天皇の命で聖徳太子が建立したとされている。



DSC03513s.jpg
この本堂は平成5年に火事で全焼し、16年に再建された。
他に参拝客はいない。
中で、カミさんとお経をあげる。
『経文を唱えている今だけ、あの世の「あいつ」と繋がっている。』
ふとそんな考えが頭を横切り、目頭が熱くなってきた。


DSC03525s.jpg
本堂の横の山腹は、石が積み上げられて奇妙な風景になっている。
仏の世界を模しているのだろうか。

DSC03523s.jpg
これは観音か、それとも右手に持っている道具は弁財天を表しているのか。


DSC03519s.jpg
本堂から境内を眺める
いかにも山腹を切り開いて造った寺という感じがある。


DSC03527s.jpg
書院

DSC03526s.jpg
北向地蔵尊
これが北向きなら、眼下の風景は西側で安土城が見えるはずだが。はて。


参拝者が次々にやって来る。
駐車場へ戻ると、大きなワンボックスワゴンが停まっていた。
あんなのが鉢合わせしたら、双方とも身動き取れなくなるのではないか。
帰りも「対向車が来ませんように」と祈りつつ下山した。

鶯がうるさいくらい大きな声で鳴いていたのが、印象的だった。

八日市ICに戻って第33番谷汲山華厳寺へ向かった。

画像[α7s+SEL24240]





ぶらり日本名作の旅~宮脇俊三が出演したテレビ番組

2015年05月27日 09:50

自ら出演した番組の事を書いている作品がある。
「線路の果てに旅がある」の巻頭に置かれた「宗谷本線と北辺の廃線めぐり」である。
民放で1990年に放送された番組なので、再放送の可能性は無いが動画がある。

番組は2つに分割されて投稿されている。
宮脇俊三 車だん吉/ぶらり日本名作の旅 1/2
宮脇俊三 車だん吉/ぶらり日本名作の旅 2/2
http://www.yourepeat.com/g/宮脇俊三
https://www.youtube.com/results?search_query=%E5%AE%AE%E8%84%87%E4%BF%8A%E4%B8%89
車だん吉さんの髪の毛が真っ黒で若々しい。


「宗谷本線と北辺の廃線めぐり」によると撮影行程は次の通り
1日目「北海道開拓の村」と札幌テレビ塔。 札幌から名寄まで。比布駅の駅名標
2日目 美幸線。音威子府駅の蕎麦、幌延駅の転車台
3日目 稚内駅、利尻島、宗谷岬
4日目 天北線、興浜北線の廃線跡。
5日目 紋別駅跡の「朝市」

30分の番組に出演者2名と8人のスタッフが、4泊5日のロケを敢行している。
当然多くの場面がカットされる。

カットについては、早朝出勤した音威子府駅での蕎麦屋のおばさんや、蕎麦を食べる場面しか書かれていないが、
実際には1日目総てカット。3日目、4日目も殆ど無い。


その代わり鉄道の歴史映像が5分、取り壊し予定の湧別駅と、そこで長らく働いていた女性のインタビューが入っていた。

湧別駅というと、「駅の外れに工場の社宅があり、その前で幼い子供が一人、列車に向かって一生懸命手を振っている」
~「豆粒のようになっても毛みたいな突起物がちかちか動いているので私も手を休める事ができない」
と「時刻表2万キロ」で半ページを割いて描かれている場面を思い出す。
「女の子」をイメージしていたが、確認すると「子供」としか書いていなかった。
「時刻表2万キロ」を題材とした番組なのだから、どうせならこの子を出して欲しかったが、
放送時、既に2万キロの旅から14年経過していて、「工場」も無くなっていたのかもしれない。


作品は「キタキツネが現れ、こちらを見て、首をかしげてから消えた」という文章で締めくくられている。
このキタキツネは番組にちゃんと登場する。
こんなシーンでさえも、事実に基づいて書かれていた。








我が家の四季(7)~異常と順調

2015年05月25日 09:29



[サルスベリ]
DSC03490as.jpg
アブラムシの大発生にはまだ至っていないが、葉の裏をよく見ると「付いている」。
2週間こんな状態が続いている。
このまま7月の開花期まで続けば良いが、保証はないので先週末に今年の第一撃をくわえた。


DSC03491s.jpg
今年はこんな自動散布器を導入した。
ハンドプレスより拡散してしまうが、脚立も握力も要らない。


[エゴノキ]
DSC03492s.jpg
いつもなら、無数の小さな白い花が枝一杯に付くのに、今年は葉だけで一つも無い。
こんな事は初めてだ。


[山法師]
DSC03493s.jpg
次のランナーは、順調に蕾を増やしているのだが。


[α7s+SEL24240]




惜しい 「777777」を見損なった。

2015年05月24日 19:10

all7oshiia.jpg
ぞろ目を見逃した。

2006/9にこのブログを始めた時に「10年で100万アクセス」の目標を掲げた。
初めのうちは10万アクセス/年なんてとても行かなかったが、なんとか11年くらいで達成できる所まで来た。

FC2が続きさえすれば!!!




ライトノベル作法研究所

2015年05月22日 09:45



lanove135-88.jpg
「飛乃剣弥」というのは、あいつの事。


コップの中の世界なのかもしれないけれど、有名人だったんだ。


総合得点部門と高得点入り回数部門に今もリストアップされている



やはり、これが自選・他薦とも最高傑作か




2008年ベストショット集

2015年05月20日 09:13



初期のサムネイル付のスタイルを変更すべくブログの書き換え作業を続けている。
リコーのCaplio R7という露出やシャッタースピードも設定できないバカチョンカメラで撮った画像なので、
質的には劣るけれどもう一度日の目を見せてやりたい絵が何枚も出てくる。
特に2008年は北海道ドライブ旅行に4度も出かけたし、秋からは「JR全線完乗の旅」も始めた。
最もアクディブに動き回った年だった。



2008/4/19「宮脇俊三を偲んで。北海道廃線跡の旅 その2 大夕張鉄道」
大夕張ダムによってできた人造湖はシューパロ湖と呼ばれている。
このダムのすぐ下流に、もっと大きな「夕張シューパロダム」が建設されようとしている。
R0010420a.jpg
日本では珍しく、景観に配慮した設計で有名な、この三弦橋も姿を消す。
橋は強度を保たすために、鉄骨を三角形に組む。
橋の長さ方向に三角形が現れるのは、どの橋でも同じだが、三弦橋では断面方向も三角形になっている。
この点が値打ちのあるところで、この角度から撮っても意味はないのだが、橋の出入り口には近づけないのでやむを得ない。



2008/5/16「宮脇俊三を偲んで。北海道廃線跡の旅 その3 タウシュベツ橋梁」
R0010805a.jpg
対岸との中間地点まで行くと、向こうにタウシュベツ橋梁が見える。
湖底に沈める際に切った切り株が、半世紀以上経ってもきれいに残っている。不気味な雰囲気である。




2008/5/25「餘部鉄橋から城崎温泉へ」
R0010512c.jpg
列車が強風で落下するという、前代未聞の事故の原因は、あいまいな通過可否決定基準であって
(往事の運転手なら、自己判断できたろう)、鉄橋そのものの構造が問題であったわけではない。
強いて言えば、通常の鉄橋の如く、線路をスッポリ覆うようなトラスが組んであれば、惨事は防げたかもしれない。
トラスを組まなかったのは、足組の構造で鉄橋の強度は確保されており、余分な重量による更なる巨大化を避るという、
設計の合理性から来ているものと思われる。




2008/6/21「日本アルプス横断の旅 3日目 白川郷・白山スパー林道」
R0011052a.jpg
萩町城跡の展望台から見た集落。




2008/9/4「大阪の渡船場 その2-2」
R0011404a.jpg
大阪にもある軍艦島



2008/9/22「三度北海道へ その2 第2日目 旭岳温泉~遠軽~能取湖~知床」
R0011572a.jpg
能取湖の最南端、卯原内にサンゴソウの群生地がある。
この時期(9/16~9/19)に決めた理由の一つが「9月中旬より」とある、このサンゴソウだ。
北海道には何度も来たが岸辺が真っ赤になると言われるサンゴソウを見たことがなかった。
サロマ湖のワッカ原生園や能取湖の他の場所にも「サンゴソウ自生地」はあるが、これほど密に生えている所はない。
観光バスが次々やってきては、記念写真を撮って行く。今週末((9月の第3日曜)にはサンゴ草祭りがあるらしい。




2008/10/27 「今年4度目の北海道は炭鉱跡巡り その1-羽幌炭鉱」
R0011747a.jpg
「ゴーストタウン」となった炭住。樹木がベランダや窓から「侵入」し、自然に戻そうとする。




2008/10/28 「今年4度目の北海道は炭鉱跡巡り その2-幌内炭鉱」
R0011819-1a.jpg
三笠市への戻り道をクロフォード公園手前で右折、しばらく行くと右手に幌内炭鉱立抗櫓の巨大な姿が見えてくる。
この立坑は昭和41年に、発祥の地本沢地区と唐沢地区に出来た新幌内との中間部に建設され、
設備系統、資材搬送の一元化が行われた。
幌内炭鉱は1989年に閉山し、明治から111年に渡る活動を終えた。




2008/11/07「山陰本線各駅停車の旅 2日目 松江-出雲市 木次線 」
R0012041a.jpg
車両を撮ろうと思ったら、偶然手前のススキにオートフォーカスが合ってしまった。
初めての鉄道写真になった。










スマホでブログアクセスはどう変化したか

2015年05月18日 12:22

4/29にスマホ用テンプレートを作りスマホからのアクセスをカウントするようになって、約2週間以上経過した。
前後でアクセスの中身がどう変わったか調べてみた。

uaandpvs.jpg
カウントされるようになったというだけで純増ではないけれど、
ユニークアクセス(UA)は150→200台前半
ページビュー(PV)は200代後半→400台半ばへと、50~60%増加した。



FC2ではuserAgentからOS別の集計も出来る。(unknownがあって100%ではないが)
WindowsとMacでディスクトップ機からのアクセスを、
IPhone、iPad、AndoidにLinux(純粋のLinuxは殆ど無く、ほぼAndroid)を加えた数をモバイルからのアクセスとした。

diskvsmobileas.jpg
4/29以降のアクセス増は、モバイル機からのアクセスが50から200と4倍も増えた事が原因である。


diskvsmobileshares.jpg
シェアで比べても4/29以降は、それまで70%を超えていたデスクトップ機からのアクセスが40%を割るまでに低下している。


andvsiphos.jpg
iPhone系とAndriod系のシェアを比較すると、4/29頃まではiPhone系が70%程度で優勢だったが、
以降はAndriod系が50%近くまで押してきている。


これまでプロバイダー名から割り出した都道府県別のアクセス(月間)が比較できた。
判別できないものも多く、あくまで参考値である。
例えばeonetはoskとかhyg(兵庫)、shg(滋賀)が付いて識別可能にはなっているが、「不明」と出る。
fukenbetsu.jpg
これは今年4月のデータだが、東京がトップで大阪、愛知、神奈川や関東一円の人口の多い県が上位を占める傾向は、不変だった。


fukenbetsu2.jpg
これは今月16日までの半月分のデータだが、東京がダントツでトップになっている。
これはドコモのSPモードが「xgsspn.imtp.tachikawa.spmode.ne.jp」として上がってくるからだろう。
実際には全国をカバーしているようだが、.tachikawaだから東京と判断される。
auやsofbankではau-net.ne.jpのように地名は入ってこない。
もう府県別データーは参考にならない。





「都構想」否決

2015年05月17日 23:44




開票の数字で、賛成が常に反対を上回る中、
突如「反対多数、都構想実現せず」のテロップが出たのには驚いた。

開票率98%でも数十票の差で賛成が反対を上回っていた。
半信半疑で、もし間違えばNHK会長の首が飛ぶぞと、カミさんと話していた。


橋下氏は、政治家を辞めると明言した。
都構想以外の彼の発言には賛同する事が多かったので、残念だ。

充電期間を経て国政に打って出、緊張感を失った自民党を脅かす勢力を作って欲しいものだ。






「都構想」は納入業者も巻き込む選挙戦

2015年05月16日 01:59

昨夜、滅多に連絡の無い旧い友人から電話があった。

「都構想」の住民投票絡みだった。
これまで「選挙」で電話なぞしてきた事は無い。

彼は「府庁」に納入業者として登録されている。
都構想が成立すれば、市庁は実質的に府というか「大阪都」のものになる。
ニンジン(=ノルマ)をぶら下げられて走らぬ業者は無い。
先週のアンケート調査でやや不利が報じられた橋下陣営の票の掘り起こし戦術だ。
目的の為には手段を選ばず、橋下らしいやり方だ。

平松の時の選挙運動も、市職員が総出で職場放棄しての活動で酷かったが、
今度は更に輪をかけて酷そうだ。



友人には、不在者投票を済ませたと逃げた。
彼自身も大阪市民だが、本心はどうだったのだろうか。





ブログ引っ越しの前に

2015年05月15日 09:44

ブログを始めた時はまだADSLの時代で、大きな画像が沢山あると表示に時間がかかった。
それでサムネイルを表示し、見たい人はクリックして大きな画像を見て下さいというスタイルをとっていた。

ブログサイトによって、サムネイルはアップロード時の自動生成のものしか使えないという所もある。
サムネイルを使わないスタイルに換える為に、
古い記事の元画像をダウンロードしては、適当な大きさに縮小してアップロードするという作業をしている。


ブログを始めるきっかけとなった「終の棲家」の建築編と季節が重なっている。
あれから8年経って、父と子を失った。
当時のウキウキとした気分が、記事の端々から伝わってくる。
それが今は何ともやり切れない。