壬生川~わが古里 Part2 天井川トンネル

2015年06月29日 12:33



DSC03927s.jpg
壬生川から国道196号線で今治方面へ向かう。
道路と交差する2つめの川が大明神川である。
交差点で左折して右岸を上流へ向かう。


DSC03923s.jpg
土手を行くと、線路が土手と交差している所がある。


DSC03912s.jpg
下に降りると、確かに短いトンネルが川底を貫いている。

大明神川は度々流路を変える暴れ川だった。
治水が進んだ後も運び出してくる土砂の量が多く、川底が土砂で埋まると掘り出して土手を高くしてきた。
その結果周囲の地面よりも川底の方が高い、天井川が出来上がった。家の天井より高いという意味だろう。

JRで、天井川の川底をトンネルで通過しているのは全国10数カ所ある。ここは四国で唯一の天井川トンネルである。



DSC03920s.jpg
上からだと堰のように見えるが、川底はトンネルの崩落を防ぐためにコンクリートの「蓋」で補強してある。


DSC03929s.jpg
今は水量が減り、度々氾濫した暴れ川には見えない。
かっては、両岸に美しい松並木が続いていたという。



鉄道の記号が川を横断しているが、航空写真ではレールが途切れている。
トンネルは予讃線三芳~壬生川間の三芳寄りにある。少し地図を左上に移動すると三芳駅が出てくる。

幼い頃の大阪~壬生川の移動は、関西汽船で天保山から今治に到着し、予讃線で壬生川へ向かうというルートだった。
この天井川の「トンネル」を通過すると、もうすぐ壬生川だと下車準備を始めたのを覚えている。


[α7S+SEL24240]









サルスベリ~今年は少し早かった

2015年06月28日 13:43

DSC02592s.jpg
例年なら7月に入ってからなのだが、今年は少し早くサルスベリが咲いた。

5月末から2週間置きに3回薬剤を散布したので、アブラムシは見あたらない。



DSC02595s.jpg
そのかわり枝の先に白い粉がついている。
サルスベリのもう一つの大敵、うどんこ病らしい。
アブラムシには効かないのでお蔵入りになっていたベニカXを散布した。
来年からは、これも混合したほうが良さそうだ。


[α99+SAL100M28]







壬生川~わが古里 Part2 東予国民休暇村

2015年06月26日 10:36



DSC03831s.jpg
翌20日、法要の後全員で墓参り。
ここの墓はみんなでかい。
一基辺りの区画が大きいから、大きな墓が建てられる。
誰かが大きな墓を建てると、以降は横並びで小さな墓は建てられなくなるのだろう。
「分家」と「母屋」「本家」の意識もそれを助長する。


DSC01904s.jpg
「なおらい」に東予国民休暇村へ行った。今は休暇村瀬戸内東予というらしい。
昭和30年代、海岸沿いに今治経由で西条と松山を結ぶ国道196号線(通称産業道路)が整備されたのと同時期に出来た。
「瀬戸内工業地帯」の一角を担う市として、東予市が成立したのもこの頃だった。

しかし、10年程前に西条市と合併して東予市は消滅した。
「東予」の名を残す貴重な施設である。
地元では単に「休暇村」と呼ばれて親しまれている。
以来、建物は何度か手が入れられて現在に至っている。
地域外からの宿泊客だけではなくて、宴会場や日帰り温泉として地元の需要があるのだろう。



DSC03911s.jpg

DSC03908s.jpg
海岸の高台にあるので景色は良い。


DSC03845s.jpg
3階の温泉には源泉から温泉がパイプで供給されている。
少しぬるめであるが、その分長い時間浸かって景色を楽しむことができる。


DSC03848ds.jpg
隣の露天風呂から一枚。
「休暇村」の下の海岸は海水浴場になっている。
「唐子浜」や「桜井」の方が大きな海水浴場だが、自転車で休暇村の坂を登らなくてはならない。
脱衣場もシャワーも無いが、手軽なので従兄弟達とよく来た。

右端の高架は「松山自動車道」と「しまなみ海道」を結ぶ高速道路で、あと少しで完成する。
この道路建設の一環として、国道196線が今治市内をパイパスするルートで造り替えられた。
新しい建物はバイパス沿いに建てられ、今治市の旧市街はすっかり寂れている。

壬生川も東予市の旧市街で、196号線の整備とともに賑わいは国道沿いに移った。
その国道沿いの賑わいは、今度は高速道路のインターが完成するとその周辺に奪われた。

壬生川の町を散歩していても、人と出会う事が少ない。
子供の歓声なぞ遠から聞かない。
昔は足を運ばなくとも、乳母車を押した行商の人からいくらでも野菜や魚介を調達できたが、
いまやスーパーもインター近くに移転してしまって 、下着等の日用品さえそこまで行かないと手に入らない。

徒歩圏にスーパー・コンビニ無し、衣料品店無し、魚屋・八百屋無しで、医院だけはどこにでもある。
高齢者は地方都市へ行けと政府は言うが、車社会となった地方都市は、都会より住みにくい。
高齢者の保険利用で儲けているのだから、医院で高齢者向けに野菜や魚を販売させたらどうだ。勿論「義務」付けで。



[α7S+SEL24240]
2枚目のみ[NEX-5R+SEL1018 換算15mm]




津田の松原SAの讃岐うどん~あなぶき家

2015年06月24日 09:13



さらに寄り道。

高松自動車道の津田の松原SAには、上下線とも讃岐うどんの店が入っている。
前回両方に入って食べ比べをしたら、下り線の店の方が旨かった。

今回も下り店に入る。
宇高連絡船があった頃は高松駅前でやっていたが、連絡船が無くなり駅前再開発で立ち退き、ここへ移転したという。

DSC01900bs.jpg
私は、ぶっかけうどんの冷や熱つを頼んだ。
非常にコシが強く、咀嚼に時間がかかる。カミさんは歯が悪くて食べられないという。
メンそのものの旨みも濃い。

カミさんは冷やかけうどんを注文した。
冷やしたかけうどんに冷たい出汁がかかっている。
うどんの温度はぶっかけと同じくらいに低いが、コシの強さは普通だ。
生地は同じなので、ゆで方でコシの強さを加減しているようだ。


DSC02589s.jpg
家でも味を確かめたくてパッケージを買った。
ゆで時間は11分とあるが、ぶっかけなら6~7分で充分だった。
出汁は醤油味が強くて、店の味とは違っていた。







渦の道

2015年06月22日 12:07



6/19
義父の33回忌で、昨年に引き続いて壬生川に行った。

淡路島と四国を結ぶ大鳴門橋の袂に「渦の道」という、遊歩道と展望台を備えた施設がある。


まず鳴門公園の千畳敷展望台からの大鳴門橋
DSC01893s_20150622111134825.jpg
[NEX-5R+SEL1018]

DSC03779_2s.jpg
[α7S+SEL24240]

共に広角端のJPG画像で、上は換算15mm下は24mmだが、ぱっと見には同じ画角に見えてしまう。
上の写真には橋の向こうに小さな島が写っている。下ではその島が右端に入ってしまっている。
これだけの違いがあると言うべきか、これだけの違いしかないと言うべきか。



DSC03793s.jpg
遊歩道には所々真下を覗ける窓が、床に設けてある。


DSC03788s.jpg
壁は金網だけで、吹きさらし。展望台に着く頃には汗が引いて寒くなってきた。



DSC03822s.jpg

DSC03819s.jpg
渦は刻々と場所を変えて起こっている。同じ場所には現れない。
「今日は大潮で渦がよう廻いとる。ええ日に来られた」とボランティアガイドの方がおっしゃっていた。
上から眺めるので、渦で海面が凹む様子は見られないが、なかなか迫力がある。


DSC03798s_20150622114251a1f.jpg
観潮船が橋の下に張り付いている。
船腹の前後にもスクリューを持っているので、渦と一定間隔を保ち続けられる。


DSC03809s.jpg
帆船型の観光船もやってきた。
こちらはスッと横切るだけかと思ったら、しつこく渦を追い続ける。
通常の観潮船と同じ装備を持っているようだ。


DSC03816s.jpg
やがて、2隻とも客を堪能させて去って行った。
こちらももう充分に観た。

鳴門公園を出たところに、陶器タイルで古今の名画を再現した「大塚美術館」がある。
入ってみようかと思ったが、その向かいにある大塚の「迎賓館」の建物が余りにケバケバしくて品が悪いので、行く気が失せてしまった。



親父の影

2015年06月19日 10:04

夢のなかに、父が出てきた。
いつまでも、元気でいてくれよ!

と、思ったら眼が覚めてきた。

親父はどこに居る・・・・・

5年も前に死んでしまった。


いつまでも親がいるものだと思って生きてきたから、
死んでからも、それが意識下に残っている。

「親を空気みたいに思ってやがる」(居て当然)と言ってた事もあったなあ。


DSC02586s.jpg
親父が育てていた南天の花が咲いていた。
一度枯らしてしまったが、根が生きていて復活した。


撮影[α99+Sigma MACRO 50mm F2.8 EX DG]Capture oneで補正



楽天の悪徳商法にやられた

2015年06月17日 10:16

楽天の検索システムは、ルーズで沢山のゴミが入ってくる。
検索ワードで「すべてを含む」にしておいても、ORになっているらしく、部分的にしか適合しない商品が入ってくる。
その上、関係のない商品を「PR」として上位に並べてくる。
誤発注になる可能性の高いシステムだ。

商品名ではなかなかヒットしないシステムだが、型番の判っている商品では、型番を使うとヒット率が高くなる。
カメラのレンズでは価格.COMより安く買える事もあった。


先日、車のホディカバーをこれで発注したら、小さすぎて使えないものが届いた。
フィットするサイズの型番を入力した筈なのに・・・・・
再度その型番を入力してみると、別のより小さい商品の型番が入って来ていた。

楽天のシステムの不正確さが、とうとう型番検索にまで及ぶようになったのか、
それとも出品店が、「関係商品」としてサイズの異なる商品の型番を加えるようになったのか。

どっちにしても、購買者を騙す行為だが、
発注前に型番の確認を怠ったのは当方だから、どちらにもクレームをつける事ができない。
別の店で買い直す羽目になった。


三木谷さん、こんな事で売り上げを増やしたって駄目だよ。

もう二度と楽天は使わないからね。


α7S と Capture One 8 無料の高性能RAW現像ソフト

2015年06月15日 10:25

昨年9月から Capture Oneがソニーのカメラで撮った画像データなら無料で使えるようになっている。
正式名は Capture One Express (for sony) 
イマイチだったImage data converterに替わるRAW現像ソフトだ。
50USD でフル機能版になる(SONY機限定)が、現像機能は変わらない。


captureoneopens.jpg
ソフトの起動に時間がかかるが、ファイルはディレクトリごとコピーしてくるので、他のブラウザーソフトは必要ない。
操作は直感的で、動作は速い。Image data converterのように、焦って次の処理を入れるとソフトが落ちてしまうと言う心配は無い。



cameraprofiles.jpg
RAW画像をクリックすると、撮ったカメラのプロファイルが自動的に読み込まれる。
α700から最新のα7Ⅱまで、RX100のようなコンデジも含めて網羅されている。


hidynamics.jpg
よく使う処理が「クイック」メニューに集められている。

現場では不十分だった「露出」補正がじっくりできる。
RAWがあれば「明るさ」でやるより自然で、カメラ内でやるのと同じようなレスポンスが得られる。

「ハイダイナミック」は簡易HDRだが、Image data converterのそれより使い易い。

「クラリティ」では色のダイナミックレンジを上げられる。輝度も同時に変わるようで「露出」の「コントラスト」を弄るよりよい結果が得られる。
「ストラクチャー」はシャープネスを変化させる。


DSC03726s.jpg
陽の当たっている所と、そうでない所で明るさに大きな差がある。

DSC03726_1s.jpg
「ハイライト」を右へスライドさせて明るい部分のみ、明るさを押さえる。
オーディオで言えば、トーンコントロールのターンオーバー周波数を高く設定しているようで、
Image data converterより中間的な明るさの部分への影響が少なくて、メリハリがよく残る。


DSC03726_2s.jpg
JPG画像では、うまく行かない。


DSC03535sam1s.jpg
谷汲山では山門の木組みを残しておきたくて、庇の辺りに測光点を持っていった。
日差しが強くて、白飛びしているようだが、


DSC03535sam2s.jpg
「ハイライト」を50%くらいまで下げると、空も地面のパターンも甦ってくる。


もう少し空の色を濃くしてみたいが、これ以上ハイライトを下げないで「カラーエディター」を使う。

colorcollects.jpg
矢印の「スポイド」をクリックしてONにしてから、空の部分をクリックする。
「選択されたカラーレンジのみ表示」にその色が出てくる。
この場合は色相と彩度を少し上げた。


DSC03535sam3s.jpg
補正後



DSC03734s.jpg
SEL24240は広角端の歪曲歪みが大きい。


distortionas.jpg
「構成」メニューに「レンズ補正」があって、ディストーションを目で追いながら調整できる。
周辺光量落ちやパープルフリンジの補正メニューもある。


DSC03734_2s.jpg
操作はスライドバーをマウスで動かすだけなので簡単。


DSC03734_1s.jpg
補正後


DSC03058_1s.jpg
PlayMemories ではRAWデータもカメラ内で歪みを補正した後の絵がでるが、

DSC03058s.jpg
Capture One では未補正のまま出てくる。

と思ったら、「Manufacture Profile」を選べばカメラ内補正後のRAWファイルが出てくるようだ。
「Generic」あるいは「Generic Pincushion distortion」を選べば、未補正のままで出てくる。



distortion2s.jpg
ソニーではα65以降のカメラは、純正レンズならカメラ内で歪曲歪み、色収差や周辺光量落ちを補正するようになっている。
カメラ内補正がない場合も、レンズプロファイルがあれば自動でできる。

尤も、あれだけの歪曲歪みを容認するのなら、もっと小型軽量化できなかったのか→SEL24240と思う。

distortionsonys.jpg
EマウントのカメラはAマウントレンズの情報を持っていないので、アダプター経由でAマウントレンズを使った場合は、
これを使用する事になる。
APS-CのEマウントレンズが何本か上がっている。これは、どういう場合を想定しているのだろう。
RX100シリーズに至っては、そもそも何故プロファイルが有るのか理解できない。


distortionsigmas.jpg
サードパーティではシグマのデータはあるが、残念ながらタムロンは無い。

MFTはカメラ内補正を前提としている。
こちらもVer7.2以降(現在の最新バージョンは8.3)カメラ内補正後のRAWデータを吐き出すようになっているらしい。



SLIKYPIXも、Capture One 同様メーカー固定で、パナソニックのカメラ撮った画像なら無料で使えるが、
他のカメラのものではJPG画像を読み込む事も出来無い。
一方Capture One は、RAWは無理でもJPG画像なら読み込んで処理する事ができるので、フォトレタッチとしても使える。




西国33箇所 その5 第4番槙尾山施福寺~最難関札所

2015年06月12日 10:11



6/7
巡礼で先行しているカミさんが、ここと比べたら他の札所はたいしたこと無いと言い切る。
天気予報では明日から雨の日が多くなる。日曜日だが、この札所に一人で行っておこうと思いたった。
駐車場が混む前にと、6時半に家を出た。

DSC03728as.jpg
家から1時間で登山口に到着。
一番近い駐車場は20台くらい駐められそうだが、既に半分以上埋まっている。
寺はまだ閉まっている時間だ。33箇所巡りの人ではなく、地元の人が、早朝参拝をしているのだろう。
飲み物を用意しておきたいが、あてにしていた登山口の店はまだ閉まっている。自販機も無い。


DSC03730as.jpg
最初は舗装した幅の広い道だが、見た目以上に勾配がきつく、早くも息が切れる。


DSC03733s.jpg
仁王門に到着。ここから本格的な山道に入る。

DSC03740s_20150608162342d20.jpg
石段は不揃いだし、木の根っ子が張り出して歩きにくい。

DSC03743s.jpg
上へ行く程勾配がきつくなるが、石段は整備されてくる。
肺は酸素を求めて止まないが、足下は楽になった。
休みたいが休憩するような場所は無い。

DSC03746bs.jpg
ようやくあと「一丁」の道標が出て来た。もう少し。

DSC03747bs.jpg
勾配は少し緩んだが、また歩きにくい道に戻る。


DSC03749s.jpg
愛染堂。 空海がこの場所で剃髪、得度したという。


DSC03750s.jpg
この階段を登り切れば、ゴール。

DSC03771as.jpg
本堂到着。
8時丁度。「標準時間」の30分で登ってきた。


DSC03753as.jpg
正面
ベンチで呼吸が落ち着くまで休憩。濡れたシャツを取り替える。
以前は茶店があったようだが、無くなっていた。



DSC03769s.jpg
本堂前の広場の先に展望台がある。
手前右が岩湧山、向こうの少し霞んでいるが金剛山。
晴れた日に来て良かった。


DSC03764s.jpg
「西国第四番」の提灯が上がっている。
今までの寺より規模が小さい。
元は真言宗だったが、江戸初期に天台宗に宗旨替えしたという。
信長・秀吉の焼き討ちにもあった事となにか関があるのだろうか。
その後も火災に遭って、現在の建物は幕末の頃に建てられた。
そのためか建物や仏像で国宝や重文に指定されているものは無い。


DSC03759s_20150608174523012.jpg
拝観料500円也を払って巡礼ツアーでは入らない内陣に入る。
本尊の弥勒菩薩。脇侍は向かって右に文殊菩薩、左が十一面千手観音
誰もこないので、ここでお経をあげた。
西国33箇所の札所としての本尊は十一面千手観音だが、これとは違うようだ。


DSC03760s.jpg
更に奥に入ってくと、本尊と同じくらいの大きさの「方違大観音」が置いてある。
異様なくらいの大きさだ。

DSC03762as.jpg
ちょっと見ると千手観音のような弁財天。

DSC03763s.jpg
馬頭観音。この逗子の裏に、年に一回開帳される十一面千手観音が治められているらしい。
くるりと回せばOKというわけだ。

これら4枚の写真ではα7Sの高感度特性の賜物だ。
上から、ISO12800、25600、40000,16000

DSC03756s.jpg
馬の象が境内に奉納されている。
馬頭観音と関係があるのだろうか。

台座には大阪市内の「萬野汽船」という会社名が刻んである。
ちょっとネットで調べてみると
『かつては外航海運業を行い、最盛期には貨物船17隻、総重量トンで70万トンを保有していましたが、
現在は海運業はお休みし、グループ全体の持株会社として活動しています。』。
また創業者が御堂筋に萬野美術館を建てて収集品を公開していたが、低金利で運営に行き詰まり、既に閉館したとある。
創業者の萬野裕昭という人は、高松の金刀比羅宮にも馬の像を奉納している。金比羅さんなら海運に関係があるが、この寺は・・・・・。



DSC03775s.jpg
右は登ってきた石段で次の札所「ふじいでら」とある。
左の道は「こうやさん」になっていた。ダイヤモンドトレイルという尾根の縦走コースになっているらしい。


DSC03778s.jpg
仁王門まで下山。
膝が笑う前に降りてこられて、ホッとする。

そろそろ9時になる。観光バスでやってきたらしい団体と出会う。
駐車場はほぼ満杯。
帰り道で10台以上の車とすれ違ったが、またバックしてこないと登山口近くに駐車場はない。早朝に来て正解だった。



撮影[α7s+SEL24240]Capture one で補正

走行距離74km


たつの市散歩

2015年06月10日 09:22



書写山円教寺を見終わってまだ午後1時だったので、車で30分ほどのたつの市へ向かった。
数ある「小京都」の一つで、脇坂家龍野藩5万石の城下町でもある。
揖保川の右岸が城のある旧市街で、観光スポットが集中している。


DSC03725s.jpg

DSC03693s.jpg
「武家屋敷ゾーン」に入った。雰囲気はあるものの、それらしき外観の家は無い。
ただ、驚いたのは街路が綺麗に掃除されている事。植栽のある家が多いが木の葉一つ落ちていない。
道路に白い点がいっぱいあるので、花びらが落ちているのかと思ったら舗装の装飾だった。
こんな所に住んだら、気苦労が多いのだろうなと思う。


DSC03723s.jpg
綺麗に整備されていて、外観からは旧い武家屋敷と思えないけれど、「武家屋敷資料館」に入ってみた。入場料無料。


DSC03692s.jpg
建物だけで家具等は無い。住人は居なくて、整備保存しているだけという。
京町家同様、間口より奥行きの深い家で、明かり取りの中庭がある。
とは言っても戸建てで、裏には離れもあるので敷地は100坪はある。
パンフレットには二人扶持とあるが、そんな下級武士の屋敷とはとても思えない。



DSC03695s.jpg
ちり一つ落ちていないし、人っ子一人居ない。眠ったような町をぶらぶら歩いていたら、龍野城があった。
ここからの映像しか見ないので、ここだけだろうなと思ったていたら、案の定この隅櫓だけが再建されていた。


DSC03702s.jpg
最も長く統治した脇坂家は外様だったので、城郭は再建せず陣屋だけの城だった。
この本丸御殿のも再建されたもの。ここも入場料無料。


DSC03701s.jpg
明かり取りの中庭は石庭になっている。


DSC03700s.jpg
豪華な金箔張りの部屋は「ヒガシマル醤油」寄贈。
もとは花鳥風月が描かれていたらしい。



DSC03705s.jpg
城の正門を出て


DSC03704s.jpg
左に行くと三木露風の生家があった。
龍野市は「赤とんぼ」の町をウリにしている。
ここも無料でPRに勤めているが、露風は幼い頃に両親が離婚し、祖父に育てられたはずだし、歌人としての活躍は
早稲田卒業後の東京なので龍野とは縁が薄い。

「負われて見たのは」が母親の唯一の思い出だったのかもしれない。
ここはパス。


DSC03710s.jpg
ヒガシマル醤油の旧本社社屋が、醤油資料館となっている。
この建物自身、登録有形文化財となっている。


DSC03713s.jpg
同じ醸造なので、置いてある物は造り酒屋と変わらない。
薄暗くして雰囲気を出しているが、α7Sなので気にせずシャッターが押せる。


DSC03707s_20150604163945bf7.jpg
旧そうな町並みを撮って龍野はオシマイ。

名前に惹かれて来たものの、旧い家並みが固まって残っているわけではないので、観光客を集めるのは難しいという印象だった。



撮影[α7s+SEL24240]Capture one で補正

走行距離251km