70番本山寺~残念な五重塔 四国88箇所車遍路(73)

2016年05月30日 09:39



DSC06674s.jpg
12時35分本山寺到着。
駐車場のすぐ前が、この重文の仁王門だった。


DSC06706s.jpg


DSC06703s.jpg
境内はゆったりとしており、鐘楼と大師堂の間にもう一つ門があった。


DSC06679s.jpg
こちらは、門だけが形式的に建っている仁王門と違って両側に塀をがある。
葬式等の寺の催事には、こちらの門が使われるのだろう。


DSC06676s.jpg
鐘楼の天井には格子天井になっている。


DSC06682s.jpg
大師堂

DSC06692s.jpg
大師像と、5体の如来の内の大日如来が不在。


DSC06683s.jpg
国宝の本堂


DSC06684s.jpg
88ヵ寺の内でも高知県の竹林寺と香川県の志度寺、善通寺とこの本山寺の4ヶ所だけという五重塔は修復に入っており、
仮屋にスッポリと覆われてその姿をうかがい知る事は出来なかった。


DSC06686s.jpg
本尊の馬頭観音は秘仏であるが、五重塔の修復資金を集める為に公開されている。
500円で秘仏が見られるなら安いものだが、カメラの感度を上げて中を見ると撮影禁止とある。
文化財になっている訳でもないのでパスした。


DSC06695s.jpg
本堂の裏の納経所に行くと、解体した五重塔の水煙が展示してあった。


DSC06696s.jpg
ふと納経所の屋根を見上げると、鬼瓦の代わりに馬が上げられている。
本尊が馬頭観音だからだろうか。

DSC06687s.jpg
そういえば本堂の前には実物大の馬の像が2体奉納されていた。
馬頭観音に肖ろうと日本中央競馬会が寄進したのか。


DSC06701s.jpg
仁王門の近くに、やや簡素な造りのお堂がある。
満州開拓慰霊堂/資料館とある。
お堂の右にある拓魂堂之碑と彫られた石碑を読んでみると、
昭和初期に貧農対策として(国の方針とも一致して)ここ三豊地区から1000人の開拓団が満州に渡った。
しかし、まもなく終戦となりロシア軍の侵攻によって多くの犠牲者を出したとある。

普通開拓団の慰霊碑であれば、気候や自然災害による犠牲者を弔うものだが、ここは戦争による犠牲者が祀られている。
父が「ひどい時代」と言っていたのは、経済恐慌や5.15、2.26のテロだけでなく、
人を石ころのように使い捨てる政策が公然と取られるような時代背景をも指してしたのだろうか。

忠魂碑の裏側ではこんな悲惨な事が起こっていた。


DSC06700s.jpg
内部には当時の写真と、奥に仏様が一体置かれていた。


[α7S+SEL24240]Capture Oneで補正


手打ちうどん渡部

2016年05月27日 09:41



P1020638s.jpg
香川県での昼食は讃岐うどんを食べる事にしている。
今回の行程では71番弥谷寺と70番本山寺の間が最も移動距離が長いので、ルートになる国道11号線沿いの店を探しておいた。
正午前の時点で最も近かったこの店に入った。
ここも人気店なので駐車場は店の前も後も一杯で、我々のが最後の1台だった。


P1020635s.jpg

P1020636s.jpg
ぶっかけ、釜上げときて、次はかけうどんを食べる事にしていた。
この店は特異な形をしたエビ天の天ぷらうどんが有名だが、ワカメうどんにしてみた。

手打ちとあって麺は少し太めで不揃いなのも入っている。
注文して直ぐに来たところを見ると、茹でたてではなく予め茹でたのを湯通ししているようだ。
そのせいか私もカミサンもやや硬いという感想だった。
ピーク時に客をはかす為には、湯通しは仕方ない事なのだろう。


出汁はイリコという事だが、こんな旨いのは初めてと思うほど美味しかった。

イリコは大阪ではジャコと言う。
今と違って、子供の頃はこれが最も安かったので、何でもジャコで出汁を取っていた。
最後まで具に入れてあったので、たまに間違えて口に入れてしまう事もあったが、その不味い事、不味い事。
出汁を取る前の干物は、祖父が立ち飲みに行く時にアテとしてポケットに入れて行った位だから、それぼと不味いものではない筈なのだが。
そんなんで、余りいい印象は無い。
そのうち昆布やカツオを使うようになり、いつしか家では見ないようになった。

ところが、ここのは全く違う味になっている。
魚くささが全く無く、昆布やカツオとはまた別の非常に上品な味がする。
出汁は、引き上げるタイミングで全く違う物に化けるのだと思い知った。


[GX7+LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8]




71番弥谷寺~香川県の最難関札所 四国88箇所車遍路(72)

2016年05月25日 10:17



5月18日
本日の3寺目は540段の石段を有する弥谷寺である。
10時30分到着

500円要るが上の駐車場まで行ってその半分をカットする予定だった。
ところがコインを入れればバーが跳ね上がる「料金ゲート」が見あたらない。
参道と平行する道路は寺の運営するバス専用になり、一般車は入れなくなったようだ。
料金は1人500円。車だと1台500円だったので同行者の分も別途必要になる。
それなら終点の本堂まで行ってくれればいいのに、まだ工事中だという。

ままよと全段を徒歩で上る事にした。

DSC06609s.jpg
参道の石段を上り始めると直ぐに、休む人が俳句を読んでいくという俳句茶屋があらわれる。


DSC06607s.jpg
夥しい数の短冊が店の内外を問わずに並んでいる。


DSC06610s.jpg

DSC06671s.jpg
すぐ上が山門。

DSC06613s.jpg
巨大な岩石の間を縫って参道が造られている。
山岳宗教の面目躍如としいうところ。
ただ山道に自然石を並べてあるだけの参道とは違って、コンクリート製の階段は、段差も踏み面も一定しており歩きやすい。


DSC06615s.jpg
金剛拳菩薩の処までやってきた。
石段はほぼ半分通過。
「料金ゲート」を通ってここまで車で来るはずだったが、歩いても拍子抜けするくらい楽に来られた。


DSC06616s.jpg
ここから108段の階段が始まる。

一気に上がると、普段の運動不足がたたって少々息が切れた。
寺の送迎(じゃなくて送だけ)バスならこの高さまで来られるが、バス停からは水平に大分歩かなくてはいけないようだ。

この先少し階段を上がると大師堂があり、右に本堂への参道が延びている。

DSC06619s.jpg
ベンチで少し休んで大師堂へ。
外からではなくで、中でお参りするので靴を脱いで上がる。


DSC06620s.jpg
大師堂内の参拝所。
本堂より立派だが、これだけではない。


DSC06637s.jpg
納経所や参拝用品の売り場を通って裏へ回る。


DSC06633s.jpg
参拝所の裏側。


DSC06627s.jpg
振り返った所に「獅子の岩屋」がある。


DSC06628s.jpg
かってここで弘法大師が修行されたという。


DSC06631s.jpg
天然の岩屋で、ここから外光が入ってくる。


DSC06638s.jpg
ここへ来る階段の途中、この「窓」が見える。


DSC06636s.jpg
今上陛下とあるから現天皇の事だろう。「無窮」という文字からすると御世がいつまでも続きますようにという事か。


一旦108段の階段まで戻って、本堂へ向かう。

DSC06640s.jpg
少し広い所に出ると、苔むした岩の上に多宝塔が建っている。


DSC06670as.jpg
大師像があって

DSC06642s.jpg
鐘楼がある。


DSC06643s.jpg
こういう建物の形をとった鐘楼は鍵がかかっていて中へ入れないものだが、ここのは中で鐘を突く事ができる。
ちょっぴり感動を覚えつつ鐘を突いた。


DSC06647s.jpg
大師像の後ろの十全堂の縁側に鐘楼が置いてある。
こちらは古いモノなのか。


DSC06649s.jpg
更に岩を削って造られた階段を上っていく。


DSC06650s.jpg
本堂の反対側にある天霧城は、中世香川氏の山城だ。
弥谷寺は標高382mの弥谷山の中腹にあるが、その隣にほぼ同じ標高の天霧山がある。
天霧山の頂上を本丸とした天険の要害だったらしいが、長宗我部元親に兵糧攻めにされて落ちたという。


DSC06651s.jpg
平らな道を少し歩くと「水場」が現れる。
死者の霊をここで「降ろす」のだという。
今でも死者を担いでくるような格好をしてここまで来るとか。
それは弥谷寺以前、仏教伝来に先立つ神道系宗教の「儀式」だったのではないだろうか。
山中の岩場で水が常に涌き出ている処というのは、どんな宗教でも「霊場」にしたくなる場所だ。


DSC06659s.jpg
崖に3体の磨崖仏が彫られている。
釈迦三尊だとされている。


DSC06653s.jpg
「水場」からは、木魚を叩くような音がずっとしている。
なにか仕掛けがあるのか?


DSC06655as.jpg
柄杓の先に水滴が当たる音だった。
誰かが使った後で置いた所が、偶々水が落ちてくる場所だったのか。
あるいは・・・・・・・。


DSC06661s.jpg
とうとう540段の階段を上がりきって本堂にやってきた。


DSC06667s.jpg
奥行きが取れないので、岩屋寺と同様に背後の岩を削って建てられている。


DSC06664s.jpg
ご本尊は・・・・、
ここも泰山寺や栄福寺のように「ガラス戸」の反射に遮られて中が見えない。


DSC06665s.jpg
自分の影を利用すればもう少しなんとかなりそうだが・・・・。


DSC06668bs.jpg
振り向くと、この景色があった。
眺望の利かない山の中の階段を黙々と上って来たら、いつの間にかこんなに高い所まで上っていた。


540段の石段という大変そうだったが、全部上りきってはじめて大師堂や本堂に行き着くのでなくて、
金剛拳菩薩、大師堂、多宝塔・鐘楼、水場、本堂を巡るうちに540段を上ってしまうので、思った程ではなかった。




[α7S+SEL24240]Capture Oneで補正


 

73番出釈迦寺~山の麓で良かった 四国88箇所車遍路(71)

2016年05月23日 10:14



DSC06580s.jpg
曼荼羅寺を出て緩い坂道を暫く登っていくと、正面の山の中腹に建物が見えてくる。
捨身ヶ嶽禅定と呼ばれる出釈迦寺の奥の院で、以前はあそこに出釈迦寺があった。
江戸時代に麓にも寺が建てられ、1920年に現在の寺が正式な札所になった。

左の山は我拝師山で、72番曼荼羅寺も、73番出釈迦寺も共に山号は我拝師山になっている。
我拝師山・香色山・筆ノ山・中山・火上山は総称して五岳山とよばれ、善通寺の山号屏風浦五岳山はここから取られている。
香色山麓の善通寺はこの山の向こうにある。


DSC06582s.jpg
普通、松葉は二叉だがこの松のは三つ叉とされている。


DSC06583s.jpg
それは間違いないようだが、子宝とはとっくに縁が切れているので落ち葉は持ち帰らなかった。
(みんなが生えているのを持って帰ってはたちまち坊主になってしまうからだろうが、
生えているのをちぎっては駄目で、落ちているのを拾わないといけないとされている。)



DSC06602s.jpg
我拝師山を背後にした大師像。


DSC06586s.jpg
9時34分、我拝師山の扁額がある山門に到着


DSC06588s.jpg
本堂

DSC06587s.jpg
大師堂

DSC06596s.jpg
ご本尊は御簾の向こう。


DSC06598s.jpg
大師像もお顔の上半分が御簾に隠れている。


DSC06594s.jpg
境内は小ぢんまりとしていて、垢抜けず、いかにも四国遍路の寺という雰囲気がある。


DSC06590s.jpg
本堂の脇の階段を上がると地蔵堂があり、空海が幼少の頃、
衆生を救えないのであればこの身を滅ぼせと、身を投げた捨身ヶ嶽の遙拝所になっている。


DSC06591s.jpg
納教所で通行料500円を出せば車で奥の院・捨身ヶ嶽禅定まで行けるらしいが、パスしておく。

DSC06592s.jpg
奥の院の建物も綺麗に維持されているようだ。
投身自殺未遂は、後世創られた伝説なのは明らかだが、その伝説だけでこの寺と奥の院が檀家も無しに成り立っている。
これこそ大師の「ご利益」だろう。




[α7S+SEL24240]Capture Oneで補正


72番曼荼羅寺~歴史は古いが新しい寺 四国88箇所車遍路(70)

2016年05月20日 09:20



5月18日
昨年12月の74番甲山寺以後、はからずも5ヵ月も空いてしまった遍路を再開する。
今日は、72番曼荼羅寺、73番出釈迦寺、71番弥谷寺、70番本山寺、69番観音寺、68番神恵院、67番大興寺、66番雲辺寺とほぼ逆打ちで8ヵ寺回る予定だ。

今年は閏年で逆打ちで回ると御利益が3倍とか、元祖お遍路の衛門三郎が大師に巡り合った60年に一度の丙申(ひのえさる)に中るとかで、旅行社が力を入れている。
お遍路は「御利益」を求めてするものではないと思うので、逞しい商魂には辟易させられるが、人が多いのは間違いないらしい。
去年の1.5倍という話も耳にする。
「団体さんとの遭遇」を避ける為には、昨年とは逆で順打ちで回った方が良いのだが、カミさんの実家に寄る都合が出来て逆打ちで回る事になった。


DSC06544s.jpg
9時0分曼荼羅寺到着
縁起では四国霊場で最も古い推古四年(596)の創建となっている。
「大師が建立」したのでのはなく、大師の一族の佐伯家の氏寺という事なので信憑性はある。
善通寺も元は佐伯一族の氏寺だったというし、よほど有力な豪族だったのだろう。
規模は大きくないが裕福な寺のようだ。
大きな有料駐車場が2つあって観光バスが停まっている。




DSC06546s.jpg
仁王像はユーモラスな表情をしている。


DSC06548s.jpg
山門を潜ると、手入れの行き届いた参道の向こうに本堂が見える。


DSC06575s.jpg
手水場の手前に石橋があって、下にはちゃんと水も張ってある。
次の出釈迦寺は山(我拝師山)の麓にある。


DSC06554s.jpg
鐘楼になにやら札が貼ってある。
「力をぬいて、かるく、ゆっくりと突いて下さい。南無大師遍昭金剛」と鐘の付き方が書いてある。
軽く突いた方が打撃音が出ず、音が濁らないのは判っているが、一回だけとなるとつい撞木の振幅が最大になるように振ってしまう。
ま音色を楽しむ為に突いているのではないし・・・・・。


DSC06557s.jpg
本堂の建物は新しそうだ。


DSC06570s.jpg
梁や柱の彫刻も江戸時代のものと比べると随分簡素になっている。


DSC06563s.jpg
ご本尊。
大日如来かどうか判別が付かないが、前仏で本物の本尊ではないだろう。


DSC06558s.jpg
本堂の右の観音堂に、平安後期の作とされる聖観音が祀られている。


DSC06562s.jpg
かって境内に枝を円形に張った大きな松があったが、松食い虫にやられて枯れてしまった。
その幹を一刀彫にした笠松大師。
枯れてなお寺の名物となる。


DSC06566s.jpg

DSC06568s.jpg
大師堂は更に新しい。
この団体さんが読経を終えるまで「個人客」は待機。


DSC06572s.jpg
大師像から縁結びの紐が伸びている。


DSC06573s.jpg
四国の寺や墓地に行くと必ずこの碑がある。
亡くなった人を悼むと言いつつ実は戦争鼓舞の為に建てられたもので、これも某陸軍中将の揮毫と記されている。
はなはだ目障りで異物感があるのだが、歴史的な遺物として捉えるしか仕方が無いと思っている。



DSC06578s.jpg
車は曼荼羅寺の駐車場に置いて、次の出釈迦寺へは歩いて登る事にした。
歩き始めると沢山のツアーの人が降りてきた。行き違いで良かった。

途中、お接待のお茶屋がある。
緑茶が頂けるらしいが、歩き始めで喉も渇いていないのでスルー。




[α7S+SEL24240]Capture Oneで補正

へーベルハウスの保険 その3 保険の相続

2016年05月18日 09:52



保険期間が長くなると契約者が死亡して、家族が相続するという事態が発生する。
「終の棲家」の場合、家の登記はカミさんと共有名義になっているが、保険契約者は一名に限るというので私がなっている。

それで代理店(へーベルのファイナンシャル事業部)の担当者に、私の死後、家族が保険金を受け取るのにどんな書類が必要になるのか聞いてみた。
すると登記を実態に合わせる必要があるという返事が返ってきた。
表題登記の甲部の変更なので図面等は必要ないが、所有権の変更となれば登録免許税が必要になるかもしれない。 
下手に司法書士に頼めば、掛け金の残額以上の費用が必要になる。

普通、家の登記というものは売買でもしない限り変更はしない。
共同所有者が亡くなる度に変更する事が必要なら、司法書士は儲かって仕方無い。

代理店では埒があかないので、保険会社に直接聞いてみた。
ところが、コールセンターでは出てくる担当者によって、変えなくて大丈夫という答える人もあれば、変えておかないと保険金がおりるのに時間がかかりますという人もいる。
こんな大事な事なのに何故統一した答えが出てこないのだ。

とうとう東京海上日動本社の担当部署にまで問い合わせたら、「保険金の支払いに公的な書類は必要ありません」という答えが返ってきた。
非常の際に支払われる金なのだから、受け取り人の確認さえできればいいはずだ。リーゾナブルな答えである。



農協が代理店をやっているようなケースではありがちな事らしいが、
まさかヘーベルハウスがやっている代理店がこんな怪しからん回答をしてくるとは思いも寄らなかった。

そういえば、届け出印の印影は出せませんと答えた証券会社の担当者もいた。
人の言うことを鵜呑みにせず、自分の「常識」を信じてこの世は渡っていかねばならぬものと改めて痛感した次第である。









ヘーベルハウスの保険 その2 最も可能性の高い損害

2016年05月16日 09:50



地震保険は入らなかったが、火災保険のオプションに水害と盗難を追加した。
水害はこれに入らないと盗難を加えられないからである。

大規模火災も、一級河川の堤防の決壊も地震を伴わない限り起きる確率は非常に少ないと考えている。
にも関わらず保険に入るのは、盗難が原因の損害保証に使えるからである。
地震保険に入ってないと、それが原因の火事や水害に保険金が支払われないのと同様に、盗難のオプションが無いと侵入時に破壊された家や家具に保険金は支払われない。

但し現金の盗難は殆ど保証されない。

保証されるのは侵入に際して壊された、窓ガラスやドア、物色中に壊された家具等である。
運良く?腕ききの泥棒に入られたら破壊は最小限にとどめられるだろうが、被害を見ると力ずくで押し入るケースが増えている。

こういう被害は、復旧に意外と金がかかるようだし又意欲が湧かない。
できればへーベルに任せて、仕様書に基づいて元に戻してほしいと思う。
保険の代理店とハウスメーカーが同じだから期待できる作業だ。


本来の目的とは異なる狙いの保険になるので、一旦解約してぺースになる火災保険の額は低くして再加入しようと思った。
ところがこの9年の間にルールが変わって、新たに加入すると最長でも10年しか入れないという。
36年ローンなら途中で3回も入り直さねばならない。

長ければ長い程保険料が割り引かれる。
これも地震保険同様、保険会社がリスクを負わなくても済むように談合した結果なのだろう。

結局再加入ではなくて、従来の契約に保証を追加するという形になった。




へーベルハウスの保険 その1 地震保険

2016年05月13日 10:06



「終の棲家」が出来て丸9年が経った。
10年目を向かえて保険を見直した。

「終の棲家」は地震保険に入らなかった。これは今後も変えない。
掛け金に補償が見合っていないというのが理由だ。

まず、保険の上限が同じ家を建てるのに必要な額の30~50%までしか認められない。
にも関わらず、掛け金は同じくらい必要になる。
割高なのだ。
しかも、もし被害が広範囲に及んだ場合はさらに保険金の支払額が減額される。

その上、被害の認定の仕方が火災保険とは異なる。

「共済」以外の普通の保険会社の場合、保険金は保証額の範囲内であれば全焼、部分焼を問わず元に戻すのに必要な額が全額支払われる。
3000万で建てた家に1000万しか保険を掛けていなくても、1000万までは支払われる。
ところが地震保険では全壊では100%、半壊では50%というように、被害に応じて上限が定められている。
先ほどの例では、半壊だと500万しか支払われない。(火災共済の場合も全焼、半焼で支払われる上限が異なる)
目一杯掛けていても750万しか支払われない。
驚くべきは半壊以下の場合で、たった5%しか支払われない。1000万なら50万だ。
もうこれは保険金ではなくて単なる見舞金である。


全壊というのは棟が完全に落ちた状態で、阪神淡路大地震では屋根だけが残ったお屋敷が沢山あった。
ヘーベルハウスに限らず、鉄骨で耐震補強がなされている住宅なら全壊は言うに及ばず、半壊にも中々達しないのでは無いか。
熊本地震の映像を見ると、その半壊でもとても住める状態では無い。

しかも、大都市で起こって支払われる保険金が巨額になれば、保険会社の経営保護の為に更に保険金が圧縮される。

何故こういう事になるかと言えば、地震保険というのは損害保険では無くて、被災後の生活支援金という位置づけになっているからだ。
穿った見方をすれば、本来国家が被災者に支給・貸し付け等で援助すべき資金を、自助努力で賄わせる為に造られた仕組みとも取れる。





ビデオテープをご利用中にデッキが故障などしても図書館は責任を負いかねます。

2016年05月11日 09:42



DSC06536s.jpg
図書館でビデオテープを借りると著作権に関する注意以外に、こんなシールが貼ってある。
至極当然の事でこれまで気にとめた事はなかった。
なんでワザワザこんな事を印刷したシールが貼ってあるのだろうと思っていたぐらいだ。

ところが、最近成る程と思う事に遭遇した。


借りてきたテープを再生しようとしたら、映像が全く出ない。
取り出して別のテープをかけても同じだ。
クリーニングテープを走らせてみても全く変わらない。
とうとうデッキの寿命が尽きたかと思ったが、余りに急なので開けてどんな動作をしているのか調べてみた。

テープをケースから取り出す事は出来ているのだが、ヘッドにローディングに出来ない。
これでは映像が出ないはずだ。


DSC06532s.jpg
メカの周辺を良く見ると、こんな物が引っ掛かっていて、ローディングを妨害していた。
取り外すとスムーズに動いて、ちゃんと映像が出るようになった。


DSC06531s.jpg
テープカセットを良く見るとここが欠けている。
経年劣化で脆くなって割れた破片が落ちて、丁度メカの窪みに填まったのが原因だった。


「機械」が故障しても、自分で原因を調べずにメーカーのサービスに電話する人も多いだろう。
図書館のテープを掛けたとたんに故障したのだから、責任は図書館にあるとネジこむかも知れない。 
そんな「向き」にはこういう文言が必要になる。

実際にそんな事があったから、このようなシールが貼られるようになったのだと納得した次第だ。







電力自由化 その4 電力使用量のパターン

2016年05月09日 10:17



先月26日から新電力に切り替わった。
「窓口」が我が家のプロバイダーでもあるケイオプティコムの「eo電気」に変わっただけで、関電の電力に変わりは無いが、
スマートメーターの使用で翌日の午後にはネットで電力の使用量が判るようになった。

eo2016s.jpg


4/26から先週末までの電力使用量だが、エアコンを使わない中間期なので変動が少ない。
それでも11日間の平均から計算すると月に500kwhを越える。
東京電力のプレミアムコースなら更に電力料金が下がる可能性があるが、「ピークの30分を2倍」した電力使用量で最大の値がその後一年間の契約電力になる。
ピークがどれくらいの値になるのか、使用パターンを確認する事にしている。


eo20160503s.jpg
30分毎の電力使用量では、18:00~18:30にピークがあり、毎日同じ時間帯に現れる。
夕食は終わっている時間帯なので、食洗機が原因と思われる。
電気代の節約の為にと、洗浄用の湯をガス湯沸かしから引いたのだが、乾燥用のヒーターが900Wもあったのは予定外だった。


eo20160505s.jpg
この日は13:00~13:30にもピークがあった。

DSC06540s.jpg
久しぶりに使ったオーディオ用の6台のモノラル真空管アンプが原因だった。

DSC06541s.jpg
天井灯も40W/本の直管蛍光灯が8本で320W消費している。
合わせて、900Wのヒーター並の電力を喰っている。

使用時間帯が重なっていればピーク電力が上がり、同じ電力使用量なのに電気代が高くなってしまうパターンだ。

電力の使用量を押さえる事は、利便性を損なうという点で生活の質に関わってくる。
東京電力のプレミアムコースは、ピークが重ならない使い方をする事で、使用量を落とさずに電気料金を節約できる可能性のある興味深い料金プログラムだ。