今年の彼岸花

2016年09月25日 13:57



DSC07181s.jpg
毎年余所より遅く咲くので、日当たりのよい場所に置き替えたら、今年は「時期」に咲いていた。



DSC07187as.jpg

DSC07183s.jpg


[α7s+SEL90M28]




100円の素子からシャワートイレ一式の取り替えへ~相変わらずの使い捨て文化

2016年09月22日 12:11



カミさんが、急にトイレのリモコンが効かなくなったと言ってきた。
DSC07162s.jpg
調べてみるとリモコンに異常がなく、本体側の赤外線受光部が怪しい。
受光素子が逝かれる訳が無いだろうと思ったが、ネットで調べてみるとLinuxのトイレリモコンにはよくある故障らしい。

DSC07174s.jpg
左端のが受光素子で、たった100円のパーツである。
ところが生憎腰痛が続いていて、狭い所で屈みこんで作業するのは辛い。
修理を依頼したが、その時はこれが壮大な産廃排出に繋がるとは夢にも思わなかった。

ついでに、故障していた便座のスローダウンユニットの交換を頼んだ。
簡単な油圧部品なのだが外販をしてくれない。


リモコンは受光素子の交換で直ったが、電源LEDがゆっくり点滅して便座ヒーターの異常を示した。
今まで異常は無かったので、スローダウンユニット交換時にサーミスタでも痛めたのではないかと言ったのだが、サービスマンは便座を交換するしかないという。
便座まで交換していたら全部で5万円くらいにつく。
そりやないだろう。お前さんの不注意も考えられるし、そんなに修理に要るというが10万あれば余裕で新品に変えられると押し問答になった。

結局、新品に代えるならこれまでの修理代金は要らないという事になった。


LIXILに型番を告げて互換性のある製品名を教えて欲しいというと、何と我が家の便器に合うタンク便座一体型の互換品は1年前に製造終了になったという。
便器から全部交換という事になった。
いやはや・・・・・・。10年目なので、修理してもこれからあちこち痛んでくる。ならばここで新品にしとくのも良いかと思ったが、裏目に出てしまった。


今度は交換し易いようにと、便器とタンクが分離しているのを選んだ。
タンクレスは災害時に手動では水を流せなくなるので外した。


DSC04375s_20160922102954e51.jpg

DSC04380s.jpg
排水口は壁から200mmという同一規格内にあるのに、こんなものまで総て交換。
勿論素人の手に負えるものではないので、工事費込みでお願いしている。


DSC04374s.jpg

DSC04381s_201609221033545bd.jpg
どこが違うねんと思うほど洗浄水ホースやボルトの寸法・位置がよく似ている。
規格化しておけば、そのまま使えるのに、同一メーカー内なのに出来ていない。

エコエコと言って洗浄水の量を競争しているが、便器の製造に要したCO2排出量はどうなんだ。
そもそ我が家では、いつも「小」で事足りてきた。



DSC04373s_20160922102951bd7.jpg

DSC04383s.jpg
リモコン便器洗浄等、機能的には全く同等のものをチョイスしたが、便器まで交換したので予算を2万円オーバーした。
(CW-KA21QC+アメージュZ)

自分で素子交換をしておれば・・・・・。



DSC04385s_20160922103008ef3.jpg
ネットで悪評高い「リクシルタイムスタンプ」については、専用に「点検LED」を付けてきた。
10年近く経つとここが激しく点滅する事になるが、電源LEDと分離しているので無視できる。気になればLEDを切ってしまっても良い。







ベニバナトキワマンサク

2016年09月16日 06:03



DSC07150gs.jpg
眠れないまま早朝のキッチンに行くと、街灯に照らされた影が窓に映っていた。


[α7s+Batis 2/25]Capture Oneで調整

一向に休筆にならないなあ・・・・・・






007世代

2016年09月14日 07:09



半世紀前、私が中学から高校に上がる頃に、ビートルズと加山雄三と007が一挙に出現した。

その007をゴルゴ13のさいとうたかおが劇画化していた。
1964年に「死ぬのは奴らだ」「サンダーボール作戦」「女王陛下の007」「黄金銃を持つ男」の4作品を書いている。
日本では同年に映画第2作の「ロシアより愛をこめて」が公開され、シリーズ全作の翻訳がやっと出揃ったところだった。

看板のゴルゴシリーズは4年後の1968年に第一作が発表される。
貸本専門の作家から雑誌に足を移した頃だった。

更にこの後0011ナポレオンソロシリーズも劇画化している。
0011シリーズは古本屋で入手したが、007シリーズは古書店でも見かけなくなって久しい幻の作品だった。

昨年12月に復刻されたことを遅まきながら知った。

saito1s.jpg
ゴルゴよりずっと甘い顔で、佐藤まさあきの「影男」(判る人は殆どいないだろうが)に似ている。


saito2s.jpg
原作の内容は知っていたらしいが、ストーリーは別途組み立てたオリジナルになっている。
発表誌が中学生を対象としていた為なのだろうか、「青年」ボンドがやたら格好をつけるのと、ご都合主義のストーリー展開が目につく。
ま、あの頃の漫画や少年向け読み物は押並べてこういう調子だったが。




リチウム電池をソーラー充電する~非常用電源(2)

2016年09月12日 07:06



DSC04272s_20160911144526aee.jpg

DSC04292s_20160911144524938.jpg
充電池の入力端子は付属のACアダプター充電器に合わせられている。
ACアダプターの先に付いているような細いプラグに2スケの太い線を繋ぐのは難しいので、こんなアダプターを使った。

DSC04281s.jpg
50Wのソーラーパネル
60x58cm 1.2kg

DSC04276s.jpg
ソーラーパネルと充電池の間には、充電コントローラーを入れて電圧、電流をコントロールする。
ところが、「SUN」は点灯するのに「BAT」のランプが殆ど点かず、充電が始まらない。


DSC04285s_20160911144524818.jpg
電池の端子間電圧が低すぎるのか。
過放電のバッテリーと見なされて充電が開始されないのか。
充電コントローラーは鉛蓄電池用のもので、ソーラーとリチウムイオン電池を繋ぐ手軽なコントローラーがない。
世の中、コストを考えるとソーラーに繋ぐのは鉛蓄電池なのだろう。




仕方ないので、ソーラーと充電池をダイレクトに繋ぐ。
スゴイバッテリーではこの方式を採用している。
リミッターだけが頼りだ。
このバッテリーにもリミッターがついている事を確認している。


DSC04289s.jpg
殆ど太陽が顔を出さないが、

DSC04288s.jpg
充電が開始された。


DSC04295s.jpg
1時間後
付属充電器の定電圧ステージの電圧14.2Vを越えた。


DSC04294s_20160911144548108.jpg
太陽が顔を出し始めたので、パネルの出力が上がったのだろうか。
ソーラーパネルは定電流電源なので、定電圧のACアダプターと違って出力が上がれば電圧が上がってくる。


DSC04297s_20160911144557ca1.jpg
2時間後

DSC04296s.jpg
雲が完全に切れた。


DSC04302s.jpg
3時間後18.2Vでリミッターがかかって充電が停止した。
17.8Vより高いのは逆流防止ダイオードの順方向電圧が上乗せされているのではないだろうか。

しかしこれで満充電ではなく、充電状態を示すLEDは5つの内4までしか点かない。
暫く時間を置くと電圧が下がってまた充電できるようになった。
内部ではセル3.7~4.2Vx3が直列になっている。セル間で平準化が起こるのではないか。


適当なコントローラーが無いので、ダイレクトに繋いで電圧、電流を見ながら自分で切るしかない。
普段は付属の充電器で充電し、ソーラーで充電するのはあくまでも非常用に限る。





摂津倉庫の事

2016年09月07日 07:21



Amazonからの配達に、ヤマトでなく摂津倉庫が来る事がある。
ヤマトだと我が家へは大抵昼の11時半から12時に配達が来る。ルートが決まっているのだろう。
ところが摂津だと夜9時を過ぎる事もよくある。
ドライバーも定年近い人や女性が多い。

小規模なので、1人当たりのエリアが広い。
市内を駆けずり回って遅くなってしまうのだろう。
「遅くまでご苦労さん」と声をかけている。

ところが、Amazonの口コミ板を見ると、

摂津倉庫という最悪の配送業者から荷物が届いた
すこぶる評判がわるい。
しかし、その中を見ると、

インターホンを連打する。
→居てるならさっさとインタホンに出ればいい。10才にもなって留守番ひとつ満足に出来ない子供に育てた反省は無いのか。
再配達の時間帯が遅すぎる
→そりゃ普通でも遅くなるんだから。
朝、配達中になっているのにその日中に来ない
→少人数で大手より広いエリアをカバーするので、そういう事もあるでしょう。ドライバーも人間、休まないと働けない。


全く情け容赦がない。
最近は自分がその立場に立ったらと考える人が少ないようだ。
言う「権利」があると思うと徹底的にやる。
応対が悪いと言って店主に土下座までさせる。
お互い人であることを忘れ、行き着くところまで手加減をしない。

それを免れる為には、常に「自分は悪くない」という言い分けを用意しておかねばならない。
「あいつ」が、「責任は俺がとる」なんて上司に逢ってみたいと言っていた事があったが、そんな人種はとっくに絶滅した。
今や「責任転嫁」の上手な人間だけが生き残っている。


これも、グローバリゼーションというやつなのか。
住み難くなったものだ。

日本国中住みにくいと、どこで暮らしても同じで、明治の大文豪はそうなれば「詩が生まれて、画ができる」と宣うたが、とてもそんなものは出てきそうにない。









北海道、仙鳳趾の牡蠣

2016年09月05日 07:47



DSC07136s.jpg

DSC07135s.jpg
北海道は厚岸湾の入口、仙鳳趾(せんぽうし)の牡蠣を通販で買った。
大きい(3L)のが10個入っている。


DSC07133s.jpg
まずは、生で。
付属の牡蠣ナイフで貝柱を切れば簡単に開くのだが、なかなか刃先が入らない。
ペンチで貝の先を割ってようやくネジこんだ。
ポン酢でツルリと流しこむ。


DSC07138as.jpg
牡蠣の貝柱は蛤やアサリと違って蝶番とは逆の先っぽにあるのに、蝶番の辺りばかり攻めていた。

それからは電子レンジで加熱する作戦に切り替えた。
以前、殻付き牡蠣をグリルで加熱して食べた事がある。
スッゴク旨かったのだが、割れた殻がそこいら中に飛び散って往生した。
ラップして電子で加熱すれば簡単に蓋が開くという事をテレビで知って、再度買ってみる気になった。

ところがそう簡単には開かない。何度も加熱をやり直してやっとナイフを入れるすき間ができる。
ままよとガスのグリルで焼いたが、全然殻が飛ばずに蓋が開いた。

DSC7147bs.jpg
加熱し過ぎる事もなく、ふっくらと仕上がる。

以前のサロマ湖産のは、もっと小さくて殻も薄いものだったか。



DSC07144as.jpg
何もかけなくとも、塩味の利いた出汁が旨い。

翌日、残りの5個を食べる。
前日より簡単に蓋が開いた。これならレンジでもOKだろう。
出荷日から3日目では、新鮮過ぎたのかもしれない。

食べる事に専念して、美味しくいただけた。



上5枚[α7S+SAL50M28]、最後の一枚[α7S+SAL1650]


電動かき氷機でフワフワ氷は作れるか

2016年09月02日 07:35



まだネタがあるので、もう暫くお付き合い下さい。






時節から少々遅れてしまったかき氷機の話。

以前あった手回しのかき氷器が見当たらないので、電動のを買ってみた。
これは、専用の型で作った氷でなく冷蔵庫の製氷皿に貯まっている氷を使える。
Amazonで3700円だった。

DSC04362s_20160828212843e06.jpg
モーターに押さえ板が付いていて、右の容器に入った氷をスプリングで押しながら回転する。


DSC04355s_201608282128421b6.jpg
容器の底のこの刃で氷を削る。
カンナの刃と同じで、出せば厚く早く削れる。
フワフワかガリガリかはこの刃の調整による。付属している調整用のレンチを使う。

やってみたが、全部をフワフワにするには、刃を限りなく出ないようにしないといけない。
それでは削れるより溶ける方が早い。
出荷状態の半分位刃を出して、フワフワ3割位に調整した。(あくまでも目分量)


DSC04354s_2016082821284072d.jpg
これだけの氷をいれる。


DSC04353s.jpg
氷は容器の半分位まで入れられるが、スプリングが強くて少な目にしか入れられない。


DSC04359s_20160828213121d43.jpg
出来上がりはこんなもの。
フワフワ氷が入っているので、食感的には柔かい氷として食べられる。


DSC04361s_20160828213121315.jpg
蜜をたっぷりかけると嵩が減る。
汗だくになった時にはとても足りないが、普段ならこれで丁度良い量だった。

NHKの番組では氷の温度を上げるとフワフワ氷になるという事だったが、あれは型で製氷した氷の場合で、角氷の場合は通用しなかった。



[α7R2+LA-EA3+SAL1650]Capture Oneで調整