アマゾンで詐欺被害に遭った

2017年04月30日 07:07



最近、アマゾンのマーケットプレースでの詐欺急増が、ネットやマスコミを賑わしている。

私もつい数日前にやられた。


「あいつ」は回復が見込めなくなってから、アマゾンで麻雀牌とマットを買っていた。
卓を囲む機会なぞあり得なかったのに何故?
5人打ちで徹マンしていた頃の感触を思い出したかったのか。
牌はあったがマットが見つからなかったので、アマゾンの購入履歴からあいつが買ったのと同じこの商品を買った。

amazon1s_20170428160509a93.jpg
送料込みで2480円が標準だが1683円だった。
激安という訳でもない。

ところが、夜中に注文したのに30分後に発送のメールがアマゾンからはいった。
おかしいと思ったが、発送されてしまえばキャンセルリクエストできない。

発送方法はepakectだった。
メーカーも出品者も国内なのに?
追跡コードを入れてもNG。

アマゾンの質問欄から出品者にキャンセルの意思を伝えておいた。


4.jpg
一晩で出品者の評価が激変していた。
私が見た時は普通の評価で、ただ日付が5年以上前と古かった。


詐欺を確信して、「マーケットプレイス保証を申請」した。
金の詐欺被害だけならまだましも、個人情報からアカウントを乗っ取られて、加害者にされてしまうのが怖い。
こちらが被害者である証拠を残しておきたかった。
まあ優先的に乗っ取られるのは、この「ym大根」氏のようなマーケットプレイス出品ができるアカウントだろう。
新規より多少評価があった方が信用されやすいのは、ヤフオクと同じだ。


本来のルールでは配達期日の3日後から手続きを受け付けるのだが、アマゾンも詐欺を認識しているので特例で即日受け付けてくれた。
(分かってるなら出品者を排除してくれ)


この「麻雀マット ジャンクマット」がその後どうなっていたかというと・・・

amazon2.jpg
相変わらず、安い出品が続いている。
最安の送料込み1034円は怪しいが、その次の1606円+送料340円も2012年以降使われていないアカウントだ。

同じ商品で何度でも引っ掛けられる。
中国からの不正アクセスが絶えないはずだ。


今の状態では、「出品業者」になる為に大枚積まねばならない楽天の方がまだ安全だ。
ヤフオク並に「前後左右」細心の注意を払わないと買い物が出来ないなら、もうアマゾンでは買い物をしない。




海の見える丘 in 杉田

2017年04月28日 07:00



あいつのブログに『行きはよいよい帰りはいたい』という記事がある。

高低差が激しいマンションの周りを「ちょっと散歩しようぜ。」
結構急な階段をどんどん上へと上っていくと、20分位で「海が見えた」

『近くに横たわる街並みはミニチュアサイズ。』
『まさしく絶景でした。』
『気分はもう最高潮。』
『本当にずっとその場所に居たいとさえ思いました。』

ところがあいつは自他共に認める方向音痴で『迷子のスペシャリスト。』
階段を上ってきたから、下れば帰れると降りていったら・・・・・迷子になった

ようやく国道へ出たら、マンションから5キロも離れた所だった。
高低差の激しい場所をスリッパで1時間歩いて疲労困憊、結局タクシーを呼んでやっと帰れたというお話。




マンションに来るのもこれが最後だろうから、この「海が見える丘」に行ってみたいと思った。
とはいえもう70になろうかという身体で、どこにあるか判らない場所を求めて、高低差の激しい地形を歩き回るのは無理だ。


同じ場所に立つのは無理でも、同じ海が見える所に行って見たい。



DSC04818s.jpg
最初に目っ子を付けたのはマンションの北側にある小高い丘。
あの頂上なら海が見えるのではないか。

スマホ片手に「散歩」に出た。


DSC04797s.jpg
途中で「杉田湯」という銭湯を発見して寄り道。


DSC04803s.jpg
昼前なので閉まっているが、営業している雰囲気だ。
住宅街の真ん中だが、ワンルームで普段はシャワーという層が顧客なのだろうか。


DSC04776s.jpg
地図で見た熊野神社に到着。


DSC04782as.jpg

DSC04785s.jpg
明治の廃仏毀釈で廃寺となって神社だけ残っている。
往時は関東の熊野権現信仰の中枢だったらしい。


DSC04788s_201704271342207e7.jpg
残念ながら海は見えなかった。

境内を清掃している人に聞いたが、さらにこの上へ行く道はない。
一旦京急の側に降りて、ぐるりと回ると磯子区の最高地点海抜69.1mの所へ行けるらしい。
けれどそこまで行くには結構距離があるし、グーグルストリートで見ると道路の両側は家が建て込んでいて見晴らしがききそうにない。




DSC04869s.jpg
次に目っ子を付けたのは、マンションの海側に見えるこの丘。
杉田八幡宮の裏山らしい。
視線の邪魔になる根岸線の高架はこの丘の下のトンネルを走っている。
ここかと思ったのだが、グーグルマップで確認してみると海側には木が生い茂っていて見晴らしが悪そうだった。
行ってみない事には判らないが。



荷物を取りにきたクロネコの運ちゃんに、海が見える場所はないかと聞いてみた。

DSC04914s.jpg
マンションの前の道を駅と反対の方向に少し上がると郵便局があって、その手前を左へ入る。
こんな近い場所から海が見えるの?


DSC04905s_20170427152147ad2.jpg
二叉を右へ曲がる。
左へ曲がるとサウステラス横浜杉田という南隣のマンションに行く。


DSC04896s.jpg
その先で絶句。
心臓破りの坂!! 
車が通れないので坂になっているが、階段にすべき傾斜である。
転がったら下まで落ちてしまうので数ヵ所「踊り場」を設けてある。


DSC04881s.jpg
その後も坂道が続く。


DSC04863s.jpg
ようやく目印だと聞いていた自販機の有る家に到着したが、海は見えない。


DSC04860s.jpg
右側の駐車場に入って崖の際まで行き、目一杯ズームすると・・・・見えた。

標高よりも見晴らしがきく崖の上に立てるかどうかがポイントだった。



杉田八幡宮もこの辺りでは有名な神社で行ってみたいが、「心臓破りの坂」で体力を使い果たした。
満足のいく出来ではなかったが、杉田に別れを告げることにした。






季節外れの紅葉

2017年04月25日 11:53



DSC04951s_2017042511481075f.jpg
ノムラモミジの新葉が生えそろった。
これから太陽を浴びて葉緑素が増え、紅葉から緑葉になる。
本来秋にはその緑葉が紅葉するはずなのだが、我が家のは夏の強い日差しで殆ど全滅してしまう。

モミジなのに紅葉が見られるのは今の時期だけという変なモミジだ。


DSC04957s.jpg
百日紅の若葉が勢いよく生え出てくる横で、
紅花常磐満作が紅葉の真っ盛り。



DSC04947s.jpg
既に花は終わっているのに木は真っ赤。
以前は緑の葉が大多数を占めていたのだが、緑が残っているのは日の当たらない下葉だけ。


DSC04954s_201704251148133ac.jpg
種が飛んでいった先で生き延びている奴も、やっぱり紅葉。


DSC04952s_201704251148127b2.jpg
[おまけ]
君子蘭が咲いて、これから紫欄、鈴蘭と続く。



[α7R2+SEL28F20+Ulrta Wide Converter]



のり兄い

2017年04月23日 08:27



先週、壬生川へ行った。

来年は70才。
そろそろ終活に入る。こちらも、向こうも。
お互いこれが今生の別れになるかもしれぬ。


叔父の家を訪ねた。
母の末弟で、叔父・甥と言っても10才しか違わない。
功雄という名前だったので「のり兄(に)い」と呼んでいた。
(本当は造りは力でなくて刀だが、漢字表にない)

よく海で遊んでもらった。
カブトガニを捕ったと思ったら抜け殻だった。
模型作りを教えてくれたのはこの叔父だった。
一緒に、便所にスイカで作ったお化けを吊して、2人ともこっぴどく怒られた事もあった。
一月分の給料をはたいて、水月焼を買わせた』のも、この叔父だった。



15年前に64才で亡くなった。


自分が末っ子だから年下の私を可愛がってくれたと思っていたが、
叔母さんに「よく似ていたので仲が良かった」と言われた。

え、そうだったの?

遺影を見上げると、懐かしい顔が微笑んでいた。



「あいつ」のマンションを売る

2017年04月20日 06:57



あいつが住んでいた杉田のマンションは空き家のままにして来た。
突然、知らない不動産屋から手紙が来てマンションを買いたいという人がいるという。

売ったら、後であのマンションに行きたくなった時に、金に困っている訳でもないのに何故売ったのだと後悔する。
売らなかったら、もっと年取って行けなくなった時に、何故あの時に処分してしまわなかったのかと後悔する。

売っても、売らなくても、どちらにしても後悔する
だからそのままにしてきたのに。
かといって今更手紙を見なかった事にはできない。

余計なことをしてくれる不動産屋だと、迷惑に思いながら話しをすすめざるを得なかった。



買い取りは仲介価格から2~3割安くなる。
その代わり仲介手数料や残した荷物の処分は必要ない。
相見積もりもとってみたが、他の業者は仲介の査定価格は高いものの、
買い取り価格は3割引きよりもっと低い価格しか出してこない。
買い取りする気はなさそうだった。
仲介で高い査定を出していてもその価格で売れるという保証はない。
医者にかかるのと同じでリスクはすべて当事者が負う。


色々あって、当初の話しとは違って最初の不動産屋が買い取る事になった。
10年前に買った価格より200万安い値段で仲介売りした時の手取り額で契約した。
東京圏、駅から3分、買い物の便が良い、おまけに窓からの眺望が良いという条件を考えれば安いけれど、
20年もののマンションにすれば、妥当な範囲の下限には入っていると思った。
長引くと、価格云々以前に手離す事自体迷ってしまいかねない。
不動産屋も、100万の手数料を稼ぐより、リノベーション後の転売でその何倍も儲かると踏んだのだろう。



あいつが自分で見つけて来て、ここしかないと気に入っていたマンション。
病状が進行して引きはらう時には、「これで最後か」と呟きながら室内を撮っていたマンション。
部屋をリノベーションされてしまえば、あいつが生きていたという証拠がこの世からまた1つ消えてしまう。
あいつの為に何がしてやれるのだろうか。

ヘルムート・ヴァルヒァの平均律 EMI録音

2017年04月17日 10:31



「あいつ」の病気が発覚して以来、クラシックは単なる音に過ぎず何の癒しにもならなくなった。
年間数百枚買っていた事もあったのに、ここ数年は1枚も買っていないし真空管アンプに灯が入る事も絶えて久しい。

その中で唯一バッハの平均律だけは何も考えずに聴いていられた。

先日、HMVへのショートカットはまだ生きているのかとクリックした時に、ふと「ヴァルヒャ 平均律」を検索してみたらこのCDが出てきた。

walchabachs.jpg
[Celestial Harmonies19926 ]


初めての平均律はヴァルヒャの1961年EMI録音のLPだった。
彼はその後1974年アールヒーフに再録音しているが、当時はまだでていなかった。
新旧の違いはアンマーチェンバロかピリオドかという楽器の違いだった。

日本プレスでなく自分で輸入したEMI盤だったのだが、LPの処分を始めた時に売ってしまった。
後になって、あの硬質のチェンバロの音をもう一度CDで良いから聴きたいと思ったが、
旧録音どころかアールヒーフの新録音さえ廃盤の状態だった。
これに懲りてLPの処分はストップした。


モダンチェンバロでの演奏を騒々しくて下品だとか、バッハの時代にはなかったと言う人もいるが、私は倍音が豊富で豊かな音のモダンチェンバロも好きだ。
騒々しくて下品というのは演奏者の問題であるし、バッハは楽器も速度表記(例外はあるが)も指定していない。
モダンチェンバロやピアノを知っていたら、好奇心旺盛な彼は数多くの曲を現代楽器向けに残したに違いない。

LPで聴いていた時は、帯域を広くとらない録音でやや硬質ながら滑らかさのある音だった。
今、デジタル化された音を聴いてみると、あれはEMIのプレスに依るものだったようだ。

ピリオド楽器は余韻が短いのでテンポが速くなりがちだが、モダン楽器では余韻が長くとれる。
50年以上前の録音だが、悠楊迫らぬテンポで淡々と繰り出されるバッハは、現代の奇を衒った演奏とは一線を画すものだった。




SEL100F28GM 絞り環が回ってSTFでなくなってしまう

2017年04月14日 07:26


そろそろ花が散って桜の絨毯が見られる頃だ。
再度今川堤に出かけようとカメラを出すと、絞り環が回ってSTFの位置からズレていた。

P1110101s.jpg
右のSAL135F28 STFでは、絞り環はレンズのカメラ側端にあって普通に構えれば触らない位置にある。
回してもSTFモードと絞りをカメラ側でコントロールするオートモードの間にはクリックが入る。

左のSEL100F28GMではSTFモードと手動絞りの間にクリックはなく、スムースに移行してしまう。
リングの位置もレンズの中央にあって手がかかりやすい。
しかもSAL135に比べてSEL100F28GMのリングは軽くて回り易い。

前回の今川堤の桜満開 by SEL100F28GM STFにはSTFモードから外れた、唯の100mレンズとして撮ったものが混じっていたかもしれない。


絞り環の位置に注意して撮影
DSC04536s_2017041215265055e.jpg
手前の花にピント

DSC04537s.jpg
後の花にピント

マクロモードではない。
少し離れていてもボケる場所をコントロールできるのは流石だ。


DSC04565s.jpg
土手側は枝の重みで枝垂れ桜風になっている。
これ位離れているとSTFであろうが無かろうが差はなさそうだ。


DSC04552s_2017041215265362c.jpg
肝心の花の絨毯はというと、残念ながら?散ったのは僅かで大部分が残っていた。


[α7R2+SEL100F28GM]


独断専行ネットバンク比較評価

2017年04月11日 07:37



かってはジャパンネット銀行だけだったネットバンクも随分と数が増えてきた。
最も使い勝手の良いネットバンクはどこか調査した。
最終的に候補に上がったのはジャパンネット銀行、住信SBI銀行、ソニー銀行、新生銀行、大和ネクスト銀行の5行。

netbankas.jpg


1. 開設方法 ログイン

住信SBIとソニー銀行はネットから申し込む時にも本人確認の書類は必要なく、
クレジットカード同様本人限定郵便で受け取る時に確認書類を呈示する。
ジャパンネット銀行は免許証画像をスマホから送るやり方。

新生銀行の口座開設とログインの方法は一寸面倒だ。
所定の封筒を印刷して郵送する方法では、本人確認書類に免許証以外に公共料金の領収書が必要で、尚且つ氏名と住所が無くてはならない。
今時、住所を印刷する電力会社や都市ガス会社なんて無い。
スマホで免許証の画像を送る方法では、更にサインか印鑑の画像も必要だ。
小さくても地べたに支店網を持つ銀行は煩い事を言う。

開設後、ガイドブック、キャッシュカードと乱数表、初期暗証番号の3種類の書類がバラバラに届けられる。

ログインに支店番号と口座番号、パスワードが必要なのは普通だが、暗証番号と乱数表からの文字入力も必要。
ログインして残高をチェックするだけで、どんだけ手前とらせるんだ。

また他行からの入金でTポイントが付くというサービスがあるが、これも毎月Tポイントにエントリーしないと付与されない。



2. 提携ATMからの無料出金

都市銀行はどこも50万が上限だが、郵貯銀行とネット銀行は200万まで設定出来る。
入金はどこも完全無料だが、ジャパンネット銀行だけは、3万以上という括りがある。
その代わり3万以上であれば出金も無制限で無料になる。

ここでは新生銀行がベストで、都市銀行・郵貯・コンビニとどこでも回数無制限で使える。

ソニー銀行は4回あって普通はこれで足りる。

住信SBIは預金高で決まる「ランク」で回数が分かれる。

大和ネクスト銀行はセブン銀行のATMしか無料にならないのは不便だが、證券口座のオマケみたいなものなのでやむを得まい。
セブン銀行以外のATMを無料で使いたい時は、他行でも本人名義の口座であれば無料回数無制限で振り込めるので、そちらの提携ATMを使うという手がある。

*三井住友銀行には、残高30万以上で月4回郵貯ATMから無料引き出しできるサービスがある。


3. 無料振込

他行他名義口座へ無料で振り込めるのはネット銀行だけにあるサービスだろう。

大和ネクストが頑張っていて無条件で3回できる。

新生銀行なら100万の預金残高で5回、住信SBIなら100万で3回、300万なら7回無料になる。

また、ジャパンネットとソニーは同行口座なら24時間リアルタイム振込可と、ネット銀行の特色を出している。



4. 特別金利

住信SBIとソニー銀行は期間限定で普通より高い金利の定期預金高を募集している。

住信SBIと新生銀行は口座開設時のみ特別金利の3ヶ月定期がある。
殊に新生銀行は常時設定している。

これらは12-2月、6-8月のボーナスをねらった商品で、次にも有るとは限らない。
その時は大和ネクストが次善の選択肢になる。


5. 総合ランキング

1位.住信SBI銀行
条件付きではあるが、実用的な回数で無料提携ATM引き出しと無料振り込めができる。
特別金利の定期預金による貯蓄性もある。

2位.新生銀行
全国のATMで現金を引き出せ、お財布口座として最適。

番外 大和ネクスト銀行
證券口座を開設したら付いてくるネットバンクで、キャッシュカードさえ證券カードで代用しているが、
無条件の無料振込があり、定期金利もやや高めに常時設定されている。
證券口座を持っていれば口座登録していなくても、三菱・三井住友・みずほ、郵貯、ジャパンネットの自口座からはネット振込が無料で出来るので、
大和ネクスト銀行を介してこれらの銀行から3回無料振込ができる事になる。


今川堤の桜満開 by SEL100F28GM STF

2017年04月08日 14:14



お天気が悪いけれども、ベランダから桜が満開なのが見えたのでカメラをぶら下げて出かけた。
相棒は「垂れ桜」に続いて SEL100F28GM STF

DSC04497-1s.jpg

DSC04511s_20170408141234675.jpg
何故か今年は東京が全国で最も早かった。
緑の芽も僅かに見えるけれど、散って地面に落ちている花びらもあるので今日が満開だろう。



DSC04509s.jpg
花見の宴を開く家族も居る。


DSC04499s_20170408141229016.jpg
マクロモードがあるのでレンズが一本で済むのは有り難い。
ここの桜は少し色の薄い木が多いけれど、


DSC04504s.jpg
赤いのもあるし、

DSC04514s.jpg
一株に紅白両方というのもある。


[SEL100F28GM+α7R2]



オーデマピゲ ロイヤルオーク 15400SR~時計三昧(4)

2017年04月05日 08:50



DSC07215as.jpg

このモデルはパテックフィリップのノーチラスと同じジェラルド・ジェンタがデザインし、クォーツショック直後の1972年にデビューした。
彼はロイヤル・オークをたった一日でデザインしたと言われている。
以来特徴的な八角のベゼルを持つデザインが継承されている。
パテックフィリップとは反対に角張った箇所もエッジを丸めず、敢えて武骨さを表に出したようなデザインだ。

ロイヤルオークもノーチラス同様ブルーの文字盤の人気が高くプレミアがついている。
ノーチラスと色が被る事もあって、ベゼルがピンクゴールドで白文字盤のこのモデルにした。

DSC07220s.jpg

八角形のベゼルとケースは裏蓋を貫通して固定され、ネジ山が剥き出しとなった8本のネジが特徴的である。
装飾されたムーヴメントをバックスケルトンで見せる事は、見て楽しめるだけでなく偽物対策にもなっている。

防水は50mだがパワーリザーブは60時間と優秀だ。

P1110098s.jpg

DSC07225s.jpg
バックルはサイドに出ているノブを押して脱着する。
ノーチラスのように力を入れなくても良い。
コマもピンだけのノーチラスと違って、ロレックスと同じようにネジ固定になっている。

ノーチラスが手抜きしているわけではなくて薄さに拘った結果なのだろう。


DSC07222s.jpg
オーディマピゲの箱も大きいが、パテックフィリップのような嫌みを言いたくなるような大きさではない。


重い

192gと重い。これまで重いと思っていたロレックスは154gだった。
どちらも41mmサイズと同じ大きさなのだが。
オーデマピゲとロレックスの38gの差はどこからくるのだろう?

rolepatea.jpg
*ロレックスではコンビはデイトジャスト、全ゴールドはデイデイトにしかない。
218238のみデイデイトで、他はデイトジャスト。



オーデマピゲでベゼルがステンレスのモデルの15400STは171gと21g軽い。
逆にブレスも含めてオールピンクゴールドのモデルの15400ORは250gもある。
この差は材料の比重から来ているのだろう。

コンビと全ゴールドモデルの重量の差は、オーデマピゲで58g,ロレックスで56gとほぼ一致している。これも材料の比重によるものだろう。


全般にロレックスの方が軽いが、ステンレスモデルでは差が縮まっている。
ロレックスの方がオーデマピゲよりもケースの厚さが薄いのではないだろうか。
デザインによるデッドウエイトが少なく、より実用的な設計になっている。

更にロレックスのステンレスとコンビモデルの差はたった7gでしかない。
ロレックスのコンビモデルは無垢でなく金張りなのか?
というよりステンレスモデルが重くなっているようだ。


デカイ

DSC07237s.jpg
左端のノーチラスは4時-10時の対角方向で40mmとこの中では最も小さい。
ロイヤルオークとロレックスは同じ41mmのモデルなのだが、ロイヤルオークの方が大きく見える。
41mmを3時-9時で測っているとすると、八角形の頂点の4時-10時ではもっと大いと言うこともあるが、
ベゼルが浮き出しているようなデザインがものを言っているのではないだろうか。


DSC07239s.jpg
42mmサイズのDK87と比べても引けをとらない。

ロイヤルオークには、41mmのほかに、39mm,37mmのモデルが存在する。
大きく見えるデザインが故のバリエーションなのだろう。