山陽・四国の旅 第6日 その1 徳山-広島

2010年03月30日 16:58

2010/03/08

20100308.jpg


P1040780.jpg
徳山は周南市という馴染みのない名に変わったが、山口県の中核都市である事に変わりない。山陽新幹線に乗ると唯一この辺りだけが海が見える。工場が建ち並んでいるが、それでも海が見えると何故かホッとする。ホテルの窓からも、徳山駅の向こうに瀬戸内海が拡がっているのが見渡せる。


P1040782.jpg

P1040782-2.jpg
徳山から7つ目、高水駅は岩徳線のほぼ真ん中に位置する。本州唯一のナベヅル飛来地である周南市八代地区最寄り駅である。ホームに鶴の剥製が飾られているのは、全国でもここだけだろう。



P1040786.jpg
錦川鉄道の分岐駅、川西が近づくと横山山上に岩国城が見えてくる。この下には有名な錦帯橋がある。昨日乗った錦川鉄道は、錦帯橋の下を流れる錦川に沿って敷かれている。
岩国藩は、毛利元就の次男吉川元春の子、広家が祖であるが、3万石の石高にかかわらず、明治まで毛利家が大名と認めなかった。関ヶ原の戦いで、南宮山に布陣した毛利本家の動きを封じて、結果的に東軍勝利に導いた事が原因とされている。明治になって、岩国藩は大名に列せられたが、直ぐに廃藩置県で消滅した。

「僅か」3万石にもかかわらず、山上に戦時の城を築き、麓に城館を設けた。川の両側に街が発展するように、あの錦帯橋を架けた。当時の武家屋敷の一部を三井化学が保有しており、招宴にあずかった事があるが、錦川を借景にした庭園の眺めは素晴らしかった。大名の財力は石高だけでは測れないようだ。


P1040787.jpg

P1040789.jpg
列車交換の間に西岩国駅の写真を撮った。現在はローカル線の駅だが、岩徳線が山陽本線であった時は、ここが岩国駅であった。


P1040793.jpg

P1040794.jpg
さて、昨日中に呉線を済ませたため、今日はスケジュール少し余裕がある。この余裕をどこに振り向けるか。久しぷりに、宮島でも見て行こうかと宮島口で降りた。しかし、こんな寒い日に浜辺をウロウロするのは気が進まない。


P1040798.jpg
渡船場のすぐ後ろにある、広島電鉄の宮島口駅から路面電車で広島まで行くことにした。


P1040799.jpg
3線有るホームに停まっているのは、路面電車というよりLRTと言ったほうが合っているような、新しい車両だった。先発に左側の車両に乗った。3両繋いでいるが、客は各車両に2~3人だけで、これで大丈夫かいなと思う程閑散としていた。運転席右側の「特等席」に陣取る。

P1040804.jpg
線路は山陽本線より海側に敷かれており、堤防の直ぐ内側を走ることもある。


P1040805.jpg
殆どの駅に、路面電車用のホームと、郊外型車両用の高いホームが有る。福井鉄道のように、両方の車両があるらしい。しかし頻繁に行き違うのは低床ホーム用の車両ばかりだった。


P1040809.jpg
広島電鉄の電車は、真横を走る山陽本線の長い列車と競争しているかのように、スピードを出す。運転席のメーターをのぞき込むと60キロも出ている。専用軌道だから出来る芸当だが、左右だけではなく上下にも激しく揺れる。乗客はいつしか満員になっていたが、慣れているのか転倒するように人は居ない。


P1040811.jpg
広電西広島駅に到着。ターミナルになっていて各方面別のホームがある。専用軌道はここまで、ここからは車に混じって信号で停まりながら、ゆっくりと進む。速度は20~30キロに落ちる。乗客も乗ってくる人より、降りる人の法が多い。


P1040817.jpg
上町筋を市電に乗って走っている。そんな錯覚に陥る程よく似た風景に出遭った。


P1040821.jpg
原爆ドームを右に見ながら、相生橋を渡ると市街地に入る。


P1040816.jpg
行き違う電車のデザインが皆違う。全国の路面電車を集めて、博覧会をやっているかのようだ。
これが広島電鉄の標準型らしい。


P1040818.jpg
これは京都の市電ではないか。

P1040829.jpg
このカラーは、まさか大阪の市電がまだ現役で動いている?!


P1040831.jpg
これも相当ベテラン


P1040832.jpg
「エビスチョウ」というので、恵美須町がここにもあるのかと思ったら、こんな字を書く。


P1040835.jpg
宮島口で右側に停まっていたのと同じ型のグリーンムーバーと呼ばれる車両で、路面電車なのに5両も連結している。政令指定都市だが、地盤が緩くて地下鉄を建設できない広島市では、路面電車が重要な移動手段である。


P1040833.jpg
こちらは更に新しいグリーンムーバーマックス


P1040834.jpg

P1040837.jpg
終点広島駅到着。1時間10分乗って、お代はたったの270円だった。


関連記事


コメント

  1. mamako | URL | SFo5/nok

    Re: 山陽・四国の旅 第6日 その1 徳山-広島

    これも相当ベテラン

    →元は西鉄を走っていた車両です

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1132-7b78b2a9
この記事へのトラックバック