関東東征の旅 第8日 その2 愛知環状鉄道 明知鉄道 太多線

2010年04月26日 17:19

P1050754.jpg
浜松から。掛川発豊橋行きの普通列車に乗る。ホームでは大勢の乗り換え客が居るのに、入ってきた列車は3両しか繋いでいない。新快速が走っている豊橋-大垣間とは大違いだ。
ロングシートで、立ち客も多いから景色は殆ど見えないが、さすがに浜名湖を渡るときは「気配」でそれと知れる。


P1050755.jpg
豊橋から新快速で岡崎へ。岡崎駅の0番ホームに愛知環状鉄道の列車が停まっていた。
「白赤青の三色に塗り分けられた派手なもので」(車窓はテレビより面白い)は無かった。昭和62年の開通から早くも四半世紀経つ。宮脇さんの頃とは異なるデザインに変わった三セク線は多い。



P1050758.jpg
矢作川の支流乙川を渡って岡崎市の市街地に入る。


P1050763.jpg
中岡崎で名鉄と交差するが、こちらは高架なので岡崎城の復興天守閣が見える。


P1050766.jpg

P1050767.jpg
愛知環状鉄道は岡崎と多治見を結ぶ岡多線として昭和51年に新豊田まで開通した。その時の様子は「時刻表2万キロ」に書かれている。名鉄との競合の為に収支係数が悪く、廃線指定を受けたが、三セク線として昭和62年全線開通した。終点は多治見ではなく名古屋寄りの高蔵寺に変更されている。「新幹線後」の新線だから、平野部は全て高架になっている。しかも、大都市近郊の幹線として計画されたから複線仕様になっている。橋もトンネルも複線の幅があるのに、レールは実情に合わせて単線で敷かれているから、閉まりが悪い。


P1050770.jpg
三河豊田付近でトヨタの豊田本社が見えた。アメリカで叩かれて大変なことになっているが、そもそも日米貿易摩擦や円高、プラザ合意は殆どこの会社が引き起こしたようなものだ。トヨタは更に大きくなったが、潰れて消えていった企業の経営者や従業員の怨念が、未だに成仏しきれず彷徨っている。景気が悪くても、何かあると円高になるという後遺症にも悩まされ続けている。多少冷や汗をかいても罰は当たらない。



P1050813.jpg
高蔵寺で中央本線に乗り換えて恵那で下車し、明知鉄道に乗る。3セク線になって、線名が全く別物に変わってしまう事が多い中で、明知線から明知鉄道と非常にシンプルだ。
恵那を出ると直ぐに、25パーミルの勾配で谷間を右に左にカーブしながら山峡に入っていく。蒸気機関車の時代には難所だったのだろうが、単行のディーゼルカーは事もなげに登っていく。



P1050829.jpg
山峡を抜けると徐々に傾斜が緩くなり、段々畑一枚のサイズが大きくなっていく。


P1050818.jpg

P1050833.jpg
明知鉄道沿線には「農村景観日本一」の美しい田園風景が広がっている・・はずだが、私の目には極く在り来たりのローカル線の沿線風景にしか映らない。「在り来たり」でも、典型的なのが良かったのだろうか。


P1050793.jpg
極楽という名の駅があった。由来は知らないが、この無人駅の入場券でも(そんなものは必要ないが)発行すれば売れるだろうと思う。


P1050808.jpg
明知に着くと、誰しも考える事は同じらしく、チャンと明知鉄道グッズとして売られていた。入場券ではたいした金額にならないから、恵那-極楽間の乗車券を420円で、シニゼロと語呂合わせしてある。一枚上手だった。


P1050819-2.jpg
途中駅で駅員がいるのは、この岩村駅だけではなかったか。鄙びた、趣のある木造駅だ。
岩村城は信長と信玄の勢力圏の境界だった。城主の死後、妻で信長の叔母にあたる女性が治めていたが、武田二十四将の一人、秋山信友が入り婿に入って信玄の勢力下に入ってしまった。後に武田領へ攻め入った信長は、2人を逆さ磔にしたという。
城跡は駅から徒歩で行けるところにある。日本一高い所に有る城で、備中松山城・大和高取城と並んで日本3大山城の1つに数えられている。



P1050806.jpg
恵那から小一時間で、終点明智に到着。少し肌寒いが山里にも春が来て、桜は満開になっている。


P1050809.jpg
明智光秀の出生地とされるところで、本能寺の変以後は「智」を憚って「知」と変えていた。戦後になって「明智」に戻したが、戦前に開通した路線名は明知のままになっている。



P1050841.jpg
折返しの列車で恵那に戻る。
中央本線の列車を待つ間に、駅近くの阿木川に架かっている鉄橋から、再び明知へ向かう列車を撮ってみた。


P1050845.jpg
多治見まで戻って、太多線に乗る。
飛騨川との合流点のやや下流で木曽川を渡る。左側が飛騨川。河岸の桜並木が見頃になっている。
まもなく美濃太田に到着。これで今回の乗り潰しスケジュールは全て終了した。


P1050855.jpg
高山本線で岐阜に向かう。昨年11月に訪れた犬山城が左窓に見えてくる。この辺りは、その時に犬山公園から乗った名鉄各務原線が、直ぐ側を並行して走っている。


P1050857.jpg

これが岐阜市民に評判の悪い金色の信長像か。像は普通、建物を背に開かれたを向いているが、これは駅の方を向いている。地方議員達の選挙の目線ではないか。



JR全線完乗率 99.38%


12013人中336位
この上はもう100%の完乗者ばかりなのかと思ったが、99.9%以上が大勢いた。
ラストランは最後の楽しみに取ってあるという事か。

20100329mousugu2.jpg

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1161-4f995dce
    この記事へのトラックバック