老々介護

2010年05月25日 17:59

もうすぐ90才になる父に介護保険を申請した。

今年の正月は普通に祝ったのに、今は一日中ベッドで横になっている。文字通りの寝たきりだ。
特段の怪我や病気は無い。
毎日散歩し、薬を飲むこともなかった。

胸が痛いというので検査して貰ったら、肺炎で胸に水が貯まっていた。
年寄りの肺炎は熱も咳も出ないので分かり難い。
抗生剤を2週間飲んだら胸の痛みも消えて直ったようだ。

しかし歩くどころか、立つこともできなくなった。
トイレや入浴にも支障が出てきた。
おしめが必要になり、風呂も2人がかりでないと入れられなくなったので、遂に保険を申請した。

時々、おかしな事も言うようになった。
認知症が進んでいるのかも知れぬ。
カミさんは老衰だと言うが、こんなに急ピッチで体力が無くなるとは思っても見なかった。
このままのペースで老衰が進めば、半年と保たないのではないか。
医者からは、経口で食事を続けるのか、身体に管を入れるかの選択も迫られている。


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1188-1d7c0313
    この記事へのトラックバック