要介護認定通知書

2010年06月22日 16:41

が来た。
要介護度は予想どおりの4だった。

「歩行や両足での立位保持などの動作がほとんどできない」ので最高である5の可能性もあったが、今年になってから1ランク落として判定すると言われているので、想定範囲内だった。

毎日ヘルパーさんに来て貰ったり、デイサービス施設に預けるのであれば、高い介護度認定が必要だが、使うのは介護用品のレンタルや訪問リハビリ位なので、「要介護」であれば充分だった。
入浴も、試しに看護師2人でやってもらったが、家族でやるのと大差なかった。

それよりも、医師、介護両方から入院か在宅かの決断を迫られいて、相変わらず思わしくない状態が続いている。
高い介護認定に症状の重篤さを改めて認識させられる。

関連記事


コメント

  1. かずさん | URL | E6kBkVdo

    Re: 要介護認定通知書

    しろちゃんさん>

    悲しい思い出ですね。
    一日でも長く生きていて欲しいけれど、家族の負担も切ないものです。

    私の叔父で10年入院した後に亡くなった人がいました。今のように3月で放り出されない頃の事です。遺族の叔母は、生活保護を受けるようになり、数年後に病気で亡くなりました。

    延命技術が進歩しましたが、回復しないままいつまでも生かされるのも考え物です。

  2. しろちゃん | URL | ty31D/IM

    Re: 要介護認定通知書

    私は、幼い頃父を亡くし、今から15年以上前に母を亡くしました。母は、特別養護老人ホームに入居してましたが、やがて寝たきりになり病院に移されました。まだ、老人介護制度などなかった時代で、24時間介護付きで1日約1万円。サラリーマンとしては払いきれない額ですが、悲壮な思いで決意しました。幸か不幸か、母は入院してから一月で息を引き取りました。子供の負担を考えて早く旅立ったのではないかと今でも思っています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1216-f5e3768d
この記事へのトラックバック