サルスベリにも青虫の幼虫が

2010年06月28日 16:19




ノムラモミジと同様、サルスベリにも葉脈だけになった葉があった。
一週間前に見たときは、見つからなかったので、今年は大丈夫かと思っていたのに。
先っぽの葉を食い尽くしたらコロニーごと移動して、順々に食い荒らしていく。
2センチぐらいになったら独立して活動する。こうなったら駆除は難しい。やがて木全体の葉が食い尽くされる。

2箇所とも枝先を切り落として殺虫剤をかけた。形も大きさもモミジに付いていたヤツと同じだ。
どちらも冬は葉を落としてしまう木なので、春先に生み付けられた卵が孵化するのだろうか。

葉を食われたら植物は光合成ができない。前の家では庭一杯に枝を張ったノムラモミジがあったが、こいつにやられて枯れてしまった。



P1060094s.jpg
口直しに。
鉢植えの南天の花が咲き出した。実と同様、小さな白い花が開く。
LX3でも、これ位は背景をボケさせられる。








関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1222-ba35b0a8
    この記事へのトラックバック