LX3より少し大きいPanasonicのAPS-C機は妄想だった

2010年07月13日 00:39

7/12の4/3rumorは記事の2/3をapplogizeが占めている。

結論は
1.LX5が7月中に発表される。(センサーの大きさは従来通り)
2.ASP-Cではなくて、マイクロフォーサーズの新型機が9月初めに発表される。
  (これはPanasonic designed two new MFT camerasでEP-Lより少し大きいとされている。
  手振れ補正を積んでなくてオリンパスより大きかったら話にならないではないか)
という訳で、期待していた「LX3より少し大きいPanasonicのAPS-C機」の噂はガセだった。


その他、LX5発表の後に、ビデオ機能を充実させた新型機が発表されるとのことだが、興味はない。


しかし「Large SencerでLX3と同じ程度の大きさのLX5、F2.0の3倍ズームレンズ」で膨らんだ期待は、正統派のLX3後継機では満たされそうにない。
NEXか、あるいはEL-Pシリーズの次期機種か。でもレンズがなあ・・・

LX5が発表前から色褪せて見える。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1239-37c13cc4
    この記事へのトラックバック