往く夏

2010年08月09日 16:04

DSC02827s.jpg
[ソニー100mmMacro F4.0 1/40]

植木に水をやる時に、ギャーと鳴きながら飛び立つセミの数が今朝はめっきり少なくなった。暑い暑い夏も、ようやくピークアウトしつつあるようだ。
子供の頃は茶色のアブラゼミばかりだった。クマゼミは珍しくて、捕まえると見せびらかしたものだ。今ではクマゼミばかりで、アブラゼミは見かける事すらない。蝶も、モンシロ蝶やモンキ蝶よりアゲハ蝶のほうをよく見かけるようになった。トンボはシオカラからヤンマへ。大阪はだんだんと亜熱帯になりつつあるのか。
セミセミセミという鳴き声は、アブラゼミのジージーというのよりは良いけれど。


DSC02752s.jpg
[ソニー100mmMacro F2.8 1/2500]

サルスベリがいよいよ本番。小さな木だけれど、去年の何倍もの数の花房を付けてくれた。



DSC02759s.jpg
[ソニー100mmMacro F2.8 1/125]

エゴの実が鈴なりに成っている。寄ってくるのはセミばかりで、鳥たちには食べて貰えない。実をこんなに付けてどうするのだろう。


DSC02741s.jpg
[タムロンSP AF 10-24mm F/3.5-4.5 F3.5 1/320 12mm]

タムロンの超広角 SP AF10-24mmを持ち出してみる。ほぼ同じ位置から撮ったエゴの木が、道路を隔てた向かいの家の庭木のように見える。しょうがない。庭といっても建物と道路の間の通路のようなものだから。


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1259-e0e228c6
    この記事へのトラックバック