「LX3より少し大きいAPS-C機」はFinePix X100の事だったのか

2010年09月20日 14:44

LX3より少し大きいPanasonicのAPS-C機は妄想だった けれど、今日のデジカメWATCHによれば、富士フィルムから
1.APS-Cサイズの撮像素子を搭載
2.焦点距離23mm(35mm判換算35mm相当)F2のレンズを採用するレンズ固定式
3.光学ファインダー
のカメラが発表された。
大きさは74.4×126.5×33.7mmで、GF1サイズだが、F2はLX3と同じだ。


001_s.jpg
この光学ファインダーがウリらしい。
デザインもレンジファインダー風を強調し、クラシックカメラと見紛う。
2011年初頭を予定しているというが、物欲をそそられる。







関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1300-64b578b5
    この記事へのトラックバック