オーバークロスの検討 その2

2010年11月02日 16:30

DSC03585s.jpg
傾斜の変化の緩和は、114mmレールを3つ繋いで、真ん中のをCD2枚で少し持ち上げる事で解決した。
板の厚さ14mm、CDケース2枚で20mmだから、6mm持ち上げたことになる。


DSC03581s.jpg
しかし客車を4両繋ぐと、全く動けなくなった。
2両まで減らしてやっと通過できるようになった。



DSC03587s.jpg
CDケースを1枚取って7枚にすると、4両繋いでも楽々通過する。4.6%。
但し、桁下は70mmしか無い。ギリギリで通過していく。
電気機関車のパンタグラフを上げたら通過できない。


DSC03586s-2.jpg
また、高低差で機関車と客車の間のジョイントが外れそうになる。


DSC03588s.jpg
更に、坂の終端と「本線」の間は13センチしかない。
ここまで直線ではこられないから、カーブで傾斜させるという新たな課題が出てきた。



関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1323-bec34001
    この記事へのトラックバック