「富嶽鉄道」への電力供給

2010年11月16日 16:51

P1060264s.jpg
これまでは一箇所からの給電で済んだが、高架線ではポイントが正常に動作しない。
列車の走行でも、マイクロエースの「グレードアップあさま」では、高架軌道で運転中に付近のポイントを操作すると、その度にスピードが一瞬落ちたり、テールライトが暗くなったりする。
ポイントが要求する瞬間的な大電力供給に問題が生じているようだ。

コントローラーの出力を分岐して高架線にも供給したら、正常に動作するようになった。
上り線を通じての電力供給ではパスが長すぎて、パルスの肩が垂れてしまうのだろうか。

オーディオの「スピーカーケーブルは太く短く」の意味が実感できる。



P1060261s.jpg
コントローラーのDCS50Kの出力は12V2.5Aだが、定格まで引っ張るとコンデンサーがパンクするらしい。
そういえばコントローラーの左上が少し暖かい。
室内照明を点けている車両も増えてきたので、消費電力が気になる。


延長フィーダー線に0.33Ωの抵抗を接続して出力を測定してみた。
4列車走らせている状態で、この値だった。
0.235/0.33=0.71 0.71Aなら大丈夫だろう。

関連記事


コメント

  1. かずさん | URL | -

    Re: Re: 「富嶽鉄道」への電力供給

    列車、ポイント合わせてコントローラー一台でやっているので、仕方のないことです。
    2箇所給電で解決している事から、リード線では無くて、KATOのレールの抵抗の問題と思います。

  2. いで爺 | URL | NQ14cDH2

    Re: 「富嶽鉄道」への電力供給

    >その度にスピードが一瞬落ちたり、テールライトが暗くなったり
    ポイントのコイル抵抗が5Ω位ですから一瞬2A以上流れるので、電源が一緒だと少なからず影響を受けると思います。

    それとリード線が一寸細いような。
    私の場合は閉塞区間があり給電箇所が十数か所と距離もあるので、0.75□のコードを使っていますが、それでも旧型モーター車の場合は電圧降下が起きますね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1338-0e18dcbc
この記事へのトラックバック