小幌駅、小樽、札幌市交通局  第2日 その2 札幌地下鉄・市電乗潰し

2010年11月30日 16:20

DSC03993s.jpg
函館本線の浅里-銭函間は、海岸線ギリギリを走る。
このおねぃさん達は、毎朝こんな景色を楽しみながら通勤できる。いいなあ。
けれど、食べるかメールを見てるかで誰も外の景色なんか見てやしない。
それなら海側になんか座る事ないのに。


DSC03990s.jpg
「日本全国!駅弁めぐり」というBSの番組で、小樽の「燻製さんま棒寿司」というのを取り上げていた。
キオスクで見つけて早速朝飯に食べた。残念ながら、具の魚の身が普通のバッテラ並みの薄さで、燻製の香りがしない。酢飯も酢がきいていなくて、海苔の味だけがした。


sapporo1daycards.jpg
9:31札幌着。これから、このカードで札幌の地下鉄と市電を乗り潰す。
札幌の地下鉄は大通り駅で3本の路線が交差している。そこから放射状に伸びているので、6本の盲腸線を往復して乗り潰すのと同じ手間がかかる。総延長も56.5キロ(市電を含む)と大阪、東京、名古屋に次いで第4位。



DSC04045sa.jpg
札幌の地下鉄は1971年に札幌オリンピックの輸送手段として建設された。
車両の接続部が、今流行のLRTのように大きく取ってある。


DSC03997sa.jpg
連結板が大きくて、スムースに行き来できるようになっている。
さらに、網棚が無い。忘れもの防止だろうか。
また車輪の代わりにゴムタイヤをはいていて騒音が少ない。(雪が入ってきても滑らないように、というのが元々の狙いだったようだ。)
当初から先進的な規格で作られている。


DSC04000s.jpg
札幌駅が高架駅になって、JRの改札口から地下鉄の乗り場まで遠くなった。
南北線のさっぽろ駅ホームに最初に来た電車に乗って、麻生駅へ。
「記念撮影」を済まして、ホームに駆け戻り、9:56発の真駒内行きに乗車。


DSC04002s.jpg
南平岸駅から地上に出るが、雪避けのシェルター内を走る。
このシェルターは、都市部の新線に見られる騒音やプライシー対策ではないので、屋根があって大きな窓に透明ガラスが入っている。


DSC04015s.jpg
自衛隊前は、真駒内の駐屯地最寄り駅である。以前は駐屯地内にも雪祭り会場が設営され、巨大な雪像や滑り台が作られたが、現在は廃止されている。
真駒内会場には何度も来たが、あの滑り台にはとうとう乗らなかった。


DSC04007s.jpg
10:22真駒内駅到着。南北線完乗。


DSC04021s.jpg
すすきの駅まで戻って、市電に乗る。


DSC04022sa.jpg
車内には雪国らしく傘が用意されている。


DSC04030s.jpg
ホームは道路より一段高く、屋根の支柱もあるので安全だ。


DSC04026s.jpg
藻岩山のロープウェイの近くに妙な塔が建っている。
某宗教団体の仏舎利塔だった。



DSC04034s.jpg
終点西四丁目で降りて、大通駅から東西線に乗る。
中央図書館が、返却と貸し出しの申し込みを受け付けている。
図書館は都心から少し離れた場所に有ることが多いので、人通りの多い地下街にカウンターを設けるのは非常に良い市民サービスだ。この隣には市の証明書類を発行するサービスコーナーも設けられている。


DSC04038s.jpg
ちょっと雰囲気が違うなと思ったら、ホームに安全柵が設けられている。


DSC04040s.jpg
ドア付きバージョンもよく見かけるようになった。


DSC04037s.jpg
新さっぽろ駅到着。階段を降りれば地下鉄新さっぽろ駅、上がればJR新札幌駅だ。
12:23発宮の沢行きに乗車



DSC04041s.jpg
12:57宮の沢駅到着。東西線完乗。
大通り駅に引き返して、東豊線に乗り換える。


DSC04042s.jpg
福住駅到着

DSC04043s.jpg
ここは札幌ドームの最寄り駅だが、ドームまでまだ少しある。中途半端な位置にある。
13:48発の栄町行きに乗車する。


DSC04049s.jpg
14:12栄町駅到着。出入り口は巨大なダイエーの建物と一体になっている。
東豊線完乗。札幌市交通局線完乗。


DSC04048s.jpg
丘珠空港が直ぐ近くにあり、角を曲がると連絡バスの停留所があった。


DSC04050sa.jpg
JR札幌駅に戻る。高架駅になってからも次々に拡張されて巨大な駅になっていた。
初めて来た時は木造トタン屋根の地上駅だった。跨線橋から雪の積もった薄暗いホームを見下ろしていると、昭和の30年代に戻った様なデジャビュー感があった。


DSC04051sa.jpg
飲み食い無しで乗ってきたから小腹が空いた。
改札内のこの店は、北海道各地の蕎麦を月替わりで使っている。産地の違いなぞ分からないが、コシが強くて美味い。

「もりそば」と「ざるそば」の違いをご存知だろうか。この店のメニューには両方ある。
関西では「もりそば」が無く、馴染みがないのでいつも「ざるそば」を注文していたが、「もり」と「ざる」は、もみ海苔を載せてあるかどうかの違いだけだった。それだけで50円違う。


DSC04052sa.jpg
15:08の「オホーツク5号」で遠軽に向かう。
顔がちょっと張っていて、北海道以外では見かけない。キハ183系というのだそうだ。


DSC04074s.jpg
岩見沢付近には雪が積もっていた。


DSC04063s.jpg
岩見沢駅からは、レールセンター(旧北炭岩見沢工場)のレンガ造りの建物が見える。


engarustamps.jpg
18:43遠軽到着。雪は無かった。明日、雪道を走らなくて済む。
友人と合流して夜の町へ出掛ける。


ビジネスホテル「アカツカ」に投宿。家族経営の小規模なホテルで、心尽くしの朝飯が美味しかった。

私鉄乗車キロ: 1984.1km (乗車率: 26.8%)


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1345-1c021cd7
    この記事へのトラックバック