ミニワッター7119シングル~夏用真空管アンプ 計画編

2011年03月23日 16:07

1619パラシングルを机の下へ入れておくと、「弱」の炬燵並みに暖かくなってくる。
それで、これまで夏場はラックスキットの石アンプを使ってきた。
夏場も何とか真空管で聴きたい。

ぺるけさん のHPにある「ミニワッター・プロジェクト」 がおもしろい。

真空管アンプをディスクトップて゜使うなら0.1wattでも充分だ。
これまで実行する人がいなかったのは、安物の小さいOPTでは充分なクォリティが得られないという、先入観があったからだと思う。
ところが、ミニチュアサイズのOPTやPTでも結構良い音がするという。


シングルにするかプッシュプルにするか。
シングルよりプッシュの方がOPTの質的影響を受けにくい。全段差動直結にれば更に受けにくい。
ただ真空管は4本になり、熱は倍になる。差動にすればより発熱は大きくなる。
MT管と雖も、7119なら1本当たり10Watt、5687を使えば更にヒーターの発熱が1.5倍になり,管壁が触れない程熱くなる。

シングルアンプの<アンプ部基本回路>を見るとロフチン・ホワイトになっている。50CA10を使った作例もあり、一度は作ってみたいと思っていた。

もう一つ興味深い点がある。アースだ。
earth-beforea.jpg
真空管アンプでは入力の近くでシャーシアースを取る。私はL,Rの入力端子の中間に落としている。こうすると電源のアースにはLかRの片チャンネルしかアースを繋げられない。繋ぐとアースがループしてハムの原因になる。
「プラス電源ラインとアースは一体として考える」べきなのだが、最も電流が流れる出力球-電源でこれが崩れてしまう。
解決策はモノラルアンプにすること。

earth-aftera.jpg
製作記をよく読むと、こんなアースラインになっている。これならステレオシャーシでも「電子の流れ道」が確保される。


mw01-3.jpg
原回路からの変更点は、発振止め抵抗R2,R6を3.3k→2kに減らしたのと、NFBのコンデンサーC2 1500p→1000p、前段のカソードパスコンC1 を470μ→10000μに変えた事、又ボリュームは省いた。この図にないが電源部も手持ちの抵抗に合わせてR9,R10をそれぞれ22k,470kに変更した。

電源のリップルフィルターには手持ちの2SK2545を使う。
OPTは春日無線のKA-5730、PTは同じくKmB90Fで、ネットから発注すると翌日には届いた。

(この項続く)
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1441-762204ef
    この記事へのトラックバック