知和駅 美作千代駅 因美線の木造駅舎 その3

2011年05月11日 15:09

松ぼうき鉄橋から、少し津山側に戻って知和駅を訪ねた。


DSC04766s.jpg
ホームへは改札を出て階段を数段上がる。
美作河井駅と同じような出張った出札窓口と、手荷物窓口が保存されている。


DSC04769s.jpg
ここは秘境駅として有名である。
因美線完乗の時にも、停車中にどんな駅かと眼を皿のようにして観察したが、特段変わった様子は無かった。


DSC04764s.jpg
改めて訪問したが印象は変わらない。
駅としての雰囲気は、美作滝尾や美作河井のほうが良かったように思う。

何れも利用客が激減し、古い駅舎が残っているという点はこれまでの2駅と共通している。
周辺の集落が近いか遠いかだけの違いのようだ。それは平行した道路が駅に寄り添っているか、少し離れているかの違いが大きいように思われる。
牛山氏の「秘境駅」評価システムは、考えてみればおかしなもので、4項目すべて満点で20点(20点の駅は無い)、オール1でも4点(0点というのも少しだけ有るが )の中に200駅の順位を付けている。その点数付けも「秘境駅ファイル」という番組を見ていると、なんでこの駅が3点で、彼の駅が1点なのか理解に苦しむ事が多々ある。
「秘境駅」という言葉があまりに有名になりすぎたが、要は牛山氏の好みの問題なのであって、順位やランクインに普遍性を求めるのは間違いなのだろう。



DSC04854s.jpg

DSC04855s.jpg
因美線ではないが、津山から西へ姫新線で2駅目の美作千代駅にも立ち寄った。
赤い旧式のポストが良い雰囲気だが、窓のサッシはアルミに取り替えられていた。


この記事を書きながら、NHKの「木造駅舎」のHPを参照しようとしたら既に削除されていた。
ハイビジョンでの再放送に期待していたが、当分無さそうだ。


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1464-3ac88303
    この記事へのトラックバック