ブラタモリ 第3シリーズは作られるか?

2011年06月06日 15:43

6/8(6/7深夜)に第2シリーズの「東京タワー・芝」がアンコール放送される。

東京の散歩道のような「街の景色」というコンセプトから一歩掘り下げて、都会の秘話に蘊蓄を傾けるという新しい視点に人気が集まった。
放送終了後もアンコールと新しいシリーズ製作への要望が絶えなかった。
第2シリーズは視聴者からの根強い希望に応える形で作られた。

けれど第1シリーズと比較してみると、サプライズや蘊蓄の深さの点でやや劣るのは否めない。
ネタは探せば幾らでもでてくるが、番組になって面白いがどうかは別の話という所だろうか。
もう少し対象エリアを拡げれば、新しいトピックスも得られと思うが、紀行・歴史番組との差別化が難しくなるだろう。

思うに、第1シリーズの前にパイロットとして「原宿」が取り上げられたが、最初に登場するのは明治神宮内から流れ出る渋谷川だった。そして第2シリーズの最終回「渋谷」では、再び渋谷川のさらに下流が取材された。
タモリの美学からすれば、これで一周して掉尾を飾ったという事になるのではないだろうか。



関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1475-915f262a
    この記事へのトラックバック