昭和物語

2011年06月24日 14:56

テレビ埼玉、チバテレビ、テレビ神奈川、三重テレビ、KBS京都、サンテレビのUHF6局が共同製作して、他のUHF局へも配信しているという。テレビ大阪は加入していないが、地デジでサンが入るので見ている。

昭和39年、東京オリンピックの年、大田区の下町の鉄工所一家が舞台になっている。終戦直前に結婚した夫婦に、大学生の長男、高校2年の長女、小学6年生の次男という家族構成である。

次男「公平」(世代的には馴染まない名だが)の声を男の子がやっているのが好ましい。この位の歳だと女性を使う事が多いけれど、あれは声に張りがあって煩い。

「業界初となるシニア・団塊世代をメインターゲット」と謳っている。家族の中で団塊世代は長女だが、次男が主人公のようなので、いささかズレている。
季節は夏なのに、襖を閉め切って寝ている。火鉢を見かける。何より蚊帳が無いはおかしい。
そんな頃には生まれてもいない人が作っているのだろうが、しっかり監修してほしい。

と文句をつけつつも、毎週録画して見ている。放送が終了しても多分残しとくだろうな。






関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1480-a4e18532
    この記事へのトラックバック