雨のやみ間に

2011年06月20日 15:00

ルピナスはとうとう花芽が出なかった。
菖蒲も月初めに2つ咲いただけで葉ばかり青々としている。
花は駄目だったが、木には長雨がよかったようでどれも元気が良い。


DSC04933s.jpg
[α550+SIGMA APO70-300mm]

黒ずんできたが、まだまだノムラモミジの「紅葉」が楽しめる。
近所でも、今葉が緑のモミジの方が少ない。街中では朝方でも急に気温が下がることがない。秋になっても綺麗に紅葉しないから、芽吹いた時から「紅葉」しているこの品種が好まれているのだろう。

梅雨が明けたらウドンコ病対策を施さなくては。


DSC04934s.jpg
[α550+SIGMA 50mm F1.4]

紅花常葉マンサクの葉がマダラに紅葉している。
先っぽの小枝単位で、赤くなったり緑色のままでいたりしている。
こんなだったかな。


DSC04926s.jpg
[α550+Vario-Sonnar T*DT16-80mm]

5年目で初めてシマトネリコの花が木一杯に咲いた。
この木は初めから元気が良かったので、肥料も水も一切やったことがない。
自分の落ち葉が朽ちて窒素分を補給している。カリ肥料を与えていたらもう少し早く花を咲かせていただろうか。



DSC04928s.jpg
[α550+SIGMA APO70-300mm]

一つ一つを見ると花というより、白っぽい新芽のようだ。


DSC04923s.jpg
[α550+Vario-Sonnar T*DT16-80mm]

山法師の花は昨年より更に増えた。


DSC04913s.jpg
[α550+SAL100M28]

ちよっと切って花刺しに活けてみた。




関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1482-cc74d27e
    この記事へのトラックバック