駒川ホルモン

2011年07月06日 16:11

図書館に行く途中に、新しい店を見かけるようになった。

P1060522s.jpg
地下鉄谷町線、駒川中野駅から商店街へ行く地下通路と反対方向へ向かう。
一つ目の信号を渡る(2つ目では行き過ぎてしまう)。プロミスの看板が見える手前、バスの針中野一丁目停留所のすく前、3コイチの店舗付きビルの真ん中の黄色いテントの店である。

使うのは豚だが、焼きトンでもホルモン焼きでもない。
鉄板で特製タレを付けて焼くスタイルである。

お品書きは

ホルモン 60円
キモ 60円
アブラ 60円
ハラミ 110円
バラ 110円

安い。看板の焼き鳥は1本80円だが、それ以外の品は120円からという店も多い。
カウンターでの立ち飲みで、店内はゆったりしている。
テイクアウトも「歓迎」とあるので、一通り買って帰った。

P1060524s.jpg
今日だけのメニューに「タンナンコツ」があったのでそれも買った。各2本、計12本で1020円だった。
ホルモンの看板を掲げているが「ホルモン」という串は腸だった。「キモ」はレバー。
品数を少なくして、単価を抑えているようだ。

直火でなく鉄板なのでパリパリ感はないが、甘ダレではなくサッパリとした味で、食感を楽しめた。

一昨年、針中野駅近くに「情熱ホルモン」が進出してきた。フトコロに優しい新しい店が出てきて、近鉄の高架沿いに並んでいる旧来型の居酒屋もオチオチしていられなくなった。


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1489-4ca5e4cf
    この記事へのトラックバック