大和ネクスト銀行

2011年08月17日 15:38

ゆうちょや普通銀行の定期預金が0.1%を切っている中で、キャンペーンとはいえ普通預金0.2%、定期0.4%というのは目を引く。
大和証券に口座を持っていたので、開設してみた。
ネットからのダイレクト口座からなら即座に開けるが、営業を介するコンサル口座でネットから開設しようとするとエラーになってしまう。担当者に電話して開設できるよう変更して貰う。
開設の翌日にはMRFが全額ネクスト銀行の口座に移っていた。
証券口座で金が要る時はリアルタイムで、銀行の普通預金が戻されるので、顧客から見ればMRFの金利が上がったのと同じである。
但し万一の時に、MRFなら事実上元金は心配ないが、銀行口座だと1000万までしか保証されない。
MMFにしておけば証券口座に残る。

通常証券口座からの出金には予め登録した銀行口座しか使えなかったが、ネキスト銀行からだとその時々でどこへでも出金できるというのが目新しい。更に他人名義口座へも月3回までは無料になる。ネットでの買物を想定しているようだ。
早速、品薄になっていたミニコンポを買うのに使った。3万以上で信用金庫への振込だったが勿論無料。
金額、口座番号、口座名義の入力にコピペが使えない。入力ミスを防ぐにはコピペが使える方が良いのだが。
登録口座と違って、送られてきたカードを使って暗証番号を入れなければならないが、銀行系の乱数表と違ってシステムは簡単だ。
キャンペーンは今月末まで。興味のある人はお早めに。


ただでさえメインの収益源である手数料収入が減っているのに、高金利で客を釣って大和証券はどうする積もりなのだろう。この程度の金利なら長期国債で賄えるだろうが、国債拡販が狙いとは思えない。
自己売買の資金を増やすというのが最も考え易い。それで手数料減を補う。
しかし、客の損得に関係なく入る手数料と違ってリスクがある。山一証券が倒産したのもこれが原因だった。あの当時と違って、国が証券会社に融資する事はない。

1年のキャンペーン期間が終わったら、大和証券から資金を引き揚げておくべきか(笑。
(笑っちゃいられないかも)

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1515-b85b4451
    この記事へのトラックバック