「あべのハルカス」の下でちょっと一杯

2011年08月29日 13:45

先週末、阿倍野へ出かけた。


DSC05105s.jpg
定点観察を開始した阿部野橋ターミナルビルタワー館に「あべのハルカス」という名が付いた。
ハルカスは「晴るかす」から取っているという。字のとおりに、地域が晴れ晴れとしてくれればという意味合いなのだろう。
現在107mだが、それでもまだ全体の1/3の高さでしかない。


DSC05112as.jpg
一方ビルの西側には相変わらずこんな電車が走っている。
300mの超高層ビルとチンチン電車、このアンバランス感は大阪ならでは。


DSC05113s.jpg
その道路を渡ってあべのウォークへ
明治屋へは、こないだ行っている。天井が高くなったが、店内は神棚等以前の店のモノを移設して、雰囲気は昔のままだ。


DSC05114s.jpg
今日は隣の正宗屋さんへ。
まだ日は高いのに、カウンターは常連さんでほぼ占領されている。
印刷されたメニューには常備のアテしか載っていない。それより遙かに多いお品書きが、目の前に並んでいる。量は充分だし値段も安い。


DSC05117s.jpg
たらふく食って飲んで出てくると、既に陽は沈んでいた。


DSC05119as.jpg
でも、ちょっとだけ和源にも。

[α550+SAL1680Z]





関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1524-69c451fb
    この記事へのトラックバック