大腿骨頚部骨折~因果は巡る?

2011年09月19日 15:00

先月初めにカミさんが、自転車で転倒して大腿骨頚部骨折の重症を負った。

当初は打撲程度に思っていたらしいが、一晩寝ても痛みが引かないので、「折れていない事を確認」するため近所の開業医でレントゲンを撮ってもらった。ところが見事に骨折で、緊急入院。

で、指示されて入院した先が父と同じ緑風会病院だった。整形がメインの病院だから今度は「正解」なのだが。
しかも、手術の担当医まで同じ杉本瑞生先生だった。


DSC05087s.jpg
見上げると


DSC05088as.jpg
まだ、この306号室で父が呻吟しているような気がしていて、この病院には近づき難かった。


なので、父が死んで以来先生にも会っていない。
まずは診療室で、父を看取っていただいたお礼を。

手術は正味30分ほどであっけなく終わった。
半身麻酔なので直後でも話が出来る。
ノミのようなものでカンカン叩いてる感触があったという。

レントゲンを見せて貰うと、大腿骨の頭部へ斜め下から、M8-80mmくらいのボルトが2本、綺麗に平行に入っている。しかし切開部は5センチ位しかない。どうやって位置決めして、打ち込んだのだろう? 


経過は順調で、3週間ちょっとで車椅子を卒業し、歩行器・松葉杖を飛ばしてステッキで病院内を移動できるようになった。手術後できるだけ早くリハビリするのが、骨頭壊死のリスクを下げる事になるという。まあ、まだ転けてこういうところを骨折する歳ではないのだから、当然なのかも知れないが。

骨頭壊死になると、再度出術して人工股関節を入れないといけない。人工股関節の耐用年数は10年程度で、何度も取り替える訳には行かないので、その内車椅子生活を余儀なくさせられる。そういえば、生活の乱れ?で股関節を病んでいる友人も、出来るだけ我慢して人工股関節を入れるのを遅らせていると言っていた。


昨日退院したが、父に免じて? 骨頭壊死だけは通り過ぎて行って欲しいモノだ。




関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1526-2bebc818
    この記事へのトラックバック