もうチューナーはいらない

2011年10月31日 14:56

昨年、東京と大阪から始まったIPサイマルラジオradikoは、この秋から順次本放送を開始した。

ノイズが載るのが当たり前だったAM放送が、アンテナ無しでクリアーな音で聞こえるメリットが大きい。
野球中継でAMステレオ放送を聴いたことがあるが、ノイズが増えてとても実況感を楽しめるような状態ではなかった。

民放と一線を画していたNHKも遂に独自のサイト「らじる」を9/1に立ち上げた。
(windowsのメディアプレイヤーではショボイ音だが、フラッシュプレイヤーをインストールすると綺麗な音で聞こえる。) 実験放送にしているが、平成25年の終了後には間違いなく本放送になるだろう。

Radikaというフリーソフトを使えばタイマー録音も出来る。


そして、明日11/1からは兵庫県でしか聴けなかったラジオ関西が大阪でも聴けるようになる。

ラジオ関西で谷五郎のトークを聴くために、つい先月 VH-7PCからX-N9EXへ の選手交代ではAMチューナー付きを必須条件した。しかし、もうチューナー無しであらゆるラジオ放送が、これまでより高音質で聴けるようになった。

これからは外出時のラジオ放送は、携帯ラジオでなくiPhoneで聴く時代になるのだろうか。


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1561-33bc7bce
    この記事へのトラックバック