スルタノフ・伝説の日本ライブ

2011年12月28日 15:00

今年のHMVでの散財は、CD・LP・DVD併せて162枚、金額にして87866円、1枚辺り平均約550円だった。金額は前年の半分以下。年の前半は全く注文しなかったからこんなものだろう。

その今年の最後で凄いCDに出会った。


sultanov-lives.jpg
【曲目】
ショパン:
 バラード 第4番
 スケルツォ 第2番、第3番
 ポロネーズ 第6番 「英雄」
 ピアノ・ソナタ 第3番
 ワルツ 第1番 「華麗なる大円舞曲」
 マズルカ 第35番、第34番
 練習曲 第12番 「革命」
 夜想曲 第13番
 幻想即興曲
 24の前奏曲より 第20番~第24番
スクリャービン: ピアノ・ソナタ 第5番
ラフマニノフ: ピアノ・ソナタ 第2番
【演奏】
アレクセイ・スルタノフ(ピアノ)
【録音】
1996年3月31日,4月2日 東京・紀尾井ホール(ライヴ)
[オクタヴィア OVSL00013]


スルタノフの凄さについては、以前 HMV夏のポイント10倍セール第3陣~「やっぱりクラシックは死なない」で書いた。
あの「はっきりいってケンカ」という演奏をもっと聴きたかった。

ショパンが主体のプログラムになっている。どれもこれも、若死にした繊細な作曲家というイメージからは程遠い演奏で、激し過ぎる打鍵は「リスト風ショパン」とでも言うべきか。
ショパンの曲は楽譜通りに弾いても「ショパン風」になかなかならない。MIDIを打ち込んで見れば判る。
ショパン弾きと言われる人は、それぞれ意図的に崩している。その崩し方が一方向に片寄って、「ショパン風」のイメージが出来上がっている。それが、スルタノフの場合一般的でない方向に向いたからと言って批判するのは不当だろう。中でも英雄ポロネーズやピアノソナタ第3番は、彼のスタイルによる演奏と良くマッチしている。


彼はホロヴィッツに傾倒していた。ラフマニノフの2番はオリジナルではなくて、ホロヴィッツの「改訂」版を使用しているという。そのラフマニノフよりスクリャビンのピアノソナタ第5番が素晴らしかった。スクリャビンってこんなに面白かったのか。スクリャビンはアムランの全曲集中のと聴き比べた。最初はスルタノフが弾いてるのと同じ曲なのか、CDを入れ間違ったのかと思った。スルタノフと比べれば、あのアムランでさえ曖昧で茫洋とした、これまでの「スクリャビン風」演奏スタイルを引きずっているように思われる。スルタノフは徹底的に豪快で切れの良い演奏で、別々に聴けば他の作曲家の作品と言われても頷首してしまいそうだった。


国内マイナーレーベルで、音質は「スルタノフ チャイコフスキー・コンクール・ライヴ」や「チャイコフスキーとラフマニノフの2番」よりはるかに良い。松本氏が「クラシックは死なない」シリーズで2度もスルタノフを取り上げていながら、なぜこのCDを入れいなていのか不思議である。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1587-ca2239ba
    この記事へのトラックバック