BEHRINGER CX3400 が一年でお亡くなりになった

2012年04月24日 15:50

バチバチと音がしたと思ったら、突然右チャンネルの音が聞こえなくなった。

チャンネルが丸ごと聞こえなくなったので、チャンデバを調べてみると一台パイロットランプが消えている。

DSC04520s.jpg

BEHRINGER CX3400 に書いたように4way monoで使っていて、右チャンネルの分の電源が入らなくなっている。

『以前のは総てのボリュームにクリックストップが付いていたが、クロスオーバー設定のボリュームは普通のボリュームになっている。』
なので、ボリュームをチェックすると、昨年買い増した新しい方がいかれている。まだ一年ちょっとなのに。


しかし全然駄目というのは、かえって対処し易い。電源周りをテスターでチェックしてみると、案の定プラスマイナス電源のマイナス側の平滑コンデンサーとブリッジダイオードのパスコンがショート状態でパンクしていた。3端子レギュレーターまでは影響が及んでいない。

P1060652s.jpg
日本橋へ一っ走りしてパーツを仕入れ、コンデンサーと切れたヒューズを交換したらあっさり甦生した。


P1060655s.jpg
ブリッジダイオードやパスコンは4つしかない。


3400cir.jpg
センタータップはあるから、こんな回路になっているのだろう。
中間点をグランドに落としているとはいえ、コンデンサーを2階建てで使っている。


P1060657s.jpg
念のためにコンデンサー10kΩの抵抗をパラって、僅か3mAだかブリーダ電流が流れるようにした。


折角トロイダルコアトランスを使ってノイズを低減しているのに、大してコストダウンなにもならない所で手を抜いている。リアパネル側の基板は1枚で、電源のパーツは出力端子(High Out)の直ぐ際に置かれている。今回の故障の原因は、使われた1000μ/35Vの平滑コンデンサーが不良品で、定格の耐圧を保てなかったのだろう。made in chinaだからやむを得ないか。


サウンドハウスのサイトを覗いてみると、BEHRINGER CX3400は何と1万円を切っている。使っているパーツが違うとは言え、かってヤマハやアキュフェーズが付けていた20万や30万という価格は何だったのか。オーディオの衰退はブランドに胡座をかいて暴利を貪っていたメーカーにも責任の一端があるのではないか。

一応問題なく動いているが、何時又トラブルに見舞われないとも限らない。予備としてもう一台押さえておく事にした。


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1619-f40c7293
    この記事へのトラックバック