SONY α65の評価 V.S. α77 & α550

2012年05月15日 14:44

1) 有機ELファインダー
α77と同じ235万ドットのEVFは素晴らしい。液晶パネルは裏返しにしたまま殆ど使わなくなった。
実際よりも明るすぎるとか、綺麗すぎて後でPCで見てガッカリするという声もあるが、元々ピントを確認するものなので、これでいいと思う。液晶だってPCとは違うし、どんな優秀な光学ファインダーだって見えたのと同じ色合いで撮れるものではない。

2) オートフォーカス
α550の時は意図した部分にフォーカスが合っていなくて、マニュアルで撮る事が多かった。
「AF微調整」機能がα77だけにしか付いていない事を見逃して「しまった」と思ったけれど、実際にα65で撮ってみるとどのレンズでも、意図した箇所にオートフォーカスでほぼ100%合焦していた。
マクロでもAFでOKというのは有り難い。
アタリの個体だったのかα65のAF精度が上がった為なのかは解らない。

3) 解像度
α550の1440画素から2430画素への変化はハッキリと体感できた。

「あべのハルカス」定点観測のJPG撮って出しの画像で比べてみる。
レンズはSIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACROを使用。
上はα65で下がα550だ。縮小しているが、高さのレファレンスにしている右側のマンションの窓の輪郭を比較してみても、差は歴然としている。

α550やNEX-5、3シリーズと違って、セットレンズではこのカメラの性能を生かすことができないと思う。

DSC00388s-2.jpg
[F7.1 1/1000 ISO100]

DSC05298s-3.jpg
[F9 1/1000 ISO200]



4) α65はシグマのレンズとの相性が抜群
シグマはシャープな絵柄が得られるが、色が薄いというのが定評だった。しかしα65になって(77も同じかもしれないが)色乗りも良くなった。ツァイスでしか得られなかった解像度と色乗りの良さの両方を、安いシグマで得られる。これだけでも買ってみる値打ちがある。

全体に色乗りが良くなっている訳ではなく、α65 with タムロン SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II その1で検証したように、タムロンではどぎつい赤が無くなって普通の色になっている。
ボディとレンズの組み合わせで、撮った画が変わるとは思わなかった。
組み合わせで同じバーツでも性能が変わってくるとは、カメラとオーディオは同じなのか。


5) ピクチャーエフェクト
スイングパノラマやパートカラー等のお遊びが、NEX以降定番なり、ちょいと弄ってみる楽しさが増えた。

先のカーネーションや紫陽花をパートカラーで撮ってみた。
色が濃すぎたり暗すぎると駄目で、易しいようでなかなか思った箇所に色がつかない。
どこかにそれぞれの色を認識する閾値が入ってるはずなので、隠しコマンドが見つかれば良いのだが。

DSC00474s.jpg
レッド


DSC00479s.jpg
ブルー

DSC00480s_20130826210801b51.jpg
グリーン



6) 電池の持ち
α550より減りが早いように感じる。電源オフ時にブルッと震えてダストを落としている。こまめに電源を落とすので、これが効いているのかもしれない。



デジダルの世界は変化が激しい。カメラのボティはレンズを使う為の道具に過ぎず、銀塩時代のように高級品を長期間愛用するのではなく、数年サイクルでどんどん買い換えて行くものではないだろうか。そう考えると、α77の耐久性はあるが代わりに重い金属ボティの仕様はマイナスでしかない。サイズも65比べて一回り大きい。

タイの洪水で発売が出遅れたために人気がないが、α77とほぼ同等の機能が2/3の値段で手に入いるα65はお買い得品だと思う。


関連記事


コメント

  1. かずさん | URL | -

    Re: Re: SONY α65の評価 V.S. α77 & α550

    > こんにちは。
    >
    > > ピクチャーエフェクト
    > この操作は、ソフトで楽しむことができるんですか?

    コンデジと同じで撮影時にカメラ内部で処理します。
    JPGだけでRAWは残らないので一発勝負です。
    ミニチュアもあり、これはぼかす範囲を設定出来るようです。

  2. まほろば | URL | mQop/nM.

    Re: SONY α65の評価 V.S. α77 & α550

    こんにちは。

    > ピクチャーエフェクト
    この操作は、ソフトで楽しむことができるんですか?
    まほろばの未体験領域です。

    最近は、軽いカメラ(パナソニック DMC-G1)を、つい持ち出すまほろばです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1629-fcf3900e
この記事へのトラックバック