雨の日は真空管アンプのメンテナンス

2012年06月21日 11:44

DSC00772s.jpg
まず電源コード、スピーカーコード、入力ケーブル、出力管を外してラックから出す。
久しぶりに取り出す球アンプはずしりと重かった。
全チャンネルモノ構成にして正解だった。ステレオ構成のアンプはラックから取り出すのも大層で、ずっと埃を被ったままになっている。


DSC00773s.jpg

DSC00774s.jpg
メイン回路はトランスドライブでシンプルだけど、ユニバーサルアンプになっていて、いろんな+B電圧やフィラメント電圧に対応するために中はギッシリ詰まっている。


DSC00777s.jpg
前方のソケットはポビュラーなUX4pinで、300B等の直熱三極管が使える。


DSC00779s.jpg
後方も4pinだが、こちらはPX25という英国球専用。同じ4pinなのにちょっと配置が違う。
マルチの一部として使うときはソブテックの安物300Bを刺すけれど、
タンノイヨークミンスターを全域で鳴らすような時はPX25を刺す。


DSC00775s.jpg
本日の目的はハム退治。
時々出るという状態は不具合箇所を特定しづらかった。
ソケットや入力ケーブル、前段球を疑って見たがいずれも無罪。
入力端子のアース不良に的を絞って交換する事にした。

「術後」の経過は良好で、ハムだけでなしに暗ノイズまで下がったように聞こえる。
このまま暫く様子を見る。


このアンプの詳細は「脱・差動  ヴィンテージ球アンプ」まで。

関連記事


コメント

  1. かずさん | URL | -

    Re: Re: 雨の日は真空管アンプのメンテナンス

    > まほろばさん
    昨日はよく降りましたね。

    アンプは直ったのですが、今度はカミさんのノートパソコンが逝かれてしまいました。
    突然電源が入らなくなりました。ハードディスク40GB、メモリ256GBで、
    10年も使ったのでもう良いかと諦める事にしました。


  2. mahoroba | URL | mQop/nM.

    Re: 雨の日は真空管アンプのメンテナンス

    台風くずれの低気圧が近づきつつあり、雨模様ですね。
    このような日は、真空管アンプのメンテですか!

    まほろばは部屋の後片づけをしなくては・・・・・
    雨の日の課題とさせていただきます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1649-3eddff0a
この記事へのトラックバック