同じ場所から撮ったチンチン電車の風景

2016年08月05日 09:54

f0055513_2424235s.jpg

DSC01869s.jpg

上は、過ぎ去りし日々 というサイトに掲載されているもので、下は私が、「ローカル私鉄の旅」第2旅  阪堺電気軌道 その3で使ったモノだ。


どちらも阪堺電気軌道の大和川橋梁を走るチンチン電車を堺側から撮っている。撮影の時期も共に5月だった。

一級河川大和川の河口に架かった複線の大橋梁を、僅か一両のチンチン電車が走っているというアンバランスさに惹かれた。

同じ場所から撮っているのに印象はまるで異なる。
私は、橋に惹かれたからその下の河という「水」を入れた。「過ぎ去りし日々」では大きな「空」と小さな電車を対比されているのだろうか。


PS1
この記事は大分前に書いてまま放っていたものだが、掲載許可を得ようとしたらリンクしたサイトが2014.11.02以降更新されていなかった。
「過ぎ去りし日々」というテーマのノスタルジックな写真が最小限の言葉で語られている。
連絡手段が見つからないが、そのままにしておくのは忍びないので、ここらが「しおどき」と紹介を兼ねてアップした。

(最後の記事のコメント欄を見ると、ひょっとして・・・。)


PS2
昨年「阪堺電気軌道 大和川橋梁」 というタイトルで同じ場所からの撮影を試みたが、天気が良すぎてダメだった。




関連記事


コメント

  1. かずさん | URL | -

    Re: Re:同じ場所から撮ったチンチン電車の風景

    Masaさんこんにちは

    > 阪堺の沿線は時が止まったような所が多いですね

    はい、住吉大社や神ノ木駅の付近は昭和というより戦前の雰囲気が漂っています。



  2. Masa | URL | bhhZubZs

    Re:同じ場所から撮ったチンチン電車の風景

    阪堺の沿線は時が止まったような所が多いですね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1653-a568ae3a
この記事へのトラックバック