我が家の四季 (4)

2012年07月22日 11:39

DSC00859s.jpg
地域の神社の夏祭りの太鼓が鳴り渡る頃、

[α65+SIGMA APO 70-300mm F4-5.6]


DSC00902s.jpg
ひっそりと夏の定番が咲き始める。

DSC00905s.jpg
今年は、胡蝶蘭が飛び入り参加した。
昨年かみさんの怪我の全快祝いに頂いたものだが、花が総て散った後で庭に出しておいたら、数は少ないが花芽が出て花が開いた。

以上[α65+135STF]
カメラ本体でF9.0まで絞った。
ピントの合った部分の凄まじいまでの解像度、それでいて周辺は充分にボケる。なるほどこれがSTFなのか。


DSC00993s.jpg
サルスベリが木いっぱいに花を付けるようになると、梅雨が明けてセミが一斉に鳴き出す。

[α65+SIGMA 50mm F1.4 HSM]




関連記事


コメント

  1. かずさん | URL | -

    Re: Re: 我が家の四季 (4)

    > つまり、ファインダーの段階で、写真が連想できるんですよ! 
    > コニカミノルタ αSweet DIGITAL では、ピント合わせが精一杯でした。
    135STFが沼への入り口でしたか。

    α900のインテリジェントプレビューですね。
    絞りや明度もプレビューの状態で変えられるのでしたね。
    今はライブビュー撮影が可能なので、プレビューは絞りを開放からセットされた値に変更するだけです。

  2. まほろば | URL | /5lgbLzc

    Re: 我が家の四季 (4)

    こんばんは。

    135STFレンズの触感と写りは、感動ものでした、

    sonyになって、やっとフルサイズのα900とSTFの組み合わせで楽しむことができました。
    そのファインダーを覗き、ピントを合わせる感覚、今までに体験したことのない鋭さを感じました。
    つまり、ファインダーの段階で、写真が連想できるんですよ! 
    コニカミノルタ αSweet DIGITAL では、ピント合わせが精一杯でした。

    噂のSTFを手にして写真を撮り始めますと、その他の銘レンズではきっといい写りなのだろう!と
    思ってしまい、STFクラスのレンズを次々と・・・・・・・・

    このようにして逃れようのないレンズ沼にどっぷりとのど元まではまった、まほろばです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1670-21477a9a
この記事へのトラックバック