MCカートリッジの残留ノイズ

2012年09月10日 14:21

カートリッジをアームに取り付ける時、初めはハムが出るが接点がコンタクトするとピタリと止まる。ところが、それでも僅かにハムが漏れてくるものがある。
アームはSAEC-WE407を使用している。

DSC01239as.jpg
大分処分してしまって、今稼働しているMCカートリッジはこの5個
上段のSATIN M-11やM-18、オーディオテクニカのAT33はハムが完全に消えるのに、
下段のダイナベクターKARAT17やDENONのDL103は、幾ら固定リングで締め付けても消えない。

高出力型でも出るのと出ないのに分かれ、1mV未満の低出力タイプでも分かれている。
低主力タイプもトランスは入れず、高出力タイプと同じボリューム位置でテストした。

カートリッジからインピーダンスの低いMCカートリッジでもシールドの良し悪しでハムを拾うのだろうか。
「標準」とされているDL103で「出る」のは困ったモノだ。




関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1699-5d303437
    この記事へのトラックバック