大人の休日倶楽部パス 三厩から福井へ大返しの旅、しかし 第3日

2012年09月26日 11:04

20120909.jpg

昨日の晴天と打って変わって、朝から雨が降り気温も高くない。体調は全く回復していない。
車両は、暑くなくても湿気があるから冷房が入っている。
奥羽本線は全線電化でディーゼルではないから、冷房が良く利いていて寒い。


P1060986s.jpg
JR大鰐駅前のワニのモニュメンの横に、弘前鉄道の大鰐駅がある。
無人の改札を入ると、JR大鰐駅のホームに出る。JRの改札を素通りしてここからJRの乗客が出入りする事はないのか。都会と違って性善説で運営されている。


P1060988s.jpg
跨線橋を渡って4番線以降が弘前鉄道のホームになっている。
こちらには駅員が居た。有人の終着駅なのに、跨線橋は痛んでいるし路盤には草が生えている。JRとの対照が際だっている。


P1060989s.jpg
東京の私鉄で使い古されたような電車が待っている。
電車なのに非冷房車だった。相当年季が入った車両だが今の私にはありがたい。


P1060990s.jpg
総てのつり革にこんなメッセージが入っている。最小限の予算で、なんとか観光客にもアピールしたいという心根が伝わってくる。

たわわに稲が実った田園地帯から、凝った造りのやや古い木造住宅街に入る。
左から川が近づいてきたと思ったら、終点に付いた。

P1060991s.jpg
松山の市駅のような雰囲気を想像していたが全然違った。
旧市街の中心ようだが活気が無く、さびれた温泉街のようだった。

JR弘前駅までは歩いて数分という距離ではない。汗をかくのでタクシーでの移動を予定していたが全く来そうにない。日曜日で人通りのない大通りをトボトボ歩く。下着がびしょ濡れになった。


P1060992s.jpg
川部でスイッチバックして五能線に入る。五能線は非電化で、旧国鉄のデッキのあるディーゼルだった。
左手に岩木山が見えてきた。もう少し頂上の雲が取れたらなあと思っていると、にわかに雲が流れてきて山全体が見えなくなり、やがて大粒の雨が窓ガラスを叩くようになった。

P1060995s.jpg
林崎の駅舎には「ねぶた」絵の暖簾がかかっていた。
青森、弘前、五所川原と、この辺りの夏は「ねぶた」一色になるのだろう。


P1070005s.jpg
五所川原で降りる頃には、集中豪雨滝のような雨になっていた。
ここも大鰐駅と同様JRと私鉄の共用駅だ。私鉄側の路盤が草ぼうぼうなのも同じだった。

P1070003s.jpg

P1060997s.jpg
津軽鉄道は冬にはストーブ列車が走るような鉄道なので、ディーゼル機関車の牽引を予想していたが、動いているのは新しい車両だけだった。

新しいだけに冷房は良く利いている。
後で調べてみたら、この日の五所川原の最高気温は23.9℃だった。これで冷房を入れられたら寒いはずだ。アテンダントの軽妙なトークも耳に入らない。


stugarutestus.jpg
殆どの乗客は金木で降り、終点の津軽中里で降りたのは私を含めて3人だけだった。
日本最北端の私鉄駅のスタンプを押して貰う。かって下北交通が廃線となった国鉄大畑線を譲り受けて最北端を走っていたが、2001年に廃止になった。更に3セク線まで入れれば2005年まで北海道にちほく高原鉄道ふるさと銀河線が走っていた。


P1070001s.jpg
待合室には数人の客がいたが誰も乗ってこず、帰りは私の貸し切り列車になった。


P1070008s.jpg
JR五所川原駅では「ねぶた」の頭が出迎えてくれる。顔だけでも迫力がある。これがもっと大きな立ち姿となって街を練り歩くのか。


P1070013s.jpg
津軽鉄道の五所川原駅は本社社屋を兼ねている。昭和5年の開通以来の建物なのだろうか。

雨は休むことなく降り続いている。五能線に遅れが出始めた。弘前へ帰る普通列車が15分程遅れるようだ。その後の「リゾートしらかみ」は大幅な遅れとおるだけで、見透しが立っていない。どこかで立ち往生しているのだろうか。

待合室には冷房が入っているので、通路で立って待つ。
下着を着替えたいが、弘前で濡れた下着をリュックに入れたので全部湿ってしまった。
奥羽本線の寒い普通列車の後に、新幹線=身寒線での青森から大宮までの移動が待っているかと思うと意気阻喪してくる。
その時、秋田行きの特急「つがる」が、遅れた五能線の普通列車と連絡するために川部で臨時停車するという構内放送があった。川部から秋田まで2時間、今日はこれまでにして秋田に泊まりたくなった。一晩寝て体調が回復したら、明日は新潟へ向かい、北越急行に乗ればいい。土合駅下車をバスしなければならないのは残念だが。

20120909-2.jpg

P1070017s.jpg
大雨警報が出ているのに、秋田は一昨日の竜飛のように暑かった。晴れていると異常気象で暑いが、雨が降ると一気に東北本来の気温に戻るのだろう。

コンフォートホテルへは飛び込みで入ったが、各階に2部屋しかない久保田城の堀が見える部屋に入れた。素泊まり¥5800だが、コンフォートホテルには「無料朝食」がある。品切れ御免だが下手な朝食付きより種類も量も多い。


P1070014s.jpg
P1070015s.jpg
外へ出る元気もないので、秋田名物の地鶏の駅弁を持ち込んで夕食にした。


翌朝、少し体調は戻ったようだったが、旅を続ける気力が萎えてしまった。
秋田空港から午前便の大阪行きで帰宅した。その模様は9月11日の記事で。








関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1710-f9e60e94
    この記事へのトラックバック