Smart ICOCA VS view SUICA

2012年12月19日 10:26

今は次回の診察が決まるとスマホで飛行機便を予約し座席も指定している。決済もキャッシュカードで即完了。
メインルートはキャッシュレスになったが、空港への行き帰りには電車・バスが必要になる。

関西用にSmart ICOCA、関東用にview SUICAを取得した。
きっかけは伊丹空港へのシャトルバスでカミさんのICOCAが使えた事だった。
ICカード専用の改札機も増えてきている。

Smaert ICOCAは既に持っているクレジットカードと紐付きにするだけだった。
view SUICAは年会費永久無料(年1回使用)のビックカメラとの提携カードを選んだ。

知らなかったので使った事がなかったが、実はview SUICAは、JR東日本の「大人の休日倶楽部」カードに付いていた。こんな状態になったのでは旅行なぞする気になれない。「大人の休日倶楽部」を退会してview SUICAだけ残せないか聞いてみたが「ノー」だった。

カードが届いたがICチップも付いてない普通の磁気カードだ。こんなんで使えるのか。残金が1000円以下になると3000円チャージする設定になっているが、最初に使うのはJRでなくて京急の羽田空港駅、残金はゼロである。少し緊張したが、改札機を無事通過。チラリと液晶画面を見るとちゃんと3000円チャージされていた。

残高確認や各種設定はVIEW's NETからログインする。「大人の休日倶楽部」で入っていたが、新たに登録しなければなるまいと思っていた。ところが「大人の休日倶楽部」のID、パスワードで入ると、ちゃんと「ビックカメラview SUICA」の項が立っていた。

なかなかできるではないか→view SUICA。


一方Smart ICOCA は最初から1500円チャージされている。オートチャージは無いが「駅」でキャッシュレスのクイックチャージが出来る。
はずだった。

ところが私鉄や地下鉄の券売機に入れても現金を要求される。
クイックチャージが出来るのはJR西日本の「駅」だけだった。

私鉄の改札機でもオートチャージできるview SUICAとJRの駅でしかクイックチャージの出来ないSmart ICOCA。差は歴然としている。


オートチャージのあるPitapaの方が良かったかな。


PS.来年3月からICカードの相互利用ができるようだが、関西でSUICAのオートチャージが出来るのか?、ICOCAを関東で使ったらオートチャージが出来るようになるのか?。エリアを跨いでの使用が殆ど出来き無い以上、カードの仕様の統一はまだ先の事なのだろう。



関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1754-bd0cf024
    この記事へのトラックバック